2024年4月17日 (水)

第4回 路面清掃の報告です / Report on the 4th Park Cleanup


赤穂交通公園の 第4回目となる路面清掃の結果を報告します。そして、今回、学んだ事は『エントロピー増大の法則』です。

We would like to report the results of the 4th road cleaning at Ako Traffic Park. What I learned this time is "Second law of thermodynamics".



『 作業報告 / Work Report 』

今回の清掃現場は、前回までの 3回と同様に、中央交差点付近で、芝や草が路面を覆うように勢力を伸ばしている箇所です。

As with the previous three cleanings, the cleaning site this time was near the central intersection, where grass and grass had spread to cover the road surface.


長期間に亘って放置されてきた結果、芝や草が縁石を超えて路面を侵略し、根元に土や砂を溜め込んでスロープを作り上げています。更に、路面の割れ目を広げる様に、道路反対側の縁石まで緑色のベルトを伸ばすなど、とても手強い相手です。

As a result of long-term neglect, grass has grown over the curb and invaded the road surface, collecting dirt and sand at its roots and creating a slope. Furthermore, they spread their roots to the cracks in the road surface and spread their power like a green belt to the curb on the opposite side of the road.



そんな、手強い相手を駆逐する目標タイムを決めました。
今回の作業エリアの大きさは、前回と同じく縁石沿いに 約 12m なので、前回の作業時間 4時間を切る! のが目標です。さあ、どうでしょうか?

I decided on a target time to defeat such a formidable opponent.
The work area this time is about the same size as last time, so my goal is to take less than 4 hours from the last time. Now what will happen?


作業が終わりました。そして、作業時間ですが、目標タイムを大幅に短縮して、約 3時間30分のベストタイム(?)を記録しました。 少しずつ 作業の段取りが進歩している事の証明でしょうか。

The work is finished. In terms of work time, we significantly shortened the target time to approximately 3 hours and 30 minutes. Is this proof that the work setup is progressing little by little?



 

『 エントロピー増大の法則 / Second Law of Thermodynamics 』

そんな 今回の作業で体験したのが 「エントロピー増大の法則」です。
この法則は、「自然界の物事は、意図的な処理を行なわない限り、より複雑な方向へと変化して、自発的に元に戻る事はない」という自然法則ですが、今回、それを証明する出来事があったのです。というのは、清掃作業の存在を知って、自ら必要な道具を準備して、作業に参加してくれた人が現れたのです。つまり、一人から二人へと “複雑さ” が増えたのです。更に、作業された場所は僕が行なったのとは別な場所で、使う道具も異なっているなど、正に、自然に “複雑さ” が増したので、思ってもいない形ですが、「エントロピー増大の法則」を証明する事が出来た一日になったのです。

今後、どう変化するかは分かりませんが、きっと、作業を行なっている事で、目に見えない形で、「エントロピー増大の法則」の通り、少しずつ変化は生まれ続けていくと信じています。

"Second Law of Thermodynamics" is a law of nature that states that "things in the natural world will change in a more complex direction and will not spontaneously return to their original state unless they are intentionally processed." Something happened to prove that. In fact, this time, someone showed up to participate in the cleaning work. He learned about the cleaning work and came prepared with the necessary equipment, and the work was done in a different place than I was and the tools used were different, so it was a very natural experience. As the "complexity" increased, we were able to prove the "law of increasing entropy" in an unexpected way.

I don't know how things will change in the future, but I'm sure that through the work I do, changes will continue to occur little by little, in ways that are invisible to the eye.







『 今後の見通し / Future Outlook 』

この作業の事を知っている僕の友人は、「練習できますね!」と気軽に言ってくれますが、実は、路面の状況は、練習はおろか、普通に走るだけで緊張感や少しの恐怖感を伴う程、荒れています。

現在は、芝や草の除去を先行して進めていますが、恐らく 20年以上、清掃をされていない路面ですから、コース全面に小石や砂が厚く撒かれている様な状態です。だから、当初は 90時間でコース全面の清掃を想定しましたが、それは恐らく無理でしょう。けれど、やるしかありません。
そして、コース全面は無理でも、一部のエリアの清掃が済めば、簡単な ライディング講習やクリニックも開催できるでしょうし、お孫さんを連れて 自転車の練習に利用されているお爺さんにとっても安心材料が増えると信じています。

