カテゴリー「Webサイト ページ作成中!」の記事

11/13 開催・『GRA講習』 の感想文、アップしました !

   
11月13日(日)に開催したイベント『GRA講習』は、オートバイを基本から見つめ直してみる事で、もっとオートバイとの会話が進んで、もっともっと楽しくなる講習イベントです。
 
そして、今回のメインテーマは 「 180度ターン 」でした。
誰もが簡単にできる事ですが、オートバイの運動原理「サークル理論」に基づき、ノーブレーキでの 180度ターンから 360度ターンを、 右ターンと左ターンそれぞれを広い道路幅の中で走行を繰り返しすると、自然とオートバイ本来の動きの再発見に繋がって、参加者それぞれに新鮮な発見があったようです。
   20161113_web800    
そんな発見や喜びをが書かれた「感想文」を、ぜひご覧ください。
   
【  感想文 】( 11/13・GRA講習参加者より )

http://gra-npo.org/publicity/impress/2016/20161113_imp.html

 
 
< 追伸 >
「イベントリポート」と「通信ボ」は、現在(11/25)作成中で、完成次第アップします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「はてなブックマーク」 設置の予定 !

   
先日、公式Webサイトページに「 LINE 」と「 Twitter 」、二つの SNSフォロー(共有)ボタンを設置しましたが、公式Webサイトへの閲覧が目に見えて増え、併せて Nifty や Goo. はてな 等の 公式 ブログサイトへの閲覧も増え、閲覧された方へ感謝していると同時に、その効果の大きさに励まされています。
   
そこで、今度はそれらの SNS フォローボタンの設置に続き、「 はてなブックマーク 」の設置を予定しています。
2016    
この「はてなブックマーク」は、上の画像(アイコン/ボタン)で示され、既に多くの Webサイトで採用されていますので、きっと誰もが一度は目にされていると思います。
 
この「はてなブックマーク」の一番の特徴は、気に入ったサイトページを見つけた時にクリックするだけで、IE や Firefox、Chrome 等のお気に入り機能に頼らなくても登録できるので、いつもと違う PC を利用する時も、 スマホ や タブレットを使っても  簡単に “お気に入り” を呼び出せる事です。
   
その上、そのサイトページを各種SNSへ共有投稿する事も簡単にできるので、通常の SNS の場合以上に利用しやすいのです。
   
実際に使用する場合には、最初の時だけ運営会社「はてな」に登録が必要ですが、Facebook の様に個人情報や画像を入れる必要も無く簡単なので、日本では既に多くの方々が利用しているようです。
   
NPO法人GRAでは、順次、公式Webサイトページに設置していきますので、是非、チェックしてみてください。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サーバー移転と、公式Webサイト再開のお知らせ

   
【 お知らせ 】

Server_m_800
NPO法人GRAでは、Webサイトを利用した発信能力を向上させる為に、Webサイトの公開に使用するサーバーの移転作業を行なっています。
   
そのため、公式Webサイトの再開は 7月5日(火)前後になる見込みです。
   
暫くの間、閲覧ができませんが、引き続き楽しみにしてください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「 イベント記録 」 ご覧ください

   
一年間に企画開催したイベント数 : 44 イベント
イベントに参加した人の合計        : 2375 名


1998年の「 イベント記録 」の作成が完了しました。
どうぞ、下記のURL より、各イベント毎の情報をご覧ください。


【 1998年・活動年表 】

http://gra-npo.org/data/nenpyou/1998.html


    *     *     *     *     *

今さら、時間と手間を掛けて、過去の資料をまとめるよりも、
今の活動に掛けるべきでは?  と言う意見もあるでしょう。

実際、「 イベント記録 」を作成する本人自身も思う時もあります。

しかし、「 イベント記録 」の掲載は、GRAの活動記録と言うより、多くの人々の意思と行動の記録であり、GRAの未来を示す指標です。

イベント運営を 専任スタッフのみで行なう一般的な方式ではなく、参加した全員であらゆるスタッフ職も協力して担当し合うという、“ 全員スタッフ全員参加制 ” を基本に活動しているGRAです。

「 イベント記録 」には、そんな参加者一人ひとりの行動が、様々な資料の中からはっきりと観て取れるのです。
そんな一人ひとりの協力を記録に残さず、闇に埋めたまま、活動を前進させる事は罪だとも思っています。

1998年当時と同様な規模で活動を行なう考えはありませんし、
活動の体制も方針も以前とは違い、更に一歩前進させます。

前進させる方向の意味を、より多くの方々との共有の為にも、これからも 「 イベント記録 」の作成は続けていきますので、ご理解の上で ご覧ください。
 
   
Event_record_web800   
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1998年、「イベント資料」 、作成が進行中 !

