« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月の記事

2020年12月26日 (土)

GRAミーティング開催の案内 (1)

    
2021年 2月に『 GRAミーティング 』を開催します。
ここに、その開催目的と開催日時などを案内致しますので、日頃から GRAの活動に関心や興味を持ち、活動をより詳しく知り、何らかの形で活動参加を考えている方は、是非この機会に参加を検討ください。
      
Web1000_2021meeting

   
【 開催目的 】 ・ 2021年、GRAの活動目標へ向けて進めていく為、情報や意見の交換
        を行ないます

【 開催日時 】 ・ 2021年 2月14日 (日) 13:00 ~ 15:00
【 開催場所 】 ・ GRA事務局 ( 神戸市 灘区 楠丘町 6-9-9 )

   

    * * * * * * * * * * * * * * *

    
 
■ GRA活動目標


Activity_policy_b_20201226012101 

 

従来から掲げている活動目標を、2021年度も継続して目標達成へと進めていきます

 
    
   
■ 2021年度 活動目標 『 社会に貢献する生き物 』
   
昨年までの「GRA活動目標」の達成の活動を振り返り、達成した点と不足している点を踏まえて、『 社会に貢献する生き物 』という題名で活動目標を発表しました。
  
Web1000_contribute_to_socie

 

< 一部転載 > [ NPOとして、次の一歩は ]

NPO法人GRAは、長年に亘り、ライダーへの啓発や社会へのアピール活動を行ない、他に例を見ない様々な種類のイベント企画や数多くの開催実績を残し続けています。
  
この経験から、オートバイを走らせて自身や仲間と一緒に楽しむ人を増やす事は簡単で、一般ライダーより速く走れるライダーの育成や、運営支援者の育成も難しくありませんし、オートバイの構造や仕組みから最適な調整やライディングを伝えられる自信もあります。
   
しかし、オートバイを楽しむ事だけに没頭せず、楽しむ環境の社会的脆弱性を認識して、その環境を良くする為に、社会的な働きかけや貢献活動を行なうライダーの育成という目標は充分に達成できていないと考えています。
   
その為、今後は、ライダーが自身の為に、周囲や社会へ働きかけ貢献して、自らの環境を良くする為に努力する人を一人でも多く増やす事に力を注いでいきます。きっと、GRAが一人の発想と行動で誕生している事も参考例になるでしょうし、参考にして貰うに値する活動へと更に高めていきたいと考えています。
  
この目標に向けて、共感と賛同をして下さる方々の協力を得ながら、新たな次の一歩一歩を進めていきます。


2020年12月

                         NPO法人GRA  代表 小林 裕之

 

 

     * * * * * * * * * * * * * * *

   
■ 参加申込み、意見募集、参加方法、その他

【 参加申込み 】

申込みサイト( http://gra-npo.org/schedule/apply/apply_4.html
より 申込みください

  
【 意見募集 】

GRAの 2021年度の活動に対して、質問や意見をお待ちしています
問い合わせさいと ( http://gra-npo.org/office/info_mail/mail.html

 

【 参加方法について 】

GRAミーティングへの参加方法として、直接参加の他に、オンライン参加も
企画しています。 オンライン参加の体制が整いましたら、改めて案内をします
ので、その際には オンライン参加も検討ください。

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org




鎮魂の願い


亡くなった方々の魂に安らぎを祈ります。
ご遺族への不当な差別も無くなりますように。

無症状の感染者の人達からも、
例え充分に気をつけていても、
知らず知らずの内に感染は広まっています。

感染した人、亡くなった人の尊厳を
改めて見つめ直す時が来る事を願います。

Web1000_abdulaziz



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org





2020年12月23日 (水)

2021年活動目標『 社会に貢献する生き物 』


Web1000_contribute


■ 自分自身の為に

 
人は誰も、自分自身のより大きな喜びの為に、周囲の人々や社会に働きかけ貢献して、
周囲や社会を変えられる存在であり生き物です。
  
決して、社会の為だけではなく、自分自身のより大きな喜びの為だからこそ、
より真剣に情熱を持って貢献活動を続けられるのです。
   
しかし、モラルは必ず守る必要があります。モラルを守って周囲や社会と接するからこそ、
良い方向へ変化させる事が出来るのです。


Web1000_contribute_2



■ モラルを守り


モラルとは『 他の人の生命や財産、心身の健康に損害を与えない事 』であり、
更には『 思想や行動の自由を阻害しない事 』です。
  
つまり、他者を脅したり批判して自身の目的を叶えようとせず、
他者の考えや行動を制限したり、嘘をついて誰かに損失を与えない限り、
他者や社会から理解を得られなかったとしても、常識に捉われる必要はないのです。