We are currently removing the grass first, but since the surface has not been cleaned for more than 20 years, the entire course is covered with a thick layer of pebbles and sand. So, we initially planned to clean the entire course in 90 hours, but that may not be possible. But we had no choice but to do it.
And even if we can't clean the entire course, if we can clean the area around the central intersection area, we can hold simple riding lessons and motorcycle clinics, and I believe it will be a relief for the grandfathers who bring their grandchildren to practice their bicycles.






f:id:youkaidaimaou:20220126210928g:plain

https://gra-npo.org

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



























2024年4月15日 (月)

書類手続き、楽しみました / I enjoyed the Paperwork

 
3月29日、県庁と法務局へ提出した書類が、後日、議事録や申請用書類で作成ミスを指摘された件について、本日(4/15)、再び提出をしてきました。

I submitted the documents to the prefectural government and the Legal Affairs Bureau the other day, but later I was pointed out errors in the preparation of the minutes and other documents, so today (April 15), I submitted them again.

 

 

指摘を受けた箇所は、そのどれもが、「確かに、そうですね」と納得できる事ばかりでした。ただ、持込み車検と同じで、2年に一度提出する書類や、初めて提出する書類は慣れないものですね。しかし、直接、担当者の方と向き合って、一つひとつ確認しながら教えて貰うのは刺激的で、この刺激があるから楽しめます。
もし、パソコンで行なう税の確定申告の様に、モニター画面越しに「それは間違っています」と言われ続けたら、決して楽しめないでしょう。もしかすると、僕は、役所が完全にDX(デジタルトランスフォーメンション)化したら、大きな楽しみを失う人間なのでしょう。

After all, it is stimulating to face the person in charge directly and check each document one by one while submitting it, and I am convinced that this stimulation is the reason I enjoy it.
Perhaps I am someone who will lose a great deal of enjoyment if government offices are completely transformed into DX (Digital Transformation).






f:id:youkaidaimaou:20220126210928g:plain

https://gra-npo.org

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


















2024年4月11日 (木)

私は、路面清掃をします / I will Cleanup the Road


来る4月14日(日)13時から15時、赤穂市の交通公園の路面清掃をします。
イベントではありませんが、見物は歓迎します。ただし、天候や施設側の事情などで予告なく中止する場合もあります。


交通公園は公共の施設です。多くの人が安全に気持ち良く利用できる状態にしたいと考えています。


 




On the coming Sunday, April 14, from 1:00 to 3:00 p.m., I will be cleaning the streets of Traffic Park in Ako.


Spectators are welcome. However, the event may be canceled without notice due to weather or other circumstances at the facility.


The traffic park is a public facility. We want to keep it in a safe and pleasant condition for many people to use.





f:id:youkaidaimaou:20220126210928g:plain

https://gra-npo.org








クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.






















2024年4月 9日 (火)

1年前の目標イメージ / Goal Image from 1 Year ago

   
ちょうど 1年前、引越し先をこんなイメージで探していました。
想定外で、病気になってしまいましたが、
道路環境や建物は、お蔭様で、ほぼイメージ通りになりました。
後は、体調を回復させ、この環境を活かすだけですね。
 





Just a year ago, I was looking for a place to move to with this image in mind.
I ended up getting sick unexpectedly, but thanks to you, the road environment and buildings turned out almost as I had imagined.
Now all I have to do is recover my health and take advantage of this environment.








f:id:youkaidaimaou:20200509003314j:plain 































 

改めて、楽しみます / I'll Enjoy it Again


先日(3/29)、NPO法人として提出が欠かせない幾つかの書類を、県庁と法務局へ提出を楽しみに変えた話をしましたが、改めて、楽しみがやって来ました。提出した書類の一部に誤りがあり、県庁と法務局の両方から、修正を求めらえれたのです。

県庁の担当者の方は、長年に亘って担当して担当して下さっている事と、メールでの細かい指摘を頂戴しているので、比較的簡単な修正で済みそうですが、法務局は違います。そもそも、メールでの対応は一切していないからです。
でも、大丈夫です。先日、書類を提出した際の窓口の方よりも、今回、指摘を下さった方は丁寧に分かり易く説明して下さる方だからです。

法務局へ提出した書類は、5件全てを、「取り下げ書」という書類を作成して提出して、一旦、戻してもらってから、その場で間違いの無い書類を改めて提出します。今は、まだエネルギーは不足していますが、それぞれの方にお会いできるのを楽しみにして、エネルギーレベルは上昇してくるでしょう。
では、改めて、報告します。




The other day (3/29), I talked about how I was looking forward to submitting some documents that are essential for an NPO to the prefectural office and the Legal Affairs Bureau, and once again, I am looking forward to it. There were errors in some of the documents I submitted, and both the prefectural office and the Legal Affairs Bureau asked me to make corrections.

