カテゴリー「イベント の感想」の投稿

GRAが開催や企画をしたイベントに参加された方から届いた感想など

『撮影&練習イベント』感想文 「 狐につつまれつつ ・・ 」

   
■ 昨年の体験が忘れられず ・・

ホームページで「当日受付制」適用とあったので、ダメ元で当日会場へ行ってみました。急な参加にも関わらず快く対応していただきました。
     

私は、昨年度6月にGRAの自由練習会に見学参加し、そこでの皆さんの走行を見て、バイクの挙動の軽快さに衝撃を受けました。 また、短い時間ではありましたがGRAの練習を体験させていただき、自分なりにも新たな可能性を感じました。 実はその際、転倒・負傷し、バイクから少し距離を置いていたのですが、その体験が忘れられず、今日は会場に足を運びました。
  20180421_3   
にわかには信じ難い事が ・・

このイベントについて、事前にホームページでみていたのですが、バイクに見慣れない器具が装着されている写真が掲載されており、そこで行われていることのほとんどが分からずに参加しましたが、「それを行う理由」「どのように行うのか」「使用する工具やそのグレード、使い方」など、全てを丁寧に説明していただきました。
  20180421_2 
説明は非常にわかりやすく、内容は理解できましたが、にわかには信じ難いものも含まれていました。
   
それらはバイクの挙動に関することで、「タイヤの空気圧」や「ネジの締め方」、「フロントフォークの0.1㎜程度の微細なズレ」で操作性に変化が出るというもの。タイヤの空気圧はともかく、それ以外は一流ドライバーならいざ知らず、素人に分かる変化ではないだろうと高をくくっていました。
   
20180421_4 


狐につつまれつつ、確かに感じられた “違い”

代表に促されて、体験してみることに。
変化はありました。
    20180421_5  

はじめは、自己暗示か何かかと疑っていたのですが、何度かテスト走行するうちに、確かに違うと思うようになりました。
フォークのズレに関しても、それまで感じていた右旋回時の違和感が軽減され、旋回しやすくなりました。
   
20180421_6

正直なところ、未だに半信半疑で狐につままれたようです。また、文字で読んだだけでは絶対に信じなかっただろう内容だと思いますが、未熟な私にも確かに差異を感じることができました。


■ 最後に ・・

前回に引き続き、本日もとても面白い体験をさせていただきました。
面白いだけでなく、ライディングの奥深さや可能性も感じました。

貴重な体験をありがとうございました
 


 

| | コメント (0)

“サークル旋回” 講習での「感想文」です

   
7月23日開催、オートバイライディングの基本中の基本:“ サークル旋回 ” の実践講習を行なった『GRAのライディング講習』に参加した方々からの「感想文」が届きました。
   
日本では他に例の無い講習内容でしたが、興味深い成果と内容の「感想文」になっています。
20170723_a_web800  
どうぞ、公式Webサイトでご覧ください。
   
   *     *     *    *     *     *

   
【公式Webサイト・7/23 感想文ページ】

http://gra-npo.org/publicity/impress/2017/20170723_imp.html
 
以下、感想文の一部を抜粋して紹介します。
 
○ N さんの感想文より
 
「練習としてしたことは8mの円周を可能な限り高い一定速度を保ってバンク角を深く保ったままで一周半して脱出する。
ただこれだけの事ですが右回りと左回りブレーキの有り無しで差が出たりするので自分自身で何がおかしいのか分かりやすく、その上で走っている様子を客観的に見てもらえアドバイスをもらえるのでいかにバイクと対話しながら走っているつもりでこちらから無理を押し付けているのかがよくわかりました。」

  20170723_45web800
 
○ Yさんの感想文より
 
「日頃のライディングで、意識してなかったことばかりでした。
また、サークル・クロソイド的ラインを考えて走る練習の内容は、単純ですが、 単純でも、きちんとできる訳では、ありません。
できだけ、シンプルに、ライディングを分解?分析?しているのが、この。GRA の特徴かなと思いました。」

   20170723_46web800  
   
 

| | コメント (0)

