« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »

2022年11月の投稿

2022年11月23日 (水)

人それぞれ、でも 困ったものです。

  
誰かに役立てて欲しくて、品物を通じて心が通じる人と出会いたくて、所有している ヤマハ テナーバス トロンボーンを 無償譲渡サイトに出品しました。

混雑を避けるため、トロンボーンを含めた 3件を、深夜1時に投稿したのですが、熱心な人が多のか、あっと言う間に 20件以上申込みメッセージが届いたのです。しかし、人それぞれとは言うものの、心は通じず、本当に困ったものです。


Web1000_20221104_1_20221123202501


1. リクルート派の人たち

 

特徴は、一見、丁寧で簡潔なメッセージです。
「はじめまして、〇〇と申します」に始まり、「出品されている品について、まだ取引は可能でしょうか」で終わります。まるで、リクルート学生の様に、皆 同じ服装で「御社の将来性に関心があります」と言っているのと同じ、誰にも出している様な 2行ほどの文章ばかり。
出品者が出品意図をきちんと書き込んでいるのに、その 1/10 程度、2行だけのテンプレート文章とは。
きっと、そんな生き方をしてきた人ばかりなのでしょう。

 

 

2. 速攻・即金派の人たち

 

基本的には リクルート派に似ていますが、相手のコトは考えず、さらに積極的です。
「明日、夜〇時以降だったら引取りに行きます」とか、「現金 1万でどうでしょうか」など、他の人を出し抜く生き方をしてきた人なのでしょう。“無償” の言葉だけにつられ、書き込みは一切見ていない人たちですから、“演奏はできない楽器” の意味は分からないでしょう。
万が一、現金での誘いに乗っても乗らなくても、 “不幸の手紙” の連鎖が止められないお相手です。

 

 

3. ストーリー派の人たち

 

リクルート派の人たちと異なり、譲渡を受けたい気持ちをメッセージで届けるのが特徴です。
「娘がブラスバンドでトロンボーンを吹いているので」とか、「バンドをしていまして」、「妻への誕生日プレゼントに」などです。どんな理由があるにせよ、そんな方へ譲ってしまうと、家族不和を引き起こしてしまう原因になるだけです。
自身の文章に自信を持ち、相手の文章を読まない人々です。

 

   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *


トロンボーンの希望者だけで 40名弱ですが、上記の 3派以外の人って少ないものです。
3派以外の人と話を詰めて、譲渡先を決めていく事になりますが、3派の人たちにも メッセージは返すつもりです。どんな文章にすると、出品者の意図を尊重する大切さが伝わるか検討中で、しかも 短くまとめる必要もあります。これも、今後の事を考え、より良い “人との出会い” の為の研鑚だと捉えています。

 

Web300_note_youkai









出会いこそ、刺激と生き甲斐の源です

   
午前4時、本当なら、起きる必要のない時刻に目覚めてしまいました。
今日は、“クリニック” (イベント)を開催する予定の日でした。
受診を予約された方の悩み事や要望に応えて、その解決や対応に全力で支援するイベントです。幾つかの診察メニューと器材を準備した上で、想定できない結果への対応力が試される日です。


Web1000_clinic_img4a__20221123185401


前日までに、資料や器材、車両の用意を済ませ、雨への対応準備も完了。
ただ、夕方、予約された方からキャンセル連絡が入りました。
降雨予報もあり、想定された事でしたから、驚きはありませんでしたが、止まってしまいました。やりたい事は沢山メモに書いてあるのですが、スイッチが入らず、寝てしまったのです。

恐らく、人は、人と出会う為に生きているのだと思います。
出会う希望や期待があるからこそ、生きる活力が生まれ、多くの刺激や発見があるからこそ、創造性が発揮されるのでしょう。
 
また、別の “出会い” や “刺激” を探さなければなりません。
また、素敵な人と出会う為に、スイッチを入れ直します。


Web300_note_youkai






2022年11月22日 (火)

無償譲渡をして、得たコト


「あと 100年生きるのは無理だな」と、やっと自覚して、3年前ほどから、持ち物などの身辺整理をしてきた。大量にあった本や専門誌などは無料で古本屋さんに持込んで、手つかずで保管していた保存食品も友人に譲り、譲る相手が思いつかない品は廃棄していた。 中には、古本の場合よりも高額で販売できる品も多くあったが、基本的に、僕は他者と金銭のやり取りはしたくないから廃棄も仕方無かった。
   
