« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »

2022年6月の記事

2022年6月27日 (月)

<Q&A コーナー> 「 燃料カプラーの外し方は? 」回答を掲載しました

     
“Q&A コーナー” に、2008年式、トライアンフ デイトナ675 を所有する方から、「燃料ポンプの燃料吐出口のカプラーが、上手く外せません、いい方法ありますか?」という質問を頂戴しました。

Web1000_daytona675

早速に、「簡潔編」の回答に始まり、「実車編」から「詳細編」まで、関連情報を含めて詳しく解説・回答しました。どうぞ、燃料噴射式エンジン車を所有している人や整備に関心が高い人は、是非、ご覧下さい。

Web1000a_banner_coupler
https://gra-npo.org/lecture/bike/Q&A/Fuel_coupler/coupler.html


            ***********************

以下、「簡潔編」の回答です、


こんにちは S さん

この度は 『 Q&Aコーナー 』にお問合せを下さり、誠にありがとうございます。
燃料タンクの取外しは、エアクリーナーエレメントの整備や点火プラグの交換を始めとする、エンジン補機類や電装関連の本格的な整備には欠かせない作業です。
   
ご質問の件は、該当車両の整備(サービス)マニュアルから、該当すると思われる指示書を紹介します。 これがお役に立つならば幸いです。なお、上手く外せない場合や、別な箇所で作業が進まない場合には、どうぞご連絡をください。

Web1000_coupler_removal_0
https://gra-npo.org/lecture/bike/Q&A/Fuel_coupler/coupler.html

 

           **************

他に、「実車編」と「詳細編」の回答も掲載して、関連情報を含めて詳しく解説をしていますので、どうぞ、クリックして Q&A 回答文を御覧ください。

また、問合せ・ご質問の投稿もお待ちしています。

Waiting_for_question_1000b

【 問合せ案内ページ 】
https://gra-npo.org/policy/explanation/invitation_question.html




Web1000_2022_topimg_20220203001001
https://gra-npo.org
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.









2022年6月25日 (土)

“旋回効率” を解説した Q&Aコラムに、「走行動画」ページを追加しました

     
「リアブレーキを多用した旋回は非効率」という話題から始まった、旋回(コーナリング)を力学的に解説したコラムの最後に、3本の走行動画で具体的に説明したページを追加しました。

Web1000_bb4_4_20220625122401

どの走行動画でも共通する事は、効率が良くて安全な旋回(コーナリング)には「荷重」のコントロールが大切という事のようです。  具体的な走行動画によって、きっと、参考になる人も多いと思いますので、是非ご覧ください。
  

Web1000_high_efficient_corn_20220625122401
https://gra-npo.org/lecture/ride/Q&A_rearbrake_myth/Rear_Brake_6.html






Web1000_2022_topimg_20220203001001
https://gra-npo.org
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.









2022年6月24日 (金)

『 なんでも “クリニック” 』ライディング編ページ、一新のお知らせ

    
開催イベント “クリニック” の「ライディング編」案内ページを、もっと内容が伝わるように一新しました。
 

Web1000_clinic_img4_riding
https://gra-npo.org/schedule/clinic/clinic_3.htm
    
   
一新した目的は、もっとライディング技術を高めたいという人の要望に応えるため、『 主なメニューと効能 』という説明を充実させて、どんな苦手な事や悩みに効果があるのか分かりやすくしました。
例えば、【 狭路での、低速走行と急加速走行 】というメニューの説明では、以下の「説明文」を加えています。

Web1000_20160724_04
   
【 説明文 】
  
” 低速走行で、「身体の左右と上下のバランス」の確認ができます。特に、ブレーキ無し走行では、上下左右のバランス確認が容易です。
また、急加速走行では、特に片手運転が可能ならば、「右手操作の正確さ」や「ハンドルへの不要な入力」が確認できます。さらに、「車体の左右バランス」「適正リア車高」が可能な他、「リアタイヤの直進方向からのズレ」の確認にもつながります。”

    ***********

これによって、“クリニック” のイメージがつかみ易くなって、より適切な診断や確認に繋がる事を期待しています。なお、セッティング編ページは、近日、一新の予定です。



Web1000_2022_topimg_20220203001001
https://gra-npo.org
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.









