カテゴリー「日記」の記事

2024年7月15日 (月)

昨夜の夢、悪夢の教訓 / Lessons from a nightmare


昨夜(未明に)夢を見ました。

22年間勤めた会社の社長が出て来て、得意先さんへの対応を僕が忘れていたというシチュエーションでした。怒鳴ったりしない人ですが、理屈と皮肉をミックスしてプレッシャーを掛ける人ですから、そりゃあ、慌てました。

急いで、受注書や関連する資料を揃えて、得意先さんの所へと行く事になり、その際に、得意先さんの近くに居る、社長の家へ行く事になりました。ところが、その家は僕の実家という設定でした。(支離滅裂な設定です)

I had a dream last night (early morning).

The president of the company I've worked for for 22 years came in and told me that I'd forgotten how to deal with clients. He's not the type to yell, but he does put pressure on me by mixing logic and sarcasm, so naturally, I was flustered.

I quickly gathered the order form and related documents and headed to the client's place, and on the way there I ended up going to the president's house, which was close to the client's house. However, the house turned out to be my parents' house. (It's a very incoherent story.)


急いで駅に向かって、電車に乗ったら、なぜか新幹線でした。そして、着いた駅は、実家のすぐ近くにある 田舎の無人駅でした。

I hurried to the station and got on the train, but for some reason it was a Shinkansen. And the station I arrived at was an unmanned station in the countryside, very close to my parents' house. 

汗を拭きつつ 社長の家(僕の実家)に入ると、どこかで見た事がある人達が大勢いましたが、肝心の社長は不在で、言い訳と対応策を考えていると、聞き覚えのある女性の声で「どうしたの?」と言われたので、振り返ると、身長 155㎝ ほど、ストレートのおかっぱ頭で、肌の色が濃い銀色の、どこかで見覚えのある女性でした。

そこで、夢から覚め、「人に圧力を掛けるのはやめよう」と思いました。
僕も、少なからず 理屈で人に依頼したり 説得する事が多く、知らずしらずの内に 圧力を掛けてしまっている事があります。でも、決して良い事ではありません。

これを読んでいる人の中で、僕から圧力を受けた経験のある人にはお詫びします。
反省して、今後は更に気を付けます。

Wiping the sweat off my face, I entered the president's house (my parents' house). There were many people there that I had seen before, but the president himself was not there. As I was thinking of an excuse and a countermeasure, I heard a familiar female voice say, "What's wrong?" I turned around and saw a woman who looked familiar, about 155 cm tall with dark silver skin.

Then I woke up from my dream and thought, "I've got to stop putting pressure on people." I too often ask or persuade people with logic, and sometimes I put pressure on them without realizing it. But it's never a good thing.

I apologize to anyone reading this who has been pressured by me.
I will reflect on this and be more careful in the future.

































2024年7月12日 (金)

夏が花壇に咲きました / Summer has bloomed in the flower bed

 

すっかり聞き慣れた「線状降水帯」の影響で、各地が様々な水害に見舞われていますが、みなさんはお変わりはありませんか。そんな梅雨が明けきらぬ空模様の下、わが家の花壇には夏が咲いています。

It is the rainy season in Japan. Heavy rains have caused various floods in various places, but even under the sky that shows no sign of ending the rainy season, summer is blooming in my flower bed.



そのトップバッターは、このひと月で一気に伸びて、背丈が 1.5m にもなっている 「アメリカセンダングサ」です。キク科の植物らしい黄色い花を咲かせて、一見、可愛らしく見えますが、実際は違います。水田付近などでもよく見掛けるのですが、大食漢で一気に伸びる事から、周りの草花の栄養を奪ってしまう外来種で、農家の方からは嫌われているようです。 という訳で、僕も、明日、別れを伝える予定です。

First, I would like to introduce "American Bidens" which has grown rapidly in the past month and is now 1.5m tall. It blooms yellow flowers typical of plants in the Asteraceae family and looks cute at first glance, but in reality it is not. It is an invasive species that is a voracious eater and grows rapidly, robbing the surrounding plants of their nutrients. I plan to tell him tomorrow that I want to break up with him.




次は、昨年は見掛けなかった新顔・「オニユリ」です。これも花季が 7~8月の 夏の花で、その根っこに「ムカゴ」をつける植物です。だから、「ムカゴ」の収穫期が楽しみです。

Next is a newcomer that I didn't see last year: the tiger lily. This is also a summer flower that blooms in July and August, and it is a plant that produces bulbils at its roots. So I'm looking forward to the bulbil harvest season.




