« ジョニー の 静岡遠征記 | トップページ | さすがに ・・・ ちょっと疲れが ♪ »

2009年4月30日 (木)

わがままでスケジュールを埋めて !♪

さて、めざとい皆さん(♪)ならば ・・ 既に気付いていると思いますが、

2009年度 9月以降のイベント開催予定は全くの白紙のままです。

・・ というのも、皆さんの要望に合わせてスケジュールを決めたかった
     からです。
 
 

Aap008_l 皆さんの“わがまま”(要望/要求) パワーに応えられる様にするために、敢えてスケジュールを空白にしてあるのです。
どうぞ!  「 ○○○○ をやって! 」 とか、「 *****(地名)で開催して! 」 とかの “わがまま” を送ってください !!

送付先のアドレスは   otayori@gra-npo.org  で 結構です。
または、このブログコーナーの コメント(返信)を利用してもらっても結構です。

 
送付された “わがまま” は Webサイト(ブログコーナー)にて公表します。
尚、別途メールで送付の際には 「ハンドルネーム」 を 一緒に送付してもらえると助かります。
 

Alap014_l また、その “わがまま” の 説明や理由(わがまま内容でOK!) も書いて送信してもらえると、本気度評価が高くなり実現の可能性も高まるでしょう。
 
 

どうぞ、“わがまま” を よろしく !

« ジョニー の 静岡遠征記 | トップページ | さすがに ・・・ ちょっと疲れが ♪ »

GRA 活動テーマ・目標」カテゴリの記事

コメント

私は可能な限り月に一度はイベントに参加したいと思っています。
なぜなら小林さんのライディングテクニック・セッティング技術・知識・考え方等を少しでも吸収させていただく為に・・・また、それを実際に路上で活かすため、維持する為に私自身では年間数回では不足だと思っています。
よって・・・ぜひとも・・・月に一度は「神戸」または「りんくう」にてイベント開催をお願いしたいと思います。
「セッティング」「大人のライディング」「スポーツライディングジム」「体験練習会」等のイベント内容に付きましてはこだわりません。
以上、宜しくご検討の程お願い申し上げます。

 くにまる さんへ
こんばんは、ジョニーです。

 なんでしたら、二人だけになりますが「チョコット練習」しますか?

ジョニーさんへ
ぜひともお願いします。
色々とお話したい事も有ります。
当方の連絡先、お分かりになると思いますので可能でしたら先ずはメールにてご連絡お願いします。

 くにまるさんへ
今晩は、ジョニーです。

 くにまる さんの連絡先は分かりませんので
先ほど無料メールアドレスを取りましたので、
そのメールアドレスに連絡先等を送信してもらえますか?
お願いします。

無料メールアドレス

MC16@infoseek.jp

それと、今週の土曜日の午後からなら空いてますよ

ジョニーさんへ

こんばんは!
リョーカイしました。
メールご確認下さい!!

こんばんは、くにまるさん。
イベント、ミーティングと熱心に参加されていますね。
ただ、参加目的が会の趣旨とずれております。GRAは、上手くなりたい事だけが目的の人、ある特定の人を中心とした人が集まる場所ではありません。
誤解されるような表現は止めて下さいね。
また、イベントを開催する労力がどれくらいのものか、考えて下さいね。

GRAの皆さん  こんばんは。
「誤解されるような表現」との指摘がございましたので反省の上、あらためてここで、私の個人的考えを述べさせていただきたいと思います。
「人の考えを変える」為には何よりも「対話」が絶対必要不可欠であり、例えば母親に、「講習会行ってきたよ」「安全運転してるよ」「GRA」の三言で裾の根は広がり、何れどこかで参加希望者が出てくる物と考えております。私の場合は機会が有ればあちこちで100言以上しゃべっておりますが、その対話を生み出すのは「確信・実証」であり、さらにその為には、計画・実行・見直しを継続する事が肝要であると考えます。(例えは割愛します。)
初心者ライダーや初参加者にとって(私がそうであったように)自分のバイクの状態を全く理解できていない事を知る事は「いつまでも楽しく安全に」に対する初めの一歩であり、又、その様なライダーにもっと、もっとGRAを知っていただきたいと考えており、ウエブサイト内の「おたよりコーナー」への私の投稿内容は特に「人の考えを変える」基礎となりえる初心者ライダー達にイベント参加がどの様な具現的メリットを与えるかを伝えたいと思っております。(単純な感想の場合もありますが・・・)「活動趣旨:結果は平行し又は、後から付いて来る」と思っており、その方が永続するものと考えております。
現段階の私が個人的に考える問題点は、この「事務局リポート」に対する「反応」であり、もっと「声」があっても良いのではと思っております。さて、どうすべか?
私自身を「バスの運転席の後ろではしゃいでいる姿が外から丸見え」と思われる方が何百名おられようが、私の意には一切介しません。
皆の力で動くバスですので、毎月のイベント実施を「希望」はしますが、例えば3ヶ月に一度でも全く私的には「不満」はありません。

