« 微調整でバイクがこんなに変わるのか!!! | トップページ | 4/26 申込Mess 「単車もワガママで困っております ・・・」 »

2009年3月31日 (火)

海のバカ野郎ぉぉおおおおおおっ! (?)

新しいイベント運営方針「わがままパワーを発揮せよ!」を
読んでから、今回の「“体験”ライディング練習会」に参加しました。

当日集まった参加者は、「同世代」といえるメンバー構成。
Cimg0198_bb_2
今回の参加は二回目。


=== 余 談 ===

でも、実際には一週間前の「“体験”ライディング練習会”」のお手伝いも途中から参加させてもらえたため、活動としては「三回目」。
もっとも私が「参上」した途端に、「土砂降り」になった。
「雨男」の役目は十分に果たしきった実感と満足感。
雨でパンツまで濡れた、そんな自分が好きでたまらなかった。

=== 余 談 終 了 ===


さて、本題。
正規参加としては二回目。一週間前から自慢の「フルチタン極太サイレンサー」を取り外し、「純正サイレンサー」を装着。

「これで俺も、一人前の大人さ」と思い・・・しかし、どこかに  「長い物に巻かれたくない」という「反抗精神」を持ちたかった。
・・・なので純正マフラーに、市販マフラーメーカーのステッカーを貼り付けて参加した。(これが男さ・・・フフフのフ。)

Cimg0202_b_2








──────────────────────────
余談になるが、途中のミーティングの中で
「せめてJMCA認定マフラーを認めてはどうだろう?」と
物議を醸し出してみたが、代表の考えを聞き「なるほど」と納得。

つまり「オートバイの集まり」=「騒音の元」という社会認識のなかで、実際に活動をしていくためには、その障害となりうる要素は出来る限り廃絶し、その分、もっと重要な部分や活動の骨子に頭と労力を使っていく事が、今は一番必要。

一つの例外を認めるたびに、中心軸はどんどんブレやすくなる。
あれこれとパーツを追加するたびに、バランス取りが難しくなる。
・・・・・・・という訳だ。
──────────────────────────

さて、また本題に戻って・・・当日は代表に「何したい?」と聞かれ、
「トライカーナ」と答えるシーンが何回かあった。

「トライカーナ」という言葉自体も、実は雑誌で覚えたばかり。
「15m×25mの四隅に立てたパイロンを八の字に2周回る」という単純なコースセッティングの中に「加速」「減速」「小径ターン」、そして「ライン取り」という、いくつもの要素が含まれているらしいとの雑誌の記事から「これは是非やってみたい」と思っていたもの。

実際にやってみると、これが非常に難しい。・・・私に取っては。
タイム計測をしてみるが、ビリっけつ。

しかしその中に事前に行った「180度ターン」での「ノーブレーキでターン出来る限界速度」の体験が役に立った事も実感。

是非次回もこれをウォームアップなどに取り入れて貰おうと思った。

──────────────────────────

Cimg0220_b_2 コースセッティングを行い、タイム計測の時が来た。

「どういうコースにしたい?」 と聞かれ 「大排気量で技術の未熟な者に、アドバンテージを。」  と  「直線一速フル加速ゾーン」を設けて貰った。

途中から 「ワタナベゾーン」 と名付けられた、そのゾーンでは、2速、3速にかき上げる僚友を尻目に「一速フルオープン」の快楽に酔いしれた。
しかし、その「快感と満足度」と「タイム」には関連性が無い事もよく判った。

・・・・・・・また、ビリじゃん。

ちなみに、タイム計測の場合、スタート時点で後方確認を怠ると1秒のペナルティを与えられる。
スタート前に1秒は・・・ハッキリ言ってダサイ。

そこで、今回は提案してみた。

コースの後方に広がる神戸港を振り返れば、それが後方確認だ。
そこで「スタート前に振り返って、海のバカ野郎!ってのは?」

ここで、笑いは取れた。でも、実践したのは自分だけだった。

──────────────────────────

体験ライディング練習会の最後は、ミーティング。

ここで話題の「寄付金」について意見してみた。

持論は・・・
「寄付金は寄付金として集め、参加費は参加費として集めるべき。」

「仮に”4000円以上の寄付金をしてくれた参加者は、次回参加が無料”とした場合、今回参加の6人が4000円ずつ寄付をし、次回、またこの6人が集まった場合、その時の開催はすべて無料となり、イコール ”赤字開催”を作り出してしまう」というもの。