最後は、初めて知った「ヤブミョウガ」です。前の二人が比較的開けた場所を好む様ですが、これは 名前の通り、日陰の木漏れ日が差す場所が好みとの事。 僕のイメージですね。

The last one is "wild ginger", which I learned about for the first time. The previous two seem to prefer relatively open areas, but this one, as its name suggests, prefers shady places where sunlight filters through the trees. It's just like my image.






























2024年7月 8日 (月)

動画編集を再開、しかし... / I have resumed video editing, but...

    
極度の体調不良から、少しずつ回復してきましたので、最近、動画編集を再開しましたが、思ったように作業は進みません。

I've been slowly recovering from my extreme illness, so I've recently started editing videos again, but things aren't going as well as I'd hoped.

      ******

記録を確認すると、2022年、約2年前で動画の作成は止まっていました。それ以前からかなりハードな作業を自分自身に課し続けて、徐々に息切れを感じ始めていた頃です。2023年になり、事務局(住居)移転計画に注力していた頃、心不全で入院する程になり、7月に引越しはしたものの、定期的に発作は続くため、完全に療養モードに切り替えざるを得ず、最近になり、少しずつ PC作業を増やしていく中、動画編集再開に挑戦したのですが ...失敗だらけです。
 
屋外での路面清掃活動は身体にとってはストレスで、体調不良や発作の原因になりますが、PC作業も 意外に大きなストレスになっている事を発見しました。特に、記事や解説図作成など、創造的作業が連日続くと、耐える「耐力」が不足していて、身体の症状に表われるのに手を焼いています。 でも、回復させる楽しみは覚えてきたので、身長に、ストレスにならない様に、少しずつ作業量を増やして、やっと動画編集まで辿り着いたのです。 が、やってしまいました。 失敗してしまいました。2本の動画編集を同時に進めていたのですが、片方の動画を保存の際、誤って残りの片方に “上書き” 保存してしまったのです。 はい!、苦心して進めた編集作業の成果が消えてしまいました。

これも教訓ですね。能力ギリギリで作業をする時は、リスクへのケアが必要です。
今は、消えてしまった編集動画を悔やむ事なく、前回以上に良い動画を目指して、体調の良い時に作業を行なっています。
どうぞ、乞うご期待です。
 

 


In 2023, when I was focusing on planning the relocation of the office, I was in such a bad condition that I was hospitalized with heart failure. Although I moved in July, I continued to have regular attacks, so I switched to a complete recuperation mode. Recently, as I gradually increased my PC work, I tried to resume video editing, but I failed a lot.

Outdoor street cleaning activities are stressful for the body and cause poor health and attacks, but I discovered that PC work is also a surprisingly big stress. In particular, when creative work such as writing articles and explanatory diagrams continues day after day, I lack the "endurance" to endure, and I am having trouble with the physical symptoms. However, I have learned the fun of recovering, so I gradually increased the amount of work so as not to stress myself, and finally made it to video editing. But I did it. I failed. I was editing two videos at the same time, and when saving one video, I accidentally "overwrote" the other one. Yes! The results of my painstaking editing work have disappeared.

This is also a lesson to be learned. When working at the edge of your capabilities, you need to be mindful of the risks. Now, without regretting the lost edited video, I am working on it when I'm feeling better, aiming to make an even better video than the last time.
Please look forward to it.


































2024年7月 3日 (水)

今日出逢った言葉 / Words I came across today


時々落ち込み、時々迷ってしまうので、
脱出口を探して、良い言葉に出逢いました。

直訳日本語は
「微笑めば世界は一緒に微笑み、泣けば 一人で泣く
   笑顔で考えよう」です


考えてみると、僕の長所は笑顔だけかも知れない
だから、笑顔を忘れると落ち込むのも当然


だから、良く言われているこの言葉の最後に
Think with smile 「笑顔で考えよう」を加えました
これで、迷いも減るでしょう


      ********

Sometimes I feel down and lost,
so I was looking for an escape route and came across a good quote.

When I think about it, maybe my only good point is my smile.
So it's no wonder I get depressed when I forget to smile.

So I added "Think with smile" to the end of this commonly said quote.
This should help me feel less lost.
