2022年6月21日 (火)

7/2 開催の “セミナー” のテーマは、「タイヤの特性とオートバイ」です


2022年7月2日(土)の『 GRAの オートバイ・なんでも “セミナー” 』は、「タイヤの特性とオートバイ」を基本テーマに、参加した方の 提案や質問を織り交ぜて進めていきますので、どうぞ、一緒に勉強しましょう。

Web1000_20220702_seminar_t2
   
タイヤは、オートバイに路面と接する唯一の部品で、加速や減速、コーナリングなど、どんな場合もオートバイの動きに必要な大切な部品ですが、「溝は充分に残っているからまだ大丈夫」とか「空気圧はちゃんと入っている」としか注目せず、意外とその大切さを忘れられがちだったり、どんな時も性能を発揮させる為の整備やセッティング。ライディング方法についてなど、あまり考慮されていない部品の一つです。

“セミナー”では、「ベストな空気圧は?」に始まり、「タイヤの選び方」、「すべらないタイヤ」から「グリップ力を高めるには?」など、タイヤの性能を充分に活かして、オートバイを気持ち良く安全に走らせる為のライディング方法まで一緒に勉強したいと考えています。

Web1000_seminar_img_3_20220621160401
https://gra-npo.org/schedule/M%20&%20S_seminar/seminar_top.html

 



Web1000_2022_topimg_20220203001001
https://gra-npo.org
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.











2022年6月20日 (月)

Google Analytics 報告 「驚きの発見」

   
昨日(6/18)、Webサイトの閲覧履歴を確認できるシステム・Google Analytics で、みなさんに報告したくなった発見がありました。それは、イベント『 “セミナー” 』と『 “クリニック” 』の Webサイトページの更新を行なった直後の事、予想もしていなかった国から直ぐにアクセスがあったのです。
     
20220618_googleanalytics
    
“セミナー” と “クリニク” のWebサイトページを、名称とページデザインと構成を変更して、内容が伝わりやすい様にするのが更新の目的でしたが、更新と発表直後に、更新したページに対して米国と英国からアクセスが入ったのです。国内の参加も可能な地域の方からの閲覧は期待していましたが、まさか、直後に海外から入るとは思っていなかったのです。

Web1000_seminar_img_3_20220620013501

Web1000_clinic_img4a__20220620013501
    
今回の更新発表は、GRA公式 Twitter と GRA公式 Facebook、そして 同じく GRA公式 の 2本のブログサイト で行なったのですが、少なくとも海外の方から関心を寄せられている事が実感できる体験でした。同じ様な事は GRA公式 Youtube でも起きていて、最近、「お気に入り」に登録してフォローしてくださる方の内、海外の方と思える氏名の方が 2割ほどに増えているのです。
   
先日は GRA公式 の TikTok を開設して動画の投稿を始めましたので、TikTok のフォロワー や 特性に合うかどうかは気掛かりですが、現在の様な Webサイト構築 や 動画の制作・投稿を続けていく限り、今後は増える事しか考えられない様な状況です。
    
ただ大衆に媚びて、「スキ」とか「いいね」、「フォロワー数」「視聴回数」だけを狙わず、GRAならではの 独自のスタイルと知識が伝わる工夫を続けていきたいと考えています。そして、それが 日本国内だけでなく、世界の多くの方々に伝わる事が目標としています。




Web1000_2022_topimg_20220203001001
https://gra-npo.org
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.









