« 中国二輪各社、電動化時代、大排気量内燃機車の需要開拓へ / Chinese motorcycle manufacturers secure demand for internal combustion engines | トップページ | ハブステア車両の潮流になるか / Will this be a new trend in hub-steering vehicles? »

2023年3月 8日 (水)

極限走行ではなく、既に惨事です / It's not extreme driving, it's already a disaster

Dream Racer 伝

恐らく、1960年代頃の車両で現代仕様のサーキット走行中の場面でしょう。コメントでは「極限走行」の様に紹介されいますが、実際には既にコントロールを失った状態で、路面に叩きつけられる パッセンジャーが心配されます。 本車(オートバイ)だけを見れば大丈夫そうに見えますが、既に車体の向きと進行方向が大きく異なり、何よりも、リアタイヤがリムから外れていてはコントロールは無理です。そして、側車のパッセンジャーは脚の支えは無く、次の瞬間に起きる車体の急な挙動には、両腕だけでは支えられません。


329186412_3504689613123956_9066416820107
https://www.facebook.com/dreamracer.tv/photos/a.1572208056349882/3481159955454673/

 

In the introduction, it is introduced like "Extreme driving", but in fact it is already in a state of losing control. If you just look at the motorcycle, it looks okay, but it is impossible to control because the direction and direction of the car are already different and the rear tire is off the rim. And there is no leg support for the passenger in the sidecar, and I am worried about the next disaster.




Web1000_2022_topimg_20220203001001
https://gra-npo.org
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.











« 中国二輪各社、電動化時代、大排気量内燃機車の需要開拓へ / Chinese motorcycle manufacturers secure demand for internal combustion engines | トップページ | ハブステア車両の潮流になるか / Will this be a new trend in hub-steering vehicles? »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国二輪各社、電動化時代、大排気量内燃機車の需要開拓へ / Chinese motorcycle manufacturers secure demand for internal combustion engines | トップページ | ハブステア車両の潮流になるか / Will this be a new trend in hub-steering vehicles? »

GRA代表:小林の紹介

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