ただ、無償で譲渡が出来るサイトを発見して、少し考えが変わった。僕が譲渡する品で相手の方の役立つ事があるに違いない。譲渡する品を通じて、品物を大切に受け継ぐ心に触れ合えるに違いないと。

 

 

『 3件を出品する 』

 

そんな訳で、先日、三つの品をサイトに掲載してみた。
すると、どの品も、市内の保管場所での引渡しなのに、掲載して 3~6時間の間に 20件を超える申込みが届いた。そして、それからが大変だった。役に立ててくれる人、心が通じ合える人を見つけなくてはいけないからだ。

一人ひとりのメッセージを読んで、すべての人にメッセージを返して、どんな人なのか? 条件は合っているのか? どんな用途を考えているのか? 尋ねてみた。多い場合では、一人の人と 10回近くメッセージをやり取りした。でも、お会いできる時が楽しみだから、丁寧にやり取りして、3件ともに譲渡先が決まった。
そして、3件ともに同じ時刻に来てもらう事にした。 心が通じ合える人なら、何か楽しい雰囲気になるかも知れないからだ。

 

 

『 1件目の譲渡先 』

Web1000_diector_chair_1

最初に驚かされたのは、お相手の方は、何度もメッセージを交わして、お互いに確認した女性だった筈。なのに、車の窓から男の人が顔を出して、「〇〇の件やけど・・」と話かけて来た。見ると、子供をつれて家族全員が車に乗っている様で、肝心の交渉相手の女性は無言のままだった。
   
僕は、あまり不思議には思わず世間話をしながら、「無償譲渡しているのは、金銭のやり取りがしたくないから」、「何度もメッセージを重ねたのは、転売目的の人を避けるため」と譲渡の気持ちを伝えた。 すると、急に男の人の口調と態度が変わり、ぎこちなく明るい態度で大きな声で受け答えをする様になった。
変な後味が残ってしまった。

 

 

『 2件目の譲渡先 』

Web1000_penny__halfpenny_2

彼も、指定時間の10分近く前から車で来ていたけど、彼はちゃんと、右側駐車ではなく、左側駐車したまま、車内で時刻になるのを待ってくれていた。メッセージでやり取りした印象では、他の人は書かない自己紹介まで詳しく書いてくれた人で、とても誠実な印象だったが、実際にお会いしても同じだった。そして、僕の事は、IDネームを通じて、オートバイに乗っている事なんかも調べていて、それも考慮して丁寧に対応してくれたのかも知れない。
   
だから、名刺をお渡しして自己紹介をした程に気持ちの良い出会いが出来た。けれど、一つだけ残念な心情を聞かされた。それは、「オートバイ乗りには、とても悪い人達と良い人達がいるので ・・」という言葉だった。
それは、僕に対して気を遣った正直な言葉だった。でも、好感を持った人の言葉だからこそ、僕が日頃から感じている通り、オートバイ乗りに対する社会的な評価の低さを改めて思い知らされた。

 

 

『 3件目の譲渡先 』

Web1000_picnic_table_1

実は、彼と出会えた事が、その日の一番の収穫だったし、人生の中で良い指針を与えてくれた人だった。

彼の申込みメッセージの日本語は、少したどたどしかった。 そして、返信の長文メッセージを送ったら、「日本語はすこし・・・」と返ってきた。そこで、返信した長文メッセージを英訳して送ったら、直ぐに、英文で返信が返ってきた。それも、ビジネスで使われるフォーマルでとても礼儀正しい英文だった。だから、僕は彼が日本に居る境遇を考え、英文だけど、誰よりも言葉を適切に選んでくれた彼の誠実さに惚れた程だった。
   
そんな彼、誰よりも早く、一人自転車に乗って、笑顔でやって来た。
尋ねれば、シリア出身で、大学で博士課程履修の為に留学しているとの事。詳しくは忘れたが、英国か米国の大学課程を修了した後に日本に来たようだ。彼には「組立の説明をするから、順番は一番最後になるけどいいかな?」と伝えたけど、笑顔で快諾してくれた。その上、依頼もしていないのに、他の 2件の受け渡しを楽しむ様に手伝ってくれた、ナイスガイだ。

