« 将来の電力・エネルギー源 “ブルーアンモニア” 考 / Blue Ammonia, the Future Source of Electricity and Energy | トップページ | 6月の “セミナー” 開催予定が、今日、決まりました! / The rescheduled date for the seminar in June has been decided! »

2023年3月13日 (月)

EUの2035年・内燃機車販売禁止に変化の影


米・ロイター伝、

ドイツ、合成燃料で走る内燃機関車の例外的販売求める
.
ドイツ、EUの2035年・内燃機車販売禁止策に反対、合成燃料エンジン車の許可求める。再生可能エネルギーで二酸化炭素と水素で燃料合成しゼロカーボン。全車種電動化には無理があると主張。
.
20230313
https://jp.reuters.com/article/climate-change-germany-autos-idJPKBN2V2062

.
**************
.
脱炭素化時代へと積極的に政策を進め、世界に先行する利益確保を目指したEU。充電インフラ整備、再生可能エネルギーの確保、EVの大量生産と価格引き下げの実現、自動車部門の雇用の影響緩和を目指したものの、インフレの加速やバッテリー価格などの上昇など当初の想定以上の障壁が懸念される様になっている事も大きく影響しているでしょう。
.
仮に、EUでゼロカーボンの内燃機車存続の道が拓ければ、水素や合成燃料による内燃機車も存続の道が残り、内燃機車が反社会的存在になる事を防げる事になる。
.
ドイツの提案に対して、イタリアやチェコなど EU加盟の3ヶ国も賛同の意向を示しており、EU議会での決定に注目が必要です。




Web1000_2022_topimg_20220203001001
https://gra-npo.org
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.









« 将来の電力・エネルギー源 “ブルーアンモニア” 考 / Blue Ammonia, the Future Source of Electricity and Energy | トップページ | 6月の “セミナー” 開催予定が、今日、決まりました! / The rescheduled date for the seminar in June has been decided! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 将来の電力・エネルギー源 “ブルーアンモニア” 考 / Blue Ammonia, the Future Source of Electricity and Energy | トップページ | 6月の “セミナー” 開催予定が、今日、決まりました! / The rescheduled date for the seminar in June has been decided! »

GRA代表:小林の紹介

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