3/26 『GRAの自由練習会』 感想文

   
■ 一週間前から

イベント参加に備えてオートバイの整備をした。
   
一週間前、リアのサスペンション周りの分解整備。
サスペンションユニットを外し、スイングアームも外し、
各部の清掃とチェック、そしてグリス交換をしつつ、更なる
フリクション低減を求めた。
   
前日、フロントサスペンション周りの分解整備。
ブッシュとオイルシールの交換にコーティング処理。
残ストローク量と1G'車高を過去データに合わせての油面調整。
 
その後の試走、あまりにも上質な動きに心ときめき、
更に上を目指し、フォークオイル少し抜く。
 
 
■ イベント当日

いよいよ イベント当日。
   
いつもの基本練習、ノーブレーキでの旋回から始まり、
様々な角度のターンと速度を組み合わせた基本パターン。
 
調子良い!
気持ち良い!
 
冬の間の走行不足を忘れてしまう程、オートバイは走る。
こんなに気持ち良くて良いのか ?
     20170326_web800

< しかし、 この後 セッティングが影響して転倒 !! >
     続きは、GRA公式Webサイトの「感想文」ページで
     ご覧ください。

【 感想文ページ 】
http://gra-npo.org/publicity/impress/2017/20170326_imp.html
 
 
 
 

 
   
 

| | コメント (0)

10/9 開催 『自由練習会』 感想文 ( 大阪府 SR400 さん )

 
10月9日  自由練習会の感想
 
◆ 当日したかった事

フロントフォークの油面とギヤ比を変更して来たので、現状確認と調整
必要が有ればさらなる油面調整


◆ 感想

当日は朝から雨が降っていて開催直後は弱雨で路面はウエット→その後止み午前中はハーフウエット→午後からはドライになったけど強風…
天候には恵まれませんでしたが、逆にウエットによる低ミューの状態が悪い箇所の膿み出しになって良かったのかも?
 
朝一番の慣熟走行でウエット路面では、ターンインするとフロントの接地感が無くアンダーが強くそのままスリップダウンしそうな状態なのがわかり、フォークオイルの油面調整よりそちらの解決を優先することにしました。
  20161009_37web800  
症状は、前に小林さんから「ターンイン時にハンドルの切れ始めとバンクし始めの時にトレール量と接地面の移動のバランスが悪いのか?お互いが干渉しあって一瞬ハンドルが止まってからまた切れ始める」とアドバイスをいただいていたのでその瞬間にウエットの低ミューの路面ではグリップを失っている。
 
と、いう感じなので、現地で出来る事として突き出し量を多くしてフロント荷重を多くして症状の出る所を早く通りすぎるようにしましたが…
このままではフロントの挙動が神経質になってしまうので空気圧を下げ対応しました。
   
その後は、練習をしながら全体のバランスを見ていたのですが…
目が回って気分が悪くなり横になって、他の参加者の練習を見ていましたが…
性分なのか見ていて思った事を言ってしまったので…嫌味を言う奴と思われていなければいいのですが…
   
自分の事では根本的な解決をする為に今後は、フォークスプリングのレート・トレール量・タイヤのサイズにインチや形状などまだまだ沢山試してみてみる必要が有りますが1つするたんびに一からセッティングし直しなので、自分がイメージした走りを無意識にトレース出来るようになるにはまだまだ遠いな~~と思いました。m(__)m



 
≪ このイベントの資料掲載ページ【 イベント記録 】は、≫
http://gra-npo.org/document/record/2016/20161009.html
  


| | コメント (0)

10/9 開催 『自由練習会』 感想文 (神戸市 ゼファー750 さん)

自由練習会に参加して(2回目の参加)
 
今回、新しいタイヤをはいていったのですが、
午前中はあいにくの雨でタイヤの違いがあまりよくわかりませんでした。
路面が濡れていると、滑るという恐怖心でタイヤの違いを感じる余裕がありませんでした。
 