お互いに、日本語少し、残り英語という具合で、時々、会話は止まるけど、心はとても通じ合えた人だった。だから、品物を引渡した後も話題が止まらず、自転車の事からモバイルWiFiの事など、何を話したのか忘れてしまう程に時を忘れ、結局、2時間近く一緒に居た。
最後は、英語で、僕と出会った事に感謝しているという事を、とてもフォーマルで礼儀正しく伝えてくれた。 僕も、日本語半分で、彼の親密感のある礼儀正しさに感謝を伝えた。「Your message in Japanese is not very good, But in English, your message is so polite and beautiful.」「あなたに出逢た事を忘れません」と。

 

 

『 大切にすべきコト 』

そんな無償譲渡を通じて得たコトは、僕が大切にすべきはモノは「僕のパーソナリティだ」という事だった。

僕が出会いたいと願っている人々が評価してくれるのは、オートバイを走らせての速さや、オートバイ関連の活動を長年続けている事ではなく、「僕のパーソナリティ・人格だ」と、はっきりと自覚できました。それは、僕が他の人を評価する際の基準そのものだし、きっと、世界の標準的な基準の一つだろう。だから、オートバイや活動も大切にしたいけど、僕自身を守り育てる事を大切にしなければと思い直している。

これで、断ち切るのを難しく感じていた、身の回りの品々の整理にも未練が少なくなるだろう。でも、無償譲渡は少し迷っている。どんな人との出会いも成長の糧と割り切れれば良いのだが。

 


Web300_note_youkai








2022年11月21日 (月)

「フロントスプリングの選択と確認」、“クリニック” 開催リポートを掲載しました


オートバイがシューズだとすれば、タイヤはソールで、サスペンションのスプリングはシューズサイズです。しかし、殆どが大きな人に合せたサイズなので、決して良い状態ではありません。思い通りに、安全に、楽しく走る為に、スプリング(レート)を合せる必要があります。

Web1000_20221029_img
 
多くの人は、スプリングの選択が必要と伝えても、プリロードやダンパーで調整できると誤解しています。車両メーカーの都合に合わせ、評論家が言う事を鵜呑みにしているだけです。しかし、シューズに例えると、プリロードは靴紐の締める強さで、ダンパーは中敷の変更に過ぎず、補助的な存在に過ぎません。

ここに、先日開催した “クリニック” のリポート「フロントスプリングの選択と確認」を紹介します。購入した車輛が高速走行用に設計されているので乗り難くて、今回、スプリングの変更で大きく改善した人の記録です。リポートでは、何故、ライダーの体重や使用用途に合わせてスプリングを選択する必要があるのか、物理的な基本原理から詳しく解説していますので、きっと、多くの人の参考になると思います。

 

『 フロントスプリングの選択と確認 』
https://gra-npo.org/publicity/report/2022/20221029_rep.html

 

殆どのオートバイは、スプリングに限らず、ライダーの体重や体格、用途に合っているとは言えません。“クリニック” では、オートバイとライダーとの距離を縮める為のサポートを行なっています。いつまでも、楽しく、安全なオートバイライフの為に、“クリニック” とリポートを参考にしてください。



Web1000_clinic_img4a__20221121183901
https://gra-npo.org/schedule/clinic/clinic_top.htm




Web1000_2022_topimg_20220203001001
https://gra-npo.org
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.









2022年11月16日 (水)

JTC ブランドのカー用品、新品・未使用の品を、一括で無償・譲渡します


かつて、全国各地を巡るイベントの開催を行なっていた頃、その初期から最も支援をして下さった城東工業株式会社(ブランド名:JTC)の製品です。

Web1000_20221023_02
Web1000_20221023_04

イベントでの景品用にと、各地でイベント開催を行なう度に数多くの製品を供与戴いており、今回の品は景品残りの新品・未使用の品です。 生憎、10年近く協賛して下さった城東工業株式会社さんは今はなく、JTC ブランドの新品カー用品として、大変にレアな価値もあると思います。

Web1000_20221023_16
Web1000_20221023_21
 
品は画像で紹介している物で全てで、一部重複していますが、合計 20点以上をまとめて無償・譲渡します。ただ、支援で戴いた想いを無駄にしたくないと考えていますので、譲渡を希望される方は、お考えの用途と併せて、ご連絡ください。

Web1000_20221023_24
Web1000_20221023_26
Web1000_20221023_29
Web1000_20221023_36
Web1000_20221023_39
Web1000_20221023_41



Web1000_2022_topimg_20220203001001
https://gra-npo.org
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.