2022年6月18日 (土)

“セミナー” と “クリニック” の名称を変更しました


先週、お知らせしていた通り、開催しているイベントの “セミナー”“クリニック” の名称変更を行ないました。 新しい名称は『 GRAの オートバイ なんでも “セミナー” 』と『 GRAの オートバイ なんでも “クリニック” 』に決まりました。

Web1000_seminar_img_3
https://gra-npo.org/schedule/M%20&%20S_seminar/seminar_top.html

新しい名称の提案や意見を戴きましたみなさんには、この場で報告とお礼を申し上げます。 ありがとうございました。


Web1000_clinic_img4a_
https://gra-npo.org/schedule/clinic/clinic_top.htm

“セミナー” と “クリニック” で行なう内容は従来と変わりありませんが、内容がより正しく効果的に伝わる様に、告知用の画像を変更して、公式Webサイトページの内容もほぼ一新しました。
これからも、“セミナー” と “クリニック” で 多くの人とオートバイの知識を共有して、オートバイの楽しさを深めていきますので、今後にご期待下さい。

ありがとうございます。



Web1000_2022_topimg_20220203001001
https://gra-npo.org
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.









2022年6月16日 (木)

GRA ジムカーナグランプリ 『 香川GP 』1997年5月25日開催 / Motorcycle Gymkhana Grand Prix "Kagawa GP"

  
日本各地 を転戦したシリーズ戦・ジムカーナグランプリ 香川GP の 映像を作成しましたので、ぜひ、ご覧下さい。
   

   
このジムカーナグランプリは、参加した全員でイベント運営を行ない、全員がオートバイで走って楽しさを共有する活動を広げる為に、1995年から全国各地を巡るシリーズ戦として始めたイベントです。
そして、『香川GP』は、初年度から開催されて、前日開催する練習会や地域の名産・讃岐うどんツアー開催もあり、毎年、全国各地から多くの人が集まったイベントです。

※ 「コース図」や「リザルト」「参加者一覧」など、詳細な資料は 下記サイトに掲載しています。
https://gra-npo.org/document/record/1997/G_19970525.html

    
This is a video of the Gymkhana Grand Prix, which was organized by GRA and held in various locations around Japan.  The Gymkhana Grand Prix is a series of events that has traveled around the country since 1995, with the aim of expanding activities in which all participants manage the event and share the joy of motorcycle riding.




Web1000_2022_topimg_20220203001001
https://gra-npo.org
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.












 

2022年6月14日 (火)

成長し続けた “救急セット”


『 一箱の “救急セット” 』 A box of First Aid Kit

GRA の備品の中で、GRAの精神(こころ)をよく表していて、僕が最も誇りを持っている物の一つが、この “救急セット” です。見た目は決して美しくはないコンテナケースと一本のゴムロープがセットになっている姿こそ、この “救急セット” が辿ってきた 10年以上の歴史を表しているのです。

Web1000_first_aid_kit_4
   
その理由は、GRAの備品の一つでありながら、一度もGRAの事務所に置かれた事は無く、管理担当者も決めず、特定できない多くの人々によって受け継がれ、その間に内容物が増えて、成長し続けたからです。

 

 

『 全員スタッフ、全員参加制 』 All Staff All Participation System

GRA の運営方式の中で、他の同様な運営団体の運営方式と大きく異なる点は “全員スタッフ、全員参加” 方式を採用していた点です。 これは、名称の如く、イベントに参加した全員が何かのスタッフ職に就き、同時に参加した全員がタイムトライアルを含むイベントに参加する事を決めたものです。
従って、一般的なイベントでよく見かける「専任スタッフ」は一切置かず、当然、イベント開催活動全体を運営している “事務局スタッフ” さえイベント開催会場には一切現れない事も当然だったのです。 それほど、「イベント運営は、イベントに参加した者が全員で責任をもつもの」という意識を徹底させたのです。
    
