2020年11月27日 (金)

GRA 『鈴鹿合宿』 1994年12月3日~4日 映像UP しました

    
NPO法人 GRA が、鈴鹿サーキット交通教育センターで、センターの講習カリキュラムを借りきり、一泊二日で行なう、ライディング講習イベントでの映像です。
   
専用エリアを使ってのスラローム練習やブレーキ練習、そして 不整地でのトライアル走行練習など、普段では滅多に出来ない練習を二日間連続で行なう、密度の濃い講習イベントです。

S_19941203_04

GRA 『 鈴鹿合宿 』 1994年12月3日~4日開催
http://gra-npo.org/document/record/1994/S_19941203-04.html


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org


 
 


2020年11月19日 (木)

2020年11月21日(土) クリニックは休診します

    
2020年11月21日(土)に開催を予定していた 『 クリニック 』 は休診とします。
既に 受診を予定されていた方々や、開催の報告を楽しみにしている方々には期待を裏切るお報せですが、ご了承のほどよろしくお願いします。

Clinic_20201121

 

休診(開催中止)の決断をした経緯を説明します。
それは、新型コロナウイルス禍の予想以上の拡がりがあったからです。
   
本日(11/19)の速報でも多くの方はご存知と思いますが、10月以降、ウイルス禍の感染拡大の勢いは衰えないばかりか、本日には 東京と大阪では過去最多の新規感染者数を記録するまでになりました。
    
致死率は 2% の新型コロナウイルス禍ですから、 新規感染者が 100人であれば 2名の方が、1000人であれば 20名の方が亡くなる可能性になります。例え、半数以上の方がほぼ無症状で回復したとしても、亡くなる人を一人でも減らすために 感染者数を減らす努力が私達市民に課された義務だと考えています。
   
その為には、例え クリニック の様に、屋外で人と人との距離が充分に広く、感染の可能性が最も低いイベントであったとしても、11月21日に開催の緊急性は無い事から、感染拡大の原因とある移動そのものは自粛すべきとして判断をしました。
 
 
参考までに、Google 社が 日本国内でも開始した、COVID-19(新型コロナウイルス)による 将来28日間の感染被害予測(Forecast)で 「 大阪府 」の情報を御覧下さい。


Osaka_forecast_20201119

  
この予測では、新規感染者数は 12月14日まで増える一方で、その後の経過にも不安を覚えるような状況です。
  
なお、12月 以降の開催については、Google AI の予想が崩れる事を期待しています。
改めて、12月以降の件については 案内致します。

なお、Webサイト等を通じての発信活動は継続していきますので、ご不明な事、相談したい事、掲載して欲しい記事などがありましたら、全てをそのまま叶える事は難しいかも知れませんが、可能な限り回答・対応しますので、お待ちしています !

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org




2020年11月16日 (月)

エンジンマウント用ボルトの交換考察記

オートバイの劣化を防ぎ、いつまでも長く健康に保つには、オイル交換にゴム交換の次に、 「 ボルト交換です 」と言っても多くの人には信じられないでしょう。
しかし、この記事を読めば、いつもオートバイの事を大切に考えている人ならば、きっと、「なるほど!」と思うでしょう。


Web1000_tittle_20201116193001

http://gra-npo.org/policy/yokai_column/garage/202011_enginemount/mount_bolts.html


< 以下、記事の一部を紹介します >
  
「 エンジンやフレーム、サスペンションなどを固定し接続している箇所の部品、つまりボルトの経年変化による劣化が高価な部品より一番早く進むのです。この変化は徐々に確実に毎日進むので、多くの人は気付かないでしょうが、オートバイ全体の品質レベルを徐々に確実に落としている原因となって、最悪の場合は走行不能の原因にもなるのです。つまり、オートバイの劣化はボルトから始まり、ボルトの品質を上げるとオートバイの品質も上がるのです。 」

 
「 もちろん! 皆さんは毎日の様に、きれいに洗濯した「下着」と交換しているでしょう。仮に、何かの都合で毎日同じモノを身に着けざるを得ない時があったとすれば、決して快適で気持ち良い日々にはならず、デートはもちろんの事、選択できる行動範囲がぐっと狭くなる事は体感しているでしょう。
そして、もし、その「下着」が汚れたり、汚されたりしたら、更に現実生活は悲惨・悲壮にもなるでしょう。実は、オートバイも同じ体験をしているのです。」


Web1000_bolts_20201116193001
Web1000_enginebolts_20201116193001
Web1000_enginebolts_2_20201116193001


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org




2020年11月 5日 (木)

オートバイのコントロールは、ハンドルか? ステップか?