2024年6月14日 (金)

「こんにちは」とATM / "Hello" and the ATM


僕は、引っ越して来たこの集落が好きです。
誰とでも「こんにちは」と挨拶が返ってくるのが好きです。
以前、住んでいた街では味わえなかった事です。

天然の良港に恵まれ、平安時代から交易の一大拠点として栄え、
全国から船や商人が集まったからでしょう。
“よそ者” の僕を、興味深く、優しく迎えてくれます。

元々、見知らぬ人と挨拶を交わすのが好きな僕は、
道で会う人、誰彼かまわず、笑顔で挨拶を楽しんでいます。
病気で弱っていた身体には、とても良い “薬” です。

そんな集落で、たった一台の ATM での出来事です。
この地区でも、海外から仕事で来日している人は多く、
その ATM は、都市部よりも英語をよく喋っています。


角なので、最近は、僕も英語を使って操作しています。
最初は何と言っているのか分からなかったのですが、
最近は、少しずつ “会話” ができる様になりました。

そんなある日、年輩の女性がやって来ました。
僕が “英語” で会話をしている様子を見ていたので、
僕は確信しました。

きっと、彼女は僕の事を “異邦人” だと思っている筈だと。
だから、ATM が最後に「サンキュ」と喋った後、
思いっきり日本語で 「こんいちは、お先でした」と挨拶しました。

その時の、目を丸くして、僕を見つめた彼女の顔は忘れられません。
こんな風に、人々との挨拶や会話のある生活で、
以前よりも、少しずつ元気を取り戻しています。

 


I like this village where I moved. I like how everyone greets me back with a "hello."
This is something I never experienced in the town where I lived before.

This is probably because the village is blessed with a good natural harbor and has long flourished as a major trading hub, attracting ships and merchants from all over the country. Even though I'm a "stranger," they are interested and warmly welcome me.

I've always liked exchanging greetings with strangers, so I enjoy smiling and greeting everyone I meet on the street. It's a very good "medicine" for a body that has been weakened by illness.

This happened at the only ATM in this village. In this area, many people come to Japan from overseas for work, and the ATM speaks more English than in urban areas.

Since I have the opportunity, I've been using English to operate it recently. At first I didn't understand what they were saying, but recently I've been able to "converse" little by little.

One day, an elderly woman came by. As she had seen me conversing in "English",
I was convinced. She must have thought of me as a "foreigner". So after the ATM said "Thank you" at the end, I greeted her in perfect Japanese, saying "Hello."

I will never forget the look on her face as she looked at me with wide eyes. 
Living a life like this, where I can greet and converse with people,
I am slowly regaining my energy.




























 


2024年6月 8日 (土)

ダンパーに惹かれて、マスタングGTD / Mustang GTD, Attracted by the Damper

 

source : Motor Trend 
 
フォードムスタングの話題ですが、特にこの車に興味があるのではなく、そのダンパーを含めたサスペンションの構成にとても興味が惹かれたので、ここに共有します。何しろ、高い性能を誇る マルチ マチック社製のダンパーが 本来の性能を充分に発揮できるよに、特別に設計された サスペンション用メンバー(フレーム)に装着されているからです。
 
I am not interested in the Ford Mustang in particular, but rather in its suspension configuration, including the dampers, which is why I am sharing it here. The suspension frame is specially designed to allow the high performance of the Multimatic dampers to fully demonstrate their true potential.
 


マルチ マチック 社製のダンパーは、特にモータースポーツの世界では圧倒的に高い信頼とシェアを誇っていて、F1 車両の多くや、日本の スーパーGT選手権の 500クラスでは全車が装備している事からも明らかです。


この ムスタング GTDは 限定生産・販売される車両で、フォード社のプレスティッヂを高める目的で、スパフランコルシャン サーキットでのタイムトライアル や グッドウッドのフェスティバルなどに参加するのが主目的で企画された、サーキット専用車の公道用モデルとして販売される様です。

サスペンション構成は、ホイールストロー駆に対してより多くのストロークを得て高精度なダンピングを発揮させる為と、メンバーの剛性を高める目的で、シングルシーターを始めとするレース車両で一般滝な、ダンパーを車体左右方向へ斜め方向に配置して、プッシュロッドを介したリンクを通じて作動させる方式を採っています。
 


また、電子制御でダンピングを ミリ秒単位でコントロールしているのは当然として、ロード用とトラック(サーキット)用の両方に対応する為、二つのレートが異なるスプリングを配置して、トラックでは 一方のスプリングをダンパー上で圧縮させて、スプリングレートを一気に高めると同時に 車高も下げるシステムが装着されている点です。これは マルチマチック社製の製品として今まで知られていなかったシステムですが、数年後には、マルチマチック社や他の有力なメーカーでも採用して市販するシステムになると 思われます。(特許の問題が鳴ければ)


