カテゴリー「Webサイト作成日誌」の記事

Webサイトの作業進捗をリポート! ブログと違って、とても大変だけど“やりがい”も!♪

2021年10月11日 (月)

サイトマップ ページ更新の案内

  
日本と世界中の人々に対して、GRA公式Webサイトをもっと使い易くて分かり易くする改良を進めて、より充実した情報発信を追及している GRAですが、この度『 サイトマップ 』を更新しましたのでお知らせします。


Web1000_site_map

【 サイトマップ 】ページ
https://gra-npo.org/policy/explanation/others.html

   
この『 サイトマップ 』とは、Webサイトの内容や記事を分かりやすく分類した地図のような存在で、総ページ数が 3,000ページを超える内容を持ち、ページを作成した年次毎に様々な様式が残っている GRA公式Webサイトでは特に重要な働きをしてくれると思います。
   
その為、『 サイトマップ 』ページから閲覧したいページやページ群へ直接リンクが張ってある他に、全てのページの 右下に「 MAP 」の文字とアイコンを配置して、どのページからも「 MAP 」アイコンをクリックするだけで『 サイトマップ 』ページが開く様にしてありますので、より短時間で迷う事も少なく、関心のあるサイトページを閲覧する事が可能になっています。
   
Web150_map1
また、『 サイトマップ 』や「 MAP 」アイコン では英語併記に努めて、より多くの人々の訪問と閲覧の要望に応えられる様にしていますが、是非、一度ご覧になって、リンクの不備やテキスト内容の不備など改良すべき項目がありましたらご指摘をお願いします。

   
ご指摘先は、https://gra-npo.org/office/info_mail/mail.html 又は メールで information@gra-npo.org までご連絡願います。


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


Web250g_20210125193501
 https://gra-npo.org

 
 
 



2021年9月30日 (木)

旋回の “神髄” を身につけよう ! Get the essence of turning

       
オートバイの一番の特徴は旋回(ターン)にあります。
バンクさせて旋回している時の感覚は、他の乗り物では味わえない独特の喜びがあります。
しかし、スキーやスノーボード、サーフボードなどと較べて、旋回の “神髄” を手に入れている人は多くありません。
   
Web1000_snowborder_20210930171301
    
それは、スキーやスノーボードなどではブレーキ無しでの旋回を学ぶのに、オートバイでは「ブレーキをかけるように!」と教えられているからでしょう。その上、リアブレーキだけを使うライダーが多いので、オートバイ本来の旋回の “神髄” を身につけている人が少ないのです。

Web1000_sarfer_2_20210930171301

コラム『 旋回の “神髄” 身につけよう! 』では、スキーやスノーボードとの比較を通じて、どうすれば旋回の “神髄” を身につけられるかについて触れています。


Web1000_essenceofturning

【 旋回の “神髄” 身につけよう! 】

https://gra-npo.org/policy/yokai_column/column/2021/essence_of%20_turning/essence_of_turning.html
 
  
Web1000_step_body_controll

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


Web250g_20210125193501
 https://gra-npo.org




2021年9月27日 (月)

Q&A 記事『 GSX-R1000R、サスセッティングを行なう順番について 』

    
GSX-R1000R に乗っている方から、サスペンションのセッティングの進め方について質問がありました。そこで、ご質問のあった事柄について回答をして、その後でサスペンションセッティングの基本的な考え方を説明して、その基本から導き出されるセッティングの順序と注意点について解説しました。


Web1000_2021_gsxr1000r2


[ 質問の内容 ]

   
フロントサス、リアサスのサグ出しをした後、次にやるべきなのは
ダンパー調整でしょうか?それとも前後の車高バランスでしょうか?
    
車高バランス調整が先の場合、その時のダンパーは初期値でいいのでしょうか?
それとも伸び側、縮み側どちらも最弱でしょうか?
あとリア車高を調整する時はトラコンは切っておいた方がいいのでしょうか?

