カテゴリー「日記」の記事

趣味ではなく、“複業” パラレルキャリア なのだ !

      
『 良い趣味ですね 』

「オートバイで走る活動をしています」と言うと、他人からは「良い趣味ですね」という言葉が返ってくる。
   
「 日本一にもなっています 」とか
「 沖縄から北海道まで、全国各地を転戦するシリーズ戦を開催していました 」と言っても“ 趣味 ” と受け止められる。
 
だから、「 NPO法人を運営しています 」と言う時にも、趣味に “ 毛が生えた ” 程度の表現で今まで納得もしていた。
でも!  今日、それは違う事に気が付いた。
   

“ 複業 ” ( パラレルキャリア )なのだ。
趣味でもなく、副業でもなく、立派なキャリアなのだ。
 
   
『 二つのキャリアがあるからこそ 』

単に収入を得る職では決して得られない、専門的で高度な内容の知識やスキルを、はるかに多くの人と共有する事で得られた知識や経験、情報は 僕の人生にとって重要なキャリアになっている。
だから、“ 複業 ” ( パラレルキャリア )と 言う事にする。
   
その “ 複業 ” で得られた事は、数多くのイベント開催を実現する為の企画力、参加者データを活用する為の RDB(リレーショナルデータベース)活用知識、全国各地の開催会場候補や協賛企業との交渉技術、広報先の各専門誌への直接訪問では業界情報を直接知り、時には専門誌に毎月 3ページ寄稿の経験もしたし収入も得た。
そして SNS、ブログ、Webサイト構築技術と経験、画像や映像の編集技術など数多くを得られたのも、この “ キャリア ” があったからだ。
   
もちろん、収入を得る職でもそれなりのキャリアがある。
最初に入社した会社では、社長と二人で年商数億まで売り上げを伸ばしてきたし、次に入社した会社では、一人だけの事業部の立ち上げを任されて、海外メーカーと直接交渉して専売権を得た商品は日本国内で独占的シェアを15年以上得てきた。
けれども、“ 複業 ” ( パラレルキャリア )で得た技術があったからこそ、購買専用Webサイトの構築や画像・映像の編集技術で売り上げの実績も残してきた。

“ 収入職 ” と “ 複業 ” の両方があったからこそ、僕の人生のキャリアが残せている事は間違いない。
だから、“ パラレル キャリア ” と言おう。   
 
 
『 どちらが大切 ? 』

では、ここで自問してみよう。

「 どちらのキャリアが大切なのか? 」と。
   
格好をつけて言うなら、どちらも大切です! となるが、実際にはそんなに簡単なモノではない。
   
収入職で毎日通勤していた頃でさえ、平日、どちらのキャリアのためにより多くの時間を割いていたかと正直に言えば、
「 それは、〇△× です 」という時代もあったからだ。
   
一方が主体で 残る一方が従属の関係では決してない。
だから、副業 ではなく、“ 複業 ” ( パラレルキャリア )なのだ。
 

『 これからの事 』

これは自問する程の事でない事ははっきりした。
GRA活動で築いたキャリア、NPO法人の代表理事としてのキャリアを正当に評価せず、ただ単に 収入職 の内容や収入額だけで僕を評価する人とは、人と人として真剣に信頼し合える関係は築けないだろう。
   
そして、例え収入が良くても、“ 複業 ” を一切評価する事のない 取締役の会社より、正しく評価をする 取締役の下での職を選ぶだろう。
そうなれば、今までに得た経験や知識を発揮し、その上で、収入職で新たな経験や技能の習得に励むのは間違いないからだ。
   
収入職を辞めてから、少しみじめで自信を失いそうな時もあったけど、この “ 複業 ” ( パラレルキャリア )があったからこそ 僕の人生であり 大きな特徴なのだ! と初めて気づいて、少し幸せ感に包まれている。
   
毎日、毎日、両方の “ 職 ” (キャリア)に 追われていたままだったら、気づかなかったかも知れない。

   
「 あぁ、仕事辞めて良かった 」
 
 

    
    

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

掘り出した過去

      
先日、ガレージの整理していた時、
片隅から出てきた額縁付き感謝状。
 
深夜、近所の若い女性の部屋で発生した事件で、
犯人を追いかけて捕まえた時のもの。

丁度、大震災の一年前の事だから、
ガレージに引っ越してきてそのままだった。
   
そう言えば、そういう事もあったね。
もう殆ど忘れてしまっていたけど。

折角だから、自宅に持ち帰るけど、
何処にしまっておこうか。 
    
Img1_web1000

    

