2022年1月24日 (月)

テーマ・「真剣に 深く 楽しめ」の “バイク” 用画像 の 案内

  
2022年に掲げた活動のテーマ・「真剣に 深く 楽しめ」を分かりやすく展開する為に、“バイク” 用のイメージ画像を作成しました。

Web1000_lec_bike_insertpic1

オートバイの整備と言えば、洗車やオイル交換、タイヤ交換やエア圧調整、チェーン調整などが一般的で、それを実践すればぼぼベストの状態に保てると誤解されている認識を変えていきたいのです。
本来ならば、ライダーの体重や身長、経験などに合わせて車両各部を 1㎜単位で調整をするべきですし、車体整備でも車体各部の仕組みや部品の特性を理解して、ボルト1本から適切な整備をするだけで、オートバイのコンディションは大きく変わる事をこれからも伝え続けます。

 

【 オートバイの基本講座・“バイク” 編 】
https://gra-npo.org/lecture/bike/top.html



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


Web250g_20210125193501
 https://gra-npo.org






2022年1月16日 (日)

GRA 公式Webサイト 国別閲覧報告 (2022年1月14日 現在)

    
通常、GRAの公式Webサイトを閲覧する人(国)は 95%以上は日本からですが、何故か、急に米国からの閲覧が増えていました。
これまでも、フランスやドイツ、オーストラリアやベトナムなど、様々な国からの閲覧はありましたが、殆どの場合は閲覧者は多くはなく、その閲覧時間も短いものでした。
ところが、この一週間、米国から 40件近い閲覧があり、しかも 平均閲覧時間が 32秒と長く、しっかりとページを読み込んでもらえている事が判りました。
   
Googleanalytics20220114

   
どのページの閲覧だったのかは未解析ですが、恐らく、公式Webサイトページに設置した Twitter 等の SNS を通じて ページを紹介して貰えた結果だと思います。
この様な結果は望んでいる事なので、今後共に 世界からの閲覧に応えられる内容のページ制作の励みとなりましたし、この結果を支援して下さっている方々へもお知らせしたかった次第です・
因みに、同じ期間、タイから複数の方が閲覧して下さっているのですが、平均閲覧時間が 4分30秒と 日本国内からの平均閲覧時間の約2倍でした。とても熱心に読み込んでくれています。


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


Web250g_20210125193501
 https://gra-npo.org







2021年12月22日 (水)

ステムベアリング 整備動画とグリス解説

   
「 ステムベアリングの調整は?」という質問に応えて、実際に実車での整備作業を動画で掲載して、更に質問を受けた「グリス」について簡単に解説を加えています。
   
Web1000_stem_bearing_adjust

   
ステムベアリングはオートバイの操縦特性を大きく左右する部品で、その整備方法によっても操縦性が大きく左右される箇所です。
もっとオートバイと正しく付き合いたい!、もっと楽しくはしりたい! と考えている人には必見の記事です。どうぞ、ご覧下さい。

Web1000_grease_1

『 Q&A ステムベアリングの調整について (4)』
https://gra-npo.org/lecture/bike/Q&A/stem_bearing/stem_bearing_4.html


202110_garage


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


Web250g_20210125193501
 https://gra-npo.org

 







2021年12月 1日 (水)

過去の記憶 「トランシーバー と 光電管セット用ケース 」

    
GRAでは、活動形態の見直しに伴って、資機材の整理を進めています。そして、その機材を機会がある度に紹介して、辿ってきた道程を断片的に知って欲しいと考えています。
今回は、前回のゼッケン(ビブス)の紹介に続いて、トランシーバーとケースを紹介します。
  
 
『 トランシーバー 』

広い会場を使ってイベントを開催する際、会場の各部で配置に着いている担当スタッフとの連絡用に使用していた通信機器です。
   
購入は 1993年頃、ソニー製の特定小電力トランシーバーを13台と、イヤホンタイプとヘッドセットタイプのマイク&スピーカーを各10セット、ハンドタイプの通話機を3個を揃えて使っていました。
    
Web1000_two_way_radio
     
ただ、全員スタッフ全員参加制と言って、専任の運営スタッフは置かず、参加者が全員でスタッフ職を分担をするという運営システムだったので、スタッフ職の煩雑さを下げる配慮をする内に、トランシーバーの使用率も下がり、やがて使わなくなっていた機器です。それから、電池を抜き取り、ケースに納めて屋内保管をしていたのですが、確認を改めてしてみると、動作しなくなっているものもある状態でした。
    
Webオークションサイトなどを確認すると、ジャンク品でも相応の金額で取引されている様ですが、もし、現状渡しで引き取って下さる方があればご連絡下さい。 希望者が無ければ廃棄処分の予定です。