The person in charge at the prefectural office has been in charge of the matter for many years, and they receive detailed feedback via email, so it seems like it would be a relatively simple fix, but the Legal Affairs Bureau is different. Masu. First of all, we do not respond to emails at all.
But it's okay. The person who pointed this out to me this time was more thorough and explained in an easy-to-understand manner than the person at the counter when I submitted the documents the other day.

All five documents submitted to the Legal Affairs Bureau must be submitted by creating a document called a "letter of withdrawal," and then once they are returned, submit new documents with no errors on the spot. I'm still low on energy right now, but I'm looking forward to meeting each of you and my energy level will rise.
Well, I'll report again.






f:id:youkaidaimaou:20220126210928g:plain

https://gra-npo.org








クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.




















2024年4月 6日 (土)

第3回・路面清掃の報告です / Report on the second round of Park cleaning

   
先日、公表していた通り、4月5日(金)に、赤穂交通公園の路面清掃をしましたので、その様子を画像と一緒に報告します。そして、今回の作業で学んだ事は “比例の法則” でした。

As we had announced earlier, on Friday, April 5, we cleaned the road surface of Ako Traffic Park, and here is a report with images of the cleanup. And what we learned from this work was the "law of proportionality."


今回の清掃箇所は、上の画像の赤いラインで示した箇所。今回も、路面へと侵略を試みている、いや、既に侵略してしまっている芝や草の撤去が一番のテーマです。というのも、路面の小石や砂もオートバイを転倒へと誘う “やっかい者” ですが、芝や草の方がはるかに深刻だからです。なぜなら、掃いてもどいてくれないからです。
さあ、今回こそ要領よく、縁石沿いに 約 12mほど、短時間で済ませたいものです。

The area to be cleaned this time is indicated by the red line in the image above. Again, the main theme was to remove the grass and weeds that had invaded the road surface. The area is about 12 meters along the curb, and this time we hope to do the job in a timely manner and in a short time.

 

公園の入り口には、道路を通行する車のドライバーから見える様に、のぼり旗を設置して、公園の清掃や利用している人がいる事をアピールする事にしました。
長年、充分な路面保全がされていないという事は、利用頻度が下がるにつれて路面清掃の頻度が下がり、使用したい人がいても、良好な路面ではないから使用を控えて、更に路面清掃がされないという悪循環があったと思うので、それを変えたいのです。そして、利用する市民が増えれば、利用した人にメリットがあるだけでなく、保全の為に一定の費用を割いている市の行政側にもメリットがあるのは間違いありません。そして、例え路面全面改修などがされなくても、市の施設として存続の対象になる可能性は大きくなり、それは、公園を活用したいと考えている僕にとってもメリットになります。だから、今は、まるで ラピュタの様な状態ですが、可能な限り磨きあげたいのです。

At the entrance of the park, we set up a banner so that drivers passing by the park can see it, and we decided to make an appeal that people are using the park and cleaning it up. The reason for this is that the park has not been adequately maintained for many years, and few people use it, and it has become a forgotten place. If the number of users increases, it will be a great benefit to me because it will be an insurance policy for the city to continue to operate the facility.

 


今回選んだ場所も、土や砂が溜まり、そこに植物が根を張り、更に土や砂を呼び込んで高く溜まっており、こんな路面をオートバイで走る事を考えただけで、恐怖以外何者でもありません。そして、それは、路面をひび割れに溜まった土に根を張っている草も同じです。彼らの根の力は強大なので、このままでは間違いなくひび割れを大きくするので、撤去する以外に選択肢はありません。

The place I chose for this project is also a high pool of dirt and sand, with plants taking root in it, attracting more dirt and sand, and just the thought of riding a motorcycle on such a surface is nothing but a horror. And it is the same with the grass that has its roots in the soil that has accumulated in the cracks in the road surface. Their roots are so powerful that we have no choice but to remove them, as they will definitely make the cracks bigger if we do not remove them.

