2019年7月20日 (土)

『 トレール・コントロール ライディング 』講座、始まりました

  
オートバイにとっては欠かせない要素・『トレール(量)』は、走行のあらゆる場面でバランスを取り、ライダーの操作を助けていますが、その真の価値は殆どの人に理解されていません。
     Web1000_cimg2600_a_20190720211601      
この講座では、「トレール(量)」の働きや価値の大きさを解説して、その仕組みを積極的に活用する事で、安定性と操縦性を活かした安全で積極的なライディングを勧めていきます。
    Web1000_trail_img       
今回、この『 トレール・コントロール ライディング 』について、連載で解説ページの掲載を始めましたので、是非、一度ご覧ください。
  
その第1ページでは、『誰も知らない、トレールの価値』と『間違いだらけの、業界』のタイトルで、オートバイ業界が如何に「トレール(量)」の価値を誤って伝えている事と、ライダーの多くも正しく理解さえ出来ていない現状を解説しています。
  

Wweb600_trail_controll_3bc
【 GRA公式 Webサイト 】
http://gra-npo.org/lecture/ride/trail_controll/trail_con_ride_1.html



 

2019年7月18日 (木)

トレール・コントロール ライディング 解説企画


現在、「 トレール・コントロール ライディング 」に関する解説記事を、
オートバイの基本講座 』に掲載する企画を進めています。
    
Wweb1000_trail_controll_3bb                                       
この 「 トレール・コントロール ライディング 」とは、どんなオートバイにも備わっている
“ トレール ” (機能)を正しく理解して、それを意識してコントロールしてやる事で、
オートバイを安全に、活き活きと走らせる事を目指したライディングの事です。
     
実際、オートバイを走らせる時には常に、“ トレール ”(量)を意識してコントロールして
いるし、それによってオートバイはストレス無く、伸び伸びと走ってくれる。
それ程に重要視しているからこそ、どんな時でも安心してコントロールできる為に、フロント
フォークの整備とセッティングは、他の個所に掛ける時間より多く、掛けた時間と手間に確実に
反応してくれる個所でもあるからです。
   

Web1000_cimg2600_a

   
解説記事の構成は以下の予定です。
 
   1. トレールとは ・・ 図解とその役割
   2. トレールの歴史 ・・ 意外と最近になって生まれている
   3. トレールを活かしたライディング ・・ ハンドル操作、 Fブレーキ
   4. トレールを活かす、整備・セッティング ・・ Fフォーク整列、油面管理
   5. やってはいけない整備・改造 ・・ 1G’ 車高変更(低車高)等

  
  
質問や提案、お待ちしています。

  
「 トレール 」についての質問や、「 この事の解説を求める 」など、
    関心の高い 皆さんからの質問や提案を、お待ちしています。
    解説記事の中で、一緒に回答を行ないます。




 

 

 

7/25(木)夜『 整備・セッティング セミナー 』開催の案内

     
来る 7月25日(木)、初の夜間開催( 18時~ )、『 整備・セッティング セミナー 』を開催します。
   
オートバイの整備やセッティングを、もっと知りたい人や、基本的な内容や理論を覚えたい人に最適な “勉強・講習会” です。
今回の勉強テーマは 「 トレール・コントロール ライディング 」を予定していますが、要望に合わせて、整備の注意点やセッティング方法の疑問まで、何でもテーマに取り上げます
   

Web1000_setting_img3

   
開催場所は 大阪市中央公会堂(大阪市北区)、開催時間は 18:00 ~ 20:30 で 途中入退室可 ですから、大阪市内や近郊にお住まいやお勤め方は、気軽に参加してみませんか。
参加予約、参加費は不要で、1口 100円の「寄付金」を依頼しています。

  
  
【 詳しくは、下記 案内サイトで 】
http://gra.hatenablog.jp/entry/2019/07/12/142603
   
  
【 NPO法人 GRA 】公式Webサイト
http://gra-npo.org/



2019年7月13日 (土)

