カテゴリー「GRA イベント開催活動」の記事

2021年7月16日 (金)

セッティング動画 11編、制作中です

   
先日・7/11、COVID-19の影響で長い間開催しなかったイベント・『 オートバイとライダーのための “ クリニック ” 』を開催しました。
週間天気予報では決して良い空模様ではなかったものの、当日は朝から晴れて、肌が焼けてしまった程に好天に恵まれ、熱心な受診者にも恵まれて、成果を出せた一日になりました。
ただ、久し振りの開催と暑さのためか、翌日にはすっかりとエネルギーが切れて、身体中の筋肉痛に見舞われてしまったため、すっかりと遅くなってしまいましたが、当日の『 クリニック 』の報告をします。


Web1000_20210711_21


  
受診した人の要望が 「 リアの車高調整がしたい 」と「 トレール量と旋回性との関係を体感したい 」、「 オートバイの構造を理解して安全な運転を続けていきたい 」という事だったので、 オートバイの働く力学的作用を一つひとつボードを使って説明した後、実際に車両を調整して走行確認を行ない、その変化を体験しながら調整を進めていきました。
更に、その調整と走行確認の様子を動画で撮影して、『 クリニック 』を受診する事が出来ない全国の多くのライダーに届けられる様に、セッティング動画の編集も進めていますので、是非、ご期待ください。
  
この7月11日のクリニックを題材にしたセッティング動画は、全11編のシリーズ動画になりますが、その第1編をまずはご覧ください。













クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


Web250g_20210125193501
 https://gra-npo.org










2020年12月26日 (土)

GRAミーティング開催の案内 (1)

    
2021年 2月に『 GRAミーティング 』を開催します。
ここに、その開催目的と開催日時などを案内致しますので、日頃から GRAの活動に関心や興味を持ち、活動をより詳しく知り、何らかの形で活動参加を考えている方は、是非この機会に参加を検討ください。
      
Web1000_2021meeting

   
【 開催目的 】 ・ 2021年、GRAの活動目標へ向けて進めていく為、情報や意見の交換
        を行ないます

【 開催日時 】 ・ 2021年 2月14日 (日) 13:00 ~ 15:00
【 開催場所 】 ・ GRA事務局 ( 神戸市 灘区 楠丘町 6-9-9 )

   

    * * * * * * * * * * * * * * *

    
 
■ GRA活動目標


Activity_policy_b_20201226012101 

 

従来から掲げている活動目標を、2021年度も継続して目標達成へと進めていきます

 
    
   
■ 2021年度 活動目標 『 社会に貢献する生き物 』
   
昨年までの「GRA活動目標」の達成の活動を振り返り、達成した点と不足している点を踏まえて、『 社会に貢献する生き物 』という題名で活動目標を発表しました。
  
Web1000_contribute_to_socie

 

< 一部転載 > [ NPOとして、次の一歩は ]

NPO法人GRAは、長年に亘り、ライダーへの啓発や社会へのアピール活動を行ない、他に例を見ない様々な種類のイベント企画や数多くの開催実績を残し続けています。
  
この経験から、オートバイを走らせて自身や仲間と一緒に楽しむ人を増やす事は簡単で、一般ライダーより速く走れるライダーの育成や、運営支援者の育成も難しくありませんし、オートバイの構造や仕組みから最適な調整やライディングを伝えられる自信もあります。
   
しかし、オートバイを楽しむ事だけに没頭せず、楽しむ環境の社会的脆弱性を認識して、その環境を良くする為に、社会的な働きかけや貢献活動を行なうライダーの育成という目標は充分に達成できていないと考えています。
   
その為、今後は、ライダーが自身の為に、周囲や社会へ働きかけ貢献して、自らの環境を良くする為に努力する人を一人でも多く増やす事に力を注いでいきます。きっと、GRAが一人の発想と行動で誕生している事も参考例になるでしょうし、参考にして貰うに値する活動へと更に高めていきたいと考えています。
  
この目標に向けて、共感と賛同をして下さる方々の協力を得ながら、新たな次の一歩一歩を進めていきます。


2020年12月

                         NPO法人GRA  代表 小林 裕之

 

 

     * * * * * * * * * * * * * * *

   
■ 参加申込み、意見募集、参加方法、その他

【 参加申込み 】

申込みサイト( http://gra-npo.org/schedule/apply/apply_4.html
より 申込みください

  
【 意見募集 】

GRAの 2021年度の活動に対して、質問や意見をお待ちしています
問い合わせさいと ( http://gra-npo.org/office/info_mail/mail.html

 

【 参加方法について 】

GRAミーティングへの参加方法として、直接参加の他に、オンライン参加も
企画しています。 オンライン参加の体制が整いましたら、改めて案内をします
ので、その際には オンライン参加も検討ください。

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org




2020年6月25日 (木)

ステムベアリング整備 in 妖怪ガレージ・持込み企画 リポートです!