2022年11月15日 (火)

ヤマハ テナーバス トロンボーン 無償で譲渡します、 展示・ディスプレイ用に最適です

   
ヤマハ の太管・テナーバストロンボーン・YSL-648{製造番号 015950}を、マウスピースとケース込みで、無償にて譲渡します。

Web1000_20221104_1

スライド管から ロータリーバルブ、F管からベル部まで、目立つ大きな凹みや塗膜剥がれも無く、適度に使われてきた外観です。ただ、吹奏は出来ますし、ロータリーバルブも軽く動きますし、チューニング スライドも問題なく調整できますが、残念ながら、スライドの動きが重くて演奏には全く向いていませんので、“展示・ディスプレイ” 用として譲渡します。

Web1000_20221104_05

約 15年程前、母校の後輩たちの指導に通っていた時、備品の楽器の状態が悪かったので、後輩たちの為に、国内の大手オークションサイトを通じて数本購入した際の 1本です。出品者の言葉とは異なり、速いスライド操作は難しかったので、そのまま室内で保管していた品です。スライド外管に目立った凹みはなく、スライド内管のクリーニングや スライドクリーム、スライドオイル と試してみたのですが、充分に改善させる事ができませんでした。

Web1000_20221104_06
ディスプレイ用の他、ロータリーバルブやチューニング管、ベル部に問題のあるヤマハ・太管・トロンボーンの補修用としても利用できると思います。

Web1000_20221104_07

専用ケース、専用クリーニングロッドが付き、マウスピースは ヤマハ No.47 が付属しています。

※ 画像の「スタンド」は付属しません

Web1000_20221104_10
Web1000_20221104_09

Web300_note_youkai











愛用していた、パイロンとコーンバー、譲渡します


僕が個人所有している パイロン(カラーコーン)の一部と、コーンバーを無償で譲渡しますので、イベントの開催用に、工事用に、彼らに 第2の活躍の場を与えて下さい。

Web1000_20221102_03
 
パイロンは、樹脂製で高さ約70㎝、底辺が 38㎝ 四方、道路工事現場などで見かける一般的な大きさと形状の製品で、合計 48本あります。使用回数(日数)は 20~30回ほどで、使用しない期間は屋内保管していた品です。当然、使用による汚れや擦り傷、割れなどが一部ありますが、紫外線による退色や劣化はほとんど無く、末永く使える状態です。

Web1000_20221102_06
  
色の内訳は、赤色が 7本、青色が 11本、緑色が 16本、黄色が 11本、白色が 3本で、風で動くのを防ぐゴム製のベース(重し)を 5個つけます。

Web1000_20221102_12
  
また、コーンバーは、樹脂製で長さ固定式で 約 2m、パイロン同様に工事現場でよく使われている一般的な黒×黄色の仕様の製品が 12本です。コーンバーも、通常は屋内で保管して、使用回数は20回(20日)以下の為、破損や劣化は殆どありません。

 

※ 譲渡をご希望の方はご連絡ください。なお、神戸市内の保管倉庫での引渡しを致します。


Web300_note_youkai









2022年11月12日 (土)

基本講座用動画の一覧ページ、作成しました / Motorcycle Basic Lecture Video


長年の活動で蓄積した知識や経験を、多くの人々と共有する為に作成している動画の一覧ページを作成しました。いつまでも、楽しく、安全なオートバイライフを過ごす為の参考にしてください。

Basicpracticecoverpage_1

This video was created to share our accumulated knowledge and experience with many people. Please use them as a reference for an everlasting, enjoyable, and safe motorcycle life.



Ind_lec_video1https://gra-npo.org/lecture/video_top.html




Web1000_2022_topimg_20220203001001
https://gra-npo.org







クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.












