« 日誌 10/13 ~ 10/14 | トップページ | 日誌 10/16・帰省 »

2019年10月15日 (火)

タイヤの働きやすさの為に ・・

   
   オートバイを操るという事は、オートバイに走ってもらう事。
   オートバイに走ってもらうという事は、タイヤにしっかりと仕事をしてもらう事です。
   タイヤの働きやすさを考えず、オートバイを正しく操る事は出来ません。
   
タイヤがしっかりと仕事ができるかどうかは、人がしっかりと仕事ができる条件と同じです。
タイヤを人に例えて説明をすれば、下に挙げる要素によって、その働きぶりが大きく左右されてしまう事も、きっと理解してもらえるでしょう。


  【 年齢 】製造後日数 )・・若い程によく働きます
  【 気力 】空気圧 )・・ 充分に入っていて、入れ込み過ぎない様に
  【 期待と責任 】荷重 )・・適切にかける程によく働きます
  【 目標 】方向安定性・トレール量 )・・これが無くては迷います
  【 委任 】こじらない )・・任せたら、細かい指示は入れない
  【 上司の理解 】ライダーの理解と評価 )・・多くの場合、忘れられてます


Web1000_tire_easy_to_work_20191015225901 
     
タイヤ君にしっかりと働いてもらうには、これらの要素は欠かす事ができませんので、機会を設けて、要素毎に説明をしていきたいと考えています。
  
今回は、これらの項目に関連した公式Webサイト掲載記事を紹介しますので、是非、一度ご覧の上で、参考になれば幸いです。
 
 
●「空気圧」・ <Q&A>タイヤの空気圧は?
http://gra-npo.org/lecture/bike/Q&A_Airpressure/Airpressure.html
   
●「方向安定性・トレール」・トレールコントロール ライディング
http://gra-npo.org/lecture/ride/trail_controll/trail_con_ride_1.html
   
●「ライダーの理解・タイヤから診る、ライディング
http://gra-npo.org/lecture/ride/tire%20diagnosis/img_Tire%20diagnosis.html

          

                                                                                                 ( 解説文章 : 小林 裕之

 

 




 

 

« 日誌 10/13 ~ 10/14 | トップページ | 日誌 10/16・帰省 »

オートバイとの接し方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日誌 10/13 ~ 10/14 | トップページ | 日誌 10/16・帰省 »

GRA代表:小林の紹介

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