    
6月7日に開催しました、『 ステムベアリング整備、妖怪ガレージ・持込み企画 』の開催リポートが完成しました。

【 ステムベアリング整備 in 妖怪ガレージ 】開催リポート
http://gra-npo.org/publicity/report/2020/20200617_rep.html


Web1000_2020617_04 
    
タイヤ交換やフロントフォークの整備と較べると身近に感じる機会は少ないでしょうが、私達ライダーにとってステムベアリングは最も身近にあるベアリングで、オートバイの印象を大きく左右し、操縦性や安定性。そして安全性にさえも大きな影響を与える部品であり機構です。
   
オートバイを気持ち良く思いのまま走らせ、安全にいつまでも楽しむ為に、そんな大きな影響を与えているベアリングの事を見つめてください。


Web800_2020617_07

 

< 以下、一部転載 >
  
きっと、多くのライダーにとってはステムベアリングの整備を依頼する機会は一生無いでしょうから、ステムベアリングの構造や仕組みを具体的に理解する機会も無いでしょう。けれど、そういう機会が全く無かったとしても、ステムベアリングの作動感を敏感に手の平を通じて常に感じ取り、それがオートバイの印象と受け取り、偏った作動性をそのオートバイの“味わい”だと誤解し、操縦性や安定性が損なわれ安全性も損なわれたオートバイに乗り続けている事は自覚すべきです。
  
とかく、エンジンパワーや音、そしてオートバイ自体の存在感やある意味でのプレスティッジ感でオートバイを選び、走りを楽しむ事だけに熱中するものですが、組み込まれている部品一つひとつの特性や役割を理解した適切な整備を行ない、ノーマルのオートバイをノーマルのままで数段階上の本来の姿へと蘇らせてあげる事に、より多くの人が意義と楽しみを見い出して欲しいと願っています。
 
Web800_2020617_27


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org




2020年6月15日 (月)

予約申し込みの受付期間について


既にご存知の方も多いと思いますが、GRA が開催するイベントには 予約申し込みでの受け付けを 6月から始めています。

申込み受付期間について問い合わせがありましたので、その回答をここでもお知らせします。

 

【 質問 】

●「 申込期間では ~ 6/8 と 終了日しか書いてなく開始の日がありませんが ・・・」

●「 7月12日のイベントの申し込み期間が ~6/8 となっているが間違いでは? 」

 

 

【 回答 】

〇 予約申込み期間の始まりは特に決めていませんので、早目の申し込みも
  歓迎しています

〇 7月12日開催の『 クリニック・イベント 』の申込み期限は 7月5日とすべ
  きでしたが、誤って記載していました。 7月5日まで 申込みを歓迎しています。
  また、指摘のお蔭で Webサイトを修正する事が出来ました。ありがとうござい
  ました。

 

 
  *********************

 

『 開催イベント情報 』

http://gra-npo.org/schedule/schedule/kinjitu/kinjitu.html


Web1000_mailbox_20200615233801


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org




2020年6月13日 (土)

大阪府の新型コロナウイルス、追跡システムの一例です

   
大阪府は不特定多数の人が出入りする 飲食店や事業所、そしてイベント開催において、感染者と濃厚接触した人への通知システムを運用しています。
  
GRAも 大阪府府内の会場を利用する関係から、イベント主催者として登録を行ない、別紙の通り、6月14日開催 『 クリニック・イベント 』用 の QR コード を発行を受けました。
  
20200614_qr_code                     ( ※ QRコードは、他で利用できないように加工してあります )

後は、会場に このQRコードを設置して、来場者に スマホで読み込んでもらい、メールアドレスだけを登録してもらう事になります。

   

でも、僕みたいに スマホ持っていない人は、きっと、蚊帳の外ですね。


Web250g
http://gra-npo.org





2020年6月 6日 (土)

緊急事態解除後の会場借受手続き

    
緊急事態宣言が 5月21日に解除されてから、飲食店や宿泊業の方々が人と人との間隔(ソーシャルディスタンス)の確保や接触感染の防疫に努力されているのと同様に、イベント用会場を借りるにあたっても同様な対処が求められる様になった、との事は先日も伝えた通りです。
   
先日は、大阪府のスマートフォンを利用して濃厚接触者の連絡先を確保システムを知らせましたので、今日は 会場の管理責任者に提出する書面を紹介します。 恐らく、全国的には同様な対処が求められているとは思いますが、これから何かしらのイベント企画を考えていらっしゃる人の参考になれば幸いです。
 