 


さあ、ようやく、縁石を超えて路面へと侵略をしていた芝や草を退去させました。そして、意外に手強いのが、路面の割れ目に生えている芝や草たちです。
下の画像では、路面を走る “黒い筋” が見えると思いますが、それが、芝や草たちが退去して(させられて)できた溝です。そんな溝でも、ミニシャベルを使って器用(?)に除去するテクニックは身に付きましたが、手間が掛かりました。

Now, finally, we have removed the turf and grass that had invaded beyond the curb to the road surface. And what took a surprisingly long time was the removal of the turf and grass growing in the cracks of the road surface. In the image, you can see the "black streaks" running along the road surface, which are the ditches where the turf and grass were growing densely.



そして、作業を終えて、時計を見て学んだ事が “比例の法則” です。
第1回目が 縁石沿いに 約 3mで 約 1.5時間、そして、今回が 4時間。 多少効率良くなっていますが、作業範囲の広さと所要時間はほぼ比例するという事を学びました。
でも、草たちには負けません。次回も、乞うご期待です。

After finishing the work, I looked at the clock and learned the "law of proportionality. The first time, it took about 1.5 hours for about 3 meters along the curb, and this time it took 4 hours. We have learned that the time required is almost proportional to the size of the area to be worked on.
But we will not lose to the weeds. Please look forward to the next results.





f:id:youkaidaimaou:20220126210928g:plain

https://gra-npo.org

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.























 

2024年3月31日 (日)

私は、路面清掃をします / I will Cleanup the Road


来る4月5日(金)13時から15時、赤穂市の交通公園の路面清掃をします。イベントではありませんが、見物は歓迎します。ただし、天候や施設側の事情などで中止する場合もあります。
● 交通公園は公共の施設ですから、多くの人が利用できる状態にしたいと考えています


On Friday, April 5th, from 13:00 to 15:00, I will cleanup the road at Ako City Traffic Park. Although it is not an event, spectators are welcome. However, it may be canceled due to weather or facility circumstances.
● Traffic Park is a public facility. We want to make it available to as many people as possible.




f:id:youkaidaimaou:20220126210928g:plain

https://gra-npo.org

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



















令和5年度『事業報告書』/ 2023 Ptoject Report


先に案内した通り、3月29日(金)、NPO法人として報告が義務つけられている報告書を兵庫県庁へ提出しました。その中で、「事業報告書」の一部、まとめの文章を紹介しますので、関心や興味のある方は是非、ご覧下さい。

As previously announced, on Friday 29 March, we submitted the report we are required to report as an NPO to the Hyogo Prefectural Government. We would like to introduce a part of the "Project Report" and the summary text of the report, which we invite anyone with an interest or concern to take a look at.

 



1 事業の成果

本法人は、事業報告書等で事業改善方針を述べていた通り、令和5年度は『社会的な広がりを広げる』という活動方針を掲げ、単にオートバイとオートバイライダーだけを対象した活動を行なうのではなく、より社会性を持ち“広がり”のある活動を目指して活動を行ないました。これは、オートバイに関する話題の発信だけでなく、社会や文化、芸術など、多少でも関連性のある情報の発信を行ない、オートバイライダーに必要な社会性などの視点・視野を広げると共に、社会からの オートバイやオートバイライダーへの見方を変える事を目標とした活動方針でした。

  ただ、大変に残念な事に、この活動方針を中心となって進めてきた 5月、同法人の代表が病気になって入院し、その後、退院した後も体調回復に努める療養生活が続いた為に、当初に想定した程の活動を行なう事が出来ませんでした。

  その為、オートバイとライダーの運転操作の両方を診察しアドバイスする『クリニック』は1回も開催に至らず、オートバイに関する様々な専門的な知識を図解を交えて分かり易く解説を行なっていく『セミナー』も 6回だけに留まりました。 それと同様に、公式Webサイトや公式ブログサイト、公式 ツィッター(現在は X)サイトを通じての新たな上昇の発信活動も、当初に想定した程には行なえなくなりました。 ただし、公式Webサイトでは従来から掲載している独自性と専門性の高い記事は引き続き掲載を行なっており、サイトの閲覧に訪れた方の数(アクセス数)は前年と同様の数を記録しており、その点では情報の発信を通じた啓発・啓蒙活動を一定以上は達成したと思います。