     
オートバイをコントロールするのに大切なのは、ハンドルですか? ステップですか? をテーマに、「サークル練習」を利用して、左手、左足、右足を順番にオートバイから外して走る実験を行ない、コントロールの基本を解説しています。

Web1000_steering_step

Web1000_basic_circle_experi
http://gra-npo.org/lecture/ride/riding_basics/circle_experiment.html

 

* * * * * * * *

 

< 以下、記事の一部を紹介します >
   
「 ステップといえば、単に上から踏み下ろすだけのモノと考えている人も多いと思いますが、それは大変にモッタイナイの一言です。ステップは“オートバイの車体についたハンドル”なので、オートバイの車体全体を確実にコントロールするには、ステップ以上の存在は無く、その利用の仕方も 左右で踏む力を変えたり、左右の足の踝(くるぶし)で車体を挟み込む横向きの力を加えるなど、様々な方向の力を加えたり加減する事で、オートバイは確実にコントロークできるのです。」

Web1000_step_controll


「 オートバイの運転免許教習を行なう教習所でも、より高度な運転操作を教える講習会でも、「習うより慣れろ」的な指導方法が一般的で、生徒や受講生に対しては、練習セクションを繰り返し走って技術の習得をさせるのですが、とても残念な事に、走行している時の姿勢(形)を見ただけでの指導ばかりが多く、「はい! ニーグリップをしっかりと」とか「視線は先に」などの言葉を金科玉条の如くの使い、適切なライディング技術習得に役立たたない指導する指導員が多過ぎます。」

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org




2020年11月 4日 (水)

「お題」について、意見交換をしましょう (11月 8日)

   
NPO法人 GRA では、“ いつまでも、楽しく、安全な オートバイライフ環境 ” 育成の為に 「 お題 」について意見交換を行なっています。
  
今回の「 お題 」は 以下の二つです。
  
1、【 事故を減らすには 】
  
オートバイ事故は、その高い致死率で問題視され続けており、特に今年の自粛要請開け以降、社会的距離を保ちつつ行動規制のストレス解消もあるのか、5月以降に更に増加しているとの報告もあります。
この様な事故の減少に導く為の策を考えてください。 ライダー一人ひとりが注意を払う以外、ライダー環境を良くする為の策はないでしょうか。
  
Web1000_motorcycle

【 参照サイト 】
  「 バイク事故の高い致死率 / 交通事故弁護士相談広場 」(出典 : Agoora)
   https://www.jicobengo.com/knowledge/bike-car-accident.html

 

 

2、【 トレール量とライディングとの関係は? 】

ほとんどのオートバイは、フロントサスペンションの関係で、フロントタイヤへのトレール量は走行状態によって常に変化しています。
この変化が実際のライディングでどの様な影響を与えているのか、あるいはその変化を利用したライディングなどについて、あなたの考えを教えてください。 
 
Fsus_12_web1000_20201104225901
 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org




2020年10月31日 (土)

ライディングの基本の「き」・<サークル練習>の解説記事を掲載しました

   
オートバイの「声」を聞いてライディング技術を高める基本練習<サークル練習>を、分かりやすく、簡単に、動画付きで詳しく解説しています。
今よりもオートバイにとって良きパートナーになって、いつまでも、安全で、楽しいオートバイライフを求めている人に最適です。
 
Web1000_basic_circle_20201031224801
http://gra-npo.org/lecture/ride/riding_basics/circle_practice.html
 
 
 

< 以下、一部を紹介します >
    
とても残念な事ですが、オートバイの運転免許教習を行なう教習所でも、より高度な運転操作を教える講習会でも、「オートバイを運転操作する事」や「オートバイの動きを制御する事」だけしか伝えていません。
本来ならば、オートバイにはオートバイなりに(物理学的に)自然な動きを行なうのですが、そのオートバイなりの“声”に耳を傾けようとせず、ライダーが思った通りにオートバイを動かしてみせる技術が一番大切な技術であるかのように広く理解されている現状は、オートバイにとって不幸な事ですし、ライダーにとっても大きな不幸です。
   
どうぞ、この基本練習 <サークル練習> を通じて、オートバイの“声”を聞き、オートバイなりの自然な動きに合わせるライディング技術を身につけてください。
そして、この <サークル練習> に慣れた頃には、必ずオートバイを自然に動かす運転技術が身に付きますし、オートバイが発する整備や調整不良の“声”も聞き分けられるようになり、オートバイにとってより良いパートナーになれるでしょう。
   

Web1000_circle_section_1

Web1000_20201025


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org




2020年10月28日 (水)

