2020年8月 8日 (土)

「 他者との関わりを避ける人たち 」 を追加掲載しました


『 横断歩道の上で、愛を叫ぼう! 』シリーズの第2編として、「 他者との関わりを避ける人たち 」を掲載しました。
どうぞ 是非 ご覧下さい。


Web1000_building2597847_19

【 他者との関わりを避ける人たち 】
http://gra-npo.org/lecture/kokoro/crosswalk/crosswalk_2.html


Web1000_mannequin1572496

 

< 以下、一部転載 >

これは、お盆前、大阪のビジネス街・梅田の交差点で遭遇した出来事です。

車を運転していた彼は、通過しようとしていた交差点の先には車が連なっていたのに、信号の変わり目に無理やり交差点に進入してきました。信号が赤に変わってからも、彼は少しでも前の車両に近づこうと少しずつ車を前進させたが、止まった所は横断歩道のド真ん中。最後の前進によって、完全に横断歩道を塞いでしまったのです。
そして、その横断歩道の信号が青に変わり、渡り始めた歩行者の群れの中に僕が居たのです。


http://gra-npo.org/lecture/kokoro/crosswalk/crosswalk_2.html


Web1000_eye1255631


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org







2020年8月 5日 (水)

GRA イベント での “ お題 ” 導入の案内

   
NPO法人 GRA では、設立当初から継続している 『 活動ポリシー 』の達成の為、開催する各イベントに於いて “ お題 ” の導入を始めます。
  
ついては、8月9日開催予定の 『 クリニック 』でも “ お題 ” を導入しますので、受診予定の方はその事について日頃から考えている事を持参ください。

     活動ポリシー 』    http://gra-npo.org/policy/policy/policy.html

 

**************

 

8月9日・お題は以下の 2件に関する意見提出です

 

1. オートバイへの “ あおり運転 ” と 判決内容について

 【 参照記事 】 ダイアモンド オンライン 発、 戸田一法 氏寄稿
   https://diamond.jp/articles/-/191704


Web1000_motorcycle1307622

  
  

2. オートバイは、なぜ曲がれるのか? ( 旋回できるのか )について

Web1000_bb4_8_a1

 

< 注意点 >

〇  ありのまま、本音の意見を歓迎します
〇  他者意見の転用、カンニング的行為は歓迎しません


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org




2020年8月 1日 (土)

Webサイト記事・コラム作成 の今後について

  
Webサイト記事・コラムで、『 オートバイの基本講座 』での 4つのテーマに合わせて、“ 心 ”、“ 技 ”、“ 体 ”、“ バイク ” の 4つのジャンルに分けて、記事の作成と掲載を行なっていますが、その作成方針に 二つの改良を施す事にしました。

 
 

■ 一つ目は、ブログ記事の転載です ■
   
公式ブログサイトに掲載している記事を数編毎にまとめて、一つの記事として公式Webサイトに転載する事で、より素早く記事の充実を図るのが狙いです。
メリットは、記事を充実させられる事ですが、一方でデメリットもあります。それは、記事としてまとまりが無く、アピールして啓発が目的の 『 オートバイの基本講座 』コラムにそぐわない面が出てくると危惧はあります。
   
そぐわない面というのは、ブログは日記であり、前後のブログ投稿と時に無関係だったり、同じテーマであっても、ベースが同じとは限らず話の流れが悪くなるからです。
   
その解決方法も考えています。
それは、数編のブログ記事を一気に1 本の記事として掲載するのではなく、共通テーマの設定した後は、ブログ 1編ずつを追加していく事にして、文体や口調を コラム記事に相応しい内容に修正しつつ、コラム記事として 主張したい 一つのテーマへの “ ブレ ” を取り去る作業を加えていく事です。

 
 

■ 二つ目は、記事制作者を募る事です ■
   
GRA の公式サイトで 記事掲載枠を 執筆希望をされる方に託します。
これは、色々な人と機会がある度、直接に打診をし続けてきていますが、中々 首を縦には振ってもらえていない事を、改めて より広く、多くの方々へ打診を拡げていく事になります。
    