午後からは路面も乾いてきたので、タイヤの違いを感じる環境になってきていたのに、午前中の練習時にこけないように意識しながらパイロンのまわりを必要以上にまわりすぎたせいか、午後からの練習は少しまわると気分がわるくなり休憩が多くなり、せっかくの練習時間を減らしてしまい、もったいないことをしてしまいました。
   
20161009_04web800  
しかし、午後からはその少なくなった練習時間の中でも、路面が乾くにつれて確実にタイヤがグリップしているのを感じ取れるようになってきました。
途中、Nさんから自分の気づかなかった部分(コース取りの際のハンドルをきる角度について)のアドバイスを受け、ご指摘いただいた事を意識しながら続けるとスピードがあがりスムーズなコーナリングが出来てきたような気がしました。
 
バイク交換の時間で、僕のバイクは、乗りにくく扱いにくいという感想を頂きながらも、お二人とも華麗なテクニックで乗りこなしているのを見て、すごいなぁと感動していたら、小林さんが、「僕らはこんな風に乗りこなしているけれど、君が同じように出来なくてもいいんだよ」言ってくれたことで、肩の荷が下りたようなホッとしたような安堵感に包まれました。
 
しかし、小林さんのように華麗にバイクを操れるように、一歩でも近づけるように、これからもマイペースで練習を続けたいと思います。
 
今回も楽しく走ることが出来ました。
有難うございました。


 
≪ このイベントの資料掲載ページ【 イベント記録 】は、≫
http://gra-npo.org/document/record/2016/20161009.html

 

| | コメント (0)

10/9 開催 『自由練習会』 感想文 (神戸市 VFR400 さん)

 
今回も課題を沢山持ちかえる事の出来た素晴らしい
イベントをありがとうございました。
   
今回は朝一のライトウェット路面から始まりました。
場所柄、高架下と言う事で雨が直に降り注ぐ環境ではなく、
程よいウェット感の有る路面により、どの様に車体に無理をさせているかを確認しながらの良い準備体操と自身の見直しを行う事が出来ました。
   
そうしていると小林代表からのご指名で、コーンを中心とした定常円旋回(?)が出来ますか?と言う挑戦を頂き、
まぁ、それくらいなら出来るんじゃないか?と思ってやってみるも、まずアクセルワークが乱雑で回転半径が定まらないので、バンク角も安定しないので、輪をかけて円が安定せず散々な結果に終わったのでした。
 
が、これについては後の自由練習で暫く反復していると、少しだけではありますが、糸口が見えてきたような気がしました。
    20161009_16web800  
その後、徐々に路面が乾くにつれ大胆(と言うか乱雑)に乗れるようになって来たのですが、
その大胆さが良い方向にかみ合わず、空回りと言うか、車体の上でもがいて居るだけで、
例えば車速とバンク角の折り合いが付かずにフラ付いたり、前後タイヤが破綻するほど荷重を掛けたいと思っていても、どうにも荷重の仕方が悪い様で、
その感覚を感じる事が出来ず、適当なバンク角が着いたら車体の向きが変わるのをボーっと待っているだけだったり、
もう少し何かが見いだせれば、噛み合えばカチッ!とまでは行かないまでも、もう少し納得のいくオッ?来た?と言う様な感触を得られるのでは無いかと言う気がして、とても歯がゆかったです。
 
他にもウェット路面や低速での反復練習が少し身についてきたが、その感覚を使うタイミングが上述の車速とバンク角云々同様に作り出せなかったり早かったり遅かったり。

とは言え、そんな感想も定常円旋回の反復練習に始まり、変則8の字や変則オーバルの反復をを行ったからこそ成功するイメージ(実際成功率は非常に低いですが)を頭に描く事が出来る様になってきました。

今までは漠然と上手に、とか速く、とかそう言うイメージにすらなってないイメージしかなかったものが、こうも明確に自身の中で変化が見られたのが自身でとても驚きました。
 
代表のお話の中で、本当の上手さは初見のコースでの完成度こそが真の上手さである、と言ったお話をしておられましたが、その為には様々な経験則による手札が必要であり、そうあるためにはもっと反復練習による磨き・制度の向上を行いたいと思いました。 
 
