« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月の記事

2020年10月31日 (土)

ライディングの基本の「き」・<サークル練習>の解説記事を掲載しました

   
オートバイの「声」を聞いてライディング技術を高める基本練習<サークル練習>を、分かりやすく、簡単に、動画付きで詳しく解説しています。
今よりもオートバイにとって良きパートナーになって、いつまでも、安全で、楽しいオートバイライフを求めている人に最適です。
 
Web1000_basic_circle_20201031224801
http://gra-npo.org/lecture/ride/riding_basics/circle_practice.html
 
 
 

< 以下、一部を紹介します >
    
とても残念な事ですが、オートバイの運転免許教習を行なう教習所でも、より高度な運転操作を教える講習会でも、「オートバイを運転操作する事」や「オートバイの動きを制御する事」だけしか伝えていません。
本来ならば、オートバイにはオートバイなりに(物理学的に)自然な動きを行なうのですが、そのオートバイなりの“声”に耳を傾けようとせず、ライダーが思った通りにオートバイを動かしてみせる技術が一番大切な技術であるかのように広く理解されている現状は、オートバイにとって不幸な事ですし、ライダーにとっても大きな不幸です。
   
どうぞ、この基本練習 <サークル練習> を通じて、オートバイの“声”を聞き、オートバイなりの自然な動きに合わせるライディング技術を身につけてください。
そして、この <サークル練習> に慣れた頃には、必ずオートバイを自然に動かす運転技術が身に付きますし、オートバイが発する整備や調整不良の“声”も聞き分けられるようになり、オートバイにとってより良いパートナーになれるでしょう。
   

Web1000_circle_section_1

Web1000_20201025


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org




2020年10月28日 (水)

オートバイ ライディング 『 基本の “き” 』シリーズ、 近日公開予定です

   
オートバイ ライディング の技術を高める記事『 基本の “き” 』シリーズを近日公開予定のお知らせです。
   
オートバイの運転技術を基本から見つめ直して、確実に運転技術を高めたいと願っている人の為の記事で、運転の際に操作する要素ごとに分けて、誰でも簡単で確実に技術を高められる練習方法を詳しく紹介します。
   
どうぞ、ご期待ください。


Web1000_basic_circle

  
< 以下、一部を紹介します >

『 まえがき 』

実は、オートバイの運転は、ピアノの演奏よりも難しいのです。
何故なら、ピアノは両手と右足で演奏ができますが、オートバイでは両手と両足以外に、状態や両ひざを使って運転するうえ、視線の動かし方によっても大きな影響を与えるからです。その上、ピアノと違って、操作の間違いによっては人の生命を奪ってしまうので、ピアノの演奏よりも遥かに難しいのです。
    
しかし、ピアノ演奏の技術習得では右手、左手と要素に分けての簡単な基本練習を行なうのが常識ですが、オートバイの場合には要素に分けて基本練習を行なう意識がまったく欠けており、複数の操作要素を同時に使う練習を強いています。そのため、運転技術のレベルが充分でないライダーが多いだけでなく、狭路(一本橋)走行や 8の字走行、パイロンスラローム走行が基本練習だとする誤解が溢れています。
  
右手でのアクセルとブレーキ操作に始まり、左手、右足、左足がそれぞれに担当する運転操作毎に要素を分けて、その一つひとつを意識して練習が行なえる練習メニューこそ、真に求められている基本練習であり、オートバイの楽しさと安全を高めると信じています。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org




2020年10月26日 (月)

Web 会議システム、意見をください

  
Web会議システムの導入を考えています。
   
利用する機会として、先ずは 来年早々に行なう GRAミーティングの Web会議版 で、新型コロナウイルス感染の危険性を避ける会議方式として検討を進める他に、GRA活動に関心の高い人が気軽に参加してもらえるシステムとして検討しています。
GRAミーティングとは別に、『 オンライン セミナー 』の開催検討の為に、最適な会議システムの検討も行なっています。
   
その為に、Web会議システムについて、みなさんのご意見やご指摘の協力を、是非、お願いします。
導入システムの条件想定は、「スマホで参加可能」、「基本的無料または低料金」、「参加操作が簡単」、「10~20名程度参加可能」です。
現在、検討中のシステムとして 「Zoom」、「V-CUBE」、「Google Meet」、「Webex Meetings」などが挙がっていますが、これらのシステムを利用した経験がある人からのご指摘もお待ちしています。
   
Web1000_corona5006277_1920

   
ご意見やご指摘は、この記事へのコメント送信か、information@gra-npo.org 宛のメールでお願いします。


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org



 

2020年10月18日 (日)

2020年度、寄付金収入・中間報告

  
2020年も既に10月も半ばになっていますが、1月から9月末までの “ 寄付金 ” 収入状況について簡単ですが報告をします。
先ず最初に私共・NPO法人GRA の活動主旨に賛同して下さった上に、寄付金をお寄せ下さった方々へお礼を申し上げます。そのお気持ちに応えられる様に、今後共に精一杯の活動を続けて参りますので、ご注目と共にご意見やご指摘も宜しく願います。
   
なお、2020年度通期の “ 寄付金 ” の報告は、2021年 2月頃 になる見込みです。年 2月頃 になる見込みです。
  

2020

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org




動画 [ チェーンの “遊び” は適正? 確認しよう! ] 制作しました

   
オートバイのチェーンの “遊び” が正しく調整されていないと、リアサスペンションが正しく作動できず、操縦性が悪化して乗り難いだけでなく、加速時や荷物積載時など状況によってはリアタイヤのグリップを失っての転倒に繋がりやすくなります。
   
