カテゴリー「意見や提案を求めています」の記事

2021年3月10日 (水)

Q&A コーナー開設のお知らせ /「質問を待っています!」

   
先日ご案内した通り、オートバイへの理解と知識を深めて、より安全で楽しいオートバイライフを過ごしてもらうための『 Q&A コーナー』を開設しました。
   
どんなに小さな事であっても、常識だと思われ思い込んでいる人が多い事でも、分からない事や不安な事、困っている事についての「質問」をお送りください。出来るかぎり詳しく分かりやすい解説で回答をします。

    
Waiting_for_question_1000_20210310002701
    

【 質問・募集しています! 】
https://gra-npo.org/policy/explanation/invitation_question.html

  

皆さんから送られた質問すべてに、すぐに回答ができれば良いのですが、残念ながら、その能力が不足しています。その上、出来るかぎり詳しい回答をしたいとも考えています。

Web1000_hg077_l_20210310002701

そのため、送付された質問から、過去に回答して公開をしていない内容を選び、多くの人が知りたいと思っている疑問や、多くの人が誤解している事が多い質問を選び出し、基本的な事からより詳しい事まで時には図解などを加えて分かりやすい回答を作成して公開と回答をします。
ですから、質問をしても回答が無い場合、回答が遅くなる場合がある事をご了承ください

  

< 追伸 > 『 妖怪ガレージ持ち込み企画・希望者募集 』については、近日中に開設の予定で進めています !!



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


Web250g_20210125193501
 https://gra-npo.org

 

 
 
 


 

2021年1月 8日 (金)

オンライン “GRAミーティング” サポーターを募集します

   
来る 2月14日に開催する『 GRAミーティング 』に合わせて、『 オンライン “GRAミーティング” 』の開催を検討していますが、多人数でのオンラインミーティング(会議)は初めての開催になりますので、オンラインでのシステム運用の経験がある方に、システム構築と当日の運営サポート役としての参加を募集しています。
  
どうぞ、GRAの活動に興味や関心があり、システム構築のサポートと当日のミーティングにも参加して下さる方は、是非、ご連絡を、お待ちしています。
  

Web1000_online_supporter

【 連絡先 】
information@gra-npo.org

 

また、システム構築以外、ミーティングへの参加希望の方も募集していますので、是非、ご連絡をお待ちしています・
  
なお、サポーターの方が手配が間に合わなかった場合には、残念ですが、『 オンライン “GRAミーティング” 』は中止となる事をご承知ください。
      
Web1000_2021meeting_20210107235701

GRAミーティング開催の案内
https://gra.hatenablog.jp/entry/2020/12/25/185335



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org




2020年10月26日 (月)

Web 会議システム、意見をください

  
Web会議システムの導入を考えています。
   
利用する機会として、先ずは 来年早々に行なう GRAミーティングの Web会議版 で、新型コロナウイルス感染の危険性を避ける会議方式として検討を進める他に、GRA活動に関心の高い人が気軽に参加してもらえるシステムとして検討しています。
GRAミーティングとは別に、『 オンライン セミナー 』の開催検討の為に、最適な会議システムの検討も行なっています。
   
その為に、Web会議システムについて、みなさんのご意見やご指摘の協力を、是非、お願いします。
導入システムの条件想定は、「スマホで参加可能」、「基本的無料または低料金」、「参加操作が簡単」、「10~20名程度参加可能」です。
現在、検討中のシステムとして 「Zoom」、「V-CUBE」、「Google Meet」、「Webex Meetings」などが挙がっていますが、これらのシステムを利用した経験がある人からのご指摘もお待ちしています。
   
Web1000_corona5006277_1920

   
ご意見やご指摘は、この記事へのコメント送信か、information@gra-npo.org 宛のメールでお願いします。


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org



 

2020年9月23日 (水)

ミニ動画企画、募集中です !

