2021年6月12日 (土)

手紙「 永い間、お世話になりました 」

   
GRAが、永い間、お世話になり続けた方からお手紙を頂戴しました。
      
その方は、1991年の発足の時以来、イベント開催会場を次々と紹介して下さり、更には、大人数でのイベント開催には欠かせない「ゼッケン」(ビブ)を数多く提供して下さったり、ライディング技術指導役を担当して下さり、イベント保険への加入手配をして下さるなど、GRAの活動には欠かせない大切な役割を担って下さった方です。
      
Web1000_bib_image_0_20210612162501
   
その後、活動形態の変化なども影響して、直接にお世話になる事は少なくなっていましたが、提供して戴いたゼッケンの使用や紹介を受けた会場の利用など、その支援を活用して活動を続けていました。
 
Web1000_bib_image_1_20210612162501
Web1000_bib_image_2_20210612162501
    
しかし、GRAの活動がWebサイトを通じての情報発信や啓発活動に重点を移した活動へと変化して、今年の GRA総会にて、使わなくなった器材の廃棄処理の決定に至ったので、お世話になった方へ、長年に亘り使用し続けていた「ゼッケン」の廃棄を許可して戴きたくて手紙をお届けしていました。
  
Web1000_bib_image_4_20210612162501
Web1000_bib_image_7_20210612162501
  
同封しておいた返信用ハガキに書かれた言葉は、この 30年間の様々な想い出と共に、深く胸に刻みつけられた言葉になりました。
この GRAの活動はこれからも続けていきますが、この様な方の支援のお蔭で現在に至っている事を広く知って欲しくて、返信用はがきに書かれた言葉を紹介します。
  
   
Web1000_letter
  
ありがとうございました。 どうぞ、これからもお見守りください。

 

                                                                     NPO法人 GRA 代表 小林 裕之


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


Web250g_20210125193501
 https://gra-npo.org







2021年6月 9日 (水)

GRA管理器材、廃棄手配状況の報告 ( 2021年 6月 9日現在 )

    
GRA の現在の活動様式は、1991年の発足当初からの イベント開催活動を主体した様式から変化して、Webサイトを通じての情報発信や啓発活動が主体とするほかに、少人数対象のイベント開催の活動を行なっています。 その上、新型コロナウイルス感染の影響もあって、以前の様に多くの人々の参加が可能なイベント開催が一層難しくなっています。
    
それらの状況を検討して、2021年春、GRA総会にて GRAが管理している器材の廃棄処理を進める事が決定され、順次、その手配を進めているところです。一部の器材は、既に廃棄処理済みか 返却手配済みですが、器材の半数近くが 多くの方の善意で保管して戴いている事もあり、連絡と事情説明の上で打診を行なっている最中です。
  

20210609_equipment_list

  
なお、器材によっては、廃棄ではなく、有効な活用が可能な活動団体への譲渡などを併せて検討を進めていきますので、「器材一覧表」に掲載した器材を活用して下さる方からのご連絡もお待ちしています。



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


Web250g_20210125193501
 https://gra-npo.org

 
 
 


2021年5月25日 (火)

<Q&A> なぜ? 昔の資料や映像を ? / Why post old materials ?

    
公式Webサイトでの記事掲載について、過去の開催イベント関係の記事ではなく、
現在の興味のある事や、将来に関係した記事の掲載を希望する「声」がありました
ので、その「声」と回答を届けます


Web1000_past_bannar

 

【 質問 】

Q. 以前のイベント記事を楽しみにしている人もいると思いますが、それは一部の人では
  ないでしょうか。オートバイの基本講座の解説記事に興味があります。

Q. リザルトや動画の掲載をしていますが、30年近い昔の事に時間を使うより新しい事に
  使う事を期待しています



Web1000_past_img3

 

【 回答 】

A. GRAの公式Webサイトの記事を見て下さり、ありがとうございます。

ご指摘の通り、公式Webサイトで掲載している記事ページは、その殆どが 1991年に発足して以来開催した過去のイベントの資料で、次に「オートバイの基本講座」などの解説・コラムページが占めています。
「オートバイの基本講座」に期待して下さっている方々にとっては、もっと基本講座に関係したページが充実する事を期待されていると思いますが、GRAにとっては過去の活動記事を掲載する事に大切な意義があると考えています。
    