 
先ずは、従来から提出していた書面です。
   
【 許可申請書 】 ・・ 利用許可を求める書面で、従来と変わらず 同じ内容です

Photo_20200606142001

 

【 誓約書 】 ・・ 書式は GRA が従来から使用している様式で提出しています

20200614

 

以下は、今回から新たに提出を求められた書面です

【 企画書 】 ・・ 従来より、協賛会社さんや会場管理会社宛には提出していた書面

Photo_20200606142002

 

次は、感染対策を兼ねて、会場管理会社から新たに提出を求められた書面

【 位置図 】 ・ ・ 具体的に どの場所を利用したかを記録として残す為の書面

2020061

 

そして、感染対策に関する確認用書面が 3種類です

【 共通・チェックリスト 】

20200

 

【 個別・チェックリスト 】

20200_20200606142101

 

【 緊急連絡体制図 】
・・ 緊急時の連絡先を図示、管理会社から大阪府所轄部署、主催者側の 担当者を
       予備を含めて 3名の氏名と連絡先を記入した書面を提出しています。個人情報が
       記載されているため、掲載は割愛させてもらいます。

 

以上の書面は、既に メール添付で送付して、6月14日の開催は 基本的は許可を得ていますが、今後当面の間、開催の旅に事前提出が必要になります。

イベントの企画開催を考えていて、不明な点があれば、私共が知っている限りの事は伝えますので、どうぞ、気軽に質問をしてください。

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org




2020年4月 4日 (土)

3月29日開催 “ クリニック ” 開催リポート

      
3月29日 に開催した オートバイとライダーのための “ クリニック ” の 開催リポートを 掲載しましたので、是非、ご覧ください。

『 実際に触れてこそ、発見できる大切なコト 』

http://gra-npo.org/publicity/report/2020/20200329_rep.html
  

Web1000_20200329_17

   
             *     *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *
  
< 以下、一部転載 >
   
今回の大きな喜びの一つが、セッティングの良否は目で見て分かる事、それが 初めて訪れた 10代 ライダーに確実に伝わった事でした。

それは、訪れた人の要望に合わせて、リアサスペンションのダンパー調整を参加した人全員で確認していた際、それを見ていた彼が 「重い」「軽い」と調整によって変化する動きの変化を正しく読み取っていたのです。

( 中略 )

初めて訪れて、初めてのフラット路面でのチェック、しかもダンパー調整でのオートバイの微妙な動きの変化を読み取れた 10代の彼だったので、その後は彼にドライバーを渡して自身の判断で調整をしてもらいました。
そして、その後で、彼自身も自身の車両に乗ってリアサスペンションのダンパー調整をきちんとやり遂げたのです。
  
若い才能が良いのか? 経験や情報にまみれたベテランには見えないのか? 良い体験となりました。

Web1000_20200329_19

  
  
 

2020年2月21日 (金)

キャンバースラストではなく、旋回モーメントを理解せよ

    
2020年 2月20日開催 『 整備・セッティング セミナー 』で解説した内容の一部を紹介します。

 
Web1000_img_1420

『 オートバイはなぜ曲がるのか? 』

オートバイはなぜ曲がるのか? どんな力が働いて旋回できるのか?
とても基本的な疑問ですが、多くのライダーはこの問い掛けに対して回答する事はできないでしょう。

よく理解している人でも、「斜めに傾いたコインが旋回するのと同じ」という 四輪用の解説書で書かれている文章の一部を抜き出して専門用語を使って説明している人もいます。
しかし、コインもキャンバースラストも細い自転車のタイヤの場合だけに成立するもので、それ以上に太いタイヤの場合には別の力が作用する事は知られていて、既に四輪用の解説でもキャンバースラストは重要視されていません。

では、オートバイを旋回させる力は何かと言えば、タイヤに働く “旋回モーメント” です。
タイヤに働く “旋回モーメント” の力によって、タイヤが進む向きを変える力を受け、その力によって車体(オートバイ)は旋回できるのです。

Web1000_img_1421

 

『 旋回モーメントって? 』

詳しい解説は、GRA公式Webサイトの【 バンク角と旋回特性との関係 】P.2 ~ P.3 (3月初めに掲載予定)で、分かりやすい解説図を入れて行ないますが、“旋回モーメント” の解析から次の特徴が導かれます。

〇 タイヤは太い方が旋回モーメントは働きやすい事。逆に、自転車タイヤの様に細いと働きにくい
〇 バンク角は大きい方が 旋回モーメントも大きくなる
〇 ブレーキで生まれる旋回モーメントは、ブレーキの力の大きさでで変化する