しかし、この “全員スタッフ、全員参加制” には克服すべき弱点がありました。それは、イベントで使用する「パイロン」やタイム測定用の「光電管セット」、そして「受付セット」や「救急セット」など、GRA専用の備品の管理方法です。そして、管理方法の中で、特に問題になったのは “誰が持ち帰り、誰が次のイベントに搬入するのか” という事でした。つまり、専任の管理スタッフはいないので有志が持ち帰るしかなく、参加者の中から有志を募り、持ち帰って個人宅で保管するのを原則にしていたのです。
それは、月に 1回程度のイベント開催であっても面倒なコトですが、GRA は年間で40回を超えるイベントを開催していたので、普通に考えれば、とても大変に面倒なコトであった事は間違いありません。
でも、どの器材もきちんとリレーが続き、特に、“救急セット” は “誰かが持ち帰り、次のイベントに搬入して、次の誰かが持ち帰る” という受け継ぎの中で、小さかったモノが大きく成長していった結果のコンテナケースであり、オートバイで運ぶ為のゴムロープ 1本なのです。

 

 

『 成長する “救急セット” 』 Growing First Aid Kit

実は、“救急セット” の誕生については、事務局を運営する僕は殆ど覚えがありません。恐らく、1991年か1992年頃、有志の人が自発的に救急セットを作ってくれたのだと思います。
最初は、画像の左手前に写っている、赤い樹脂製ボックスで始まっていた記憶がありますが、それが次第に増え、スプレー剤や三角巾などが加わり、より大型のケースが必要になり、その時の有志が新しいコンテナケースを誂えてくれたのだと思います。
勿論、購入に必要な費用は GRAで負担しており、イベント当日の当日の会計担当(全員スタッフ制による)が領収書と引き換えに代金を支払う仕組みにはなっていました。が、その対価以上の労力や献身的行為があった事は、ケースの中味を見ただけで一目瞭然です。

Web1000_first_aid_kit_2
   
「パイロン」や「光電管セット」、「受付セット」の様に、イベント開催毎に必ず使用するわけでもなく、「パイロン」や「光電管セット」の様に全員が共有できる “有り難さ” も無く、どちらかと言えば日陰モノ的存在の “救急セット” を受け継ぎ、守り育ててくれた多くの人々の存在に感謝しています。



 

『 自身の為に、他の人々を支援する人 』
A Person who Support the people around him for himself

 

僕は、オートバイを上手に乗れるだけではその人を尊敬しません。 一番速く、圧倒的に速くはしれる人だとしても尊敬はしません。まして、イベントに熱心に参加して、熱心に練習に励んだとしても、それは参加した人全員同じで、どんなに目だったとしても尊敬はしません。尊敬する人は、“ 自分自身の為に、周囲の人々を支援する人 ” であり、自分自身の為に自分自身だけを応援する事は、多くの人が行なっている事だからです。
    
僕は、GRAを始めてからだけでも 30年以上が過ぎ、とても多くのライダーや人々と出逢い、様々な支援を受けながら活動を続けてきました。GRAの活動を支援をして下さった個人や法人と担当者の方々など、名前や顔を覚えている方々は多いのですが、それ以外にも、氏名や顔も知らずに GRA活動を支援して下さった方々も数多くいらっしゃる事は充分に認識しています。

Web1000_first_aid_kit_3

特に、この “救急セット” が イベント開催毎に有志によって受け継がれ、誰か有志の支援で内容物が充実し、誰かのお蔭で 開催会場近くの救急医療機関の連絡先や道案内パンフが増えていき、それをまた、誰かが持ち帰るという “自身の為に 他の人を支援する” の心が受け継がれた事に感謝し、そんな有志の方々を尊敬し、出逢えた事に誇りを感じています。

Web1000_first_aid_kit_1

GRAの現在の活動では、この “救急セット” が稼働する機会が殆どなく、いづれ廃棄する事も検討しています。が、こんな “救急セット” があった事を、そんな有志の人々の受け継ぎがあった事を、関心ある多くの人に知って欲しくて記事にしました。
そして、こんな “誇れる人々” の為にも GRA の活動を続けていく考えです。当時とは 活動内容も変わり、有志の人の年齢も増しているでしょうが、何かの機会に 現在の GRAの活動を閲覧して貰えた時、参加して支援した事を誇りに想ってもらえる様にしたいし、それが使命の一つだと考えています。

Web1000_first_aid_kit_5

 



Web1000_2022_topimg_20220203001001
https://gra-npo.org
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.