  次年度においても、活動目標【 いつまでも、楽しく、安全なオートバイライフ環境の創造とその環境を守り育てる人の育成 】を継続して、更に、公式Webサイトの多言語化を進め、国内外の数多くの方々への発信活動を展開していきます。


1. Business results
As stated in our business report and other documents, this corporation has set an activity policy of "expanding social reach" in 2023, and will not only carry out activities targeting motorcycles and motorcycle riders. Instead, we aimed for activities that were more social and "wider." This is not only to disseminate topics related to motorcycles, but also to disseminate information that is even slightly related to society, culture, art, etc., and to broaden the perspective and perspective of the sociability that motorcycle riders need, as well as to be a part of society. The aim of this activity was to change the way people view motorcycles and motorcycle riders.
   
Unfortunately, however, in May, the representative of the corporation, who had been playing a central role in promoting this activity policy, became ill and was hospitalized, and even after being discharged from the hospital, he continued to undergo medical treatment as he worked to recover his health. Due to this, we were not able to carry out as many activities as we had originally envisioned.
   
For this reason, we have never held a "clinic" that examines and provides advice on both motorcycles and rider driving operations, but rather "seminar" that explains various specialized knowledge about motorcycles in an easy-to-understand manner with illustrations.  but we only played six times. In the same way, the activities to disseminate the new rise through the official website, official blog site, and official Twitter site (currently X) have not been carried out as much as originally expected. However, the official website continues to publish highly original and specialized articles, and the number of people visiting the website (number of accesses) remains at the same level as last year. In this respect, I believe that we have achieved a certain level of awareness and enlightenment activities through the dissemination of information.
   
In the next fiscal year, we will continue our activity goals of "Creating an environment that is always fun and safe for motorcycles, and nurturing people who protect and nurture that environment." We will also promote the multilingualization of our official website, and we will continue to work with many people in Japan and overseas. We will continue to carry out outreach activities to the following people.

 


f:id:youkaidaimaou:20220126210928g:plain

https://gra-npo.org

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.










 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

義務を楽しみに! / Turn Duty into Pleasure!

 

GRAはNPO法人です。その為、行なうべき業務があります。義務を果たす事は、決して楽しい事ではありませんが、それでも、楽しみに変えるのが “生きがい” です。

GRA is a non-profit organisation. As such, it has duties to perform. Fulfilling our duties is never fun, but it is still "worth living" to turn it into something to look forward to.



『 60枚の義務 / 60 pieces of Duty 』

事業を営んでいる方は充分にご存知だと思いますが、一年に一度、「事業報告書」を国や自治体へ提出する義務があります。「事業報告書」とは、設立時に提出した「定款」に基づいて、事業を正しく運営している事を報告する書類で、「財産目録」や「収支計算書」「貸借対照表」などの経理状況の報告の他、「役員名簿」や「総会議事録」などが含まれます。
 
GRAの場合、「事業報告書」の提出先は自治体・県庁になります。そして、前年度(2023年)に事業所の移転を行ないましたので、法務局と県庁の両方に移転に関する様々な申請書類の提出が義務で、法務局には「役員変更届け」が 2年に一度の提出が義務となっています。
その結果、県庁へは 6種類の書類を作成して、出力(印刷)は合計 7枚で済みましたが、法務局へは 移転申請や役員就任申請、定款などを合わせて、18種類の書類を作成して、出力は合計 53枚にもなりました。そして、3月29日(金)、合計60枚の書類を持って、それぞれの窓口へ行き、無事に提出を完了しました!

それにしても、書類作成は、いつも気分が重くなる作業です。
というのも、どの書類も全て自作する必要があるからです。事前にチェック欄や記入欄のある書類は用意されていないのです。 見本やテンプレートは 行政の公式Webサイトに掲示してあるので、多少は救いになりますが、必要とされている項目と内容を、一つひとつ間違えない様に記入した書類を作成しなくてはならないのです。だから、それを “楽しみ” に変える工夫をいつもしています。

Preparing documents that are required to be submitted is always a stressful task.
This is because all documents must be prepared by yourself. There are no documents prepared in advance that have check boxes or fields to fill out. Samples and templates are posted on the government's official website, which helps a bit, but you don't have to fill out documents with check boxes or name boxes, like some documents have check boxes. . I have to create a document with the required items and contents written in one by one without making any mistakes, so I never feel relieved. Samples and templates of the necessary documents are posted on the official website of the organization to which you are submitting your documents, which may help you a little, but preparing them can still be a daunting task, so turn it into something fun. I'm always trying to come up with new ideas.