  
*  *  *  以上 *  *  *    
  

簡単な内容の回答と、基本的なセッティングの考え方と「 セッティングの進め方チャート 」を一緒に解説している記事は、以下の 公式Webサイトでご覧下さい。 
 
Web1000_tittle_20210927013701
【 GRA Webサイト 】
https://gra-npo.org/lecture/bike/Q&A/Gsxr1000RR_sus_set/sus_setting_1.html


Web1000_2021_gsxr1000r3



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


Web250g_20210125193501
 https://gra-npo.org






2021年9月22日 (水)

フッターメニュー更新の案内


公式Webサイトページの 「フッター メニュー」の更新を開始しました。そのデザインは下図の通りです。

20210922_gra_menu
    
なお、総ページ数が 約3000ページに上り、フッターを含めて一ページ毎に作成している事もあり、全てを更新するには日数は掛かりますし、ページによってはきちんと表示されない可能性もあります。
どうぞ、そういうページがありましたら、お手数ですが、ぜひご指摘ください。

 

【 こだわり と 狙い 】

一般的な Webサイトページでは、メニューはページ上部に「メニューバー」として配置したり、右側か左側の 「サイドバー」に配置したりするのが一般的です。
そして、最下段のフッターには 会社情報や情報保護規定、連絡先、FAQ などへのリンクが配置されているのですが、多くの Webサイトページは 営利目的である為、小さな文字とリンク配置だけでシンプル(小綺麗にして目立たないように)まとめているのが一般的です。
     
しかし、会社の住所や経営方針の確認し難いサイトも多く、連絡先はおろか FAQ でさえ出来るかぎり目立たない様にデザインされ、スマートフォンではタッチ表示させるのが困難な不親切なデザインも少なくありません。
NPO法人として活動を目指している GRA ではそういうデザインは避けるべきだと考えており、最下段のフッターにメニューを大きく配置しています。そうして、検索などでページ記事を閲覧した方が GRAの他のページ記事の閲覧へと関心が向きやすくなる事も狙っています。
   
これからも、指摘や意見を参考にして改良を進めていきますので、今後共によろしく願います。


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


Web250g_20210125193501
 https://gra-npo.org



 
 
 

2021年9月19日 (日)

「 資料ページ 」Archive 更新しました

    
プレスや広報用の資料から、イベント開催に必要な資料、タイム測定結果などを収めた『 資料ページ ・Archive 』の更新の案内です。
  
  Web1000_library
 
スマートフォンでの視認操作性を高めて、多国性を高めて、より多くの方が閲覧・利用できる様に内容を更新しましたので。 ぜひ、ご確認ください。

 

Fe087_l
   

『 資料ページ・Archive 』
https://gra-npo.org/policy/explanation/dataroom.html

 

       *********************

 

発足以来、長年に亘って作成してきた資料や。蓄積してきた様々な情報を、可能な限り公開をします。あなたの今後の活動の参考になれば幸いです。
  
We will disclose the material and various information that we accumlated over the years as much as possible.  We hope it will be helpful for your future activities.



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


Web250g_20210125193501
 https://gra-npo.org



 
 
 

2021年9月17日 (金)

【 新規メニューボタン 】 導入の案内です

   
GRA公式Webサイト に 「 新規 メニューボタン 」を導入しました。
以前から使用していた メニューボタンを刷新して、大型化とアイコン利用、英文案内導入によって、スマートフォンで操作しやすくして、且つ、海外の方にも馴染みやすくするのが刷新導入の目的です。
    
20210917
   
今回、新規ボタンを導入したページは Indexページhttps://gra-npo.org / トップページ )ですが、今後は順次、採用ページを増やして、デザインを整えて操作性を高めていきますのでご期待下さい。
また、ご意見や提案がありましたら、これからもよろしくお願いします。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


Web250g_20210125193501
 https://gra-npo.org




2021年9月12日 (日)

