« 2021年を考察し、2022年の活動へ | トップページ | 20220218、「 寄付金 」受領の報告です »

2022年2月18日 (金)

世界の新型コロナウイルス禍、国別・日別 「新規感染者数」と「人口あたりの新規感染者数」一覧(2022年 2月 16日現在)

COVID-19, New Infections and Number of Infections per 100 Million People by Country and Day worldwide, As of February 16, 2022


『 世界全体での新規感染者数 / Changes in the number of new Infections worldwide 』

昨年12月以降、欧米を中心に感染拡大が発生した新型コロナウイルス禍ですが、主要な欧米諸国での新規関感染者数減少は続き、世界全体での感染者数も減少が続いています。しかし、殆どの国で昨年・2021年までに経験した数値を遥かに超える感染者数を記録して、数多くの方が感染症と闘っている事を忘れてはいけないでしょう。「 喉元過ぎれば熱さ忘れる 」の比喩の如く、多くの国々で感染予防の為の行動規制の緩和策を打ち出していますが、それが却って感染拡大を引き起こしたり、充分に感染者数を減らせない事に繋がる事を危惧します。

f:id:youkaidaimaou:20220217215814j:plain


実際、世界で最も厳しい水際対策・入国制限を2年以上に亘り続けてきたニュージーランドでは、2月下旬からの5段階に亘る規制緩和策を打ち出した途端、緩和前だと言うのに急に同国の過去最多の感染者を記録する感染拡大を起こしており、韓国やシンガポールでも同様に一週間前から感染の急拡大で過去最多の感染者数を記録している程です。
様々な規制による国民の不満や経済停滞から抜け出す為、そして政権への国民支持を得る為に、今後共に多くの国で緩和策の実施があると思いますが、それによって死者数が増える事にも国民の目が向く事を願うばかりです。

 

『 新規感染者数一覧 / New Infections by Country and Day 』

英国など主要な欧州諸国での新規感染者数は減少傾向は続いていますが、実際にはドイツは感染が拡大しており、多くの北欧諸国やロシアを始めとする東欧諸国、そして中東(西アジア)の諸国では感染拡大が続いている国も少なくありません。実際、ロシアでは二週間前からの急拡大により過去最多の感染者数を記録しており、国民の意識を自国の軍備に向けさせる政策がどこまで効果を発揮するか不安になる程です。
また、昨年末からの北米2ヶ国での感染拡大の抑制が顕著になってきた事に反して、アジア諸国で感染拡大を起こしている国が少なくない事が “オミクロン株” の亜種の存在を疑わせます。最初に顕著な拡大が始まったのはイスラエルやトルコなど西アジアの諸国で、続いて一週間前から 韓国とシンガポール、そしてニュージーランドで感染急拡大が発生して、どの国々でも過去最多の感染者数を記録しており、英国などの諸国が規制緩和策を打ち出す中、国民の不満を抑える為に各政府共に苦悩が続きそうです。また、憶測ですが、香港で発生している急拡大も同様な理由が潜んでいる可能性もありそうです。
そして南米では、アルゼンチンを始めとしている一部の国では抑制へと進んでいますが、依然として世界的に見れば多くの感染者が発生しており、中米・カリブ海諸国と併せて注視が必要です。

f:id:youkaidaimaou:20220217215848j:plain

f:id:youkaidaimaou:20220217215858j:plain

f:id:youkaidaimaou:20220217215909j:plain

f:id:youkaidaimaou:20220217215918j:plain

f:id:youkaidaimaou:20220217215927j:plain

f:id:youkaidaimaou:20220217215936j:plain

f:id:youkaidaimaou:20220217215944j:plain

f:id:youkaidaimaou:20220217215953j:plain




『 【感染密度】国別・日別一覧 / New Infections per 100 Million People by Country and Day 』

人口1億人あたりの新規感染者数【感染密度】を確認すれば、感染や接触者として隔離される人が人口に占める割合が分かり、隔離によって 保健や医療、教育や消防、警察など公共サービスが受ける影響のレベルが推測できます。また、同様に企業や店舗などの活動も影響を受けるので、隔離政策が続く限り、【感染密度】が高い国ほど社会的な機能が損なわれ、経済的機会の損失と社会的同様の原因に繋がり易くなります。
“オミクロン株” 特有の感染力が高い特性の為か、世界各国の【感染密度】はオミクロン株以前の状況と比較すれば大変に深刻な状況に陥っている事が分かります。一方、重症化傾向が小さい “オミクロン株” の特性やワクチン接種効果、治療薬の普及開始などもあり、重症化して死亡する人が少ない事を指標に、世界各国で行動規制や国境管理規制の緩和を始めています。

しかし、「感染者数あたりの死亡者数」が抑えられているとしても、欧米諸国での「死亡者数」を確認すれば、過去最多の死亡者数を記録するなど、決して感染被害が抑えられている状況に至っていない事は明らかです。
今後は、「新規感染数」に注目した対応を進めるのではなく、重症化や死亡する人の人数や割合を注視する必要があるでしょう。

f:id:youkaidaimaou:20220217220040j:plain

f:id:youkaidaimaou:20220217220049j:plain

f:id:youkaidaimaou:20220217220059j:plain

f:id:youkaidaimaou:20220217220108j:plain

f:id:youkaidaimaou:20220217220117j:plain

f:id:youkaidaimaou:20220217220127j:plain

f:id:youkaidaimaou:20220217220138j:plain

f:id:youkaidaimaou:20220217220147j:plain


※ 各国の感染対策の指標となる、『国別・日別死の死亡者数』と『各国の人口あたりの死亡者数』(死亡密度)は、後日改めて発信します。
※ 情報出典元の OCHA とは「国際連合人道問題調査事務所」の事です

Source:#OCHA  ( https://www.unocha.org/ )
#COVID19
#オミクロン株
#新規感染者数
#newinfections


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.

 

f:id:youkaidaimaou:20210122003048j:plain

f:id:youkaidaimaou:20210122003127j:plain



https://gra-npo.org











  

« 2021年を考察し、2022年の活動へ | トップページ | 20220218、「 寄付金 」受領の報告です »

GRA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021年を考察し、2022年の活動へ | トップページ | 20220218、「 寄付金 」受領の報告です »

GRA代表:小林の紹介

カテゴリー

無料ブログはココログ
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31