7/14開催 イベント中止 の連絡です

    
7月14日に開催を予定していたイベント、『 ライディング&セッティング クリニック 』と
ミニ・みに 撮影イベント 』は、天候不良につき中止となりました。
   
     Web1000_tittle_5

   
参加を予定されていた方は、次回 8月11日開催の『 ライディング & セッティング クリニック 』への参加をご検討ください。
8月11日も、『ミニ・みに 撮影イベント』を併催します
  

Web1000_mini_tittle_1

  

【 開催イベント情報 】
http://gra-npo.org/schedule/schedule/kinjitu/kinjitu.html




2019年7月12日 (金)

『 整備・セッティング セミナー 』 を、平日夜、開催します


オートバイを、ライダーに合わせ、適切に整備やセッティングを行なう記事や情報に、多くの方々から関心を寄せて戴いている事に感謝しています。

『 整備・セッティング セミナー 』は、そんな記事で紹介している内容や、もっと知りたい事、疑問を持っている事などを、直接にお伝えしたり一緒になって考えるイベント ですが、試験的に 平日の夜間に開催する事になりました。

Web1000_setting_img2

追加して、夜間に開催する日程は、7月25日(木)と、8月22日(木)で、開催会場は従来通りの 「大阪市中央公会堂」、開催時間は 18:00 ~ 20:30( 途中入退室可 )です。

そして、平日夜間開催という事から、参加希望される方の要望に合わせて、18時から20時半 の間は 途中・入退室 を自由としますので、気軽に足を運んでください。

【 開催イベント情報 】
http://gra-npo.org/schedule/schedule/kinjitu/kinjitu.html


* * * * * * * * * *

【 整備・セッティング セミナー 】概要

イベントの内容は、名称が示す通り、オートバイの整備・セッティングについて、幾つかの テーマ に沿って行なう 勉強・講習会です。
日頃、オートバイの整備やセッティングに興味がある人でも、Webサイト や 雑誌 の記事だけでは分かり難い事を、図解を交えて分かりやすく、より 興味深く掘り下げて解説する勉強会です。


開催日時 : 2019年 7月 25日(木) 18:00 ~ 20:30 ( 途中 入退室可 )
開催場所 : 大阪市中央公会堂 第 7会議室
             (大阪市 北区 中之島)
テーマ : 「 トレールコントロール ライディング 」 ほか
参加予約 : 不要です、 当日 直接会場へお越しください
参加費 : 不要ですが、1口 100円 にて「寄付金」を依頼しています
参加定員 : 先着 11名 ( 会場の制限により )


〇 お問い合わせは、NPO法人 GRA 事務局 宛に願います。
      TEL 070-5502-4510 ( ショートメッセージは不可 )
     メールアドレス office@gra-npo.org







2019年7月 8日 (月)

“ 新企画 ” 検討中につき、意見募集中です


先日(7/6)開催した 『 整備・セッティング セミナー 』で、出された意見や提案から、
幾つかの “ 新企画 ” や、企画の変更を検討しています。

ここに、その一部を紹介しますので、関心の高い皆さんの意見を募集します。

 
* * * * * * * * *
   

【 新企画 1 】平日夜開催 『 整備・セッティング セミナー 』 < 概要 >

〇 現在、土曜日の夜に開催しているイベント 『 整備・セッティング セミナー 』
  を、平日夜 に 試験開催する事を考えていますが、意見を下さい。

〇 その理由は、現在の 土曜日 夜 は、利用している 中央公会堂 での利用率 を
    確認する限り、利用頻度はさほど高く無く、平日夜の方が、勤め帰りの人用の
    ヨガ講習などで利用率が高いと 同施設 の方から確認した為です。

〇 また、セミナー の開催時間は 18:00 ~ 20:30 としますが、セミナー への
    入退室は自由として、参加したい人の都合に合わせて参加できる様にします。

〇 仮に、平日夜 開催の方が 反応が高い場合、 平日夜の開催へと 切り替えていく考えです。

 
 