そして、ある程度の乗り方が当日なりに固まってきたところで、まず、低速の旋回時にステアリングの重さがしんどかったので Fタイヤの内圧を少し上げ、いい感触を得られると側で見ていた代表からも、動きが良くなったと仰って頂き、自分の事で実感は有ったのですが
「へー、そうなんだ!」と、何故か自分の事では無いようなとても不思議な感覚を覚えつつも、とても自信になりました。
   
続いては、どうにも左右の旋回時に違和感を覚えたので、前回の参加で物凄い衝撃を受けた「妖怪棒」を自身で都合してきたので、これを用いて、フォークの調整を試みると案の定少し捩れが生じており、これの是正を行って試乗を行ったところ、もう一つ良くなったのが、直ぐに分かりました。
 
 
この調整法をお教え頂き、本当にありがとうございます。
     20161009_40web800    
その状態で、当日の最後にタイムアタックを迎え、そこそこの自信を持って臨んだものの、これまた代表のお話にありました、コースの記憶法(ライン取りを覚えると自然とコースが頭に入るという物)を実践できるほどの、目が出来ておらず丸暗記に近い形で臨み見事にアタック2本目のコースイン早々にミスコースをやらかす、と言う失態を晒してしまいました。
   
今回の練習会は、以前の自身に比べて確かに何かが積みあがって居る感触が有りました。
   
しかし、その程度の積み代では次のステップには足が掛からない事を分かっておらず、意識と現実のズレに焦れさせられた一日となりました。
しかし、こうして一つ一つ課題が明文化出来る様になってきたのは、間違いなく、前進している証拠だと思うので、焦らず、着実にやっていきたいと思いますので、また、ご指導ご鞭撻の程を宜しくお願い致します。
   
それと前回参加時の車体との高速コーナーでの会話感と言うのは、今回の自反復練習でよくわかりましたが、自分が車体の声を聞き取れてないだけの様でした。
 
例えば切り返しや、高速コーナーでは荷重が大きくサスペンションは一気に入ろうとします。
そんな局面で市販車の元々へちょいサスを乗りっぱなし30年掛けて3万キロ弱を走った更にへちょいサスをどの様に、やんわり使ってあげるかと言う、出来の良い車体に乗せて更なる境地を望む様な楽しみ方は出来ないが、限界の低い(殊更、サスやタイヤのキャパシティーを低くしているのも自分ですが)車体をいかに技術を持ってして破綻させない様に付き合うか、これもまた楽しみ方の一つと思う事ができました。
   
とは言え、今回の練習会で整備上の問題点がボロボロと噴き出してきたので、ある程度のレベルの車両にしないといけない必要性は十分に感じられたので、少しずつにはなると思いますが、どうにか仕立て上げていきたいと思います。
   
感じたことが、あまりにも多すぎていつも以上に乱文っぷりに拍車がかかっておりますが、ご査収頂ければと思います。
   
今回も、ありがとうございました!
    

 
≪ このイベントの資料掲載ページ【 イベント記録 】は、≫
http://gra-npo.org/document/record/2016/20161009.html
 
 

| | コメント (0)

9/11開催 『GRA講習』 感想文 (大阪府 SR400 さん)

   
9月11日GRA講習の感想
   
今回のGRA講習はテーマが「90度ターン」でした。
   
まずしたことはパイロンを4角型に置き、基本として走行スピードやノーブレーキなど色々な条件で走行したときの走行ラインの振り幅やターンインのタイミングポイントの変更をして、速度変化によってどのようにベストポイントが変わっていくのかを確認した。
 
この時に、今までの経験である程度はスムーズに走れるがそれが自分の走りとバイクの状態に合っているかかがわからないのとアクセルの開けるタイミングが理想ポイントより遅いという事がわかった。

   20160911_06web800    
基本を確認したあとは参加者の自分がしたい事に合わせて分かれて練習となった。
 
当日のしたかった事として。
ターンインとターンアウトの車体の挙動違いをどこでバランスさせるか…
をテーマとしてフロントの車高とプリロードを調整しては試走を繰り返しアクセルの開けるタイミングを変えた時の挙動変化もみてみた。
   