話は一気に変わって、最近のオートバイのリアサスペンションで良く採用されている方式ですが、ダンパー・コイルユニットを 前方へ大きく傾けて配置して、リンクを介して作動させる方式も このムスタングが採用している方式と似ていて、特にオートバイの場合は ストロークに応じて機構的にプログレッシブにレートを高めていますが、実は、一定の効果はありますが、リンク部の設計や素材、そしてメインテナンスが影響して、却って動作が悪くなっている例を多く感じています。 僕のトライアンフもリンクを介していますが、実際には、リンク部に特別な処置やメインテナンスを重ねた状態でも、リンクを介していない ヤマハ R6.やFZ6系の方が スムーズな作動性と高い操縦性でとても気に入っていた程です。  
 .

【 Motor Trend 】

https://www.motortrend.com/features/2025-ford-mustang-gtd-trick-suspension-damper-window-design/?fbclid=IwZXh0bgNhZW0CMTAAAR2e5JCnhUQUMYQooKf8_psbL-cwQwVjI6cO4EZws-B2aoEVNgXnxxeM7WE_aem_AXrZpoJR-vAPr2ygin1sDmHTX7tL38ZSS5MUVVB5ptfI6o1mO5hyq97X4-1lkfP0j7dyekiBRsEEQPepZLA1BcCp




























2024年5月30日 (木)

オートバイショウと文化 / Motorcycle Show and Culture


source : Bike EXIF 


カナダのトロントで、6月7日から3日間、Moto Craft Show が開催されるに合わせて、そのショウでも展示される、世界的に有名な ビルダーたちが製作したカスタムバイクが紹介されています。

In conjunction with the Moto Craft Show being held in Toronto, Canada for three days from June 7th, custom bikes made by world-famous builders that will also be exhibited at the show are being introduced.

【 Moto Craft / Speed meets Art 】
https://thevintagent.com/2024/05/01/moto-craft-where-speed-meets-art/


このショウの共同プロモーターの Alex de Cartie 氏の言葉ですが、「この国でのオートバイショウの伝え方を再定義したい」「オートバイショウのシーンには文化が本当に欠けています。基本的に私達が持っているのはトレード(商売)ショウだけだからです。」と述べており、そういう意味で、ビルダー達が製作したカスタムバイクを「Speed meets art」と題してショウに組み込んだ狙いは良く理解できます。どの作品も とても手が込んでいて、市販車では決して味わえない上質な香りがします。


日本でも、ショウはトレードショウのレベルに留まっている様に見受けられます。掲載したカスタムバイクでなくても、一台の市販車を、完全に分解して、一つひとつの部品の面とりなど細部を磨き込み、改めて精度高く組み上げた車両が高く評価される文化が欲しいものです。




































 

2024年5月27日 (月)

今も彼一人、鳴いています / He is crying alone


僕の家に、彼女を探して新居を作った彼
けれど、完成した新居をスズメ達に壊され、
彼女は去ってしまって 9日が経ちました

In my house, a male built a new house in search of his girlfriend.
But the sparrows destroyed his new house,
She's been gone for nine days now.

でも、それから彼は鳴き続けています
「ここで、巣をつくろうよ!」と
今も、アプローチを続けています

But since then, he's been singing.
“Let's build a nest here!” “Let's build a nest here!
He's still making his approach.


    ******

コシアカツバメは渡り鳥です。
南の越冬地から日本へと渡って、子供つくりをします。
最初にやって来るのはオスで、適した場所を確保します。
遅れてやって来るメスは、新居作りに適した場所を探して、
不動産管理しているオス達を、次から次へと訪ねます。

場所が気に入らなかったり、オスが気に入らなかったら
当然ですが、去って行きます。
そして、残されたオスは、鳴き続けます。

もうすぐ梅雨の季節となります。
卵を産んでからヒナが誕生するのに約 2週間
ヒナが巣立つまで成長するのに約 3週間
巣立ちを夏までに終わらせるには、
巣の修復を考えると、日数はあまり残っていません。

ツバメの平均寿命は 1年半ほど言われています。
ですから、渡りと巣作り、育児は一生の大仕事です。
僕の家を選んだ彼とは、あと何回会えるか分かりませんが、
頑張っている彼を応援しています。



























 

 

2024年5月19日 (日)

雨空に鳴くコシアカツバメ / Red-rumped Swallow Cries in the Rain


4月から、僕の家に新居を作る事を決め、彼女と二人で毎日、新居作りに励み。彼女が内装工事に入ってから、少しずつ二人の距離が縮まっていたコシアカツバ。
実は、昨日朝早く、新居が目に留まったのか、近所のスズメのカップルの攻撃を受けて、入り口付近が大きく破損させられてしまいました。(赤色の部分)