* * * * * * * * *

  
【 新企画 2 】基本練習の提案記事、および 動画撮影 < 目的説明 >

私達・ライダーの多くは、ライディング中、同時に色々な操作を行なっています。
が、同時に 色々な操作をする事に慣れてしまうと、それが ライディングの基本
能力を高める事への ブレーキ となっています。

可能な限り、簡単な練習 方法こそ、ライディングの基本を高める事なりますし、
安全な空き地で、簡単な練習方法で、一人だけで、オートバイが 思ったように
操れるようになる喜びが得られるでしょう。

< 企画内容 >

〇 安全な空き地で、一人だけで、安全に、楽しめながら ライディングが上達
    する 基本的練習方法を紹介して、全国各地の ライダーの オートバイ環境を
    良くしていくのが目的です。

〇 基本的練習方法は、公式 Webサイト上で 記事(テキスト)と 画像、動画を
    通じて、「 誰でも、確実に、上達できる 練習方法 」(仮称)のタイトルで
    紹介する企画です。

〇 企画で検討している一の練習例、「直線走行・スタート編」では、
    空き地に 長さ 10m程度 の 直線路 を マーカーなどで作ります。
    その 直線路の幅は、初心者なら 2m、中級車なら 1m 以下 を目安に作り、
    直線路の端から 発進して、ブレーキを使わず、もう一方の 端 を通過します。

〇 使う ギア は 1速のみで、スタートからゴール(通過)までの間、ふらつかず
    ブレーキは使わず、ゆっくりと走り抜けます。
    2度、スムーズに走り抜ければ、直線路の幅を 狭くしていき、最後は 30 ㎝
    を目標にします。

〇 間違っても、ブレーキを使ったり、ふらつかない事が大切にします。

 

以上が、直線一定速 の 練習方法ですが、これが オートバイライディング の
最も 基本になります。
クラッチを離し、スタート直後から ふらつかず走り抜ける練習で、ハンドルから
の脱力、上半身からの脱力、そして 腰から下での 適度な オートバイコントロール
の テクニックが身に着くと、街中走行やツーリングでの 快適度や安全度 が確実に
高められます。

 

〇 この直線路を利用した練習方法には、他に (急)加速走行や、直線路へと進入
    してからの (急)制動走行 があり、幅 2m から 30㎝ まで、習熟するに合わせ
    て 徐々に狭くしていけば、自身の レベルアップ度が分かりやすく、一人だけ
    で 楽しく上達する事が出来ます。
    注意すべき点は、一定速走行と同じで、脱力して、ふらつかず、直線走行です。

   

* * * * * * * * *

 
 
【 新企画 3 】基本的練習方法の提案 「 サークル練習 」 < 概要 >

〇 直線路以外、他の 練習パターンは サークル練習です。
    直線路と同じ様に、最初は 半径 5m のサークルを描き、その外周に 1.5 m から
    2 m 幅の 走行路を作ります。

〇 ポイントは、ブレーキ無しで、ふらつかず、走行路の中を 3周 する事です。

〇 慣れてきたら、右回転 と 左回転 ともに できる様にします。
    そして、それにも慣れてきたら、走行路の幅を 狭くしていき、最終的には
    1 m の走行路幅を目指します。

 

サークル練習は、オートバイの一番の特長の コーナリング の基本が身に着きます。
多くのライダーは、コーナリング中、ブレーキをかけたり、アクセルを開けたり、
ハンドルに力を入れたり、オートバイ本来の コーナリング性能を 発揮させては
いません。

このサークル練習を、安定したラインで、スムーズに出来れば、半径 5m の
ターン に必要な ライディング フォーム や コントロールテクニック が 身に着いて
いると言えます。
仮に、半径 5m が厳しければ 半径 7m 程度から始めると良いですし、5m を
クリアできれば 半径 4m、走行路 幅 1m の練習が 楽しめるでしょう。