    
私達 GRAは、活動年代によって活動内容を大きく発展させつつ、現在の活動形態に至っています。
   
例えば、1998年は、 全国各地で年間 44イベントを開催して、参加者総数 2375名と、最も多くのイベント開催を行なっていた時期です。 
 
 
【 1998年 活動年表 】

http://gra-npo.org/data/nenpyou/1998.html
 
現在は、年間の開催スケジュールと測定結果しか掲載していません。
が、それだけで参加者全員が協力し合って開催を行なって雰囲気、収穫や反省を伝えられませんので、イベント毎の「 イベント資料 」を作成中です。どうぞ、ご期待ください。

( 1991~1997年は、イベント資料・全て掲載済み )
   
G_1998_series_pos_web800※ 全国転戦シリーズ戦、1998年は 計 7戦 開催 
※ 翌年・1999年は 北海道、関東 が加わり、計 9戦 開催となりました。
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『 資料室 』 の公開を始めました!

   
Webサイトの一ページだけど、GRAの活動にとっては大切なページの公開を始めたので、ここに皆さんへ紹介します。

とは言っても、興味が全く湧かない人と 深く興味を持ってくれる人に分かれると思う。

「 オートバイの運転が上手くなりたい 」 とか 「 もっと上手に速く走れるようになりたい! 」 というライダーの人にとっては、きっと興味が湧かない資料が殆どだろう。

でも、「 オートバイをいつまでも楽しく安全に楽しみたい! 」 と日頃から考え、自ら何らかの行動を起こす事を検討している人にとっては、必ず参考になる資料があると信じている。
GRAは、そういう人に大きく期待をしているから、今回の様な資料公開をしているのだ。

『 資料室 』 の中には、「 現在作成中 」 となっている資料も一部あるけど、順次作成を進めているので、今後の期待として待っていて欲しい。
また、今回の 『 資料室 』 を見て、意見や指摘、疑問などがあれば送って欲しい。
そういう “声” は 大歓迎です。


【 GRAの紹介・『 資料室 』 】
   
http://gra-npo.org/policy/explanation/dataroom.html
 
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『GRAニュース』 の 一覧ページ 完成

 
今では、WEbサイト(インターネット) を利用して 色々な情報をやり取りするのに慣れてしまっているけど、ほんの 20年前(ホンの少しではないが・・ ♪) には 無かった。

連絡は 電話か郵便が基本だったのだよね。
だから、GRAを設立した 1991年当時は、多くの人に連絡をつける場合には、「 ハガキ 」がよく使われていたんだ。

だから、その当時から 告知用のハガキ 『GRAニュース』 を多くの人に送付していたんだ。
過去に参加した人や全国各地で開催活動をしているメンバー、そして オートバイ専門誌の編集部などへ定期的に発行していた。

多い時には、月に 3回発行して、発行通数も 多い時には 1000通近かったから、費用だけでなく発行の手間も結構かかった事を思い出す。

今、こうして 過去の 『 GRAニュース 』 を一つずつ開いてみると、色々な経験をしながら、新しい試みを行ないながら活動を続け、Webサイトでの告知や メールでの送受信が当たり前になった現在の活動に繋がっている事を感慨深く感じられるんだ。

ぜひ、興味が持てたら、一度 見て下さい。

◆ 『 GRAニュース 一覧 』 ページ
  :
http://gra-npo.org/document/GRAnews_table.html
 
 
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1992年の年表を更新したら ・ ・ ・

   
新規の Webサイトページ 『 イベント資料 』 を作成している最中で、ようやく 作成が進んだので、1992年度の年表 の 更新を完了しました。

こうして、『 イベント資料 』 を組み入れた年表を作成してみると、今まで リザルトだけをリンク&表示さえていた時とは異なり、多少 見づらい面もありますが ・ ・
リザルト表示だけでは 判らない 色々な 流れや進歩、 心配 や 希望などが はっきりと 見えてくるようになったと思います。

