« ハブステア車両の潮流になるか / Will this be a new trend in hub-steering vehicles? | トップページ | 将来の電力・エネルギー源 “ブルーアンモニア” 考 / Blue Ammonia, the Future Source of Electricity and Energy »

2023年3月10日 (金)

気になる一台、きっと「水スマシ」/ The one I'm curious about is definitely the "whirling beetle"!

 
BIKEEXIF 発、Wesley Reyneke 氏寄稿

一目で気になった車両です。
小ぶりなカウルやシート、前輪のエアスクープや後輪のホイールカバーが目に付きますが、一番注目しているのはフレームが変わっている点です。ヤマハ特有のステム設計で「甘い紅茶」の様な乗り味の鉄のクレードルタイプを捨て、新規に アルミでバックボーン型の剛性が高そうなフレームになっているのです。

長く伸びたホイールベースと低くセットされたハンドルバーで街中のUターンは苦手でしょうが、きっと、中高速のワインディングを低いエンジン回転数で水スマシの様に駆け抜けるのは気持ち良さそうです。その時は、青ではなく、黄色に塗り替えて。

 

Simonecontixs650

MECHANICAL ANIMAL: SIMONE CONTI’S CUSTOM YAMAHA XS650

https://www.bikeexif.com/custom-yamaha-xs650-simone-conti?fbclid=IwAR04LadOD2rA8JUcuf9DX5uc2YSrq6LRggCqrsynnUxUgIWdHwua7KBHoZw

 

The small cowl, seat, front air scoop, and rear wheel covers are noticeable, but the frame is the most noteworthy change.

The new frame is a rigid aluminum backbone type frame, abandoning Yamaha's unique stem design and the "sweet tea" ride of the steel cradle type frame.

With its long wheelbase and low-set handlebars, it probably won't be good at U-turns around town, but it will surely feel good to ride like a whirligig beetle through mid- to high-speed winding roads with a low exhaust note.

 

 

Web300_note_youkai








« ハブステア車両の潮流になるか / Will this be a new trend in hub-steering vehicles? | トップページ | 将来の電力・エネルギー源 “ブルーアンモニア” 考 / Blue Ammonia, the Future Source of Electricity and Energy »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハブステア車両の潮流になるか / Will this be a new trend in hub-steering vehicles? | トップページ | 将来の電力・エネルギー源 “ブルーアンモニア” 考 / Blue Ammonia, the Future Source of Electricity and Energy »

GRA代表:小林の紹介

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