容易に、執筆をして下さる方、しかも無償で労力を割いて下さる方と出会えるとは最初から思っていませんが、「 書いておきたい事がある 」と 心の内に秘めている方は必ず多く居らっしゃると信じている事でもあります。
  
この願いや誘いを実現させる為にも、GRA として主張している事柄、活動を通じて訴えている足跡、そして 長年に亘り信じる事を変えず活動しているかが一番大切な事だと信じています。私自身でも、不安定で不明瞭な活動や主張をしている団体・法人に寄稿する事の無駄を知っており、例え氏名が公表されないにしても、決して寄稿するなど考えられないからです。

  
その為にも、そういう人材募集のアピール以上に、現在の活動と主張の内容を更に高めていく事を目指していきます。

 
どうぞ、歩みは遅い活動ですが、みなさんからの意見や指摘、叱咤を宜しくお願いします。

 

                                                                            NPO法人 GRA  代表理事    小林 裕之


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org


 
 
 

 

2020年7月30日 (木)

オートバイとライダーのための『 クリニック 』 ページの更新案内です

   
いつまでも、楽しく、安全なオートバイライフを過ごしたいライダーのための、診断と相談、練習もできるイベント・『 クリニック 』の案内ページをプチ・リニューアルして、分かりやすくしました。
   

Web1000bb_clinic_img3

  
夏のツーリングを考えている人、無事に楽しく走りたい人に役立つ、オートバイとライダーのための “クリニック” へ、気軽な受診を待っています。


オートバイとライダーのための 『 クリニック 』
http://gra-npo.org/schedule/clinic/clinic_top.htm



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org




 

2020年7月26日 (日)

GRA 公式ブログサイト 閲覧ユーザー地域(国) 報告

    
GRA 公式ブログサイト ( Hatena ブログ )の閲覧数が伸びています。 3月当時の 5倍近くの閲覧数を記録するまでになっています。
GRA の公式Webサイト も閲覧数も伸びていますが、3月当時と較べて 1.6倍程度ですから、GRA 公式ブログサイト ならではの何か原因があると考えてみました。
   
閲覧履歴のデータなどを確認した結果、考えられる要因は二つあります。
一つは、ブログサイト 運営会社の 検索エンジン対策用の仕組みの精度が向上している事で、年以上前の記事でも記事内容によっては多く閲覧されている事からそう考えれらます。
二つ目は、新型コロナウイルス関連の記事が海外の方から多く閲覧を受けている事です。その閲覧されている方の地域(国)は 下の図の通りです。
   
20200726_blogsite
 
  
現在、GRAでは、今後の生活や社会の展望を把握するには、国内だけでなく海外の新型コロナウイルスによる感染状況の把握は重要な事だと考えています。その為に、独自に収集した情報を分かり易い形にまとめて、必要な情報の発信を行なっております。その中で、全世界 183の国と地域別に、日毎の新規感染者の人数や人口あたりの新規感染者【感染密度】を GRA独自に作成したページが閲覧されている可能性が高いと思われました。
  
その為、世界で必要とされる方々の為にも、日本語以外に英語も表記して、より多くの方に役立ててもらえる様な修正を行ないました。また同時に、公式ブログサイト から 公式Webサイト への リンク用のバナーの貼付けと、主要なページ に 英語表記を加えて、オートバイユーザーに限らず少しでも多くの人に GRA の活動内容を伝えられる様にしいきます。
   
今後共に、GRA の活動に高い関心を持って下さっている方々の 意見や提案を参考に活動していきますので、今後共に よろしくお願いします。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org




 

2020年7月 5日 (日)

『 クリニック 』 は “熱” のある人を歓迎します

  
クリニック ” は、“” のある人を待っています
悩んでいる人、困っている人、今より良くなりたい人、そんな人を歓迎します


Web1000_clinic_img2

何かを変えたり、何かを良くするには “” が必要です
それは、オートバイやライディング、そして取り巻く環境でも必要です
 
もし、あなたが全てに満足しているのなら “クリニック” は必要ありません
もし、あなたが娯楽や暇つぶしを求めているなら、他に適した所があります
  
どうぞ、あなたの “” や “想い” を聞かせてください、発揮してください
一緒に、その “熱” をもっと熱く活かしてしていきましょう
 
  
Web1000b_clinic_img4

オートバイとライダーのための『 クリニック 』
http://gra-npo.org/schedule/clinic/clinic_top.htm


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org




2020年7月 4日 (土)

