« 「キャスター」ではなく、「ステアリング(回転)軸角」と書きます | トップページ | 未確認飛行生物を発見 »

2022年6月 1日 (水)

『 トレールコントロール ライディング 』2ページ目 追加掲載の案内


上級の走りは、前輪のトレールのコントロールの仕方が違います。 フロントフォークの動き方を見ただけで、ライディングの余裕度がはっきりと分かるものです。なぜなら、走らせ方によって常に変化する「トレール量」を、走行状況や走行速度、バンク角に合わせて、適切にコントロールしているので、それがフロントフォークの動きに表われるからです。


Wweb1000_trail_controll_3bc_20220601051401  
























https://gra-npo.org/lecture/ride/trail_controll/trail_con_ride_1.html

 
そんな、余裕度と安定度が高くて安全な走らせ方に興味のある方には、『トレールコントロール ライディング』は必ず参考になる筈です。 「 誰にも分かりやすく、基本から高度な事まで、」を目標に、一歩ずつ書き加えて、2ページ目を追加掲載しましたので、是非、ご覧下さい。

 

Web1000_trailresilience_ca_20220601051401

https://gra-npo.org/lecture/ride/trail_controll/trail_con_ride_1.html




【 整備・セッティング セミナー で題材の一つに 】


6月4日(土)開催の『 整備・セッティング・セミナー』にて、3ページ目以降に掲載予定の内容ですが、オートバイで旋回走行させる時の「トレールコントロール ライディング」についても題材に挙げる予定です。どうぞ、関心のある方、2ページ目までの内容で質問のある方は、『 整備・セッティング・セミナー』に気軽に参加下さい。(参加予約は不要です)


Web1000_seminar_img_20220601051401

( 詳しくは、公式Webサイトで )
https://gra-npo.org/schedule/M%20&%20S_seminar/seminar_top.html




Web1000_2022_topimg_20220203001001
https://gra-npo.org
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.









« 「キャスター」ではなく、「ステアリング(回転)軸角」と書きます | トップページ | 未確認飛行生物を発見 »

GRA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「キャスター」ではなく、「ステアリング(回転)軸角」と書きます | トップページ | 未確認飛行生物を発見 »

GRA代表:小林の紹介

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