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

走りたいのに、走りたくない

 
外の陽光に騙されて、
走る格好で出てみれば、
みぞれ混じりの雨が路面濡らしてる。
   
走りたいのに、
走りたくない。
   
7721c5042c2148a98fac69f474427863

 

   
仕方ないので、防寒着のまま、
窓全てを開き放ち、
大掃除始める事に。
   
全国の皆さんも、
雪や寒風に負けず、
良き日々と新年を迎えてください。

 

さあ、掃除済んだら、賀状作りだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【 世界 2m走 選手権大会 】 開催 !

   
世界選手権大会をやりましょう!
年齢を問わず誰でも参加できて、どこでも、いつでも開催 !
 
 
■ 必要な機材 ■   ・・ストップウォッチ のみ
 
■ 必要な人材 ■   ・・ 採点員 5名、 競技参加者 1名以上 のみ
 
■ 開催会場条件 ■  ・・ 全長 4m、幅 1.5m( 駐車枠程度 )

 
 
 
Img_1_web1000  
≪ 競技内容 ≫

      〇 スタートラインについて、合図に合わせてスタート
      〇 2m 先のゴールラインを体の一部が過ぎる迄を競う
      〇 10秒以内にゴールが完走条件で、10秒以上は失格
      〇 スタート後は、止まってはいけない
      〇 スタート後は、バックしてはいけない
      〇 採点の「タイム点」と「技術点」、「芸術点」の合計点
          で競う
 
 
『 タイム点 』

      スタートからゴールラインを過ぎるまでの測定タイムの10倍
      を“ タイム点 ” とする
 
『 技術点 』

      アスリートらしく、優れた走力や筋力を見せつける程に高い
      点数を得られる採点は 5名の採点員が 持ち点 5点で判定し、
      採点結果の最大と最少の採点を除く、3名の採点の合計とする
 
『 芸術点 』

     アスリートはパフォーマーでもある事を表現した者ほど高い
     点数
が得られる採点は 5名の採点員が 持ち点 5点で判定し、
     採点結果の最大と最少の採点を除く、3名の採点の合計とする
 
 
以上 !
 
【 世界 2m走 世界選手権大会 】は すでに始まっている ??

 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はち蜜と柚子、ゲットして鈴鹿へ !

   
明日は鈴鹿サーキット 交通教育センターへ行って、
講習の様子を見学勉強させてもらいに行く日。
聞けば、担当インストラクターの方は倉田さんとの事。
久し振りにに倉田さんの側で勉強しなくては。
   
それと、鈴鹿では愛知県に住む知人と待ち合わせの約束だ。
彼女には 公式Webサイトの作成と管理でお世話になっていた。
お礼と今後の事で相談したい事もあるから、
手土産を持って行く事にした。
手土産はチョコレートに決めて、近くの市場を歩いても、
好きだった店が廃業した後、今は気に入った店が無い。
 
 
と、そんな時、店先の出店に目が行った。
テーブルひとつではち蜜を販売されている様だ。
値段は手頃だから買う事にした。
   
でも、その後が長かった。
養蜂家の中南さん、話好きのおじさんで、女性特有のイジメ構造の話から女性特有の脳は生物学的産物か? 社会学的産物か?
はたまた、中国産のはち蜜に席巻されている日本市場だが、中国での生産方法の懸念、日本での生産の時期や生産方法、果ては男らしさとは等、押し付けではない面白い話が続いた。
 
そんな彼、商売も上手で、柚子をおまけでたくさんつけてくれた。
これで、柚子もお土産に持って行ける。
そんな新しい人との出会いがあるから、人生は楽しい。
    Cimg2847_1000  

 
   

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダンパー問題

   
ダンパー、ニュースで注目されて嬉しい。
車や電車、飛行機で安全の為に毎日働いている大切な部品だ。
これを機会に初期性能より低下した部品の交換議論も欲しい。
建物のは殆ど働いていないから良いけどね。
   
全ての車やオートバイにも必ずダンパーは装着されている。
安全の為に、タイヤ、ブレーキに次ぐ大切な部品だ。
でも、使うほど初期性能が下がっているのに、タイヤほど注目されていない。
タイヤやブレーキと同様に定期交換が当たり前なのに。
   