 

2022年6月13日 (月)

セミナー開催会場 ・ 御影公会堂での発見 数々

  
先日(6/4)、神戸市東灘区にある “御影公会堂” でセミナー・イベントを開催しました。

いつも横を通り過ぎていて、その存在は知っていたのですが、内部に入り、管理を担当されてきた地元の人達のお話を聞いて、改めてその良さを知りました。
そこで、観て、聴いて知った良さを、少しずつ報告して、多くの人と共有したいと考えています。では、概略の説明から始めます。



『 昭和初期の建築 』

建設されたのが 1933年とされていますので、第二次大戦前の 昭和 8年、大正ロマン時代から昭和へと、建築にも変革の流れが続いた時代です。
当時の最新工法であった鉄筋コンクリート造りで、外壁はタイル貼りの地下1階、地上3階建ての建物は正に昭和初期を感じさせます。そして、それを一番強く感じたのは 踊り場の広い階段とガラス天井です。

 


『 時代背景 』

ただし、1929年に米国を震源地とする世界恐慌の波が日本を襲っていた中、建築資金の調達など苦労も多かったと思われます。そんな中、地元・御影の名士、有名な酒造家であり高額納税者でもあった実業家・嘉納治兵衛氏や、同じく地元名士・嘉納講道館柔道の祖とされる 嘉納治五郎 氏などからの寄付を得て建設されたようです。 
ただ、昭和という時代が始まり、日本の新しい時代を築いていくという、当時の人々の気概がこの時代の建物には残っている様に思えます。


『 大阪・中之島公会堂 と較べて 』

大阪市北区にある「中之島公会堂」は、以前から会議やセミナーでよく借りていた施設です。 1918年 竣工ですから、御影公会堂よりも 14年ほど古く、鉄骨レンガ造りの建物は国の重要文化財に指定されている程です。

    < 大阪市 中之島公会堂 >


一方、登録有形文化財に指定されている「御影公会堂」は、大戦による戦禍や大地震による被災からの復元改修などを経ているなど、其々に由緒と趣のある建物ですが、較べると何かが違う事に気付きました。
それは、古い歴史ある建物を保管・管理して復元して、かつそれを現代の用途に合うように運営管理する方式の違いであり、それを担当している人々の息吹の違いの様に感じられています。例えて言えば、中之島公会堂と御影公会堂の違いは、僕にとって、大阪城と姫路城の違いの様に感じられるのです。


『 トイレの話 』

急に話題は変わりますが、設置されたトイレに感銘を受けた事を報告します。 それは、2F に設置されている 通称・多機能トイレ です。
その木製の扉を開けるまでは、そこがトイレである事は理解していたのですが、まさかこんなトイレが隠れていたなんて! という驚きがあり、しかも、中に入ってみれば “男児専用” 便器が設置されていたのです。 こんな便器、初めて見ました。
建物の外観や内部の部屋や通路の雰囲気とは異なり、扉ひとつでバリアフリーを主眼にしたトイレが出現するとは、こんな所にも 現代に合わせて改修された人々の心意気が感じられたのです。



そんな驚きと喜びを施設の管理責任者の方に伝えると、嬉しそうに、1Fの “多機能トイレ” を案内して下さり、そこは “オストメイト対応トイレ” になっていたのです。 勿論、公共施設への “多機能トイレ” 設置は国が進めている事業の一つですが、初めて身近に見た設備に更に感激したのです。

この “オストメイト対応トイレ” や、建物内部の大切に引き継がれ続けている意匠など、改めて報告したいと考えていますので、是非、ご期待ください。 




f:id:youkaidaimaou:20220126210928g:plain

https://gra-npo.org

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.