その後、代表の意見を聞き、考えを聞き、「なるほど」と思う点があり、「まだまだ考えが足りないか」とも思ったが、そこはそれ、他人に迎合する必要も見あたらないため、今後も「寄付金は寄付金」「参加費は参加費」を実行していこうと思った。

NPO法人として健全な運営の為に、「必要最小限のコスト」と、「営利目的ではない収益」の必要性については、やはり譲れない。

「こんな楽しい機会が無くなったら、ど~すんの?」との思いから。

──────────────────────────

~あとがき~

Cimg0216_b_2 二度目の参加に際し、事前表明として

1.「教えて貰う側」から脱皮
2.「創り上げる側」への精神的な移行
3.「ライダーとして変化の先に進化を」

を自己スローガンに掲げました。

事前に徹底的に自分なりにバイクのセッティングを学び、自分なりに試行錯誤し、「楽しく操る」事を目的に、「自分流わがままセッティング」で参加しました。
結果としては、まだまだ「操るセッティング」には、ほど遠かったけれど、「フロントサスペンションが動くとは」 と 言う事を、実際に目で見る事が出来、今後の参考になりました。

また、「どうせなら、健全なバカ騒ぎを」とも思い、普段の自分をそれなりに出してみました。

「カチンカチン」が集まっても仕方ない。しかし「ヌルイ集まり」には進化がない。

切磋琢磨で技術を磨き、刺激しあってその先に「向上」しあえれば、それが最高じゃないかと。

「変化の先に進化」と言うほどのものは無かったけれど・・・
タイヤを交換する必要性だけはハッキリと自覚しました。


~~~代表へ、参加者の皆さんへ一言。~~~~~

ちょっとしたハプニング・・・そして、そのあと実は、バイクが怖くなったんです。

でも・・・それは、あそこで代表がアレをアレしていなかったら、多分、自分があのあと、アレでアアなってしまっていたのではないかと・・・

だから、午後のタイム計測は、思い切って突っ込めませんでした。
もし、あそこでアレがアアなってなかったら・・・
      ・・・・・・・・多分アメは私のもの。(笑)

そして次回、新品タイヤに履き替えた私は・・・・
      ・・・・・・・・手に負えないかも知れません。


本当に楽しい一日でした。次回、参加の機会が待ち遠しいです。
次回も宜しくお願いします。



最後にひと言、言わせて頂きます。




Cimg0209_b_2 「海のバカ野郎ぉぉおおおおおっ!」

  ( 大阪府 / K さんより )

« 微調整でバイクがこんなに変わるのか!!! | トップページ | 4/26 申込Mess 「単車もワガママで困っております ・・・」 »

“体験”ライディング練習会の感想」カテゴリの記事

コメント

今回も大変 お世話様でした!!

今回が 2回目の参加だというのに、この活動がこれからも続けていく事ができるようにと、色々と細やかな心遣いをして下さり本当にありがとうございました。

私も「海のバカ野郎ぉぉぉ~」さんの真摯な考え方には胸を打たれました。

どうぞ、これからもよろしくお願いします。

* * * 補 足 * * *

アノ時、アレがアレでアアなった事には深くお詫びします。

きっと、アノせいで、更にアレがびびったと思うと更に申し訳なく思っています。

決して、そのお詫びという訳ではないのですが、車両のリセットの提案をします。

詳しくは別途 『通信ボ』などでも伝えますが、本来持っているポテンシャルを活かすのも “粋” ですよ。

尚、タイヤが新しくなれば必ず良い面は増えます。
しかし、それを活かすも殺すも、車体側次第です。

一度検討しては如何でしょう?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 微調整でバイクがこんなに変わるのか!!! | トップページ | 4/26 申込Mess 「単車もワガママで困っております ・・・」 »

GRA代表:小林の紹介

カテゴリー

無料ブログはココログ
2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30