« “よっしゃー!” という気負いとは裏腹に ・・・ | トップページ | 悔しいので、次回は頑張る。 »

2009年7月10日 (金)

如何に 「ごまかして」 乗ってきたのか ・・・・

  ( 2009年 7月5日開催 “体験”ライディング練習会 参加者寄稿感想文 )

本日は(いや、既に昨日ですね)お疲れ様でした。
早速”体験”ライディング練習会参加の感想文を送ります。

Cimg0606_2





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
参加前・・・

ここ数日、鬱でした。行くべきか行かざるべきか、悩んでいました。
今まで経験したことがなかった(少なくとも記憶にない)この腰の痛みは、水曜日の朝からのことでした。

起床したとき、文字通り正に「グキッ!」という感覚とともに、背中に走る電撃・・・
その日はさすがに起きられずに会社を休み、木曜日からは出勤したものの、階段の上り下りが特に腰の曲がったおばあちゃん状態・・・

しかし、前日、私は自分のブログに自分を奮い立たせるために、「負けるわけにはいかない」という記事を書いた。朝、腰痛持ちの会社の同僚がくれた、痛み止めの薬を飲んだ。そして、私は(自分なりに)自分自身を奮い立たせてGRAのイベントに参加した・・・

考えようによれば、この痛みのために途中から休憩がちになっても、それはそれで私のわがままとして、受け入れてくれるかも知れない・・・なんて・・・


今回の参加の状況は、こんな感じでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Cimg0622  ライディングの練習面での感想はやはり、定常円を描いたり、それをつなげることや、四角形を単純に曲がったりするというライディングが、なんとも非常に難しく、また奥深いことであること、そして、自分自身が今まで如何に「ごまかして」乗ってきたのかと言うことを、イヤ!と言うくらい味わわせて頂きました。
   
 そして、バイクが走りたいように走らせてあげると言うことの難しさというか、自分がそこに走らせないようにする介在をして(邪魔をして)いたことに気がつきました。
   
 そして、メンタルな部分での反省・・・
 
 タイムトライアルで、トライカーナ的なパイロンを、一度のみならず二度も同じ間違いをしたと言うこと・・・タイムロスと言うことではなく、自分自身の注意力の欠如に大反省・・・さらには、二度目のゴールエリア内での・・・ああ、思い出しただけでも恥ずかしすぎます!気持ちのどこかに緩みが生じていたとしか言いようがありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 イベントの運営方法について

 GRAの提唱する「わがままパワー」。今回参加して感じたことは、「参加者の姿勢」を重視し、イベントを進めていると言うことです。

 バイクに限らず、「興味のあること」について人が知ろう、会得しようとするときは、その興味から自分自身が得ようとする前向きな姿勢、能動的な姿勢がその充実度を大きく向上させると言うことだと思います。

Cimg0635  もちろん一般的な講習会のようにカリキュラムをこなす練習も、その練習方法が分からない、人にも聞けないと言う人にとっては「それもアリ」と思いますが、GRAはそれを求めているわけではないと言うことを感じました。
 自分が何を習得したいかという目的意識を持って参加する、そしてそれは決して難しいことではなく、分からなければ誰かに聞くんだ、そのためにGRAの他のメンバーがいる、という考えで良いと感じました。

Cimg0636  そして、イベントを通じて、一人のライダーとしてこの世の中でどうあるべきか、と言うところまで共に考えるところに、このGRAイベントとしての意義があると感じました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 最後に

Cimg0664  今回私は受付係をさせて頂きました。とはいえ、何も考えずにただ、誓約書等を受け取り、内容のチェックも疑問に思うこともせず、ただこれで良いんだろうとしてしまい、後に指摘を受けて初めて気づいたこともありました。
 しかし、こういう事は「やってみないと分からない」類のものだという気がします。皆様にはご迷惑をかけましたが、この次はもっと良く気がつき、ものが言えるようになりたいと思います。

Cimg0683_2  そして・・・もう一つ、最後まで名前が覚えることが出来ずに、まことに申し訳ありませんでした。m(_ _)m
 
   『 イベントリポート / リザルトなど 』 へ 

  ( 兵庫県 / H さんより )

« “よっしゃー!” という気負いとは裏腹に ・・・ | トップページ | 悔しいので、次回は頑張る。 »

“体験”ライディング練習会の感想」カテゴリの記事

コメント

2004年に参加された時と較べて、更に一層練習を積んで基本的なライディングテクニックをたくさん身につけていらっしゃるのが、朝一番の走行だけで実感できました!

無理なライディングやフォームをしなくても、タイヤのトレッド端に荷重をしっかりと加える技術(テクニック)を、既に高いレベルで習得されている事に驚いていた程です。

ただ、車両の前後サスペンションバランスが崩れているのが目立っていましたので、そのバランスを少しずつ修復していくだけで、更に高いレベルの世界を学習できる“道”が目前にあるように思います。

どうぞ、次に参加の際には、その点も“わがまま”発揮で獲得される事をお勧めします。

また、更に“キレ”のある 安定感の高い、安全な走りを実現させていって下さい。

( 早くから投稿してもらったのに、掲載が遅くなんり申し訳ありませんでした )

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« “よっしゃー!” という気負いとは裏腹に ・・・ | トップページ | 悔しいので、次回は頑張る。 »

GRA代表:小林の紹介

カテゴリー

無料ブログはココログ
2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30