実際に、僕自身でも、1992年度の 『 イベント資料 』 を編纂・作成している最中に、過去の活動の状況を はっきりと思い出してしまった程です。

どうぞ、一度 1992年度の年表 を確認して、ミスや改善すべき点があれば、ぜひ!! 連絡ください。
待っています。

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『 イベント資料 』 ページ 作成中です

   
Webサイトページは、現在 『 イベント資料 』 というページの作成を進めている最中です。

この 『 イベント資料 』 では、開催したそのイベントで 作成した資料や 関連する資料を、可能な限り 全てを公開するページです。

イベントを開催した当日に 配布した資料は当然のこと、開催前に作成した案内資料から 開催後に発送した報告資料、そして マスコミへの広報資料や 案内ポスターまで掲載し、 その上で イベント参加者人数や そのイベントであった特徴などを簡単にリポートするページです。

だから、この 『 イベント資料 』 ページを開けば、どんな想いや狙いで 一つ一つのイベントを開催してきたかを理解してもらえるでしょう。
そして、イベントの一つ一つへの想いを見てもらえれば、きっと 22年目を迎えた このGRAがどんな考えで活動を続けているかを多少は伝わると信じているのです。

とは言っても、この 『 イベント資料 』 ページの作成は、他のページ作成以上に手間と時間が必要になるので、今のところ 完成しているのは 1991年度分だけですが、 よければ 一度 チェックしてください。

   ○  1991年度分 ・ イベント資料一覧 (年表)

そして、意見や指摘、感想を寄せてもらえると大変に助かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Web サイトの作成状況と 「 イベント資料 」 ページ

      
Webサイトの作成は、一見では止まっているようにも見えるが、実際には順調に進んでいる。
ただ作成の手間がかかるページの作成に取り掛かっているので、表面的には何の変化も無いように見えるだろう。

今回、新しく作成の作業を進めていたのが 「 イベント資料 」のページで、今までの活動の実態を詳しく紹介するのが目的としていて、そのイベントを企画して開催する際に発行した資料などを可能な限り公開していく構成になっている。

イベントを開催する以前に発送した案内文章から開催当日に作成した資料、そして開催後にマスコミに対して発送した報告資料に至るまで、この「 イベント資料 」のページを開けば確認できるようにしているので、実はとても作成に手間がかかるページの一つだ。
しかも、開催してきた数多くのイベントの一つ一つで、この「 イベント資料 」のページを作成するのだから、とても時間が必要になる。

今までは準備段階で、とりあえず 1991年度分は作成完了したが、これからが時間が必要になる。
恐らく、全てのイベント資料のページを完成させるには、あと 4~6ヶ月程度は必要だろう。

しかも、オートバイを走らせる事や上達する事に興味が募っている人にとっては、この「 イベント資料 」のページはさほどの興味を持たないだろうと考えている。
では、何のために多くの時間と手間を費やして作成を進めているのか?と言えば、信頼と理解を深めてもらうためであり、これからの GRAの活動方向を自ら見つめ直すためだ。

信頼と理解を深めると書いたのは、走る事に興味が偏ったライダーに対してではなく、逆に関心が無い人達にたいしての事だ。

一人だけでオートバイを普通の道を普通に走らせるだけなら大きな困難は無いだろうが、オートバイの事を深く愛して、オートバイをより深く理解して付き合っていくには、どんな場合でも周りの人達の理解が無いと難しいものだ。
まして、少しでも競技性が入ってくるような事であれば、それを心から長く安全に楽しむためには、家族や友達だけでなく、会場となる場所を管理している人までを含めて社会全般からの理解や協力が欠かせない。

GRAでは、Webサイトの存在でそれら信頼や理解の一助になりたいと考えているし、現在進めている「 イベント資料 」はそれを達成するための大きな力になると考えている。

どうぞ、これからも大きな流れの中で、大きな観点に立って観ていただきたい。

 

  ☆ 『 イベント資料 』 作成の案内ページ
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)