カテゴリー「COVID-19 国内状況」の記事

2021年5月29日 (土)

日本の、新型コロナウイルスによる、日毎の「新規感染者数」と「死亡者数」

    
昨年からのグラフを見れば、現在の “第4波” による被害の大きさが分かりますし、亡くなる方が更に多く続く事に心が痛みます。また、亡くなる人が多くても、「重症者数」が減らない現実に恐怖さえ感じます。

20210529_japan_casedeath

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


Web250g_20210125193501
 https://gra-npo.org


 
 


2020年9月13日 (日)

新型コロナウイルス 都道府県別・患者数、人口あたり割合順位、死亡率等 一覧 (9月11日 24時現在)

   
東京都は、最も人口が多く人口密度も高いので、最も多くの感染者数を記録しても理解できるし、特別な措置は必要でしょう。しかし、最も医療設備が整い医療水準も高い筈なのに、人口あたりの死亡者数が高い。メディアは報道しないが理解ができない。
    
20200911_by_prefecture
  
出典 : 厚生労働省
#COVID-19

 

         *     *     *     *     *     *     *     *    
 
  
『  全日本 新型コロナウイルス 治療中患者数 等、推移表  』
 
 
連日発表される新規感染者数は減少傾向を示していますが、特別措置を行なった4~5月当時よりも多くの新規感染者数を記録し続けています。しかし、医療関係者や検査関係者の尽力のお蔭でしょう、陰性回復で退院する人は増えて90%近い退院率に近づき、致死率は1.9% 前後で留まり続けている事は良い傾向です。
  
今後は治療中の方の人数が2~3000人程になり、陰性回復で退院しながらも新型コロナウイルス特有の後遺症で苦しんでいる人々への関心が高まり、その治療対処が進む事を願います。
  

20200911_patients_in_jp

 
出典 : 厚生労働省
#COVID-19

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org




2020年8月24日 (月)

全日本 新型コロナウイルス 治療中患者数 等、推移表

   
感染者数が増え続け、とうとう累計数が 6万人を超えましたが、累計数が 1万5千人ほどだった 5月初旬よりもずっと良い状態にあります。それは、75% を超える退院率や 2%を下回っている致死率からもそう判断できます。


20200822_patients_in_jp

出典 : 厚生労働省
#COVID-19
   
 
他の人の健康や生命に害を及ぼす感染症ですし、高い効果が確かめられた治療薬が無い状態ですから、感染防止に行政だけでなく国民の一人ひとりが注意を払い続ける必要があるのは当然です。しかし、日本人特有の 「 注意!!! 」 だけを標語や注意書き看板文化には困りものです。
   
盆休みを返上して治療にあたった医療関係者の方々、感染防止の為に外出を控え続けている方々、そして営業自粛などで苦しい経営の中でも感染防止に協力されている方々への感謝の言葉が少な過ぎます。
どうぞ、作成した表を御覧戴き、みなさんの尽力のお蔭で良い状況も生まれている事を知って欲しいと願っています。



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org



 
 

新型コロナウイルス 都道府県別・患者数、人口あたり割合順位、死亡率等 一覧 (8月22日 24時現在)

   
政府も第2波の到来を後追いで認め、メディアは新規感染者や死亡者数を棒読みして連続何日ですと言うだけで、心落ち着く気分にはなれませんが、医療従事者や検査従事者の方々の献身的な尽力により、状況は4月当時より確実に良くなっていると実感しています。
   
20200822_by_prefecture
出典 : 厚生労働省
#COVID-19

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org



 
 

2020年8月18日 (火)

新型コロナウイルス 都道府県別・患者数、人口あたり割合順位、死亡率等 一覧 (8月16日 24時現在)

   
第2波が全国各地へと広がり、数多くのクラスター発生が報告される中、東北各県の治療者数の少なさが際立っています。 ただ、各メディアは東京を中心に感染者や死亡者数をセンセーショナルに報道するだけで、良い事や医療関係者の奮闘を話題にして、現状認識と希望の報道をしない事が難点です。

20200816_by_prefecture

出典 :厚生労働省
#COVID-19

 

      *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *

 

『  全日本 新型コロナウイルス 治療中患者数 等、推移表  』

第2波の到来により、この一週間で新規感染者の人数は 7千人以上に上りましたが、それ以上に回復して退院する人の数が多くて、治療中の患者の方の人数は 600人ほど減っています。これは主に医療関係者の方々の尽力のお蔭であり、検査から入院・治療までの流れも改善されつつある結果だと思われますし、各メディアも広く報道すべきです。
  
なお、東京所在の各メディアが、東京都での新規感染者数の増減を一種他人事の様に報道して、東京以外で目立った新規感染者数があった時には力を込めて報道している様に見えるが、最大の人口密集地で充分に感染対応出来なかった行政にスポットを当てるべきです。


20200816_patients_in_jp

  
行政や医療などの関係者は、「大変です」「充分に注意して!」と言って警戒を怠らせない事ばかりに注力し過ぎています。この一週間の新規感染者の数と退院者、治療中の患者数の変化を見れば、医療従事者の方々の奮闘ぶりがはっきりと分かり、きっと感謝も覚えるでしょう。
  
日本人特有の 「 注意!!! 」 だけを叫ぶのではなく、冷静に現状を詳細に正しく伝え、正しい理解を共に育てて、行政と国民が協力し合って対応する事を目指すべきです。

 

出典 : 厚生労働省
#COVID-19


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org


 
 
 


 

 

2020年8月10日 (月)