2022年6月11日 (土)

「クリニック」と「セミナー」の 新名称を募集します


現在のイベント名『オートバイとライダーのための “クリニック”』『整備・セッティング セミナー』の名称変更を考えています。ついては、そのアイデアを広く募集しています。
   
採用が決まったとしても、差し上げられるものはありませんが、一度考えて戴ければ助かります。


Web1000bb_clinic_img4_20220611000001
Web1000_seminar_img_20220611000101

 

■ 変更の目的 ■

現在の名称は、イベント本来の特徴や狙いが充分に伝わりきらず、かえって間口を狭くしている面がある為

 

■ 募集要項 ■

1. クリニック と セミナー の名称は残して、それ以外の部分を変更してください
2. アイデアは、information@gra-npo.org 宛に メールで送信してください
3. 期限は、6月14日(火)までと致します

 

 

■ イベントの特徴・狙い ■

Event_name


【 以前までの名称とイメージの変遷 】

Web1000_201910_tittle_img_20220611000101
Web1000_tittle_5_20220611000101
Web1000_tittle_4b


Web1000_bmw_s1000_20220611000101




Web1000_2022_topimg_20220203001001
https://gra-npo.org
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.









2022年6月 7日 (火)

ライディング講座用動画『 “リア旋回” で走ろう 』を制作しました / Ride with "Rear Turning"

  
“リア旋回”は、旋回中に加速をするだけで旋回性能が確実に増える、オートバイだけの優れた特長です。その “リア旋回”の特性の理解を多くのライダーへ広めて、オートバイの楽しさと安全なライディングを広める目的で制作しました動画です。
  
この動画が、日本だけでなく世界中のライダーが、いつまでも、楽しく、安全なオートバイライフを過ごす為の一つの参考になる事を願っています。
   
  

    
  
なお、近日中に、短く編集した【 mini 】版を制作して、TikTok などの SNSサイトでの公開を進めて、更に多くのライダーへ届ける予定です。

 

”Rear turning” is an excellent feature of motorcycles that increases turning performance just by accelerating during turning.
Therefore, we made this video to spread the understanding of the characteristics of "rear turning" and to spread the fun of motorcycles.
And we sincerely hope that your motorcycle life will continue to be fun, safe, and enjoyable forever!



Web1000_2022_topimg_20220203001001
https://gra-npo.org
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.









2022年6月 1日 (水)

『 トレールコントロール ライディング 』2ページ目 追加掲載の案内


上級の走りは、前輪のトレールのコントロールの仕方が違います。 フロントフォークの動き方を見ただけで、ライディングの余裕度がはっきりと分かるものです。なぜなら、走らせ方によって常に変化する「トレール量」を、走行状況や走行速度、バンク角に合わせて、適切にコントロールしているので、それがフロントフォークの動きに表われるからです。


Wweb1000_trail_controll_3bc_20220601051401  
























https://gra-npo.org/lecture/ride/trail_controll/trail_con_ride_1.html

 
そんな、余裕度と安定度が高くて安全な走らせ方に興味のある方には、『トレールコントロール ライディング』は必ず参考になる筈です。 「 誰にも分かりやすく、基本から高度な事まで、」を目標に、一歩ずつ書き加えて、2ページ目を追加掲載しましたので、是非、ご覧下さい。

 

Web1000_trailresilience_ca_20220601051401

https://gra-npo.org/lecture/ride/trail_controll/trail_con_ride_1.html




【 整備・セッティング セミナー で題材の一つに 】


6月4日(土)開催の『 整備・セッティング・セミナー』にて、3ページ目以降に掲載予定の内容ですが、オートバイで旋回走行させる時の「トレールコントロール ライディング」についても題材に挙げる予定です。どうぞ、関心のある方、2ページ目までの内容で質問のある方は、『 整備・セッティング・セミナー』に気軽に参加下さい。(参加予約は不要です)


Web1000_seminar_img_20220601051401

( 詳しくは、公式Webサイトで )
https://gra-npo.org/schedule/M%20&%20S_seminar/seminar_top.html




Web1000_2022_topimg_20220203001001
https://gra-npo.org
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.









« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »

GRA代表:小林の紹介

カテゴリー

無料ブログはココログ
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31