« 『 スプリングレート について 』 ページ 4 を追加しました | トップページ | 新型コロナウイルス 国別・日別 新規感染者数 推移表 (5月14日現在) »

2020年5月15日 (金)

新型コロナウイルス 治療中患者数、国別・人口あたり割合順位、致死率等 一覧 (5月14日 23:32現在)

   
報道される感染者数だけを注目するのではなく、現在治療中の人の人数と人口あたり割合を比較すると様々な事が見えてきます。
 

Infectedlist20200514_20200516052601

 

『 各国の状況比較 』
  

例えば、米国は感染者数が 130万人を超えて医療現場への過負荷に注目されていますが、中東のカタールは 感染者数は少ないものの 人口1億人あたりの治療中の患者数は 87万人を超え、米国の 32万人と比較すれば遥かに過酷な医療現場である事が容易に想像つきます。
人口あたりの医療従事者や医療機器の数、医療水準が米国と同等であったとしても、一個の人間の命は一つで変わりないものですから、どうしても こういう国の状況が見過ごされている事に苛立ちを禁じ得ません。
   
更に、中東地区では感染拡大を示している国が多く、先述の カタールの他に クウェート、UAEでも 一億人あたり 14万人以上の割合の治療中の患者がいる他、感染者数 50位以下の国の中でも 人口1億人あたり 21万人を超える患者を抱える バーレーン も存在しています。
EU諸国、米国、ロシア、ブラジル等の国からは情報が入り易く、それらの国々の状況報道を行なうのは簡単ですが、信頼おける情報から 上記の中東諸国などの過酷な状況を把握するのも難しい事ではなく、各国の報道機関は そういう国々の情報も判明する範囲で報道する責任はあると考えます。

 
 

『 医療崩壊について 』
   
日本においても医療崩壊の危機が強く叫ばれ、専門家や医療関係者からの意見を元に 緊急事態宣言や外出自粛、そして 多くの人々の経済的損失を招く 休業要請 がありました。
ここで、各国の医療現場の崩壊の兆候をこの表から探るとすれば 「 致死率 」であり、感染を防ぐ防疫体制と含めて考慮すれば 「 人口1億人あたりの死亡者 」を較べるのが最適だと思います。
   
この資料から判る事は、過酷な状況で医療崩壊が強く叫ばれた イタリア での 人口あたりの死亡者数は 1万8000人を超えており、日本の 215人と比較すれば 80倍以上も多くの方々が亡くなっている事になり、報道されてきた様に 医療現場で より回復する見込みのある方へ人工呼吸器の使用をするなど 医療上の命の選別・トリアージ的行為があった事も推測され、全ての人に最善の治療を施すのが医療だとすれば、明らかに 医療現場は崩壊していたと推測されます。
   
が、この表から判る事は、イタリア以上に多くの割合の方が亡くなっている国は少なくなく、感染対策が機能して新規感染者数を抑えつつあると発表している英国は 4万2000人で、更に 殆ど報道メディアは扱っていない ベルギー は 4万4000人を超えており、ベルギーは ウイルス禍で 米国やイタリア以上に 大きな被害を被った国である事をしめしています。
 

 
 
『 国際状況と日本 』
   
なお、日本の 人口あたり治療中患者数は 5000人(0.5万人)ほどで、世界各国の状況と比較しても、日本の医療水準から考えても、医療崩壊の危機などとは言えない様に見えると言っても多くの方々は賛同してくれるでしょう。
日本がこの水準に収まっているのは、厚生労働省を始めとする国の政策のお蔭と言うよりも、明らかに 国民の衛生行動が防疫に対して効果的に作用した結果と言っても過言ではないでしょう。
  
とは言っても、緊急事態宣言、外出自粛、休業要請 が無駄だったとは一切思いません。
が、この表で明らかな国際状況の中での日本の状態を、国および各報道機関、そして分析専門家が充分に発信しなかった弊害は、飲食や旅行・観光業などでの倒産や経済的損失以外、日本国民の一人ひとりに余分な精神的負荷を与えてい る事も間違いないでしょう。



 
『 正しい情報と適切な行動 』
   
私達は、単に国と国の発表に沿った報道を行なうメディア発信だけに注目するのではなく、国の政策に反対して非難する声だけに耳を傾けるのでもなく、より正確な情報の発信や資料を元に冷静な判断を行なう意識が求められていると思います。
  
因みに、外出禁止命令を出した後に緩和策を発表している ドイツ の状況を見れば、人口あたりの治療中患者は 1万 9000人 と日本の 約 3倍、人口あたりの死亡者数は 約 4倍、人口あたりの 最近の新規感染者数は 約 10倍で、そのドイツが 感染対策で優秀な成果を収めていると国際的な評価を得ている事も加えておきます。

 

出典 Johns Hopkins CSSE
#COVID-19

 


Web250g
http://gra-npo.org





« 『 スプリングレート について 』 ページ 4 を追加しました | トップページ | 新型コロナウイルス 国別・日別 新規感染者数 推移表 (5月14日現在) »

COVID-19 世界状況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『 スプリングレート について 』 ページ 4 を追加しました | トップページ | 新型コロナウイルス 国別・日別 新規感染者数 推移表 (5月14日現在) »

GRA代表:小林の紹介

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