Web1000_faceoflove

 
  

■ 周囲や社会を変えよう


“ モラル ”を守り、周囲や社会にとっても良いと信じている事があれば、
行動をする事に何も躊躇する必要はありません。
  
人は、そんな行動を行なう能力があるからこそ、他の生き物には出来なかった
現在の様な社会を作りあげられたのです。
  
だから、他者や社会に不満や文句を言うだけでなく、積極的に周囲や社会に働きかけ、
あなたにとって良い環境を得る為に行動を続けましょう。

 

Wen1000_hands1314166_20201223000001

  
 

■ NPOとして、次の一歩は

 

NPO法人GRAは、長年に亘り、ライダーへの啓発や社会へのアピール活動を行ない、
他に例を見ない様々な種類のイベント企画や数多くの開催実績を残し続けています。
  
この経験から、オートバイを走らせて自身や仲間と一緒に楽しむ人を増やす事は簡単で、
一般ライダーより速く走れるライダーの育成や、運営支援者の育成も難しくありませんし、
オートバイの構造や仕組みから最適な調整やライディングを伝えられる自信もあります。
  
しかし、オートバイを楽しむ事だけに没頭せず、楽しむ環境の社会的脆弱性を認識して、
その環境を良くする為に、社会的な働きかけや貢献活動を行なうライダーの育成という
目標は充分に達成できていないと考えています。
  
その為、今後は、ライダーが自身の為に、周囲や社会へ働きかけ貢献して、
自らの環境を良くする為に努力する人を一人でも多く増やす事に力を注いでいきます。
きっと、GRAが一人の発想と行動で誕生している事も参考例になるでしょうし、
参考にして貰うに値する活動へと更に高めていきたいと考えています。
  
この目標に向けて、共感と賛同をして下さる方々の協力を得ながら、
新たな次の一歩一歩を進めていきます。

 

2020年12月

  
                         NPO法人GRA  代表 小林 裕之

 

Activity_policy_b


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org


 
 
 

2020年12月12日 (土)

ライディング講座 「開けながらの “切り返し”」参照動画です

   
『 映像のあらまし 』
   
1988年、当時、カワサキ社が全国的に主催していたジムカーナ大会で、最も競技人口が多くて盛んだった東京地区の大会へ遠征した小林ですが、参加した Bクラス(400㏄以下・中型車)で好成績を収めたため、翌年・1989年、本来ならば 大型車(401㏄ 以上)で 優秀な成績を収めたライダーだけが参加を許されたクラス(エキスパートクラス)へ特別に編入される事になりました。
  
そのため、当時、日本のジムカーナライダーの中でトップの成績を収めていた 永井慎 氏と、同じクラスで、前年と同じ 400㏄車で順位を争う事になった最初のイベントの映像です。

 

 

『 永井氏の走り:剛の走り 』

永井氏の走りの特徴を一言で表せば「剛」になります。 それは、圧倒する様な走りの雰囲気やエンジン・排気音のイメージからも感じられるでしょうが、彼の「剛」の走りで一番注目すべきは「フロントタイヤの使い方」です。
   
フロントタイヤのグリップを最大限に活かす為、フロントブレーキを常に適切に使用して、時に生まれたグリップ力を活かしたまま操舵(腕の力で)を加えてフロントタイヤの向きを変えて、直ぐに加速状態へと移る走行方法が最大の特徴であり魅力です。

 

 

 

『 代表・小林の走り 』
  
一方、小林の走りは「柔」にも見えますすが、どちらかと言えば「滑らか」でしょう。
それは、単にスムーズで速度を落とさないコーナリングを指すのではなく、アクセルの使い方にこそ最大の特徴があると言えます。
  
アクセルの開け閉め(ON・OFF)の回数を減らして、可能な限り早く長く開けるアクセルワークが、この映像での永井氏との走り方との比較で、際立っています。その一つが「開けながらの “切り返し”」です。

 

 

 

『 開けながらの “切り返し” 』
  
映像の中にもあるセクションですが、下図の様なコースを走行する際は、右旋回から左旋回へと移る時に “切り返し” が必要になります。

 

Web1000_switch_riding_1

 

中央・左の位置から右下のパイロンへと向かうコースですが、最初は右にバンクさせたまま 加速して(赤い山形マークの加速区間)、次に左旋回に向けて切り返し(緑色マーク)て、それから 改めてアクセルを開けて加速するのが一般的です。
   
何故なら、ライダーのみなさんなら理解できると思いますが、アクセルを開けたまま切り返しをするのは簡単ではなく、無理にしようとすれば転倒が待っている事が充分に予感できるからです。 ただ、小林の場合はそれを行なっているのです。