* * * * * * * * *


以上、新企画 の 概要と内容 等を 紹介しました。 関心の高い方からの、
意見や提案を、お待ちしています。

当ブログの コメント返信か、GRA事務局宛へメールでご連絡下さい。
( GRA事務局 メールアドレス office@gra-npo.org )

 

NPO法人GRA 事務局

 



2019年7月 6日 (土)

7月6日『 整備・セッティング セミナー』無事に終了


初の開催となった『 整備・セッティング セミナー』は、整備やセッティングについての情報や知識を、参加した人と直接に交わす、とても有意義なセミナー講義ですし、逆に 教えてもらえる事もありました。

そんな会話の中で、GRAの活動について 賛同を頂戴したり、掲載記事に共感して下さったり、または「こんな事もあるよね」と 記事内容の提案を戴いたりできました。

セミナーは、来月も継続して開催しますが、それとは別に、今日 頂戴した提案を活かして、幾つか企画の変更や、新しい企画の検討を行ないます。

その内容については、改めて 報告しますので、その際にも、ご注目ください。







2019年7月 5日 (金)

コラム・『 足とオートバイ、安全の関係 』掲載の案内


先日、見学で訪問したライディングレッスンの会場で、
担当されていたインストラクターさんの一言が耳に残り、
安全なライディングを実現するために、メーカー責任を考察したコラムを掲載しました。

ぜひ一度、ご覧ください。

Web1000_tittle_1a

【 足とオートバイ、安全の関係 】 ( GRA公式Webサイト )
http://gra-npo.org/lecture/bike/foot_and_pedal_size/foot_and_pedal_size_1.html

* * * * * * *

オートバイは、ライダー自身や他者に対して凶器となる乗り物です。それを未然に防ぐには、適切な操作技術、正しい整備を行なう以前に、身体に合った車両である事が重要です。車両メーカーと販売店は、それに必要な情報を提供し、注意や警告の義務を負っていますが、充分に行なわれず、オートバイの評判を下げています。

In order to prevent accidents, it is important to be a suitable vehicle for your body before performing proper operation techniques and maintenance.Vehicle manufacturers and dealers are required to provide the information they need, and are obliged to be careful and warned, but they are not done enough to reduce the reputation of motorcycles.




2019年6月30日 (日)

ヤマハ主催レッスン、見学記


先日の土曜日(6/29)、ヤマハさん主催の『大人のバイクレッスン』を見学してきた。

日焼け止めクリームを顔面に塗って行かなかった事を少し後悔しながら、当日に受けた印象やヒント、確信を、メモ書きを見ながら振り返ってみた。



『 大人のバイクレッスン 』

メーカー主催の講習活動して40年程の実績のあるヤマハさん。
今回、見学した『 大人のバイクレッスン 』は、免許取得者を対象に、基本的なライディングテクニックを見つめ直すのに最適なレッスンでした。

二普協などが全国に開催しているレッスンイベントとの一番大きな違いは、基本的な事を参加者に合わせて、とても丁寧にキメ細かく伝える構成になっていて、他イベントで散見される常連参加者の「速くなりたい」的な雰囲気も無く、誰でも安心して参加できる内容だった事だ。

速さレベルをタイム指数で表現すれば、他イベントが 13000 ~ 24000 だとすれば、今回見学したイベントは 18000 ~ 30000 。
しかし、そんな速さなんて関係無い事を 改めて思い知らせた フィールド体験になった。

Web1000_cimg3111_a

『 フィールドワーク と NPO法人活動 』

1991年以来、GRAとしてレッスンを始めとして数々のイベント開催を全国各地で行ない、また自分自身の競技者としての経験からも、数多くの情報や知識・体験を NPO法人活動を通じて発信し続けているが、やはり、フィールドワークの大切さを改めて認識させられた。

