« オーストラリア、ワールドカップ代表選手たちの行動に想う | トップページ | “セミナー” リポート・『 フロントブレーキ、「旋回時」こそ大切 』掲載しました »

2022年11月 3日 (木)

一時代を築いたエンジニアが、また一人去りました

Motor Sport Magazine 伝、

多くの人々にとって、彼の存在は知られていないと思いますが、フェラーリで優勝を飾ったドライバーの名前や車両についてはご存知の方も多いと思います。

彼は、フェラーリのエンジニアとして、エンジンを始めとする車両の開発を行ない、数々の優れた成果を残した マウロ・フォルギエリ(Muro Forgheri)氏。 昨日(11/2)訃報が報じられています。享年は 87歳です。

313434855_10158866686451516_340416445620
https://www.facebook.com/MotorSport1924/photos/a.423455801515/10158866686486516

  
最も多くの人に知られている功績の一つは、水平対向 12気筒エンジンの開発を行ない、車両・フェラーリ312Tを開発し、ニキ・ラウダ や ジェディ・シェクター をドライバーに擁し、フェラーリチーム が数々の ドライバーズ チャンピオン や コンストラクターズ チャンピオン を獲得した立役者です。
そして、その水平対向 12気筒エンジンを公道用にモディファイして搭載した車両こそ、フェラーリ 512BB(ベルリネッタ ボクサー)であり、その後継モデル・テスタロッサ で、名前をご存知の人も多いでしょう。
  
現代では F1チームのエンジニアの役割は コーディネーター、まとめ役になり、車両レギュレーションの関係もあり、大胆な発想と実現よりも緻密な煮詰め直し役になっている中、独創的な発想と信念で優れた手腕を発揮した エンジニア達が、彼を含めて、一人ひとりと 世を去っています。

 



Web300_note_youkai








« オーストラリア、ワールドカップ代表選手たちの行動に想う | トップページ | “セミナー” リポート・『 フロントブレーキ、「旋回時」こそ大切 』掲載しました »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オーストラリア、ワールドカップ代表選手たちの行動に想う | トップページ | “セミナー” リポート・『 フロントブレーキ、「旋回時」こそ大切 』掲載しました »

GRA代表:小林の紹介

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