   
GRAは、多くのライダー(人々)に「 いつまでも、楽しく、安全なオートバイライフ環境 」を大きく育ててもらう事を目標にして、特に大切な整備やセッティングについて画像やイラストを交えて発信してきました。
ただ、ライディングやセッティングを理論や図だけで説明を行なっても、具体性や浸透力に一定の限界も感じています。
  
その為、2~3分程度の “ミニ動画” を作成して、ライディングやセッティング、整備などの説明を助ける補助的資料として活用する事を計画しています。
敢えて “ミニ動画” としているのは、撮影や編集作業をコンパクトにして、饒舌にならず簡潔に伝えたいメッセージが届く事を期待しているからです。
    
その為、撮影機会は現在開催している 『 クリニック 』の空き時間を検討しています。
撮影だけを目的の『 撮影イベント 』ではない為、『 クリニック 』受診者の協力が必要で、更にその方の撮影経験や技術に影響され、予定した動画にならない可能性もありますが、先ずはまた一歩脚を進めてみます。

 

Web1000_vtr_info_b
http://gra-npo.org/lecture/ride/circle/circle_2.html#circle

    
 
そこで、GRAの活動に関心を持って下さっている方からリクエストを募集したいと考えています。
「 こんな走り方の動画が見たい 」とか「 どういう練習したら良いのか、見本が観たい 」など、要望を募集します。
   
現在予定している “ミニ動画” の企画は、「 誰もが上達できる、簡単な練習方法 」や 「 Uターンの簡単な練習方法 」などで、初心者の人でも走れる簡単なセクションで、初級者の人にも身近な走行速度で撮りたいと考えています。どうぞ、ご期待とご要望をお寄せください。

Web1000_vtr_info_a


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org




2020年5月14日 (木)

受診予約制の導入に、意見募集中です

  
6月以降に開催するイベントについて、更に充実した活動になる様に色々と企画を練っていて、ここにその素案を公開しますので、皆さんからの 意見や指摘、提案を募集しています。
  
 
【 クリニック  イベント 受診予約の変更案 】について

〇 GRA活動目的 の「 人 」にも重点を置きたい

・・ 「心」「技」「体」「バイク」の 4項目に分けて、過去の活動からの知識や体験を交えて
   発信する啓発活動を行なっていますが、「技」や「バイク」への注目や関心の高い人だけ
   でなく、「心」や社会的な意識への関心も一緒に高める方向へ少し重点を移す目的があり
   ます

・・オートバイにもっと上手に乗りたい人、整備やセッティングをもっともっと知りたい人だけ
   ではなく、ただ GRA が発信している考え方や知識に興味があり、それらを充分に理解で
   きないけど、実際に活動に触れてみたいという意識の人へ広く門戸を開けてアピールして
   いく必要があると考えています

・・その為には、GRA の 公式Webサイトを閲覧してくれている人々であれば、例えオートバイ
   の免許を持っていない人でも、整備なんて全く興味が無くても、GRA 開催のイベントへ
   参加経験がなくても、安心して参加を考慮してもらえる雰囲気は打ち出すべきだと思います

・・GRA の行なっている活動に対して、関心や興味のある人であれば、オートバイの有無、ライ
   ディング技術の如何、オートバイイベント参加経験の多寡に関わらず “ GRA 活動に関心
   のある人を公平に扱う ” という印象を確信に変えるシステムも導入する方が良いと考えて
   おり、その為の変更案です


〇 中心となるイベントは 「クリニック」イベント

・・現在は 当日参加制にしている 「 クリニック 」イベントを事前予約制に変更する企画案を検
  討中で、上記の通り オートバイを所有していない方、免許を持っていない方の参加も 受診
  予約 を受け付けます


〇 事前申込み制を採用
・・クリニックでの受診(参加)には 事前予約制にする事で、受診目的を詳しく知って事前準備
  を整える他、自由記述欄でその方の熱意や意欲なども一緒に書き添えてもらいます


〇 予約受理判断は適確に、期間は柔軟に

・・ イベント開催の 2日前までなら いつでも予約可能とする一方、受理判断については「乗る人」
   への共感レベルで判断する

・・予約受理の基準は 「 共感 」として、知りたい事や経験したい事への意欲、関心の高さ、また
  はその人が遭遇している状況に応じて、「知って欲しい」とか「体験して欲しい」、または
  「一緒に考えてみたい」「会ってみたい」という“ 共感 ” のレベルで受理をする案です

・・必要に応じて、事前に メールで問診を行なった結果も受理基準に入れます

 

以上、とても ラフ な改革案ですが、気軽に 意見や提案を聞かせてください。

■ 意見や提案は、以下の URL からお送りください ■
http://gra-npo.org/office/info_mail/mail.html

 

