« 『 ジムカーナ パーティ 』の特徴が伝わりますように ! | トップページ | mini(短編)版、動画試作計画 »

2022年5月 8日 (日)

40年前の F1 への憧憬

  
40年前の F1 への憧憬が消えないのは、車体色や広告ロゴではなく、車体の形で各車を見分けられる程に個性があったから。現代の競技車両は、過度な商業主義に押され、F1、WRC、CART、NASCAR 全て同じ車に見える。

Web1500_f1_40years_ago
MotorSport    https://www.motorsportmagazine.com/.../jochen-mass-on...   


物知り顔の解説者によっては、「それだけ重箱の隅をつつく程に、先端技術を駆使した結果」と言うのだが、逆な見方をすれば、新規の特異な発明を防止したレギュレーションになっているだけに過ぎない。
  
F1 が 個人マネーでも参加できた時代は 40~50年前に終わり、世界各地を転戦するシリーズ戦が増える毎に必要資金が増え、スポット参戦の道が閉ざされてからは、年間の運営費を賄う為にも シリーズ戦全体の TV放映権の販売と 世界への広告媒体として利用をする 世界的企業からの 資金が流入し始めてから、単独のチームだけが 連戦・連勝する事を忌避する体質へと変わってしまった。商業的には、数チームが切磋琢磨してトップ争いしている状態が望まれているから、他のスポーツでも見られるのと同様に、“あるべき状態” へと改められた結果と言える。
   
しかし、個人的には、かつての コーリン・チャップマン氏 や ゴードン・マレー 氏の様な天才的なデザイナーの出現を許さず、大人数のチームによる開発力によって、レギュレーションによって狭められた領域の中で、小さな発明と改良を繰り返している状態は、あまり好きではない。
同様に、オリンピックを始めとして、商業主義にあまりにも汚染された種目の競技そのものも、個人の独創性を試す場としては、みるべき場面はかなり限られている様に思える。



Web300_note_youkai










« 『 ジムカーナ パーティ 』の特徴が伝わりますように ! | トップページ | mini(短編)版、動画試作計画 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『 ジムカーナ パーティ 』の特徴が伝わりますように ! | トップページ | mini(短編)版、動画試作計画 »

GRA代表:小林の紹介

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