« サイトマップ 本格運用開始の案内 | トップページ | 明日(6/13)から、予約開始 ! »

2014年5月19日 (月)

『トライアスジムカーナ』 を紹介します

    
GRAの公式Webサイトでは、過去のイベント開催の詳細な記録を掲載する活動を進めています。
そして、今は 1997年のイベント開催の記録をデータ化を進めている最中ですが、この年に初めて開催した『 トライアスジムカーナ 』の資料を見て、皆さんに紹介したくなったのです。

『 トライアスジムカーナ 』とは、低速、中速、そして高速のコース毎にタイム測定をして、その結果をまとめて成績発表(上達した程度の大きい人を表彰)するイベントです。
(命名は、同様に三つの競技結果で成績を出す競技・「トライアスロン」を参考にしています )

ジムカーナ競技では、そのタイム測定に使用するコースの中に“低速”や“中速”そして“高速”のセクションを組み入れるべきだと私達は考えていますが、参加した人がどのセクションで上手でどのセクションではそうではないのかは、全ての要素が入ったコースでタイム測定をすると分からないものです。

そこで、“低速”から“高速”まで、それぞれの要素に特化した三つの専用のコースを作成して、それぞれでタイム測定をして結果表(リザルト)を出し、三つのタイム測定結果を合わせて総合結果を作成したのです。

すると、面白いもので、参加した人の日頃の上手さ(タイム指数)と個々のコース別の結果とを比較すれば、どの性格(低速、中速、高速)のセクションが得意・不得意なのかがはっきりして、誰にとっても新しい“励み”になったのです。

今日は、1997年6月15日に開催した『トライアスジムカーナ』の 三つのコース図をスキャニングしましたので、それを以下の通り掲載します。
どうぞ、参考にしてみて下さい。

19970615_c_0002_2

19970615_c_0001

<追記>
『 トライアスジムカーナ 』では、通常よりも コース作成とタイム測定&リザルト作成の機会が多く、参加した全員の協力とまとまりが無いと、イベント時間内に発表までできません。
ですから、参加した全員の運営力を試すイベントの意味で、『 Try Us 』の気持ちも込めての命名です。

« サイトマップ 本格運用開始の案内 | トップページ | 明日(6/13)から、予約開始 ! »

GRA イベント開催活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サイトマップ 本格運用開始の案内 | トップページ | 明日(6/13)から、予約開始 ! »

GRA代表:小林の紹介

カテゴリー

無料ブログはココログ
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30