Web1000bclinic_img2

クリニック  詳細案内ページ  URL
http://gra-npo.org/schedule/clinic/clinic_top.htm

 

Web250g
http://gra-npo.org





2019年12月25日 (水)

2020年イベントについて、「 意見 」 を紹介します

   
来年・2020年度の イベント開催に関して、「 意見募集中!で意見を募集したところ、幾つかの意見を頂戴している事に感謝を申し上げます。
  
ここに、その意見の一例を紹介しますが、引き続き 「 意見・提案 」をよろしくお願いします。
 
     *    *    *    *    *    *   *
     
【 頂戴している意見 】
   
『開催するイベントでの目標』に関しては、NPO法人GRAの『活動目標』にそった内容でとても良い目標だと思います。
  
この目標を読んで思いついたのですがWebサイトで「困っている事」・「うまく出来ない事」等々を募集し、改善案や練習方法を実際にオートバイを使うイベントで行い、イベント内容の動画をWebサイトにアップする…出来たらいいなと考えました。
   
『イベント名称案』としては
“クリニック”イベント名としては「GRAオートバイ・整体院」はどうでしょうか?
乗っていると車体にしろ人にしろ色んなクセがついてしまい、上手く乗れている所と乗れてない所があると思います。
クセを矯正する事でオートバイをもっと楽しむ事が出来ると言う意味でどうでしょうか?
   
あと何となく…「GRAオートバイ・ブートキャンプ」(意味不明)
   
座学イベント名としては
「GRAオートバイ・お悩み相談室」…そのまんまですね
「GRAオートバイ・(掲示)板」…なんとなく

 

何かよさげなものが浮かんだらメールする事にします。


         *    *    *   以上  *    *    *    *
   
  
【 意見募集中!】「イベント名称と展開方法について」
http://gra-kikaku.hatenablog.com/entry/2019/12/21/225350

Web500_mail_2b_20191225163501
http://gra-npo.org/office/info_mail/mail.html




2019年12月21日 (土)

意見募集中! 「イベント名称と展開方法について」

  
『 はじめに 』
    
NPO法人 GRA は、2020年度、活動を更に浸透させていくために、関心を持って戴いている皆さんからの意見や指摘を広く募集しています。
今回は、「イベント名称 」とイベント活動の「 展開方法 」について、広く意見を集めながら検討を進めていきます。

 
 
 
『 いきさつ 』

1990年代から2000年代にかけて、イベント活動は GRAの活動内容の多くを占め、北海道から沖縄まで全国各地、最多で 年間 40イベント以上、1イベント当たり 100名以上の参加者を集める活動を行なってきました。
   
ただ、2010年以降、活動目標と活動内容を見直して、主に Webサイト や SNSサイトなどを通じて、全国のライダーへの情報や知識の発信活動を主体にしています。
その様な変更の中、イベントを開催する事には、以前には考慮さえしてこなかった重要な “ 意義 ” を見出す事になりました。 それは、全国へ発信している事柄の “ 実証の場 ” であり、発信する情報の “ 収集の場 ” としての意義です。

 
   

  
『 意見や提案を募集しています 』
 
そこで、イベント開催の意義や重要性は 2020年度も変わりありませんが、開催による効果を高めるために、来場して参加する人を増やしていきたいと考えているのです。
それが、「 イベント名称 」「 展開方法 」の変更を検討している理由です。
   
GRAの活動目標は、以下の通り、従来から変わりありません。

Web1000_gra_policy_2020

  
名称変更を考えているのは、実際にオートバイを使うイベント:『ライディング・セッティング クリニック』と、話し合いと座学で進めるイベント:『整備・セッティング セミナー』の 両イベントですが、2020年 のイベント目標は共通で、 下記の様な内容で進めていきたいと考えています。

Web1000_event_target

   
具体的に言えば、「 オートバイをもっと楽しむ 」という テーマ に沿って、誰でも理解できる事から一つひとつ分かりやすく進め、単なる講師、指導スタイルではなく 参加した人全員が意見や提案を出しながら、その様子を短い動画に納めて SNS を通じて 随時発信 する事を予定しています。
また、初級から中級の難易度レベルを主体にする事に合わせて、公式Webサイトの 『 オートバイの基本講座 』・“技” 編と “バイク”編も、[初級レベル]、[中級レベル] そして [上級レベル]に分けたレイアウトにす る事も視野に入れています。 
  