『 楽しみに変える工夫 / Tips to turn it into Fun 』

皆さんにも経験があると思いますが、義務を果たすのは、殆どの場合、気分が滅入るものです。例えば、学校の宿題に始まり、運転免許の更新講習、それに納税や違反金の納付などで、楽しんでいる人はまず居ないでしょう。 でも、僕は、それを楽しみに変えて大きくしたいのです。というのは、楽しみが “生きがい” だからです。

新年、2024年になってから、この義務を楽しみに変える為に行なった事を順番に紹介します。

1. 提出日を決める   ・ ・ ・ これで、計画が立てやすくなりました

2. やりたくない時はしない ・ ・ 義務でも、無理をすると心身を痛めるからです

3. 担当者に直接渡す  ・ ・ ・ 人を意識すると、パワーが生まれやすい

4. 同日に他の予定も入れる ・・・ 一つの目的の行動よりも、パワーが生まれます


特に、大切にした事は、持参して担当者に手渡すと決めた事でした。神戸から赤穂へと引っ越したので、郵送という手段も一瞬考えましたが、直接、担当の「人」に会って、挨拶をして言葉を交わす事を目標にしました。すると、心の中に “やる気” が 自然と生まれるのです。それに併せて、遠くになった神戸へ行く機会なので、銀行や 同法人の幹事を訪ねる計画を立てたのです。そして、それは 良い結果を生みました。 輪行をしたので 脚は疲れましたが、全て、予想以上の成果を残したのです。
 
あとは、提出した書類が審査を通るか否かです。
でも、不備・不足の連絡が入った場合には、改めて “楽しみ” を見つける事にします。
おっと、忘れていました。 県庁へ、事業所の移転の申請書類を提出する必要がありました。 先日は、作成が間に合わなかったので、口頭で必要な書類の内容と書式を確認して、「では、後日 郵送で届けます」と約束したからです。 郵送でも、担当者の方の顔と名前と声を覚えているので、“やる気” は生まれています。

What was especially important to me this time was that I decided to bring it with me and hand it over to the person in charge. Since I moved from Kobe to Ako, I briefly thought about sending it by mail, but my goal was to meet the person in charge directly, say hello, and exchange words. Then, “motivation” will naturally arise in your heart. At the same time, since it was an opportunity to go to Kobe, which was far away, I made plans to visit the bank and the secretary of the corporation. And it produced good results. My legs were tired from the bike ride, but everything turned out better than I expected.




『 人と人として / People to People 』

僕は、免許更新時の講習の雰囲気がとても嫌です。
受講する人達は、免許更新する為の義務として、我慢しに来ているだけですし、講師の人も仕事だから、毎回同じ事を言っているだけなので、とても異様な緊張感のある雰囲気です。それは、僕だけでなく、誰にとっても同じく嫌な筈です。幼児が、予防接種で泣いてしまうのも、針が恐くて痛いだけでなく、それ以前に、周囲の大人達の異様な緊張感に怯えているからだと思います。

だから、そんな雰囲気の溢れている場所、例えば、今回の様な行政の窓口もそうですが、相手側の緊張感をほぐす為の工夫も試みています。お互いに人と人ですから、緊張感に包まれているよりも、お互いにほっとしたいと願っているものですから。だから、窓口の人には積極的に挨拶をして、対等な人と人として、言葉を交わす努力をいつもしています。

もちろん、免許更新時の講習の講師に対してもです。警察官OB の方が担当している事が多い様ですが、良い講習だった時には「良かったですよ」と最後に声をかけ、悪かったり間違った事を伝えていたなら、「間違っていますよ」と最後に指摘しています。勿論、元警察官のプライドがある人達ですから、そう言われても反論される事もあります。そんな時は、そのまま聞いて、後で雇用主(警察)の担当者を呼び、その旨を伝えています。もしかしたら、これも “生きがい” に変えている事の一つかも知れませんが、お互いに、「人」と「人」として対等に指摘し合うのは、大切な事だと信じています。

