« 『 ジムカーナ特別練習会 』タイム測定・アーカイブ映像掲載しました / Time Trial Video of Gymkhana Special Practice Session | トップページ | 4月8日、公式Webサイト閲覧リポート / GRA Official Website Browsing Report »

2021年4月 7日 (水)

シャフトドライブ車の車体挙動の解析と対策 / Analysis and countermeasures for shaft drive vehicle body behavior

  
オンライン Q&A に届いた質問 「 シャフトドライブ車は何故リアが浮くのか? 」へ解析を交えて回答文を掲載しました。

Web1000_drive_reaction

https://gra-npo.org/lecture/bike/Q&A_reaction_driving_force/drive_reaction_3.html

   
シャフトドライブ車の解説では「アクセル操作でリアが浮く」という表現が溢れて定説の様に言われていますが、それは一部のシャフトドライブ車が持っている挙動であり欠点です。
同じシャフトドライブ機構を採用している車両でも、表現される様な挙動を起こさない車両がある事の解説と、「リアが浮く」という挙動はリアタイヤのグリップ力を失わせる原因になっている事の解説に繋げています。
    
Web1000_bmw_r52
Web1000_bmw_shaftdrive
  
二輪雑誌などで見かける様な身体感覚と物理法則を混同した解説を鵜呑みにせず、適切な力学的な理解をする事と、リアタイヤのグリップ力を高めて安定させるリアサスペンションのセッティングの大切さを解説しています。
どうぞ、オートバイを安全に気持ち良く走らせたい人は、チェーンドライブ車やシャフトドライブ車に関係なく、スイングアームの垂れ角調整の大切さの理解に繋がる解説記事を、是非、ご覧下さい。
   
In the explanation of shaft-driven cars, the expression "the rear floats when the throttle is opened" is used as the established theory, but that is a drawback that some shaft-driven cars have.

Web1000_bmw_3
Web1000_mv_agusta

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


Web250g_20210125193501
 https://gra-npo.org

  
  
 


« 『 ジムカーナ特別練習会 』タイム測定・アーカイブ映像掲載しました / Time Trial Video of Gymkhana Special Practice Session | トップページ | 4月8日、公式Webサイト閲覧リポート / GRA Official Website Browsing Report »

Webサイト作成日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『 ジムカーナ特別練習会 』タイム測定・アーカイブ映像掲載しました / Time Trial Video of Gymkhana Special Practice Session | トップページ | 4月8日、公式Webサイト閲覧リポート / GRA Official Website Browsing Report »

GRA代表:小林の紹介

カテゴリー

無料ブログはココログ
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31