  
     
『 イベント名称案 』
   
現在挙がっているイベント名称案は、実際にオートバイの操作や整備、セッティングを診断する “ クリニック ” イベントについては、
  
「 GRA オートバイ・クリニック 」、
「 GRA オートバイ・練習クリニック 」 ・・・
などが挙がっています。
 
 
また、質問や座学でオートバイ全般についての話題を交わし、悩みや課題の解決を図るイベントには、
 
「GRA オートバイ教室」
「GRA オートバイ講座」  ・・・  などの案が挙がっています。

 

どうぞ、意見や提案を、この記事への コメント返信か、事務局宛に直接 Eメールにて送付ください。お待ちしております。


Web1000_img_1402_20191221233101

【 NPO法人 GRA 事務局 宛 Eメール 】
  

Web100_mail_2b http://gra-npo.org/office/info_mail/mail.html






2019年11月28日 (木)

【 何故、NPO? 】 (草稿)


GRAの事を、より理解してもらう為、コラム文章を作成中です。 ここに、その草稿を掲載しますので、校正や意見など、みなさんからの指摘をお待ちしています。


* * * * * * * * * * * *


他のNPO法人の事を紹介する記事を掲載し、色々な NPO法人 の事をアピールすると、時々、受ける質問や言葉があります。

「 オートバイの事をもっと載せた方がいい、NPO の事に興味はあんまり無いので 」

「 NPO 法人だという事は分かった。 でも、それはオートバイという趣味の世界での活動を、少し正当化しようとしているだけでは 」

「 非営利の法人だと言っても、利益を一定以上は出して、収支がきちんとしていないと社会的な信頼は得られないでしょ 」と 。
 
 
 
 
『 なぜ、NPO? 』

指摘の通り、GRAはオートバイを 主題(テーマ)に置いた活動しています。
そして、「 ライダーとオートバイにとって、より良い環境を創り上げる 」という活動の目標は、一般的な意味では、社会貢献とは言えないのかも知れません。

他の NPO法人であれば、人の生活や健康を助け、人の人権や生命を危険から救い、地球環境や生態系を改善するという目標を掲げて活動していますので、較べると NPO らしくないと言われるのも当然の様に見えます。
しかし、私達は、基本的に利益を求めない NPOとしての活動こそが、人として普通の事だと考えています。



『 普通の事 』

「 企業は人なり 」という言葉があります。
私は、この言葉の理解の延長として、一人の人を一個の法人として見ています。

利益(収入)を得る事に生きがいを持つ人は、より多くの収入を得て、社会的に恵まれた生活を送る事を目標にしているでしょう。
が、それとは異なり、利益(収入)を目標としないで、自身が持っている知識や能力を社会のために役立てたいと考えて、行動している人も大勢います。

そして、私も、オートバイを通じて知り、考え、学んだ多くの事の中に、きっと社会の多くの人々の役に立つ事があるだろうと信じていて、人々の役に立ちたいと行動を続けてきました。

そんな私にとっては、NPO 法人として活動する事は普通の事ですし、きっと 他の NPO法人を創立した人々の中でも、「普通の事」をしていると考えている人は多くいると信じています。



『 支援のカタチ 』

NPO法人活動とか、社会貢献活動と言うと、ちょっと敷居が高く、縁遠い存在に感じる人も多くいるでしょう。
実際、人の生活や生命に関わる深刻な課題や、地球環境の改善など壮大な目標を掲げている NPO法人の活動には、「支援はしたいけど ・・」と躊躇する気持ちは理解できます。

ただ、GRA の場合には、少し違う事を伝えます。
もちろん、「寄付」を頂戴する事はありがたいのですが、一番の “支援” は、Webサイト を通じて発信している様々な コラムやメッセージ、動画などを観て、良い内容だと思えたら「いいね」や「リツィート」をして下さる事です。

そんな、簡単な事ですが、私達の活動にとっては大きな励みになっている事を知って欲しいのです。
その上で、「質問」や「指摘」、「意見」を頂戴出来れば、更に大きな刺激と励みになる事は言うまでもありません。

GRAは、そんな考えで NPO法人と活動していますので、どうぞ、これからも “支援” をよろしくお願いします。

Wen1000_hands1314166


 

2019年11月22日 (金)

12/1 に向けて、企画・提案を募集しています!

