« 弘法と筆 | トップページ | 『 危険な車体挙動 』を知って欲しくて、記事、書きました »

2021年5月 2日 (日)

所詮は、他人事(ひとごと)か

  
1995年 1月17日、朝、神戸市東灘区まで辿り着き
目を奪われた光景は、倒壊した高速道路ではなかった。
   
倒壊した民家の屋根の上で、その瓦を剥がしながら、
誰かに対して、大声を出している男性の姿だった。
   
管理職だった僕は、大阪の勤務先の被害を確認する為、
持ち出した本番用オートバイ、停められなかった。
  
きっと、地震で圧潰した1階の人の救助だったのだろう。
何故か、手伝えなかった事が、今も心に刺さっている。

  

20210502

   

もう一つ、笑い声と一緒に、心に刺さっている光景がある。
被害が殆ど無かった大阪で、小さな余震が来た時だ。
  
背広姿の二人の男性が「あ~~ びっくりしたぁ」と笑い、
連日のオートバイ通勤で汚れた姿の僕は、笑えない。
   
もちろん、彼らにとっては他人事、責められる訳はない。
家屋損壊せず、いつもの日常を過ごしていれば分からない。
  
けれど、新型コロナウイルスで「笑い声」はどうだろう。
被害を受けた人に配慮せず、更に苦しめてはいけない。

 
 

Web300_note_youkai






« 弘法と筆 | トップページ | 『 危険な車体挙動 』を知って欲しくて、記事、書きました »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 弘法と筆 | トップページ | 『 危険な車体挙動 』を知って欲しくて、記事、書きました »

GRA代表:小林の紹介

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