Web1000_switch_riding_2

  
それを実現させる為に、切り返しの区間を長く取り、最初のアクセル開度は少し抑え、そして 一番肝心な事ですが、切り返し時にもフロントタイヤを接地させておく為に、切り返し方向前方への荷重移動を一時的に行なっています。
    
この 「開けながらの “切り返し”」は、映像の走行コース上では、目立つ場所だけで 4ヶ所以上行なっていますので、興味のある方は、是非、確認してみてください。
エンジン音だけを聴いても、アクセルを開ける回数が少なく、エンジン音がより高く長く続いている事でも聞き分ける事も出来ます。


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org


 
 


2020年12月 9日 (水)

1995年 3月5日開催 『ジムカーナ特別練習会』の映像、アップしました

    
阪神淡路大震災でGRA事務所が全壊の被害を受けた1995年、それでも予定通りにイベント開催を断行したのですが、何故か、1月と3月のイベント記録映像はダメージを受けています。きっと、事務局と代表にとっては波乱の日々の影響を受けていたと推測されます。
  
19950305_img
http://gra-npo.org/document/record/1995/19950305.html


前年までに開催企画を進めていた、全国各地で主体的な活動を行なっていた人達の協力を得て、各地を転戦してポイント獲得を目指す『ジムカーナグランプリ』を始めとして、車両セッティングを実際に走りながら確かめる『セッティング講座』、ホンダ社とのタイアップで開催した『HARTカップ入門ジムカーナ』など、今から思い返しても GRA活動の大きな転機となった年でした。
  
運営システムは、イベント当日の業務は参加者全員で分担して行なうシステムを採用して定着していましたが、肝心なイベント開催に関わる様々な業務は事務局に大きな負担となりました。ただ、1995年以降も、従来からのレッスンや練習会、セッティング講習に加え、全国転戦シリーズ戦などを随時加えてイベント開催数は増え続け、一方では熱心なイベント参加者と事務局労務を担当する者との意識の乖離が大きく進む原因となり、それが 2000年末に発表した改革・【脱皮計画】へと新たなステップを踏む決断の要因となったのです。


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org


 
 


2020年12月 8日 (火)

1995年 1月開催 『ジムカーナ特別練習会』の映像、アップしました

    
1995年 1月に発生した 阪神淡路大震災の直後、1月29日に開催した『ジムカーナ特別練習会』の アーカイブ映像をアップしました。

19950129_img
http://gra-npo.org/document/record/1995/19950129.html


今から思い返しても、大震災のあった1995年は GRA活動の大きな転機となった年でした。 単に、代表者宅・事務所 が全壊の被害を受けただけでなく、1995年から 全国各地で同様な活動を行なっていた 人々の協力を繋いで、全国各地を転戦する『 ジムカーナグランプリ 』の開催を始めて、それ以外にも 『 セッティング練習会 』や ホンダ社とのタイアップで『 HART杯ジムカーナ 』を開催するなど、活動の輪が一気に広がった年でした。
   
代表・小林にとっては、勤務先の大阪への公共交通機関が全て長期サービス停止となり、競技専用車で被害を受け荒れた裏道を走って毎日通勤する日々が続いた様ですが、食料品を得る為にも仕方が無い事だったとの事でした。
    
そういう環境の中、前年から進めてきた企画を滞りなく開催した 1995年でしたが、以降、年々、イベント開催数と内容が増えていき、やがては 2000年末の 【 脱皮計画 】へと繋がる発端の年だったとも言えます。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org




2020年12月 1日 (火)

トライアンフのトラ君、エンジントラブル修理日記 掲載しました!

   
代表・小林が乗っているトライアンフのトラ君が、10月、イベント開催先の会場でエンジントラブルに見舞われて自走出来なくなりました。

Web1000_tittle_20201201004701 
http://gra-npo.org/policy/yokai_column/garage/202011_engine_recovery/1_engine_trouble_occurred.html


他人に車両を任せたくない、いや、自分で楽しみたい天邪鬼(あまのじゃく)な代表ですから、ガレージに持ち帰ってじっくりとトラブル解消を行なっている記録です。
一旦分解を始めたら、手につく所、目に入った所構わず、トラブル解消はそっちのけで、この時とばかり色々な箇所を分解しています。
  
Web800_20201020_4b_20201201004701

後付けの怪しげな新規配線の確認から、エアクリーナーケースの話、燃料ポンプのチェック、そして自己診断規格・OBDの対応まで、豊富な話題に溢れています。
どうぞ、楽しみながら読んで下さい。

Web1000_cimg3265_20201201004701
Web1000_cimg3263_20201201004701
Web1000_dsc_0127_20201201004801

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org




« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

GRA代表:小林の紹介

カテゴリー

無料ブログはココログ
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31