2022年11月 7日 (月)

中国から、やっと届いた「 サドル 」

   
この夏、自転車のサドルの破れが大きくなったので、サドルを購入する事にした。
COVID 君の影響もあり、引き籠り人生に慣れきっていた僕は、当然、Amazo● で探す事にした。
元々、買い物は楽しいものだ。 選ぶのも楽しいが、相手が中国に住む人となればスリリングな楽しみ(?)も増える(た)
   
      *******
    
当然、色は黄色、そして安価な品でスタイリングと特徴が優れた品を選んぶと、幾つか候補が挙がってきた。ここから本番、商品を見極める以上に、相手を見極める覚悟が必要だ。候補に挙がった品は、どれも日本国内の Amazo● の倉庫に入っていないから、納期が 約一か月ほどと長い。しかも、どの出品者も中国の会社(人)ばかりだ。しかも、どの候補の品も大変によく似ている。


Web1500_saddle2_0


長年、貿易と卸・直販の仕事に携わってきたから、中国の商品には「元祖」や「始祖」、「本家」や「本元」が無く、売れると思えば三日以内に “同じような” 商品を作る逞しさを持つ商売人が殆どだ。だから、相手を見て、きちんと見極めて仕事をする必要がある。とは言っても、中国の会社や人に限らず、世界を相手にする時の常識だ。相手を見ずに、見積り書だけで商売を進めてしまうのは日本の癖だから。


【 第一候補 】

9月中旬、この品(会社)と決めて発注すると、初めての体験をした。 数日後に、届けられない旨のメッセージが来た。「私達は良心的な会社です。だから、今回の品は発送できません。必要な返金処理はしました」と。 逞しい人々は、あらゆる仲間の伝手(つて)をかき集めて、直ぐに “商品” として販売する。でも、自身が製造しているわけでもなく、自社倉庫にあるわけでもなく、すべて伝手に頼っている。

だから、完全には把握できていない事を自覚したのか、急いで作りあげた “商品” の価格や納期、発送担当会社 などの何処かに不具合が確認できたのだろう。とても、珍しく思える程に良心的な会社だった。


【 第二候補 】

第一候補のリタイア届けが入って、直ぐに第二候補へ発注した。一見では同じような仕様の品だけど、じっくり見ると別物だ。そして、この第二候補が最も中国の人らしい人だった。
  
9月中旬に発注して、納期は 10月中旬。でも、待っても待っても届かず、10月下旬、出品会社と Amazo● の両方へ連絡して「納期約束を守っていないのでキャンセル・返金手配」を依頼した。
米国生まれの Amazo● は、販売価格や納期、そして サイト上での見せ方には全力を挙げるけど、納入業者や購入者に対してはビジネスライク、必要最小限の対応しかしない。これも世界標準の一つだ。
そして、大陸系の国・中国も、相手が受けた “心象” は基本的には関与せず、自身が主張すべきコトは徹底的に主張してくる。当然、世界標準だし当然のコト。 だから、商品が届かない限りは万全に対応をする必要があった。

案の定、出品している会社から直ぐにメッセージが入った。「遅れて申し訳ない。ただ、荷物はそちらに向かっている」と、配送トラッキング状態を正確に伝えてきた。ただ、こちらからは「納期は約束、約束を守れない人は信用しない、信用できないからキャンセル・返金せよ」と返した。 すると、出品者から「間違いなく間も無く届く」とメッセージが届き、日本の様に、詫びたり、懇願したり、同情を求めたりしない世界標準だ。

そして、11月1日、その品物が届いた。が、様子が違う。まるで厚みが無い。

Web1500_saddle2_1
    
開封はしていないけど、発送会社(担当者)が、誤って別な品を送っているのは明らかだった。画像を数点撮影して先方へ届けると、「発送した会社も間違いはする。返金処理は既にすませている」と返ってきた。日本的な人情味はないが、相手に媚びず、正直に言うべきは言い、行なうべきは行なう、悪意の無いまっとうな会社だ。
ただ、僕の方から、「FedEx か UPS で着払い返送をするが、よいか? 届いた品を見れば “誤った品” が入っている筈」とメッセージを送っている。信頼できる相手だから、話をしっかりと詰める事が大切だ。


【 第三候補 】

10月下旬、第二候補に見切りをつけて、第三候補へ発注した。これも中国の会社。でも、別の会社には別の人がいる。
    
発注から数日後、「配送上でトラブルがあって届けられない、4~5日中には キャンセル・返金処理をする」とあった。 が、11月3日、その品が届いた。 約束していた納期より遥かに早かった。

Web1500_saddle3_1

だから、僕はメッセージを送った。「無事に品は届いた、だから 返金処理ではなく、請求処理をするように」と。 日本人同士だと、一種の “馴れ合い” や “しきたり” があり、相手の目さえ見もせずに話をするけど、世界的に見れば有り得ないコト。相手を先入観で悪人と決めつけるのは簡単だけど、本当に必要なのは、お互いに目を見て、真摯に話をするコトだし、それが大陸・世界標準だと思う。