しかし! ( ここからが本題です )、オートバイメーカーの整備作業指示内容は不適切で、販売店やショップ等でも根拠の無いチェーン調整を行なっているので、新車や中古車を問わず、多くのオートバイのチェーンは適正な調整が行なわれていません。
  
いつまでも、楽しく、安全なオートバイライフの為に、3段階で “遊び” の正しい確認方法をアドバイスしていますので、どうぞ参考にしてください。
 
 
   

 
 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org


 
 
 


2020年10月 8日 (木)

『 オートバイの整体、基本と調整作業 』掲載案内

        
左コーナーと右コーナーとではオートバイの動きが違うとか、右コーナーを走る時が恐いと感じていませんか。実は、その原因の多くは “オートバイの整体” の崩れが原因で、ライダーが原因の場合はほとんどありません。

  
Img_1web1000

  
“オートバイの整体” とは、人間の整体と同様に、骨格を正しい位置へと調整する事です。 しかし、メーカーでの製造時やショップ等での整備作業時でさえ、“オートバイの整体” はほとんど行われていないので、操縦性が左右で異なるなど多くの不具合が放置されているのです。

  
Img_2web1000

  
“オートバイの整体” について、簡単な事から少し深い話まで、詳しい図や画像を交えて解説していますので、いつまでも、楽しく、安全なオートバイライフを過ごしていきたいと願っているライダーの皆さんは、是非、一読ください。
 
必ず、参考になる事があります。

 
 

【 オートバイの整体、基本と調整作業 】
http://gra-npo.org/lecture/bike/chiropractic/chiropractic.html
 
 
Web1000_difference_aligned_

Web1000_unaligned_straightr
  
 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org




2020年10月 6日 (火)

自作自賛「よく分かるかな?」

   
チェーンによって後輪に偏った力が働き、それが前後タイヤの不整列を大きくしている事を示したかった図。
 
Web1000_impact_of_drivechai

自分で描いた図じゃあないので自画とは言えないけど、今までに無かった図かも知れない。
コラム記事・『 前後タイヤの整列、みてますか? 』の作成、順調です。


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org




2020年10月 5日 (月)

ガレージで記事用の画像撮影すると ・・


昨晩、画像撮影の為にガレージに行った。

Web1000_img_1525


すると止まらない。触ってやりたい衝動もやって来た。
リア周りの新しい解決方針が良好なので、それに合せてフロントの車高を 3.5mm下げ、1G' 車高を 105mmへ調整。

試してみると、若干低い感じもするけど悪くない。
こうして一つひとうの調律(バランス)が取れてくると、他の箇所の調律も楽になる。ターンイン時のフロントの動きに “アク” が感じられるので、フロントスプリングのイニシャル荷重を調整した。すると、イニシャルアジャスターで 0.25mm 変更、荷重で 0.19 kgf 減らすとそこが調律ポイント、そこで世界がはっきりと変わるのを確認。
後は、先ずは フォークオイル 2㏄ ほど追加してストローク量(感)を減らしてみる事にした。

やっぱり、机を離れてガレージに行くのは気分転換に良い。 が、走ると疲れは残る。帰宅後、夕食をすませて机に向かうも睡魔に勝てず、12時前には寝入ってしまった。
しかし、朝早く目が覚めてしまったので、途中だった仕事を済ませてしまう事に。

Web1000_remove_axle_back2

これで、作成中の 2本の記事の完成も見えてきた。



Web300_note_youkai






2020年10月 3日 (土)

『 前後タイヤの整列、みてますか? 』 記事作成中です

   
意外と意識されていない事ですが、前後のタイヤの整列調整の不足でオートバイに色々な不具合が出ている事を、解説記事を作成して多くのライダーや整備を職業としている人へ知らせていく計画進行中です。

Web1000_tires_alignment
  
オートバイの 前後の2本のタイヤは、本当ならば一直線上に並んでいるべきですが、一直線上に整列させる組立・整備作業は殆ど行なわれていなくて、当然ですが新車で販売されている状態から前後タイヤの整列はとられていません。

前後タイヤが整列していない場合の不具合はいろいろありますが、一番多くのライダーが感じている右コーナーと左コーナーで運転のしやすさや怖さが違う原因の一つになっているのです。その他には、直進で走行中なのに常にハンドルが少し切った状態になっていたり、同じく直進中なのに少しだけ傾いたまま走る原因の一つにもなります。

Web1000_check_alignment21

と言うと、「 メーカーが組立てた状態が一番では? 」とか、「 チェーンアジャスターの目盛を左右で合わせれば良いのでは? 」という声も聴きます。  
色々な意見や考え方はあると思いますが、オートバイに乗るライダー自身がオートバイの状態を正しく知る事は大切な事だし、楽しく安全な運転を続けたいと考えている人は必ず確認するべき事です。
 
文章作成も大変ですが、多くの人に伝わるように説明図を作成するという慣れない作業にも時間を掛けて熱中しています。近日中に公開予定ですから、どうぞご期待下さい。


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org




« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

GRA代表:小林の紹介

カテゴリー

無料ブログはココログ
2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31