 

 

『 光電管セット用ケース 』

よくあるコンテナタイプのプラスチックケースですが、廃棄処分の為に内部を確認していて、素敵なレイアウト図が蓋の裏面にある事に気付きました。
     
レイアウト図に書かれているのは、タイム測定用機器を収める配置図で、左に TAGホイヤー製の測定機本体を収め、中央に2セットの光電管ユニットと反射板、そして右側には測定機本体に光電管ユニットから測定信号を送信する為の2組のトランスミッターを収める様に指示してあります。
   
Web1000_case
    
何故、このレイアウト図を紹介したかと言えば、GRAではイベントで使用する機材は参加した人が持ち帰りや搬入を分担し合っていたのですが、大型の専用ケースに収まっていたタイム測定用セットを、オートバイでも運搬できる様に、誰かが自発的に行なってくれた工夫の跡だからです。
オートバイのリアシートに収まる大きさのケースと衝撃緩衝用のスポンジを購入して、このレイアウト図を書いてくれたお蔭で、誰でも容易に運搬が可能になり、自発的にイベント開催を支援する人々の繋がりによって、年間40回のイベント開催もこなす事が出来ていたのです。
     
数多くのイベントを開催してきた GRAですが、その陰には、目立たないけど自発的で熱い支援の輪を繋げてくれた方々の存在があっての事と、知ってもえると幸いです。


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


Web250g_20210125193501
 https://gra-npo.org

  
  
  
   


2021年11月28日 (日)

ステムベアリングの適正な整備と調整 / Proper Maintenance and Adjustment of Stem Bearings

  
オートバイに使われているベアリングの中で、使用条件が過酷で適切な整備方法が指示されていないのが「ステム ベアリング」です。
   
「ステムベアリングにガタがある」と指摘された方から、ステムベアリングの調整方法について質問が届きましたので、その整備と調整方法を収録した動画を制作しました。
メーカーが指定する整備方法への提言や、ステムベアリング設計が遺物化している疑問など、関心のある人にとっては参考になる事も多く収録しています。
    
   

    
   
In this video, we explain in detail the proper maintenance of the stem bearing and the appropriate adjustment method, including the maintenance actual situation.
Among the bearings used in motorcycles, the conditions for using stem bearings are harsh, and the maintenance methods specified by the vehicle manufacturer are not appropriate, and the point of the bearing configuration that has become a relic is explained using the real thing.




クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


Web250g_20210125193501
 https://gra-npo.org





  

2021年11月23日 (火)

新・コラム記事「 オートバイは鉛筆だ、サーカスでは ない 」の進行計画

  
次から次へと浮かび、中には無事にコラム記事として発信され、今も多くの閲覧が続いている企画もありますが、大抵、その多くは発信以前の段階でフリーズ状態になっている企画も数多くあります。
   
そんな現状を少しでも変えて、陽の目を見る企画を記事に育てるための策の一つとして、分割掲載を計画しています。 これは、公式Webサイトで一つのコラム記事として発信する以前に、ストーリーや章毎に分割して掲載していき、ある程度の記事や掲載する画像やイラストの製作が終わった段階で、一つのコラム記事として 公式Webサイトに掲載するという考えです。
   
そして、この考えに沿って、現在進行中の企画が 「 オートバイは鉛筆だ、 サーカスでは  ない 」です。

Web1000_pencil_tittle 
   
このコラム記事の狙いは、ライダーの多くが “ オートバイを想った様に操ろうとしている ” 風潮への提言です。
  
     ************

   
というのも、オートバイは、物理法則に従って運動する、重量とエネルギーの大きな物体であるにも関わらず、その法則を正確に理解したうえでの安定した適切な運転よりも、オートバイに不安定な動きを強要する、曲芸的な運転が評価される傾向がとても強いからです。
   
曲芸的と言っても、それは オフロード車を使っての バックフリップ(空中での背面一回転)や スタント的走行の エクストリーム を指している訳ではありません。
オートバイの運転技術を高める為に広く開催されている、「安全運転」を謳った講習会や競技会で浸透している現象だからです。
   
例えば、坂道を利用した規定セクションの走行においては、どれ程、車両を安定させて何事も無かった様に走り切らせる能力は重視されず、例え 不安定な動きを生み出す不安定な運転操作であっても、規定通りに走破する事だけしか評価されません。
   
更に、狭い直線路を走り切る課題では、オートバイに機械的な無理を強いても、より遅く走り切った者が高く評価されるのは、本来の危険回避や運転回避を含めた安全運転の理念とは別次元の課題になっているのです。
  
