« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月の投稿

2021年11月28日 (日)

ステムベアリングの適正な整備と調整 / Proper Maintenance and Adjustment of Stem Bearings

  
オートバイに使われているベアリングの中で、使用条件が過酷で適切な整備方法が指示されていないのが「ステム ベアリング」です。
   
「ステムベアリングにガタがある」と指摘された方から、ステムベアリングの調整方法について質問が届きましたので、その整備と調整方法を収録した動画を制作しました。
メーカーが指定する整備方法への提言や、ステムベアリング設計が遺物化している疑問など、関心のある人にとっては参考になる事も多く収録しています。
  
  

  
  
In this video, we explain in detail the proper maintenance of the stem bearing and the appropriate adjustment method, including the maintenance actual situation.
Among the bearings used in motorcycles, the conditions for using stem bearings are harsh, and the maintenance methods specified by the vehicle manufacturer are not appropriate, and the point of the bearing configuration that has become a relic is explained using the real thing.




クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


Web250g_20210125193501
 https://gra-npo.org





  

2021年11月23日 (火)

新・コラム記事「 オートバイは鉛筆だ、サーカスでは ない 」の進行計画

  
次から次へと浮かび、中には無事にコラム記事として発信され、今も多くの閲覧が続いている企画もありますが、大抵、その多くは発信以前の段階でフリーズ状態になっている企画も数多くあります。
   
そんな現状を少しでも変えて、陽の目を見る企画を記事に育てるための策の一つとして、分割掲載を計画しています。 これは、公式Webサイトで一つのコラム記事として発信する以前に、ストーリーや章毎に分割して掲載していき、ある程度の記事や掲載する画像やイラストの製作が終わった段階で、一つのコラム記事として 公式Webサイトに掲載するという考えです。
   
そして、この考えに沿って、現在進行中の企画が 「 オートバイは鉛筆だ、 サーカスでは  ない 」です。

Web1000_pencil_tittle 
   
このコラム記事の狙いは、ライダーの多くが “ オートバイを想った様に操ろうとしている ” 風潮への提言です。
  
     ************

   
というのも、オートバイは、物理法則に従って運動する、重量とエネルギーの大きな物体であるにも関わらず、その法則を正確に理解したうえでの安定した適切な運転よりも、オートバイに不安定な動きを強要する、曲芸的な運転が評価される傾向がとても強いからです。
   
曲芸的と言っても、それは オフロード車を使っての バックフリップ(空中での背面一回転)や スタント的走行の エクストリーム を指している訳ではありません。
オートバイの運転技術を高める為に広く開催されている、「安全運転」を謳った講習会や競技会で浸透している現象だからです。
   
例えば、坂道を利用した規定セクションの走行においては、どれ程、車両を安定させて何事も無かった様に走り切らせる能力は重視されず、例え 不安定な動きを生み出す不安定な運転操作であっても、規定通りに走破する事だけしか評価されません。
   
更に、狭い直線路を走り切る課題では、オートバイに機械的な無理を強いても、より遅く走り切った者が高く評価されるのは、本来の危険回避や運転回避を含めた安全運転の理念とは別次元の課題になっているのです。
  
 ***************
   
そんな想いが企画の発端ですが、何分にも、文章として世に出す事には責任が伴い、想いの意図を適切に表現するには、文章構成能力とは別に、画像やイラスト制作能力も必要になってきます。
   
それらの責任と能力をまとめてコラム記事を一つひとつ発表していく考えには変わりありませんが、一つでも 多くを表現して届ける為に努力を続けていきますので、どうぞ、ご期待を願います。

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


Web250g_20210125193501
 https://gra-npo.org




  
  

2021年11月18日 (木)

1991年、 John Britten 氏

  
僕が憧れている人の一人、NZ の John Britten 氏。
   
長年、同氏が設計を続けてきた先進的な設計の車両・Britten V1000 を製作中の画像で、オートバイ専門の会社を新しく設立して本格的にレース参戦する前年・1991年の撮影です。
   
256337028_5186802524669147a

既に新設計のエンジンは組み上がり、斬新的なボディワーク(カウル)の製作中の様子で、よく見れば、燃料タンクの中に電磁燃料ポンプのスペースが確保されている様です。
   
256337028_5186802524669147_
  
  
記事によれば、1995年(日本では 阪神淡路大震災の年)9月5日、皮膚癌が原因で 45歳で亡くなった後、このボディワークのマスター型は 保管場所が幾度か変わる中、途中、NZ での地震や浸水事故の影響を受けて破損してしまっていたとの事で、現在、改めて展示用に修復中の様子も紹介されています。
  
256337028_5186802524669147c


Web1000_brittenv1000_20211118150801

1440pxbritten_v1000


Web300_note_youkai









2021年11月17日 (水)

妖怪の信念 「 梨と、GRAと、人生と 」

   
自身の利益や評価の為ではなく、周囲の人々や社会の為に、無償で共有する行為は社会を支える礎です。そして、私はそれを信念に歩み続けます。
    

Web1000_pear_img
https://gra-npo.org/policy/yokai_column/column/2021/pear,GRA,life/pear,GRA,life.html
Web1000_20200712_33