オートバイ ライディング 『 基本の “き” 』シリーズ、 近日公開予定です

   
オートバイ ライディング の技術を高める記事『 基本の “き” 』シリーズを近日公開予定のお知らせです。
   
オートバイの運転技術を基本から見つめ直して、確実に運転技術を高めたいと願っている人の為の記事で、運転の際に操作する要素ごとに分けて、誰でも簡単で確実に技術を高められる練習方法を詳しく紹介します。
   
どうぞ、ご期待ください。


Web1000_basic_circle

  
< 以下、一部を紹介します >

『 まえがき 』

実は、オートバイの運転は、ピアノの演奏よりも難しいのです。
何故なら、ピアノは両手と右足で演奏ができますが、オートバイでは両手と両足以外に、状態や両ひざを使って運転するうえ、視線の動かし方によっても大きな影響を与えるからです。その上、ピアノと違って、操作の間違いによっては人の生命を奪ってしまうので、ピアノの演奏よりも遥かに難しいのです。
    
しかし、ピアノ演奏の技術習得では右手、左手と要素に分けての簡単な基本練習を行なうのが常識ですが、オートバイの場合には要素に分けて基本練習を行なう意識がまったく欠けており、複数の操作要素を同時に使う練習を強いています。そのため、運転技術のレベルが充分でないライダーが多いだけでなく、狭路(一本橋)走行や 8の字走行、パイロンスラローム走行が基本練習だとする誤解が溢れています。
  
右手でのアクセルとブレーキ操作に始まり、左手、右足、左足がそれぞれに担当する運転操作毎に要素を分けて、その一つひとつを意識して練習が行なえる練習メニューこそ、真に求められている基本練習であり、オートバイの楽しさと安全を高めると信じています。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org




2020年10月26日 (月)

Web 会議システム、意見をください

  
Web会議システムの導入を考えています。
   
利用する機会として、先ずは 来年早々に行なう GRAミーティングの Web会議版 で、新型コロナウイルス感染の危険性を避ける会議方式として検討を進める他に、GRA活動に関心の高い人が気軽に参加してもらえるシステムとして検討しています。
GRAミーティングとは別に、『 オンライン セミナー 』の開催検討の為に、最適な会議システムの検討も行なっています。
   
その為に、Web会議システムについて、みなさんのご意見やご指摘の協力を、是非、お願いします。
導入システムの条件想定は、「スマホで参加可能」、「基本的無料または低料金」、「参加操作が簡単」、「10~20名程度参加可能」です。
現在、検討中のシステムとして 「Zoom」、「V-CUBE」、「Google Meet」、「Webex Meetings」などが挙がっていますが、これらのシステムを利用した経験がある人からのご指摘もお待ちしています。
   
Web1000_corona5006277_1920

   
ご意見やご指摘は、この記事へのコメント送信か、information@gra-npo.org 宛のメールでお願いします。


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org



 

2020年10月18日 (日)

2020年度、寄付金収入・中間報告

  
2020年も既に10月も半ばになっていますが、1月から9月末までの “ 寄付金 ” 収入状況について簡単ですが報告をします。
先ず最初に私共・NPO法人GRA の活動主旨に賛同して下さった上に、寄付金をお寄せ下さった方々へお礼を申し上げます。そのお気持ちに応えられる様に、今後共に精一杯の活動を続けて参りますので、ご注目と共にご意見やご指摘も宜しく願います。
   
なお、2020年度通期の “ 寄付金 ” の報告は、2021年 2月頃 になる見込みです。年 2月頃 になる見込みです。
  

2020

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org




動画 [ チェーンの “遊び” は適正? 確認しよう! ] 制作しました

   
オートバイのチェーンの “遊び” が正しく調整されていないと、リアサスペンションが正しく作動できず、操縦性が悪化して乗り難いだけでなく、加速時や荷物積載時など状況によってはリアタイヤのグリップを失っての転倒に繋がりやすくなります。
   
しかし! ( ここからが本題です )、オートバイメーカーの整備作業指示内容は不適切で、販売店やショップ等でも根拠の無いチェーン調整を行なっているので、新車や中古車を問わず、多くのオートバイのチェーンは適正な調整が行なわれていません。
  
いつまでも、楽しく、安全なオートバイライフの為に、3段階で “遊び” の正しい確認方法をアドバイスしていますので、どうぞ参考にしてください。
 
 
   

 
 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org


 
 
 


«『 オートバイの整体、基本と調整作業 』掲載案内

GRA代表:小林の紹介

カテゴリー

無料ブログはココログ
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30