フィールドワークとは、自ら企画して開催するイベントも含まれるが、現場へ脚を運び、その場の人達の声を聴き、行動を観る事を通じて世の動きを感じる事。

オートバイ販売店へ脚を運び、レッスンイベントへ脚を運んでみると、誌面やWebサイトでは得られない体験や情報があふれている事を実感したからこそ、そこで得た知識や情報を加味して、それらを必要とする全国各地の人々へ届ける事こそ、NPO法人活動として行なうべき事だと確信した。
それを確信させる良い出会いとパワーが得られた半日だった。



『 輝く軌跡を、多くの人に 』

レッスンで参加者の人達の受講風景を観て、一人ひとりのライディングの変化度、つまり、講師の方の言葉の響き方と、オートバイとの会話の進め方を観察していて、改めてライディングの基本を思い出させてもらえた。

速さが上手さの証明にならず、上手な人が速い訳ではない

僕は、ライディングを観る時は、地上 1m以内、前後のタイヤの動きしか見ない。その範囲だけで、操作のほとんどが見えてくるし、オートバイのコンディションレベルが出ているからだ。

そして、簡単なセクションでの簡単な操作の基本練習の中、実際、上手な人の走りは輝いて見えていた。 アスファルトの上、タイヤが描く軌跡が輝き浮かび上がってくるのだ。
そこには、決して速さは無いけど、オートバイとの会話を通じて、スムーズさと美しさが尾を引くように輝いていた。そんな走りこそ、観ていて飽きないし、最も価値がある。 そんな美しさの大切さ、多くの人に伝えたいし、味わって欲しいものだ。



『 僕の目標、GRAの使命 』

当日のメモの最後に書いた言葉は、「 インストラクターの指示を忠実に守り、回数を重ねて速く走れるようになっても、上手になっているとは言えない 」だ。

実際、数多くの講習イベントで目の当りにしてきた光景だし、過去のGRAイベント参加者であっても同じ事が言える。オートバイが活き活きしていなくて、タイヤの軌跡がまぶしく輝いていないライディングが多過ぎる。

だから、僕はオートバイと会話するライディングを広めたい。
それは、高い速度域で走る事でも、バンク角が深い領域でもなく、信号待ちで停車する時や狭い路地をゆっくり曲がる時にも感じられる、オートバイとの信頼感であり一体感を高められるライディングをだ。

それを、実際に参加者を集めて行なうイベント以外、Webサイトを通じて、効果的に、全国各地のライダーへ発信を行なっていきたいと、今回の経験で改めて強く思った。
きっと、それは簡単な事でないだろう。
「 こういう時にはこういう操作を 」の様に、マニュアル本的な、頭でっかちで、オートバイの意思や事情、意見を聞かない、日本的教育そのまま、詰め込み型指導が大半を占める中、オートバイの声を聴き、オートバイから教えてもらう方法を広めようとしているのだから。

でも、既に幾つかのアイデアやセクションも頭に浮かんでいる。
とても簡単なセクションだけど、ライディングスキルのレベルに関係なく、オートバイから 「 いいね!」とか 「 もうちょっと 」という声が聞こえてくる カリキュラムだ。
ちょっとしたスペースがあれば、短時間でも、一人でも、確実に 楽しくオートバイと会話できてスキルアップも出来るカリキュラムを、GRAイベントで採用するし、Webサイトを通じて発信していくので、興味のある人は、是非、期待していて欲しい。

 

 

以上が、6/29、半日の見学で得た貴重な体験だ。



2019年6月23日 (日)

『 セッティングの イ・ロ・ハ 』掲載の案内


セッティングの基本的な考え方と進め方を、一つにまとめたページを、GRA公式Webサイトに掲載しました。

すべてのオートバイで共通するセッティング理論の基本を、分かりやすくまとめてますので、是非 ご覧ください。

【 セッティング の イ・ロ・ハ 】
http://gra-npo.org/lecture/bike/ABC%20of%20setting/ABC%20of%20setting_1.html


Web1000_tittle_1


※ 内容は、2015年にブログ掲載した内容をもとに改修したものです







«セッティング関連記事、掲載の予定

GRA代表:小林の紹介

カテゴリー

無料ブログはココログ
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31