“ 救急外来 ” 受付開始の案内です

   
NPO法人 GRAでは、楽しく安全な運転を実現させる為に、今、困っている人を “緊急外来” での受付を開始しました。
   
Web1000_emergencyrecept 
オートバイの具合が悪いけど販売店では治らず困っている人や、オートバイに乗るのが不安で怖さを感じて困っている人の悩みを助ける為に、事前に予約申込みをしていない場合でも、オートバイや運転操作改善のためのサポートを行ないます。

 

※ “救急外来” の対象となる開催イベントは、オートバイとライダーのための『 クリニック 』が対象となります。他のイベント『 セミナー 』は準備が整い次第告知の上で受付けます
 
 

Web1000_clinic_img3a

【 近日開催イベントの情報 】
http://gra-npo.org/schedule/schedule/kinjitu/kinjitu.html

 
 
なお、オートバイの整備やセッティングの技術サポートを個人対象で行なう『 妖怪ガレージ・持込み企画 』は、要請・申込みがあり次第、日程を相談の上で決めて開催します。

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org




2020年6月26日 (金)

NPO法人の紹介 『 国境なき医師団 』

  
   世の中には、利益の為ではなく、社会の為に尽力している方々や団体があります。
   そんな活動を行なっているNPO法人を、機会がある度に紹介していきます。
   みなさんにとって何等かの参考になる事を願っています。
  
           *   *   *   *   *   *   *   *
   
 
『 誕生したきっかけ 』
    
国境なき医師団 ” の名称は、様々な機会でメディアが報道している事もあり、多くの人々に認知されていると思いますが、その活動形態が NPO と 同等の形態の NGO(非政府組織)である事はあまり認識されていないと思います。
NGO も NPO も、特定の国家や政府、特定の企業や個人に依存または管轄されず、社会や世界での貢献活動を目的とした法人で、特に 特定の国家や政府に依存・管轄されていない事を強調する際には NGO という名称をつけている程度の違いです。
  
国境なき医師団 ” が誕生したきっかけは、赤十字国際委員会の依頼を受けたフランス人医師たちが、1968年当時は内戦中だったナイジェリアでの医療支援活動に派遣された後、医療支援を必要としている人々へ適切な医療や支援を届ける為に、従来の赤十字活動や当事国や特定の国家の枠に捉われる事がない、国境という概念を越えた活動が必要という強い信念の基に 1971年12月に設立した法人です。
  
この国境を越えた国際的な人道・医療支援に対して、共感と支援の輪が徐々に拡がり、現在では世界各国 38カ国に 同法人の事業部が設立され、1992には 日本事務局として 認定NPO法人 国境なき医師団 日本 が設立されました。

 
Web1000_msf_img

  

『 活動目標 ・活動趣意書 』
  
結成された際に 国境なき医師団(略称 : MSF)憲章が発表されております。

Msf_teble_4

 

 

『 活動資金と支援 』
   
“ NGO 国境なき医師団 ” も “ 認定NPO法人 国境なき医師団 日本 ” も、当然ですが、個人や民間企業・団体からの寄付で賄われています。

Msf_teble_3

Msf_teble_2


そして支援活動は、医師の派遣だけに留まらず、各国での支援プロジェクトへの資金支援から活動する各地域の現状報告、そして患者の人々の声を届ける広報活動などと多岐に亘っています。
ちなみに、国境なき医師団 日本 が 2019年に 海外へ派遣された スタッフは 100名で、合計 34の国と地域へ延べ 124回に亘り派遣しています。
また、海外でのプロジェクトへの支援金送付は 下図の通りです。

Msf_teble_1

 
 
 

【 国境なき医師団 / Mesdecins Sans Frontieres 】

□ 法人案内 Webサイトページ ・・ https://www.msf.org/

    

【 認定NPO法人 国境なき医師団 日本 】

□ 法人案内 Webサイトページ ・・ https://www.msf.or.jp/
□ 同法人 公式Facebookページ ・・ https://www.facebook.com/msf.japan/
□ 同法人への支援案内サイト ・・ https://www.msf.or.jp/donate/?grid=header01

 


Web480_npo_friendship 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org

 
 
 
 

 




 

2020年6月25日 (木)

ステムベアリング整備 in 妖怪ガレージ・持込み企画 リポートです!