The Red-rumped swallow decided to build a new home in my house, and since April, my girlfriend and I have been working hard every day to build a new home. The distance between the two of them had gradually narrowed since she started the interior decoration work, but early yesterday morning, the house was attacked by a couple of sparrows in the neighborhood, and the area near the entrance was severely damaged. . (red part)

 


新居が壊されたにも関わらず、昨日は、二人一緒に窓の外で思案している様子も窺(うかが)えたのですが、今日は生憎の雨、夕方になっても、彼一人、いつもより高い電線の上で、彼女を呼び続けていて、とても不憫(ふびん)です。

Even though their new house was destroyed, yesterday I could see them thinking outside the window, but today it was raining, and even in the evening, he was alone.  He keep calling out to her from a higher wire than usual, which makes me feel very bad.



きっと、明日は晴れ。好転する事を願っています。

I'm sure it'll be sunny tomorrow. I hope things get better.
































2024年5月17日 (金)

”バタフライ効果”で、二人来(きた)る / Two people come due to the “butterfly effect”

  
交通公園の路面清掃を始めてから、”バタフライ効果”が起きています。
でも、バタフライ効果の特徴は、次にどんな事が起きるか分からない点です。
あまり期待せず過ごしていたら、今日も、ありました。

Since I started cleaning the roads at traffic parks, a ``butterfly effect'' has been occurring. However, the characteristic of the butterfly effect is that you never know what will happen next. I wasn't expecting much, but today, it happened.

 

今日は、朝早くより発作が始まり、予定していた路面清掃を行なうのを諦め、休んでいたところ、異変は音と共にやって来ました。少しだけ賑やかなオートバイの排気音がやって来て、続いてドアチャイムの音が 2階まで届きました。全く心当たりのない排気音なので、少し不安に感じながら、下りて、ドアを開けたところ、少し見覚えのある男性二人が立っていました。

Today, I had a heart attack early in the morning, so I gave up on cleaning the road that I had planned to do and was resting when something strange happened with a sound. The sound of a slightly lively motorcycle exhaust came, followed by the sound of a door chime reaching his second floor. The exhaust sound was completely unfamiliar to me, so I was a little worried, so when I got out of the car and opened the door, I saw two men who looked a little familiar standing there.



一人は、、彼は1991に設立したGRAの黎明期を当初から支えてくれた人で。1994年7月に開催したイベントを最後に全く連絡も無かった人です。もう一人は、1988年頃、僕がオートバイでよく出かけていた場所でよく会っていた人で、昨年、引越しの準備を一度手伝ってくれましたが、1990年以来殆ど会っていなかった人です。そんな二人が、お互いが知り合いでもない筈なのに、初めて目にするオートバイでやって来てくれたのです。

One is the person who supported GRA from the beginning when it was established in 1991. This is a person with whom I had no contact at all after the event held in July 1994. The other person was someone I used to meet halfway up the mountain when I was mountain climbing on my motorcycle around 1988. He helped me prepare for moving once last year, but I haven't seen him much since 1990. This is the person who Even though these two people didn't even know each other, they came to see me on motorcycles for the first time.


聞けば、二人共、今日予定していた路面清掃にやって来て、そこで知り合って、清掃を少し行なった後で “様子見” にやって来てくれたのです。驚きました。こんな事で長年会っていなかった二人が一緒にやって来てくれた事に。そして、少し動揺もしています。このまま路面清掃を続けていったら、一体、何が起きるのだろうかと。

When I asked them about it, they both came to the street cleaning scheduled for today, met each other there, and after doing some cleaning, they came over to see how things were going. I was surprised. Because of this, two people who hadn't seen each other for many years came together. And I'm also a little upset. I wonder what will happen if road cleaning continues like this.


どちらにしても、人生は驚きと不安と希望に溢れている事は間違いありません。ただ、小市民の僕としては、次の開催案内をインターネット上に出すべきか、出さない方が良いかを迷っています。一晩考えてみますが、少しビクビクしながら、様子見しながら、信じる方向へと進むしかないでしょう。

Either way, there is no doubt that life is full of surprises, anxieties, and hopes. However, as a small-time citizen, I am unsure whether I should post the next event information on the Internet or not. I'll think about it overnight, but with some trepidation, I'll have to wait and see and move in the direction I believe.





























 

 

より以前の記事一覧

GRA代表:小林の紹介

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