皆さんからの意見や要望に合わせて「オートバイの基本講座」のコラム記事の作成も積極的に行なっていますので、どうぞ一緒に良きオートバイライフ環境を創っていきましょう。


          *****************


※ より詳しい回答は、下記の公式Webサイトページに掲載しています
https://gra-npo.org/lecture/kokoro/Q&A/past_records/records.html

Web1000_past_img2



Web450_question_guide


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


Web250g_20210125193501
 https://gra-npo.org






2021年5月19日 (水)

7月11日、『 クリニック 』開催、決定しました

   
来る 7月11日(日)に、お待たせしました! オートバイとライダーのためのイベント・『 クリニック 』を開催します。
    
新型コロナウイルス禍の影響により、緊急事態宣言が発出されるなど、開催の中止をよぎなくされてきた 『 クリニック 』を、約半年ぶりに開催します。
    
この期間、春のツーリングシーズンは過ぎ、既に 雨ばかりの梅雨のシーズンに突入してしまいましたが、きっと、7月には一段落していますので、オートバイとじっくりと触れ合いませんか。
   
   
どんな人でも、オートバイの事でもっと知りたい事や小さな悩み事はあるものです。そしてそれ以上に、運転操作についても時には充分に自信が持てない場面はあるものです。 そんな知識欲のある人、悩みもある人、そして もっとオートバイの自然な動き方や操作方法を理解したい人の為に、専用のフラットで充分に広い場所を使ったクリニックを開催します。 この機会に、オートバイともっと楽しく、触れ合って、これからのオートバイライフを もっと良くするきっかけにしてください。
   
Web1000bb_clinic_img3_20210519005401
    オートバイとライダーのための“ クリニック ”開催案内です
   
  
開催会場(大阪府泉佐野市内)の会場手配は既に終了していますが、新型コロナウイルス禍などの被災状況によっては開催中止にする事も前もってお知らせします。
    
新型コロナウイルス禍については、パンデミック宣言されてから一年以上経過しているにも関わらず、その感染源や人から人への感染ルートの大半は確認が不可能な状況が続いており、しかも 無症状感染者が存在する事と無症状感染者であっても感染させる能力がある事が知られています。?つまり、人と人が接触する機会があっても誰が感染しているのか判 断できず、無症状の人が原因となって他者が亡くなっている事も否定できない現実です。
   
以上の理由により、大阪府を始めとする関西圏での感染被災状況によっては開催中止の判断を行ないます。
仮に、東京オリンピックを始めとする各種のイベントが開催されたとしても、一人でも亡くなる人を減らす為に、中止判断を行なう場合がある事を前もってお伝えします。

 

【 開催イベント情報 】
https://gra-npo.org/schedule/schedule/kinjitu/kinjitu.html



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


Web250g_20210125193501
 https://gra-npo.org




2021年5月16日 (日)

<Q&A コーナー> 動画をください

   
【 質問 】

Q. こんにちは、GRAパーティ動画ですが、自分の所だけカットした動画をフェイスブックに
  載せてはだめでしょうか?

Q.
当時の楽しかった光景が目に浮かびます。(中略)そこで一つお願いがございます。その
  少し前の特練の模様を私のSNSやホムペで紹介させて頂けないでしょうか?(中略)動画
  については原則ノーカットとのことですが私の部分だけで許可頂けると幸いです。(後略)

Q.
〇〇〇〇年の△月□日の動画で、〇○分△△秒のところから □□分XX秒までの間の動画
  をください。

 

Web1000_qa_movie



【 回答 】


A. GRAが掲載・公開している動画について、ご自身が走行されている箇所の要請を定期的に
  頂戴していますので、それにたいする基本的な考え方と対応をお知らせします。

 

GRAが公開している動画は、その殆どが GRAに対して寄贈して下さったもので、GRAではそれを貴重な財産だと考えています。その為、寄贈下さった方の意思に応える為と、公益性を謳う活動を行なうNPO法人としての公平性を保つ為に、GRAの活動方針に沿う形での動画の使用を希望される方には、喜んで希望される箇所を基本データのままお届けしています。
希望される方は、GRAの広報部 ( information@gra-npo.org )宛まで ご連絡をお待ちしています。

