« 火口溶岩へのダイビング、人生の最期に | トップページ | 新作 PC、迷走&珍解明 日記 / 「 メモリー & CPUソケットピン 」編 »

2021年6月 3日 (木)

ロレンス氏の ブラフ・シューペリア

   
何気なく、TVを観ると、映画「アラビアのロレンス」を放送していて見入ってしまった。何しろ、冒頭部分が、彼が何台も乗り継いできたとされるブラフ・シューペリアを整備している場面だったからだ。
      
今も各方面で深刻な影響を残し続けている、英国とフランスの帝国主義による政治的策略と、アラビア諸国民族と彼自身の純粋なパーソナリティとの葛藤を想起させるが、ここでは一旦それは片隅に置いておこう。

    
Web1000_lawrence_of_arabia_

      
こうして、彼と彼のブラフ・シューペリアの画像を見ると、幾つか面白い点に気付いた。最も大きな感心事は、空冷V型2気筒 OHVエンジンの前方下側にある装置だ。
クランク軸からベルトかチェーン駆動されている様に見え、まるで ルーツ式のスーパーチャージャーユニットの様にも見えるが、当時の ブラフ・シューペリア(SS100)には標準装備は記載無く、仮に スーパーチャージャーユニットだとすれば装着剛性が不足しそうなので心配だ。
  
誰か、この真実を知っている人が居ないだろうか、それが気になってしまっているのだ。
  
  

Web300_note_youkai








« 火口溶岩へのダイビング、人生の最期に | トップページ | 新作 PC、迷走&珍解明 日記 / 「 メモリー & CPUソケットピン 」編 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 火口溶岩へのダイビング、人生の最期に | トップページ | 新作 PC、迷走&珍解明 日記 / 「 メモリー & CPUソケットピン 」編 »

GRA代表:小林の紹介

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