I really dislike the atmosphere of the driver's license renewal training.
The people attending the course have to put up with it as a duty to renew their licences, and the lecturers are just talking the same things every time because it's their job, so it must be a strange, tense and unpleasant atmosphere for everyone.
So I try to concentrate on evaluating the lecturers. And if it was a good training course, I say at the end, "That was good", and if it was bad or if they told the wrong thing, I point out at the end, "You're wrong". Of course, they are proud ex-police officers, so sometimes they argue with me when I say so. In such cases, I listen to them as they are, and later call the police officer in charge of their employment and tell them so. Perhaps that is one of the things that makes it "worth living", but I believe that it is very important for people to point out things to each other as equals.

 

 

 


f:id:youkaidaimaou:20220126210928g:plain

https://gra-npo.org

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.










 

 

 

 

 

 

 

 



2024年3月28日 (木)

第2回・路面清掃の報告です / Report on the second round of Park cleaning

  
先日、公表していた通り、3月27日(水)に、赤穂交通公園の路面清掃をしましたので、その様子を画像と一緒に報告します。そして、今回一番の収穫は、「やっぱり、地球は重い」と感じた事でした。

As announced recently, on Wednesday 27 March, I cleaned the road surface of the Ako Traffic Park, and I report on this event with images. The most important thing for us this time was that I felt that the earth is heavy after all.


今回の清掃箇所は、上の画像の赤いラインで示した箇所で、前回よりも大きく計画をしました。でも、公園はもっと広く、路面上は荒れていますが、一番面倒そうな箇所から始めています。

This time, I planned a bigger clean-up area than last time, in the area indicated by the red line in the image above. But the park is much larger, and although it is rougher on the surface, we are starting with the areas that look the most troublesome.

 


今回は、前回の経験を活かして、路面へと大きく侵略している芝を、遠慮なく大胆にごっそりと ‘切り出す’ ようにして剥がす事に集中しました。

This time, I concentrated on using my previous experience to remove the turf that had largely invaded the road surface by boldly and unreservedly 'cutting' it out in chunks.



それにしても、大胆不敵な芝です。 公園が作られた時には路面上には土は無かった筈ですが、何故か、芝が侵略している所には土もたくさん溜めこんでいるのです。恐らく、20年以上は放置された結果でしょう。

Nevertheless, the turf is fearless. There should have been no soil on the road surface when the park was built, but for some reason, where the turf has invaded, it has also accumulated a lot of soil. Probably as a result of neglect for more than 20 years.


見た目は軽やかな印象の芝ですが、実はとても重いのです。前回は、取り除いた芝をコンテナボックスに入れて、廃棄場所まで運ぶのが重くて大変だったので、今回は秘密兵器、コンテナ運搬用キャリーを持参しました。 それでも、コンテナ一杯で 恐らく 30㎏ 以上になり、それを 計6回ですから、200㎏ 近く運ぶ事になりました。 例え、草であっても土と水分が一緒ですから、とても重いです。だから、地球は重いのですね。

Although the turf looks light, it is actually very heavy. Last time, we had to put the removed turf in a container box and carry it to the disposal site, which was heavy and difficult, so this time we brought our secret weapon: a container carrier. Even so, a full container probably weighed more than 30 kg, and we had to carry it a total of six times, which meant we had to carry almost 200 kg. Even grass is very heavy because it contains soil and water. That's why the earth is heavy.


今回の作業箇所は、上の画像で路面の色が濃くなっている箇所です。縁石を超えて侵略した芝の他に、路面がひび割れた所から吹き出す様に広がっていた芝を、縁石沿いに 約9m の場所で除去しました。これで、作業時間は 3時間。まだまだ彼らの侵略場所は一面に広がっていますが、まだまだ続けますよ。

This work was carried out in the area where the road surface is darker in the image above. In addition to the turf that had invaded beyond the kerb, I removed turf that had spread to blow out from where the road surface had cracked, approximately 9 m along the kerb. This took three hours of work. Their invasion area is still all over the place, but we are still going on.

.





f:id:youkaidaimaou:20220126210928g:plain

https://gra-npo.org

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.
















 

 

 

 

«寄付金明細を追加報告します / Additional Reporting of Donations

GRA代表:小林の紹介

カテゴリー

無料ブログはココログ
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30