 

   *     *    *    *    *    *

 

【 ご留意ください 】

 

要望される方の中には、広報部への連絡を避け、直接、代表宛に要請を送付される方が多くいらっしゃいますが、最も話をしやすい代表個人宛に依頼するのではなく、「使用方法」や「使用意図」を添えて広報部(前記)宛に要請してください。
    
30年近く前に参加された頃を思い出し、その頃を懐かしく振り返って下さったお気持ちや、改めて GRA宛に連絡を下さった事には感謝をしていますが、公平と公正性を目指して活動している法人である事も理解と尊重を願います。

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


Web250g_20210125193501
 https://gra-npo.org




2021年5月12日 (水)

『 ジムカーナ クランプリ・広島GP 1996 』の 動画を作成しました

   
全国各地を転戦するシリーズ戦・ジムカーナグランプリ 広島GP の 映像を作成しましたので、ぜひ、ご覧下さい。
  

   
  
このジムカーナグランプリでは、年間獲得ポイントを参加クラス別に競って年間チャンピオンが決まる以外に、地域を超えたライダー同士の親密な交流と協力が育まれた事が最大の特徴です。
というのも、イベント当日の運営スタッフを参加者全員で分担した担当するシステムを採用しているので、会場の設営から受付業務、タイムの測定や発表にリザルト作成など、専任スタッフ無しで、初参加の人も初めて会った人も、一緒に同じスタッフ職をこなしたからです。
  
一般的に、競技イベントの最大の欠点は、参加者と違うクラスの人やライバル関係に無い人、見知らぬ人の事に一切興味を持たない人が多い事です。その為、本来であれば同じ競技を楽しむ人々と交流を広げて、その競技を通じた世界を育む事が出来る機会を逃しているのです。
  
ただひたすら、自分自身のコンディションや友人との会話、注目した人の走りだけを見たり録画する事にしか興味を示さないので、その世界は人間的に未熟な世界にしか育たないと GRAでは考えているのです。
実際、映像を見てもらえれば、そういう人と人との交流や、他の人の走りを暖かく見て声援を挙げる風景が多く見つけられる筈です。 そういう意味でも、人々の表情や声に注目して、ぜひご覧ください。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


Web250g_20210125193501
 https://gra-npo.org


 
 


2021年5月 9日 (日)

ジムカーナ グランプリ、ライダー達の笑顔の記録映像です

   
全国各地を転戦しながら 年間獲得ポイントを競う、ジムカーナ グランプリ に参加した ライダー達の記録映像を作成しました。
   
彼らの懸命な走りに目が惹かれますが、それ以上に、開催当日の運営作業の全てを全てのライダーが役割分担して行なっている事こそ素劇な事です。
沖縄から北海道まで全国各地を転戦するシリーズ戦ですから、初めて参加するライダーや年に一回しか会わないライダーも多くいるのですが、直ぐに会話をして一緒に協力して進められるなんて、本当に有り得ない様な事です。
    
イベント会場に到着した時から一緒に器材の設営をして、事前に決められた役職同士が一緒になってイベント中のスタッフ職を担当して、初めての人には経験者が協力しながらイベントを進めているからこそ、笑顔が溢れたライダー達が一杯なのです。





クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


Web250g_20210125193501
 https://gra-npo.org


  
 
 
 


2021年5月 3日 (月)

『 危険な車体挙動 』を知って欲しくて、記事、書きました

     
Q&A コーナーに、「 駆動方式による車体挙動の違いは 」という質問が届き、それに対して 3ページに亘って回答と解説をしました。が、この回答を書いている最中に、「 車体挙動 」の危険性についても書き留めておく必要を感じて、4ページ目を追加する事を決めていたのです。追加ページで伝えたい事は、危険な車体挙動がある事を知って欲しいという事と、車体挙動の確認方法と適正な調整方法がある事です。
    
  
Web1000_skier_1_20210503231301
「 危険な車体挙動、適正な挙動」より Web1000_bb4_7_20210503231301
「 危険な車体挙動、適正な挙動」より     