新型コロナウイルス 都道府県別・患者数、人口あたり割合順位、死亡率等 一覧 (8月9日 24時現在)

  
世界が 3~4月当時のロックダウンを見直し、経済と政治の安定も目指した体制へと模索する中、日本も同様に規制政策からの脱却を目指しています。
ただ、共通意識の育成に必要な行政責任者の真摯で粘り強い説明と、体制を支える医療従事者や保健所の方々等への配慮が不足している様に見えます。
   
20200809_by_prefecture

  
出典 : 厚生労働省
#COVID-19
  
  
            *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *
 

全日本 新型コロナウイルス 治療中患者数 等、推移表

 

全国各地で予想外に多くの感染者報告が続き、多くの人々は不安を募らせている中、行政責任者の説明不足とは裏腹に、医療関係者の奮闘ぶりが伝わってきます。
6月下旬以降、下がり続けていた退院率が、増える感染者数にも関わらず、8月9日、僅かに改善しています。
お盆休みも無い体制の中で働き続ける彼らの為にも、彼らが定期的にPCR検査を受診できる体制を国として整えるべきです。

20200809_patients_in_jp

出典 : 厚生労働省
#COVID-19        
   

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org


 
 
 

2020年8月 4日 (火)

新型コロナウイルス 都道府県別・患者数、人口あたり割合順位、死亡率等 一覧 (8月2日 24時現在)

    
報道はセンセーショナルな内容を求め、ただただ新規感染者数ばかりを追いかけ、事前に “第2波” を想定すべき行政責任者は「想定と対応」さえ事前公開せず、メディアからの批判がわし、国民への “子供騙し” 説明が目立ち過ぎます。
先ずは、負荷が集中している医療従事者や保健所の方々への配慮を示すべきです。

20200802_by_prefecture
出典 : 厚生労働省
#COVID-19



      *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

 

『 全日本 新型コロナウイルス 治療中患者数 等、推移表 』
    
連日のように、東京・関東地区以外、全国各地での新規感染者が最多という報道ばかり目立ち、メディアは不安を増大させるのが責務でありません。
キャンペーン政策の是非とは別に、盆休みを返上で連日対応にあたっている人、治療中の家族の立場に立った視点が欲しいものです。

20200802_patients_in_jp

出典 : 厚生労働省
#COVID-19


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org




2020年7月19日 (日)

新型コロナウイルス 都道府県別・患者数、人口あたり割合順位、死亡率等 一覧 (7月17日 24時現在)

   
PCR 検査体制は 国会指摘後 5ヶ月経っても最大 3万件強/日 の低さに留まる中、陽性者数の増大にも関わらず、重症者数や死亡者数は低く抑えられていますが、PCR 検査体制の地域間格差が表面化している恐れがあります。
   
行政トップの不明瞭・不明確な対応が改善されない中、各医療機関や保健所などで対処されている方々の熟練度が高まっている様子も見えます。

20200717_by_prefecture

出典 : 厚生労働省
#COVID-19

 

 

************



『 全日本 新型コロナウイルス 治療中患者数 等、推移表 』


5月25日に緊急事態宣言が解除されて約一か月間、感染した人が順調に回復して退院された様子が分かります。
 
また、感染者数が増えていますが、主要国の中では決して低くない致死率を、現在の 4%台が続く事を願います。

20200717_patients_in_jp

出典 : 厚生労働省
#COVID-19

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org




 

 

2020年7月13日 (月)

新型コロナウイルス 都道府県別・患者数、人口あたり割合順位、死亡率等 一覧 (7月12日 現在)






クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org




続きを読む "新型コロナウイルス 都道府県別・患者数、人口あたり割合順位、死亡率等 一覧 (7月12日 現在)" »

2020年6月30日 (火)

新型コロナウイルス 都道府県別・患者数、人口あたり割合順位、死亡率等 一覧 (6月28日 現在)

    
メディアは連日の様に東京都で増え続ける新規感染者数だけを注目し続けていますが、東京の感染が日本全体の感染の代表ではありません。日本の殆どの都道府県では新規感染者を出していない上に全員退院の都道府県も増えています。
従って、今後何らかの特別手配を行なう際には、全国一律ではなく、地域・地方別の対処が必要な事は明らかです。

20200628_by_prefecture

 

『 退院率 と 患者数 』
  
東京都など新規感染が拡大している地域の影響もあり、治療中の方の人数は前回(6/21)報告時の 710名から 821名へと増えています。が、5月初旬には 1万人を超える患者の方が居た事を考えれば大きな喜びですし、大半の都道府県では順調に退院が進み、危惧された程に増えていないと言えるでしょう。
  
良い兆候もあります。それは 重症者の方の人数と致死率が下がっている事です。つまり、感染しても重症化する人の人数が減り、感染しても亡くなる人の割合が小さくなっているという事です。
これは、医療現場での治験が高まり対処が適確になっている事や、感染した場合に重篤化しやすい人々や施設などでの防疫が進んでいる事による成果でしょう。
 
ただ、経済や教育などへの対応で様々な緩和策が進み、今後更に感染拡大が拡がる懸念もあるので、実質的な致死率の低下だけで喜んではいられません。
4月の緊急事態宣言が出された時期より落ち着いた今こそ、感染抑制や拡大懸念に対する対策を一層進めておく必要があります。同時に、2月の 厚生労働省処置の国会答弁に反して、現段階でも 国内での PCR検査可能数は 一日あたり最多で 2万件程度に留まっている事も忘れてはいけないでしょう。

 

出典 : 厚生労働省
#COVID-19

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org








より以前の記事一覧

GRA代表:小林の紹介

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