クラッチ操作部のショットです。
一人でコースを走行してそのタイムを計るための追加した箇所です。
スタート時のクラッチ操作とゴール時のクラッチ操作だけでタイム測定ができるように装置が追加されています。
クラッチを握り込んだ状態からリリースする間に ストップウォッチ用の回路が OFF ⇒ ON ⇒ OFF へと切り替わり、次に握り込む場合にも同様の切り替わりを行なうように設定してあります。
クラッチレバー下部に装着のマイクロスイッチと 通常走行時とタイム測定時にクラッチスイッチを切り替える為の配線とジャックを写しています。(ちょっと不鮮明ですが ・ ・)