ただやはりとゆうか基本の練習1点のみで走り易い状態にしてしてしまっている上に、午後からの練習は途中で体調不良で休んだので、コース走行などで全体の様子見が出来ていない状態だったので最後のタイムアタック時に複合要素が絡む状態になると挙動が安定しなく落ち着くまでまたなければならない状態になっていました。
 
今回調整したフロントの車高ではノーブレーキからのターンイン時では問題はなかったがフルブレーキからのターンインでは突っ張り感が強く曲がり始めるのを待ってからターンイ ンしていたので一度フロントの油面を変更してみて様子を見てみようと思います。
 

しかしテーマは90度ターンの講習だったのにフロントの調整ばかりしてしまっていた1日でした。m(__)m

 
『 GRA講習 』の案内は、コチラから
  
   

| | コメント (0)

9/11開催 『GRA講習』 感想文 (神戸市 ゼファー 750 さん)


本日初めて参加させて頂きました。
 
昨年、限定解除の免許を取得し、大型バイクを自由に操作できるようになりたいと思い、色々な講習会に参加してきました。
以前からこちらの講習会に興味があったのですが、自宅から遠いことと初心者であることで、なかなか参加する勇気がでませんでした。
免許取得から1年が経過し、少し慣れたので今回申し込みし参加させて頂くことにしました。
 
参加させて頂いた感想として、
こちらからの課題の希望を聞かれたことに戸惑いました。
他の講習会はだいたいどこもカリキュラムがあり、それに沿って進めていく形態なのでこちらから何をしたいかを希望するということはなかったのです。自分自身ただ漠然と上手くなりたいという気持ちだけで、はじめは何を言ってよいかわかりませんでしたが、8の字ときれいなUターンができるようになれればと希望しました。
 

20160911_1web800    
実践の感想として、
基本的な練習だと思っていた8の字は、実は高度な技術であることを知りました。
また今回、ブレーキをせずに90度ターンをしましたが、次回はブレーキも使えるようになりたいです。
実際ご指導頂き、上達への過程が自分の考えとずいぶん違うことを実感しました。
今後の課題として、各部のセッティングについて、詳しくご指導頂きたく思います。
 
初参加で、色々なことに衝撃を受けました。また、来月も参加させて頂きたく思います。
宜しくご指導の程、お願い致します。楽しい一日でした。



『 GRA講習 』の案内は、コチラから
 

    

| | コメント (0)

8/14開催『自習練習会』感想文 (神戸市 VFR400K さん)

   
先日は中途からの参加にも関わらず、承諾頂きましてありがとうございます。
また2回目と言う新参者の私に加え、連れの為にもお時間を頂いたりと連れもとても良い勉強になった、楽しかったと申しておりました事、重ねて御礼申し上げます。
 
今回は、自由練習会と言う事で前回お教え頂いた内容の習熟を、と考えており、コーンを貸して頂き、変則8の字?をメインに習熟を図ることにしました。
   
コーンの内を通る向きは前回同様、そんなに苦を感じず走れたのですが、外を通る向きでは、こちらも前回同様ギクシャクとスムーズさが出ず人間側の問題であろう、と思いそのまま周回を重ねておりました。
    
ある程度走ったら、今回は相乗りの友人の参加も認めて頂いたので友人と交代し、友人の走行を参加者一同で見ていると代表や常連さんが右周りのスムーズさが無いよね?と言う話をしておられました。 
   
私自身もそれは感じておりましたが、私の知る限りでは右旋回が苦手な人が多いので、きっとそれだろう、と思っておりました。 
   
ところが代表は車体の不具合、前足の捻じれでは無いかと仰っておられ、友人の走行後に前足の捻じれをチェックして頂く事となりました。
   
私の乗っている車両は、ほとんど買ったそのままで最低限の液物を変えただけの状態で参加させて頂いております。
   
しかし、それでも前タイヤは自分で交換しており、その際にアクスルシャフトは違和感なく組めたので、まさか、そんなことは無いだろうと正直なところ思っておりましたが実際に捻じれを確認してみると、前足は少し左を向いていたことが分かったのです。
 