まるで、恥ずかしい“いじめ” だね。
より多くの人の安全に関わっている事を見ずに、ほころびだけを突くなんて。
今回のニュースをきっかけに他の誰かを非難するだけではなく、
自分自身が乗っている車両のダンパーの定期交換をしなくては。

 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浮揚感、少し

      
「 アレをしなくては! 」
「 コレも遅れずに済ませなくては! 」
   
決して全てをやり遂げられない日々から離れ、
本当に大切なコト、生きるべき方向を求め、
日々の束縛を離れてから 2か月。
   
一見、心地良い浮遊感の中、
緩やかに堕ちていく感覚も覚えていた。
下手にもがくコト無く、何も見えない世界で漂っていた。
   
が、先日、ようやく変化を感じた。
ほんの少しだが、“ 浮揚感 ” を感じた。
もしかすると、堕ちが止まったのかも知れないがそれで十分。
これで、ようやく次への道が拓けてくる、そんな予感だけで十分だ。
やはり、人は人の中で人になる真実こそが基本だ。
   

Img2_800
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

髭の明日は?

 
人生を、見つめ直したいと決めた
あの日から、髭は伸び続けている。
 
半世紀、剃り続けられていた髭が、
今、新しい体験を与えてくれている。
 
最初は、僕に“引き籠り” をくれた。
脱落者の“レッテル” に見えたからだ。
 
やがて、それは他人を見る鏡になった。
スーツでいた頃とは違う反応が返ってきた。
 
コンビニやスーパーでは変わらないが、
堅い職業の人ほど偏見が強いようだ。
 
県庁や区役所へ各種手続きで行く度に、
それは確信へと変わっていった。
   
でも、撮った自画像を見て同情もする。
あまりにも無精髭すぎるからだ。
    
Beard_web1000    
フォトショップで多少は修正したが、
やっぱり、少しは手入れがいるようだ。
 
さあ、面倒なトリミングか?剃り落としか?

この人生、明日は何を見せてくるのだろう?
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

靴、購入記

   
一時退職(無職)で将来設計の今、
何故か “引きこもり” 気味になった生活を改めるため、
靴を購入した。
   
自転車 や オートバイで使う為の シューズ(?)だ。
色は当然の様に黄色で、靴紐はボアシステムと同じ、
ワイヤー使用のワンタッチダイヤル式だ。
   
と書くと、色と恰好で選んだみたいだが違う。
値段と安全性で選んだとも言える。
4000円を切る価格のトウガード入りの安全靴なのだ。
  Shoes_1000    
とにかく、ライディング専用商品は高過ぎる。
専用シューズやグローブ、ジャケットは買う気しない。
よほど、職業用製品の方がずっと良い品が多いから。
   
きっと、オートバイがファッション化したからだろう。
それは、自転車や山登り、ランニングもそうだけど、
なんか、窮屈だね。

 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白スーツ、届く

    
注文していたスーツが届きました。
上下ともに白で、マオカラー、シングル袖ボタンのスーツです。
   
困ったことに僕には変な癖があります。窮地に陥り気分が滅入った時、 “買い物” をする癖です。
オートバイでの転倒で脚の骨折った時には、花柄鮮やかなパジャマ上下を買い、1995年、震災で住居が全壊した時には、真っ赤な車体色鮮やか、発売直後の ヤマハTRX850を買いました。
   Trx850_500    
そして、今回の発注は「この転職失敗だったか? 辞めようか、続けようか?」と悩んでいる真っ最中。
賢明な人であれば、安定した収入が途絶える選択肢を考えて、決して悩むトコロではないでしょう。
しかし僕の場合、判断を下す以前に、ウジウジと考える自分自身が嫌なので、発注していたスーツです。
   Suit_1000     
でも、誤解をしないでください。
この白スーツ、決して軽井沢や南仏への避暑旅行や新郎衣装の為ではなく、仕事用のスーツです。
もちろん、使えるビジネスシーンは限られているでしょうが、その場面によっては大きな力になってくれるでしょう。
   
などと、勝手な理屈をこねて、気分発散しているかも? と僕自身も思う時もあります。
が、遠くない内に、僕の人生の強力なツールの一つになってくれる、と信じています。
 
  *   *   *   *
   
<追伸>
そう言えば、大学受験して合格した時、
兄が合格祝いに贈ってくれた【 スーツ製作券 】を使い、
初めて作ったスーツも白スーツだった。
少し黄ばみがあるけど、時には袖を通してやらなくては!

 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