『 お問合せ・連絡用ページ 』を刷新しました。

     
GRA公式Web サイトの 『お問合せ用ページ』を刷新して、より多くの方に気軽にコンタクトしてもらえる様にしました。どうぞ、ご利用下さい。

 

Web300_mail_2b_20210912134701

https://gra-npo.org/office/info_mail/mail.html

 

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


Web250g_20210125193501
 https://gra-npo.org







2021年8月19日 (木)

Q&A 『 ホイールの “引きずり” について 』の解説動画を掲載しました


フロントホイールの “引きずり” の解消に悩んでいる方から質問が届いたので、その方の質問に応える形で製作した動画リポートです。
  

「 ボルトの本数が原因でしょうか? 」

ただ、“引きずり” の原因として一般的に言われている ブレーキキャリパー(ピストン)の整備は対策済みで、それとは別に「アクスルボルトの本数が少ないのが原因でしょうか」という質問内容だったので、この機会に “引きずり” の原因になる事を全て動画の中で解説しています。
   
その解説の中で、「ブレーキパッドの整形」とか「ホイールベアリングの触診」など、一般的にはあまり話題に出ないけど、本当はとても大切な事を可能な限り丁寧に解説していますので、ぜひ、ご覧下さい。





クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


Web250g_20210125193501
 https://gra-npo.org




Q&A 『 Ninja1000のセッティングについて 』P.2とP.3 を追加掲載しました

   
Q&A『 Ninja 1000のセッティングについて 』(新車を買った彼女)の ページ2 と ページ3 を追加掲載しました。
   
Web1000_ninja_1000
https://gra-npo.org/lecture/bike/Q&A/Ninja1000_setting/ninja1000_2.html   
  
リアのプリロード調整と、前後車高バランスの確認について回答をしていますので、ぜひ、ご覧下さい。
  
Img7b_web700
Web1000_kitagawa_z1000_2


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


Web250g_20210125193501
 https://gra-npo.org








 

2021年5月 3日 (月)

『 危険な車体挙動 』を知って欲しくて、記事、書きました

     
Q&A コーナーに、「 駆動方式による車体挙動の違いは 」という質問が届き、それに対して 3ページに亘って回答と解説をしました。が、この回答を書いている最中に、「 車体挙動 」の危険性についても書き留めておく必要を感じて、4ページ目を追加する事を決めていたのです。追加ページで伝えたい事は、危険な車体挙動がある事を知って欲しいという事と、車体挙動の確認方法と適正な調整方法がある事です。
    
  
Web1000_skier_1_20210503231301
「 危険な車体挙動、適正な挙動」より Web1000_bb4_7_20210503231301
「 危険な車体挙動、適正な挙動」より     

   
とても意外な事ですが、オートバイ大国と言われる日本の業界では、危険な車体挙動は転倒を招く危険性がある事が一般的でなく、当然ですが、その確認や調整方法を適切に解説した資料が乏しいのです。
その上、市販車両の状態のままであれば危険性はさほど大きくはないのですが、リアサスペンションユニットを交換している場合、その車高調整やプリロードなどの適切な調整がされてないので、交換前よりも危険な車体挙動になっている車両を数多く見掛けるのです。

   
Web1000_megola

「 危険な車体挙動、適正な挙動」より

   
急に、「 危険な車体挙動に気をつけよう!」と言われても、きっと、ほとんどのライダーは面喰ってしまって、「そんな事、知らなくても大丈夫 ・・・だろう」と思うでしょう。
ただ、「 危険な車体挙動 」は間違い無く存在です。 いつまでも、楽しく、安全なオートバイライフを過ごす為に、知識の一つとして読んでもらえると、いいと信じています。

 


Web1000_body_reaction


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


Web250g_20210125193501
 https://gra-npo.org




より以前の記事一覧

GRA代表:小林の紹介

カテゴリー

無料ブログはココログ
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31