   
来る、12月1日に開催する 『 撮影&練習 イベント 』に向けて、あなたの 企画や提案を募集しています。
Web1000_b_photographer  
「 こんな映像が観たい 」
「 分かりやすい解説映像が欲しい 」
 
オートバイの事で、ライディング方法や練習方法、整備の方法やその効果など、あなたが見たい映像や画像について、あなたの提案を送って下さい。
撮影&練習 イベント 』では、いつまでも、楽しく、安全なオートバイライフを過ごすのに役立ちそうな画像や映像を撮影しますが、可能なら、あなたの提案も聞かせて欲しいのです。
 
送付は、この記事へのコメント返信か、下記のサイトを通じて送付ください。


Web300_mail_2b http://gra-npo.org/office/info_mail/mail.html

 
    * * * * * * * * *

  
【 11月21日現在・撮影映像候補 】

〇 「 基本練習・サークル走行 」
〇 「 基本練習・2本オーバル走行 」
〇 「 基本練習・4本四角パイロン走行 」

 

〇 「 フロントフォークの整列 」
  ・・ フロントフォークの整列作業と、その作業の前後(Before & After)のオートバイの動きの比較

 
   * * * * * * * * *
  
イベント当日の参加者( モデル、カメラマン等 )は、当日にならないと分からない為、集まってくれる方々の意見や雰囲気に合わせて、楽しく活気のある映像や画像の撮影を行ないますので、予定はあくまでも予定です。
  
が、あなたの強~い提案、説得力のある要望であれば、実現したいと思うのが人情です。また、当日、イベント会場で直接、意見や要望を伝えてもらうのも大歓迎です。

  
では、みなさんからの「提案」や「要望」をお待ちしています。

Staceygabriellekoenitzrozells288200unspl
【 撮影 & 練習 イベント 】
http://gra-npo.org/schedule/photo&practice/top.html




 

2019年9月11日 (水)

映像撮影企画、増やしてみます

    
GRA の 特徴の一つは、活動の様子を撮影した「 画像 」「 映像 」を多く残していて、それも 発足した 1991年当時からのものを、Webサイト等を通じて 公開している事だと考えています。
    
この特徴を活かして、もっと多くの人々へ、より正確な情報を届けていくため、過去の映像を 編集して公開する活動の他に、 新たな 「 映像 」撮影企画を進めていく予定です。
   

Web1000_20170608

   
特に、撮影の中で活用を高めたいと考えているのが、俗に 言う “ アクション カメラ ” (小型固定焦点型ビデオカメラ)の利用です。
  
その為に、撮影者の頭部に装着して、撮影者目線で 対象物の撮影と、同時に 解説を収録する予定で、その主な収録企画は下記の通りです。
   
1. 走行イベント での 走行風景を、解説込みで撮影して、臨場感を高める
2. セミナーなど、解説講座で、ホワイトボード等を利用した解説を撮影
3. 実際の車両のメインテナンス や セッティング の様子を 解説込みで撮影
   
そして、この 撮影を可能にするため、自作の カメラマウント用ヘッドギアも用意して、実際に 9月8日開催の 『 ライディング・セッティング クリニック 』での撮影に利用しました。
 
Web1000_20190908_03

    
考えられる課題は、動画編集に掛かる手間・時間です。
実際、1台の ビデオカメラ で撮影した 映像を、編集して動画にまとめるのには、それなりの技術と経験、そして 時間 が必要になりますが、2台 のカメラで、しかも タイムコードなど、複数の 映像同士 で 場面の同期させる機能は無い為、恐らく 2倍以上の手間は掛かると推測されます。
     
ただ、想定していただけでは前進しません。
上記に挙げた 撮影企画を、9月 ~ 10月 で行ない、実際に 作製の手間 と 効果、人員と時間 を 検討しつつ、今後の活動に活かしていきます。
   
どうぞ、そんな 動画作品をに 期待してください。

 

< 最後に > ・・ より良い 情報の発信のため、みなさんの協力を !

■ 撮影企画の際、撮影協力などを依頼した場合、ご協力を願います。
■ 動画で知りたい 情報、知識 などを、是非、ご連絡ください。

 




 

GRA代表:小林の紹介

カテゴリー

無料ブログはココログ
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31