 ***************
   
そんな想いが企画の発端ですが、何分にも、文章として世に出す事には責任が伴い、想いの意図を適切に表現するには、文章構成能力とは別に、画像やイラスト制作能力も必要になってきます。
   
それらの責任と能力をまとめてコラム記事を一つひとつ発表していく考えには変わりありませんが、一つでも 多くを表現して届ける為に努力を続けていきますので、どうぞ、ご期待を願います。

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


Web250g_20210125193501
 https://gra-npo.org




  
  

2021年11月17日 (水)

代表・小林の信念 「 梨と、GRAと、人生と 」

   
自身の利益や評価の為ではなく、周囲の人々や社会の為に、無償で共有する行為は社会を支える礎です。そして、私はそれを信念に歩み続けます。


Web1000_pear_img
https://gra-npo.org/policy/yokai_column/column/2021/pear,GRA,life/pear,GRA,life.html
Web1000_20200712_33



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


Web250g_20210125193501
 https://gra-npo.org









2021年11月13日 (土)

11月13日 深夜、Google Analytics 報告

    
日本時間 2021年11月13日 AM 1時半過ぎ、Google Analytics で GRA公式Webサイトへの閲覧履歴の確認をしていると、米国から当サイトへのアクセスがありました。

Google_analytics_img
   
米国時間で言えば 11月12日(金)午後12時半過ぎ、地図を見れば 米国の中西部、テネシー州からの閲覧で、閲覧されているページは『オートバイの基本講座』・「Q&A リアブレーキでは、曲がれない?」の ページ4 です。

   
海外からの閲覧は多くはありませんが、訪れてもらえた時に備えて、少しでも親近感や関心を抱いてもらえるページ構成に工夫を重ねていきたいものです。

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


Web250g_20210125193501
 https://gra-npo.org

 
 
 
 
 


2021年11月 6日 (土)

GRA ライディングの基本 『 “コインの法則” の練習 』 GRA Riding Basics, ”Coin's Law Practice”

      
オートバイのライディングの基本中の基本の解説動画、『 基本の「き」』シリーズの第3弾として、【 “コインの法則” の練習 】を制作しましたので、是非ご覧ください。
    

      
この “コインの法則” とは、オートバイが旋回時に描くラインは、転がるコインが描くラインと同じく、自然法則に従った曲線になっています。このオートバイが本来備えている自然な “旋回特性” や “旋回曲線” を正しく理解して、実際のライディングに活かす為の練習方法を紹介しています。
   


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


Web250g_20210125193501
 https://gra-npo.org



 
  

2021年10月28日 (木)

GRA 公式Webサイト、海外からのアクセス

     
GRAの公式Webサイトを訪れる人の多くは日本国内(恐らく 日本人)からですが、海外から閲覧して下さる方もあります。
特に、昨年、パンデミックで世界中が揺れ動いていた時は、公式Webサイト中に “ COVID-19 ” 専用サイトを開設して、独自にデータを収集して世界各国の状況をまとめた一覧表を掲載していた為か、世界各国からの閲覧は一気に目立つ様になりました。

20211028

   

現在は、“ COVID-19 ” 解説サイトは公式ブログサイトへ移して、公式Webサイトにはリンクを貼りつけたバナーを設置する形式に改めた為か、昨年の様な閲覧は減っている様子です。が、それでも、スウェーデンや英国、カナダや米国、フィリピンやオーストラリアなど、多くはないものの、各国からの閲覧は続いています。そして、先ほど閲覧状態を Google Analytics というシステムを利用して確認すると、隣の韓国から閲覧して下さっている方を発見したので、珍しくて、嬉しくて報告をします。
   
地図を見るとソウル近郊の方の様ですが、同時に日本国内から 二人の方も閲覧されている為、どのページを閲覧されているかは判りませんが、『 ZX-6RR 妖怪ガレージ持ち込み企画 』か『 オートバイ基本講座・オートバイの整体 』、又は『 オートバイ基本講座のトップページ 』のどれかです。 暫く見ていると、どの方もページを移りながら閲覧されている様子が判り、ちょっと嬉しくて報告したくなった次第です。
       
新たにページや動画を作成する際には、可能な限り英文の注釈を入れて、海外の方に対して “閉塞感” や “拒絶感” を与えない配慮と、不出来な英文でも少しでも意味が通じる様に奮闘を続ける気持ちも高まっています。 どうぞ、これからも GRAの公式Webサイトの発信活動に期待して下さい。 そして、日本文や英文で、内容に誤りを発見された方は、是非、指摘をよろしくお願いします。


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


Web250g_20210125193501
 https://gra-npo.org




«GRA が 初めてイベント開催した、カワサキ本社工場内のコースが改修されていました

GRA代表:小林の紹介

カテゴリー

無料ブログはココログ
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31