    
6月7日に開催しました、『 ステムベアリング整備、妖怪ガレージ・持込み企画 』の開催リポートが完成しました。

【 ステムベアリング整備 in 妖怪ガレージ 】開催リポート
http://gra-npo.org/publicity/report/2020/20200617_rep.html


Web1000_2020617_04 
    
タイヤ交換やフロントフォークの整備と較べると身近に感じる機会は少ないでしょうが、私達ライダーにとってステムベアリングは最も身近にあるベアリングで、オートバイの印象を大きく左右し、操縦性や安定性。そして安全性にさえも大きな影響を与える部品であり機構です。
   
オートバイを気持ち良く思いのまま走らせ、安全にいつまでも楽しむ為に、そんな大きな影響を与えているベアリングの事を見つめてください。


Web800_2020617_07

 

< 以下、一部転載 >
  
きっと、多くのライダーにとってはステムベアリングの整備を依頼する機会は一生無いでしょうから、ステムベアリングの構造や仕組みを具体的に理解する機会も無いでしょう。けれど、そういう機会が全く無かったとしても、ステムベアリングの作動感を敏感に手の平を通じて常に感じ取り、それがオートバイの印象と受け取り、偏った作動性をそのオートバイの“味わい”だと誤解し、操縦性や安定性が損なわれ安全性も損なわれたオートバイに乗り続けている事は自覚すべきです。
  
とかく、エンジンパワーや音、そしてオートバイ自体の存在感やある意味でのプレスティッジ感でオートバイを選び、走りを楽しむ事だけに熱中するものですが、組み込まれている部品一つひとつの特性や役割を理解した適切な整備を行ない、ノーマルのオートバイをノーマルのままで数段階上の本来の姿へと蘇らせてあげる事に、より多くの人が意義と楽しみを見い出して欲しいと願っています。
 
Web800_2020617_27


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org




2020年6月16日 (火)

タイヤ交換 “妖怪ガレージ” 持ち込み企画、 「感想文」です

  
6月7日にタイヤ交換で “妖怪ガレージ” 持ち込み企画に参加された方から「感想文」が届きました。
  
Web1000_2020607_58
   
タイヤ交換はオートバイ整備作業の中で 多く経験する整備作業の一つですが、新しいタイヤに組み替えるだけの作業と思っているとオートバイの寿命を縮め、動きを悪くして安全性も損なうなど、大切な整備作業です。
  
タイヤ組換え以外、オートバイをより良くする為の整備作業を行なった方の感想の感想と 別掲載のリポートを是非ご覧ください。

  

「 感想文 」
http://gra-npo.org/publicity/impress/2020/20200607_imp.html

 

Web1000_2020607_11

 

< 以下、一部転載 >

インプレッション

タイヤ交換
・タイヤの直径が増えた。減っていたタイヤの分フロントが低くなっていたのだと実感。
 走っているときにあった違和感がなくなった。
・タイヤの形状の急激な変化により、曲がるときのコントロールに戸惑う。
 (当日の帰りに感じたこと)

 

ハブダンパー交換
・アクセルオンオフ時のぎくしゃく感が緩和された。(昨日の病院の行きかえりに気づく)

 

ブレーキキャリパー清掃
・特段の変化感じられず
 日曜の帰り道と昨日病院の行きかえりで感じた範囲。

( 後日談 : 少し回復したようでブレーキのタッチの変化に気が付けました。レバーに触って、力と入れたとたんブレーキが効き始めていることがわかる。 特にフロント。 リアは、やっぱりあんまりわからない感じです。 )

 


Web1000_20200607garage_plan_20200616171301



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org




«予約申し込みの受付期間について

GRA代表:小林の紹介

カテゴリー

無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31