Web1500_cimg3591
   
さて、届いたサドル、“フルカーボン” の言葉に惹かれた品だけど、期待(?)していた布状シート「カーボン クロス」の成型品ではなく、「カーボン マット」の成型品のようだ。価格から考えれば当然だけど、材質的に考えれば耐久性や強度は確実に落ちる。 標榜している重量 120g は軽く魅力的だけど、評価はこれからだ。
    
まあ、サドルは椅子ではない。お尻が当たる場所だから、相応の乗り方をすれば良いだろう(?)


Web300_note_youkai






2022年11月 4日 (金)

“セミナー” リポート・『 フロントブレーキ、「旋回時」こそ大切 』掲載しました

   
10月1日に開催した『 オートバイの なんでも “セミナー” 』の開催リポートから、【 フロントブレーキ、「旋回時」こそ大切 】というコラムを作成しましたので、是非、ご覧下さい。


Web1000_seminar_img_3b_20221104213101
https://gra-npo.org/schedule/M%20&%20S_seminar/seminar_top.html


セミナーに参加した人から、「旋回中にフロントブレーキが使えない」という “声” があり、それから【旋回中のフロントブレーキの使い方】について解析を進めていきました。
   
フロントブレーキは、オートバイにとって減速させる最大の装備ですが、困った事に、殆どの 教習所や講習会では「旋回中はフロントブレーキではなくリアブレーキを使うように」と指導します。つまり、直進走行時のブレーキではフロントブレーキを使う事を教えながら、少しでもバンクさせている時は、教習中の事故を恐れて、「リアブレーキを使いなさい」としているのです。
  
本来ならば、公道走行中の事故を避ける為に、例えコーナリング中でもフロントブレーキが使える技術を教えるべき所の筈が、無責任な本末転倒の行為が当たり前になり、フロントブレーキを適切に使えないライダーを数多く生んでいる状況は改めたいものです。。

< 閑話休題 >

Web1000_load_disribution

この “セミナー” リポートでは、当日、解析を進めたホワイトボードの画像を紹介しつつ、フロントブレーキの大切さや、旋回時のフロントブレーキによるメリット、そして注意点まで、順を追って解説していますので、旋回時のフロントブレーキ操作に充分な自信を持てない人にとって参考になると思います。

 

Web1000_banner
https://gra-npo.org/publicity/report/2022/20221001_rep.html




Web1000_2022_topimg_20220203001001
https://gra-npo.org
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.











2022年11月 3日 (木)

一時代を築いたエンジニアが、また一人去りました

Motor Sport Magazine 伝、

多くの人々にとって、彼の存在は知られていないと思いますが、フェラーリで優勝を飾ったドライバーの名前や車両についてはご存知の方も多いと思います。

彼は、フェラーリのエンジニアとして、エンジンを始めとする車両の開発を行ない、数々の優れた成果を残した マウロ・フォルギエリ(Muro Forgheri)氏。 昨日(11/2)訃報が報じられています。享年は 87歳です。

313434855_10158866686451516_340416445620
https://www.facebook.com/MotorSport1924/photos/a.423455801515/10158866686486516

  
最も多くの人に知られている功績の一つは、水平対向 12気筒エンジンの開発を行ない、車両・フェラーリ312Tを開発し、ニキ・ラウダ や ジェディ・シェクター をドライバーに擁し、フェラーリチーム が数々の ドライバーズ チャンピオン や コンストラクターズ チャンピオン を獲得した立役者です。
そして、その水平対向 12気筒エンジンを公道用にモディファイして搭載した車両こそ、フェラーリ 512BB(ベルリネッタ ボクサー)であり、その後継モデル・テスタロッサ で、名前をご存知の人も多いでしょう。
  
現代では F1チームのエンジニアの役割は コーディネーター、まとめ役になり、車両レギュレーションの関係もあり、大胆な発想と実現よりも緻密な煮詰め直し役になっている中、独創的な発想と信念で優れた手腕を発揮した エンジニア達が、彼を含めて、一人ひとりと 世を去っています。

 



Web300_note_youkai








« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »

GRA代表:小林の紹介

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