   
とても意外な事ですが、オートバイ大国と言われる日本の業界では、危険な車体挙動は転倒を招く危険性がある事が一般的でなく、当然ですが、その確認や調整方法を適切に解説した資料が乏しいのです。
その上、市販車両の状態のままであれば危険性はさほど大きくはないのですが、リアサスペンションユニットを交換している場合、その車高調整やプリロードなどの適切な調整がされてないので、交換前よりも危険な車体挙動になっている車両を数多く見掛けるのです。

   
Web1000_megola

「 危険な車体挙動、適正な挙動」より

   
急に、「 危険な車体挙動に気をつけよう!」と言われても、きっと、ほとんどのライダーは面喰ってしまって、「そんな事、知らなくても大丈夫 ・・・だろう」と思うでしょう。
ただ、「 危険な車体挙動 」は間違い無く存在です。 いつまでも、楽しく、安全なオートバイライフを過ごす為に、知識の一つとして読んでもらえると、いいと信じています。

 


Web1000_body_reaction


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


Web250g_20210125193501
 https://gra-npo.org




2021年4月27日 (火)

歴史を変えた日、だったと思うけど ・・

   
時々、過去の大会イベントの映像を観る。
良かった時の走りもあれば、もう一歩の走りもある。
でも、懐かしさは、いつも変わらない。
  
最近は、過去の映像の編集を進めている。
僕個人のもあるけど、GRAの動画も編集している。
でも、編集の目で観ると、僕のは迷ってしまう。
  
1992年 4月19日、新車両で初参加した日。
750㏄ 車に周囲を囲まれた、スタート待ちの姿は、
参加車両の歴史を変えた始まりだけど、小さく見える。
   

Web1000_19920419_img

  
早く、この日の様子も、編集してUPしたいけど、
何故か、懐かしさも、喜びもそんなに感じなかった。
理由が分からず、モヤモヤして、落ち込んだまま寝た。
    
朝になって、その理由が見えてきた。
「いつまで、昔を懐かしんでいるんだ」とか、
「もっと、未来に繋がる事をするべきでは?」と、
自問自答、無限ループに入り込んでたのだろう。
   
確かに、それはそうだけど、いいじゃあないか。
朝から夜まで、PCに向かって仕事をしていると、
心の潤い、無くなってしまうだろ。
 
 

Web300_note_youkai




 
 


 

2021年4月21日 (水)

イラストとパーティに深い関係あります ・ パーティ『黄金伝説』 動画掲載しました


『 ジムカーナ パーティ ・黄金伝説 』( 兼・大阪GP )の 動画を紹介します


Web1000_pg_19951119_b
https://gra-npo.org/document/record/1995/PG_19951119.html

   

『ジムカーナ パーティ』の紹介にあたり、イラストやロゴを制作してくれた方々の事の紹介を外す訳にはいきません。 というのも、過去から現在までの GRA ロゴを始めとして、様々なイラストは GRA活動をアピールするのに大きな効果を発揮してくれているからです。そんな一例として、ジムカーナパーティ 用に制作されたイラストを紹介します。
    
Web1000_golden_legend_1
   
『ジムカーナ パーティ』とは、年に2回、テーマカラーやパーティテーマに合わせた衣装やコース設定、プレゼント交換会などを行なって、オートバイを通じて一緒に遊んで楽しむというスタイルが特徴のイベントです。
そんな『ジムカーナ パーティ』も、1995年11月、開催10回目を迎えて、テーマカラーを “金色”、イベントテーマを “黄金伝説” になったのに合わせて、普段からイベント当日以外に活躍している人達によってイラストを始めとする各種の広報用資料作成が進められたのです。
    
そんな人達の作品を、その人達の実力と協力を皆さんにも知って欲しくて、ここに紹介します。イラストを制作してくれた方々の多くはイベントには参加せず、私もどなたの作品なのか全く知りませんが、そんな人達の存在を知ってもらう為に、これからも機会がある度に使っていくつもりです。
なお、当日の様子も動画でアップしていますので、是非、ご覧下さい。


https://gra-npo.org/document/record/1995/PG_19951119.html

Web1000_golden_legend_5
  
Web1000_golden_legend_4


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


Web250g_20210125193501
 https://gra-npo.org






 

«ゼッケンが捨てられない I can't throw away the bibs

GRA代表:小林の紹介

カテゴリー

無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30