はじめまして

もうかれこれイベントに参加しなくなって
久しいのですが、大東といいます。

書いているうちにえらく長い文字群に
なってしまいましたがご勘弁を。。。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

一度のイベントに何十人
時によっては100人前後のイベント
になるときに参加していた化石的参加者です。

脱皮計画というのを行われはじめた頃が
一番楽しいなあ??と思っていた人です。

それは、ただブイブイとバイクを乗り回し
周りのことも考えず走り回ることだけでなく

バイクは、おおかたの部分で、
社会的に迷惑がられていることを
自覚しながらそこを改善できないかと
企画運営していたからだと思います。

社会的に迷惑がられていることは、
なんでしょう?

・交通の流れを無視した自分勝手な走行
・やかましい
・迷惑な場所への駐車
 (車でもあることだけど
  小回りがきく分自転車なみに迷惑
  でも自転車よりも大きく重くロックやらで
  迷惑なときに簡単に移動できない)
・バイク乗りは暴走族
・公道や他人の敷地内を勝手に走り回る輩


善良なバイク乗りにとっては、完全に偏見で見られているところもありますが、世の常というところでしょう。
バイクに限らずこういう目で見られているものは
思い当たると思います。

しかし、その中でGRAという団体は、そういう目で見られる者の集まりであっては社会的に抹殺されると考えて最近の形になってきたと思います。

抹殺されるには会場が無くなるのが近道でしょう。


イベントを行う際の会場は
大企業や巨大資産家がバックについて、
どこかのサーキットや広大な舗装された敷地を
確保できるわけでなく、

主催者、参加者共、善良な者の集まりであるから
会場の所有者や管理者
(=社会的なつながりを地域に強く持っている方々)
がGRAに貸してくださっていることを
忘れてはいけないと思います。

そして、その会場の確保や保険の確保を
行ってくれている方々は、
GRAの理念に共鳴しその理念に基づいて
無報酬で会場管理者や保険会社へ
交渉してくださっています。

そこで、GRAはその活動や言動に
責任を持たなければならないと当時に

参加者が個人的に行う発言に対して
GRAの理念や活動と食い違いがあれば
正さなければならない義務を社会的に
負っていると考えてください。


GRAは、営利団体でないことは
会計上からだけでなく

他では開催されないような内容で
ありながら

比較の対象にはできないですが、
自動車教習所での6時間分の教習代と
比べて高いですか安いですか?

間違いなく安いです。

そこが、何故かを考えてみてください


こんばんは 前野さん


GRA事務局の小林です。

昨年の末からイベントへの参加をされてから約半年になりますが、その間に車両の整備を始めとして各部のセットアップやライディング方法の解明など、大変に熱心に取り組んでいらっしゃる様子に傍目からみても嬉しい限りでした。

オートバイに乗る楽しみが大きく膨らんだ事をその態度から正直に表してくれてイベント運営の励みになりましたし、イベント参加後の感想文の送付やポスターの配布の協力など色々とお世話になる事も多くあり大変に感謝しております。

ただ、イベント活動のためのGRAではない、の意味をしっかり理解されないまま現在に至っているように思われ残念です。

現に、GRA活動を下支えしてくれているメンバーの殆どは全くイベントに参加していない人達で、彼らが GRA=バス の車体を構成してくれているからこそ、運転手が安心して運転できているのです。

そんな彼らの願いは、GRAが掲げている 全国の方々のオートバイに対しての意識を変える行動をライダー自らが率先して行なうようになる事であり、イベントに参加した人に自由に楽しんでもらう事だけが願いではありません。

そんな目標へと一緒になって向かっているバスの中で、それらの事を理解されようとせず、ただ自身の信念や感想を述べられる様子を危惧して、「運転席の後で騒ぎ過ぎ・・・」と注意をメールで差し上げたのですが、それを全く意には介さないと返信された事は重ね重ね残念です。

今、前野さんが抱いていらっしゃる目標や楽しみへと向かっていくのに最適な方法は、ご自身でバスを仕立てられて自らが運転していく事だと判断しておりますし、その方法でオートバイの楽しみの世界を満喫される事をお勧めします。

私共にとっては、過去に経験した「第1期・脱皮計画」や「第2期・脱皮計画」を通じて現在の“道”を選び、現在の仲間達と共に進み続けている最中であり、それは前野さんの見ていらっしゃる“道”とは別の“道”です。

今後、私達の進んでいる“道”を見直して、賛同していただける時がありましたら、また一緒に進んでいきたいと考えておりますので、よろしく願います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジョニー の 静岡遠征記 | トップページ | さすがに ・・・ ちょっと疲れが ♪ »

GRA代表:小林の紹介

カテゴリー

無料ブログはココログ
2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31