« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月21日 (火)

7/12・ “ クリニック ” 開催リポート掲載の案内

   
7月12日に開催した『 オートバイとライダーのための “クリニック” 』は、良き参加者に恵まれたと同時に、オートバイ業界の課題を啓発する決心を行なうなど、充実した一日になりましたので、是非、開催リポートをご覧下さい。
  
7/12・クリニック『 開催リポート 』
http://gra-npo.org/publicity/report/2020/20200712_rep.html
    

Web1000_dsc_0255_20200721204501     
  
今回の クリニックを受診して下さった方々に、初めてのお二人の方を含めて、良い一日になった事に感謝しています。
ただ上手になりたいだけの人ではなくて、オートバイ や ライディングに 自信を持てない悩みがあり、変に若い頃の栄光的な思い込みも無く、社会的な意識もありつつ、素直にオートバイと向き合っている方々でした。
それは、丁度 GRA として 求めている人々であり、求めている方向です。
  
だから、簡単なセクションでの 簡単な練習 (実は一番難しい事に自身が直面する)を 行なっても 吸収力が強く、次から次へと 質問を発してくれて、サポートする私も充実(?)していました。
  
Web1000_20200712_06  
   
ただ、同時に、今回の クリニックは 『 クリニックからの告発(仮称)』企画でオートバイ業界の課題の提起を決意する機会となりました。
というのは、昨年から開催の クリニック に初めて参加された車両の殆どがチェーンの遊びが全くない状態に調整されていて、今回の2台もそうでした。
推定される原因は、車両メーカーが適切なチェーン調整について適切な指示や指導を行なわず、車両の大きな変化にも関わらず販売店やショップでは 30年以上前と変わらない調整を行ない、誰も安全性の確認を行なわず、責任を負っていないからです。
   
Web1000_20200712_57
  
GRAとして、この適正なチェーン調整を含めて、『 クリニックからの告発(仮称)』というコラムを作成して、オートバイ業界の課題を啓発していく予定です。

   

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org




2020年7月13日 (月)

7/12 クリニック 速報 『 クリニックからの告発 』

   
九州地方を始めとして全国各地に豪雨をもたらしている大梅雨が続く中、本日(7/12)は雨一滴も降らない空の下、オートバイとライダーのための “クリニック” を開催しました。

その “クリニック” で一番良かった事は、初めて参加されたお二人の方です。
ただ、走りたい! 練習がしたい!上手になりたいという人ではなく、オートバイ や ライディングに 自信を持てない悩みや課題を抱え、それの解決を目指して事前予約して参加されたのです。オートバイに対する探究心があり、社会的な意識もある人で、それは、GRA として 求めている人々であり、求めている方向だからです。

Web1000_dsc_0255
 
    
同時に、新しい活動テーマ・『 クリニックからの告発 』を決心させられた日となりました。
大半のオートバイはショップで適切でないチェーン調整が施され、大半のライダーは安全が損なわれ、オートバイに乗る楽しみが損なわれている事を確信できた日だからです。昨年から “クリニック” を受診された方のオートバイの殆どと本日の2台が、ライダーが跨っただけでチェーンに遊びが全く無いという、リアサスペンションが動作するとタイヤのグリップが失われる大変に危険な状態にあり、このオートバイ業界全体が抱える社会的な課題は解消しなくてはなりません。
   
大きな課題ですから、息の長い訴え活動が必要になりますが、今、その為の施策を練っている最中です。
本日の『 クリニック 』の 「 リポート 」と「 感想文 」の発表と併せて、どうぞ ご期待と意見や提案をお願いします。


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org




2020年7月 7日 (火)

トライアンフ・スプリントGT in 妖怪ガレージ・持込み企画 リポート

     
 
6月27日に開催した、妖怪ガレージ・持込み企画イベントのリポートです。

Web1000a_20200627_garage_im

「 隠れた部品の破損が原因で ・ ・ 」
http://gra-npo.org/publicity/report/2020/20200627_rep.html

 
 
   
今回は、トライアンフの中古車両を購入した人から「うまく乗れない、少し怖い」という質問を受けて実現したのですが、実際に分解整備をしたところ、隠れた部品が破損している事で大きな不具合が発生している事が判明しました。
   
ただ、今回の様な件は決して珍しい事ではなく、その実態をより多くの人に知って欲しくて、数多くの画像とイラスト図を入れて詳細に解説していますので、是非、ご覧下さい。


Web1000_2020627_01pg

  
  
  

< 以下、一部転載 >
   
新車を購入したとしても安心は出来ません。使用中に車体各部の様々な部品が知らず知らずの内に損耗・破損していきますが、正規販売店でもその損耗や破損を指摘される事は滅多に無く、ライダーは 多少乗り難く感じても 「 ライダーの乗り方次第、ライダーの責任 」 「 これはこのオートバイの癖、乗り味だ 」として済まされている事が殆どだと言えます。
  
  
何故なら、オートバイの正しい動きを導き出し、それをライダーに合わせて調整をする為に、例え不調を感じていないオートバイであっても分解して、細かく整備をしていく文化自体が育っていないからです。その上、本来ならば最も責任を持つべき車両メーカー自体が消極的で、時に誤った整備情報を発信しているから尚更です。
  
 

Web800_2020627_22

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org


 
 


« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

GRA代表:小林の紹介

無料ブログはココログ
2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30