« 日本の PCR検査件数、世界との比較 (2020年 7月18日現在) | トップページ | 世界の新型コロナウイルス被害、国別・人口あたり新規感染者数【感染密度】一覧 (7月18日現在) »

2020年7月20日 (月)

世界の新型コロナウイルス感染、国別・日別 新規感染者数一覧 (7月18日現在)

   
世界 183の国と地域での 新型コロナウイルス感染について、国別、日別の新規感染者数の推移一覧表です。
   
日々の新規感染者数は増えていますが、それを米国やブラジルなど特定の国や地域を要因として捉えるのは早計です。
要因の一つは、人口密集都市で急激な感染拡大を招いた欧米諸国から遠く離れて人の往来が少ない地域、例えば東欧や中央アジア、南米や諸島国などへと感染の炎が広がっている結果です。
  
もう一つの要因は、武漢スタイルの過剰な都市封鎖による経済失策からの回復を図り、一旦抑制に成功した国々での “第2波” 的感染が広がっている事が影響しています。この事例は、西欧諸国やオーストラリア、ニュージーランドの新規感染者の傾向からも明らかです。
世界が懸念する “第2波” に関しては ルクセンブルク への注目が必要です。ルクセンブルクは、メディアは殆ど注目していませんが、オランダとベルギーとドイツに囲まれた小国で、欧州での過酷な感染中心の一つとなった ベルギーやオランダでの3月下旬からの感染拡大に先立って感染拡大が報告された国です。そして、現在、再びルクセンブルクでの感染拡大が報告されており、隣国の同じEU加盟国諸国への感染拡大が懸念されているからです。
  
20200718_anew_infections
20200718_bnew_infections
20200718_cnew_infections
20200718_dnew_infections
20200718_enew_infections
20200718_fnew_infections
20200718_gnew_infections
20200718_hnew_infections

出典 : OCHA
#COVID19

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org




 

« 日本の PCR検査件数、世界との比較 (2020年 7月18日現在) | トップページ | 世界の新型コロナウイルス被害、国別・人口あたり新規感染者数【感染密度】一覧 (7月18日現在) »

COVID-19 世界状況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本の PCR検査件数、世界との比較 (2020年 7月18日現在) | トップページ | 世界の新型コロナウイルス被害、国別・人口あたり新規感染者数【感染密度】一覧 (7月18日現在) »

GRA代表:小林の紹介

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