Web300_note_youkai









2021年11月13日 (土)

11月13日 深夜、Google Analytics 報告

    
日本時間 2021年11月13日 AM 1時半過ぎ、Google Analytics で GRA公式Webサイトへの閲覧履歴の確認をしていると、米国から当サイトへのアクセスがありました。

Google_analytics_img                           
米国時間で言えば 11月12日(金)午後12時半過ぎ、地図を見れば 米国の中西部、テネシー州からの閲覧で、閲覧されているページは『オートバイの基本講座』・「Q&A リアブレーキでは、曲がれない?」の ページ4 です。
     
海外からの閲覧は多くはありませんが、訪れてもらえた時に備えて、少しでも親近感や関心を抱いてもらえるページ構成に工夫を重ねていきたいものです。

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


Web250g_20210125193501
 https://gra-npo.org

 
 
 
 
 


2021年11月12日 (金)

ライディングの「基本の “き”」シリーズ・第3編、『 “コインの法則”の練習 』進行中

   
オートバイのライディングを基本から見直す「 基本の “き” 」シリーズの第3編の作成進行中です。
   
Web1000_basic_coins_law
    
とかく、オートバイのライディング講座や講習は、自動車学校での教習に始まり、道路を無事に走る技量を身に付ける事だけを目的にした内容でした。
しかし、オートバイ本来の運動特性や自然の物理的な法則の理解をせず、ただオートバイを思い通り走らせる事だけしか意識しないライディングは、オートバイの優れた能力を活用できないだけでなく、決して安全な運転には繋がりません。

Web1000_coins_law_1

そんなオートバイ本来の運動特性を知り、それを活用する基本的なライディングを簡単に身に付けるヒントを届けるのが「基本の “き”」シリーズの狙いです。
今回は、“コインの法則” という、バンクさせたオートバイが 加速や減速によって自然に描くラインを、簡単に体験して身に付ける基本練習を紹介する記事を作成中です。

Web1000_coins_law_20211112134101

主な 解説画像と解説用動画の制作は済みましたので、近日中に公開の予定ですから、どうぞご期待ください。
 
Web1000_crossoid_optimum_li_20211112134101


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


Web250g_20210125193501
 https://gra-npo.org

 

 
 





2021年11月10日 (水)

オーストリアの Hannes 氏、今度はフェラーリを製作しています

   
以前、ペダル駆動(自力)のポルシェ(の様な乗り物)を作った、オーストリアのクリエイター、ハンス氏が、今度は 真っ赤なフェラーリを製作しています。全体のフォルムは エンツォ フェラーリ で、ライト周りやリアクォーター周りは ラ・フェラーリ か 458 風で、ガルウィングドアは オリジナルですが、どう見ても フェラーリです。


僕は、こういう人が好きですし、とても憧れます。
       
因みに、ボディ構造は パイプフレーム構造で、車重は ポルシェで 約 100㎏ と軽く、駆動力は 2人馬力も可能な構造、右ハンドルでも、左ハンドルでも 走行可能になっている様です。


Web300_note_youkai






2021年11月 6日 (土)

ライディングの基本法則、“コインの法則” を伝えたくて動画を制作しました!

   
オートバイのライディングの基本中の基本の解説動画、『 基本の「き」』シリーズの第3弾として、【 “コインの法則” の練習 】を制作しましたので、是非ご覧ください。

    

   

この “コインの法則” とは、オートバイが旋回時に描くラインは、転がるコインが描くラインと同じく、自然法則に従った曲線になっています。このオートバイが本来備えている自然な “旋回特性” や “旋回曲線” を正しく理解して、実際のライディングに活かす為の練習方法を紹介しています。

 

Web300_note_youkai








2021年11月 4日 (木)

The Ocean Ceanup の 最新の動画を紹介します

  
世界の海洋プラスチックなどのゴミ問題に対して、具体的な解決策を自身の手で製作して提案を続けている、NPO法人 The Ocean Ceanup の 最新の動画を紹介します。
  
創設者でCEO の Boyan Slat 氏は、オランダ生まれの 27歳で、2013年 18歳の時に The Ocean Cleanup を設立して、世界中から海洋ゴミ対策という同じ志の人々と一緒に活動をしています。

  

  

今回の動画では、カリブ海のドミニカ共和国を訪問して、河川へ流出するゴミが海洋ゴミになっている実態を、その生活環境や住んでいる人の意識を含めて優しく分かりやすく説明しています。
  
実際に、海洋ゴミの原因の多くは河川から流入するゴミであるという調査データに基づいて、The Ocean Cleanup では、河川ゴミを除去する為の専用の船を数多く製造して、各国の河川で試験稼働が始まっています。



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


Web250g_20210125193501
 https://gra-npo.org







 

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

GRA代表:小林の紹介

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