« 2019年12月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月28日 (木)

MT-09、“妖怪ガレージ” 持ち込み企画 「開催リポート」です


「 極上中古車、整体コースで意外な結果 」

先日(5/23)開催した MT-09、“妖怪ガレージ” 持ち込み企画の開催報告書を掲載しました。参考になる事がたくさんありますので、是非、ご覧下さい。

【 GRA公式サイト 】
http://gra-npo.org/publicity/report/2020/20200523_rep.html

 

Web700_mt09_rw

< 以下、一部転載 >

そこで、リアを整備用スタンドでリフトアップさせたままの状態でチェーンに軽く触れてみると、「全く遊びが無い!」 ・・・ 半ば予想していたとは言え、これは整備ではなく車両を破損へと導くだけではなく、リアサスペンションの適切な動作を妨げてタイアのグリップを損ない、状況によっては転倒を招く危険な状態でした。

が、新車購入された他の人の車両でも散見してきた事ですから、「遊びが 〇〇 ~ △△㎜ 程度に」という 50年前から変わらぬ整備指示をしてきた車両メーカーと チェーンの初期伸びが普通だった 30年前までの古い常識を疑わずに 現在の品質のチェーン整備に行なっている結果で、実際に破損や事故などが発生していてもおかしくない状況と言えるのです。



Web1000_20200411

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org




2020年5月24日 (日)

MT-09、“妖怪ガレージ” 持ち込み企画、無事に終了しました。

   
本日(5/23)、妖怪ガレージ持ち込み企画に MT-09 で参加された Kさん。 とても熱心な勉強家の方で、しかも黙々&じっくりと作業を積極的に手掛けられて、お疲れさまでした。

Web1000_20200523_2
 
 
フロントホイール脱着して最も劣化が進みやすいベアリング周りの確認作業と整備作業を一緒に実践して戴き、フロントブレーキキャリパーとパッドの細かな整備作業、そしてフロントフォークの整列と締付けトルク調整などを自ら積極的に行なうなど、こちらはサポート役にまわり体験を深めてもらう様にしました。
  
フロント周りの分解整備に続き エンジンマウントの調整とボルト締め付けトルクの管理、そして チェーンの適正調整とそれと同時に行なうべき 前後タイヤの整列取りまで行なった後に試走確認まで無事に終了しました。
   
氏の車両コンディションは基本的に良好で、大きく改善や修正を行なう必要がある箇所は少なかったのですが、合計3回の試走確認の機会を通じて、車両本来のあるべき挙動マナーを実感されるなど、MT-09 を より適切な状態に保ち、末永く付き合っていく為の体験となる事を願っています。
 
 
作業のより詳細なリポート等は後日改めて発表の予定です。が、作業途中に行なう予定だった撮影を一切忘れてしまって作業に没頭したので、作業ごとの画像が無い事が残念で悔やまれます。
   
では、後日改めて.。
    
 
【 MT-09 妖怪ガレージに持ち込みたい! 】
http://gra-npo.org/lecture/bike/Q&A_MT-09_garage/maintenance_plan.html


Web250g
http://gra-npo.org



 


« 2019年12月 | トップページ | 2020年6月 »

GRA代表:小林の紹介

無料ブログはココログ
2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30