この事は本当に衝撃でした。 
 
極端に大きく捻じれては、いなかったものの今まで自分が大丈夫!と信じていた技術が、全くもって大丈夫では無かったのですから。 
 
それでも、恥ずかしながら内心は「まぁ、これ位ならそんなに乗った感触に出ないのでは?詰まる所、問題ないのでは?」と自分を慰める自分が、居たのですが、そこに止めに刺すように、いざ実際に乗ってみると、0がプラスになったのではなく、マイナスが0に、ニュートラルになったという、明らかなスムーズさ、気持ち良さが生まれ、またしても衝撃を受けました。 
 
それから、前足の捻じれを修正して頂いた後は引き続き更に楽しく気持ちよく自由練習を行わさせて頂きました。
 
20160814_06web800  
そして、この日の〆にタイム計測会を行うにあたって、わざわざ私が好きなハイスピードレンジのコースを設定下さってのアタックとなりました。
   
が、結局まだまだ車体との意思の疎通が足りておらず、折角の高速セクションでは減速しすぎて、さっぱり良い所を見せられずで終わったのが申し訳ない限りでしたが・・・
 
次回に向けては、もう少し車体の求める乗り方であったり、旋回中にどれくらい減速をしてしまうのかを考えて乗ってみる事を意識してみたいと思いました。 
   
僅か2回目の参加ではありますが、今回も何かしらの課題を探して来られる有意義な会でした。
今回もありがとうございました! 
 
 
私事ですが9月は11日が動けるか微妙で24日は先約が御座いまして、次にお願いする機会まで1か月ほど空いてしまうかもしれませんが、また参加できる様になりましたらその際はよろしくお願いします。
 

※ 当日の「コース図」、「リポート」、「通信ボ」は ・・

http://gra-npo.org/document/record/2016/20160814.html

| | コメント (0)

8/14開催『自由練習会』感想文 (大阪府 SR400 さん)

 
8月14日「自由練習会」の感想
 
■ 当日したかった事

1・前回参加時に出た、「フルブレーキ時にハンドルが右に切れようとする」の問題点に対する修正対策の効果確認

2・油面調整をしてきたのでフォークの動きの確認とセッティング


■ 当日した事
 

普段からしている6本パイロンのコースを走って、今回の対策と油面調整の効果の確認後、前回参加時に教えていただいた基本練習の3本パイロンのコースを使って車体のセッティングを詰めていった。
 
ミニコースを作り走り込みをして、基本練習コースにはない多角形コーナーや規制パイロン等が有るコースにおいての車両全体のバランスを確認した。
 
最後にタイムトライアルをして、今現状の乗り手と車体のパフォーマンスの確認をした。
   20160626_02web800  
 
■ 感想
 
段々と全体的なバランスが取れてきているのが実感出来るようになってきました。
   
今までは、フロントのフォークの状態が良いのか悪いのかわからずにやってみて様子を見て合わなければ…
また違うパターンにして様子を見るとゆう状態で先が見えない中を手探りで進むといった感じでしたが。
 
下地が出来てそこから詰めていく所までこれた上に、前回教えてもらった3本パイロンによる基礎練習が自分の現状がわかりやすいので、どおゆう風にセッティングをして何をすれば求めてるようにいきたいかがよくわかりました。

   
そのお陰で、右ターンと左ターンの曲がり易さの違いがハンドルの角度がわるくてアクセル操作がしにくくなっているのを無意識の内に体を逃がしてることに気が付けました。
   
次の参加時にはハンドルを交換して操作系を今回よりもよくした上で悪いところの発見!ダメ出しをしたいです。


※ 当日の「コース図」、「リポート」、「通信ボ」は ・・
http://gra-npo.org/document/record/2016/20160814.html
   
 
 

| | コメント (0)