つまり、自転車の様に細いタイヤでは生まれ難く、太いタイヤほどブレーキをかけた時にタイヤの向きを変えようとする “旋回モーメント” は大きくなり、バンク角が大きく、かけるブレーキの力が大きい程に “旋回モーメント” は大きく働くという事です。
この事は、自転車とオートバイを乗り較べた事のある人なら誰でも感じている事でしょう。

ここで、ブレーキによる旋回モーメントと特定な条件での現象の様に感じる人もいるでしょうが、実際には タイヤは常に路面抵抗というブレーキと同じ力を路面から受けているので、ライダーがブレーキをかけなかったとしても常に “旋回モーメント” は発生しているのです。
また、この “旋回モーメント” が逆にライディングの妨げになるのを防ぐ為に、1990年代以降太く変化してきた前後タイヤの幅ですが、フロントタイヤ幅だけが 120㎜ 止まりになっている事の説明もつきます。

Web1000_img_1422

 

『 ライディングへのヒント 』

このタイヤに働く “旋回モーメント” を正しく理解して、安全で楽しいライディングに生かすには、1970年代以前から言われ続けている ライディングセオリーやライディング都市伝説の幾つかを忘れてしまう必要があります。
詳しい解説は、GRA公式Webサイトの【 バンク角と旋回特性との関係 】P.2 ~ P.3 (3月初めに掲載予定)で、分かりやすい解説図を入れて行ないますが、“旋回モーメント” の解析から次のライディングヒントが導かれます。

〇 コーナリング・旋回中に、前後ブレーキを使うのは車体の安定性を増すが、後輪ブレーキの使い過ぎは旋回性をスポイルする
〇 小回り・タイトターンで、リアブレーキを引きずる様に強くかけ続ける乗り方は決して効率的ではなく、上手なライディングとは言えない
〇 リアタイヤの旋回性を高めるには、ブレーキ時とは逆の向きの “旋回モーメント” が適任

つまり、バンクさせたまま可能な範囲で加速する走り方が、オートバイにとって最も効率良く旋回できるライディングだと言えるのです。
これらの事もオートバイを良く知っている人は感じている事ですが、“旋回モーメント” の特性を理解する事でもっと正しく安全なライディングは可能になります。
とは云え、この特性を正しく利用するには、1970年代以前から言われ続けているライディングセオリーの多くを一度忘れる必要もあるでしょう。


Web1000_img_1423

詳しくは、【 バンク角と旋回特性との関係 】でご覧下さい。

 

GRA公式Webサイト【 バンク角と旋回特性との関係 】
http://gra-npo.org/lecture/ride/lean_and_turn/turningchara_1.html
Web500_theme_lean_angle




2020年2月20日 (木)

3月から、イベント名称を変更します

    
2020年 3月から、開催イベントの名称を変更する予定です。
  

2020_event_name_change

   

昨年から開催しているイベント、『 整備・セッティング セミナー 』は 【 オートバイ 何でも セミナー 】に変更して、オートバイの整備やセッティングに留まらず、ライディングやオートバイの選び方、歴史に至るまで一緒に意見や情報の交換と講習を行なって、オートバイを多面的に親しめるセミナーにします。

      

また『 ライディング・セッティング クリニック 』は 『 オートバイとライダーのための クリニック 』に変更しますが、内容的には 従来通りのままで、車両を実際に使った 整備やセッティングの他に、ライディングの悩みを解決する実践的な練習を行なえる場として、オートバイをもっと楽しく安全に乗れる様にサポートをします。

 

どうぞ、これらのイベントを 気軽にご利用下さい。





2019年12月10日 (火)

GRA『撮影 & 練習イベント』の動画リポートです

   
2019年12月1日(日)に開催した、『撮影 & 練習イベント』での撮影風景を紹介する “ディレクターズカット版” 動画リポートです。
  
きっと、その撮影風景の楽しさと一緒に、一般的に行なわれている ライディング講習会とは違い、より多くの人と地域を対象に活動して事も伝わると思います。
  
ただ、当初は、紹介用動画として、もっと短いダイジェスト版を目指していたのですが、当日の楽しさと撮影内容をしっかりと伝えたくて、少し長くなりました。
また、「動画」と一緒に、「参加者感想文」や「開催リポート」を 以下の 公式Webサイトで掲載していますので、一緒に楽しんでください。

【 GRA公式Webサイト ・ イベント資料 】
http://gra-npo.org/document/record/2019/20191201.html#1



 
 
 
 

 

より以前の記事一覧

GRA代表:小林の紹介

カテゴリー

無料ブログはココログ
2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31