« 扇風機のある幸せ | トップページ | 朝焼けに »

2019年8月 5日 (月)

フォト スタジオ から続く、次のステップへ

     
信頼できるカメラマンに、尊敬できる画像作品を撮るフォトグラファーに、
現在の僕の姿を記録してもらう事を決めました。

  

昨年の8月、長年続けてきた、一般企業への就労生活を一旦やめ、
30年近くになる、任意団体GRA、現在は NPO活動に専念している今だから。

   

遠くない将来、履歴書用に必要になる画像のためではなく、
かと言って、周囲を黒縁で飾った画像を生前に準備する訳でもありません。

   

今を未来に遺すのではなく、将来への投資だと考えているのです。
きっと、次の新しいステップが待っている、そんな期待があるのです。

 

  

 

モデルなど程遠く、当然、芸能界への関心など全くありません。
別に、恰好良いポートレイトを遺したいなどの邪念もありません。

   

ただ単に、自分自身の姿を知りたい気持ちが一番に、
次に、その姿を通して、自分の人生の次のステップを探りたいのです。

   

きっと、カメラマンの眼を通して、より客観的な自分自身と、
情感も交えた、より主観的な自分自身の姿を突きつけられるでしょう。

  

その客観性と主観性の入り混じった画像の事実を前にして、
自分自身を見る眼が拡がる、そんな予感が強くあるのです。

   
 
  Web1000_photostudio

  
 

だから、フォト スタジオ選びは慎重に進めました。
比較的近距離の、同じ区内と隣の区内から、30店ほどをリストアップ。

  

七五三や成人式、ブライダルやマタニティ撮影を売りにしていたり、
和装貸出し撮影や赤ちゃんと一緒の家族記念撮影が売りは除外。

  

そんな中に、黒いワンピースのモデルさんにグレイのバックを置き、
モノトーン的な雰囲気の、情感のある画像をサイトに掲げた店を発見。

  

早速に、Gパン姿のラフな姿で店を訪れ、店とスタッフを確認して、
カメラマンの人と予約した日に、スーツ2着持って行き、決めました。

 
  

    

NPO法人 代表理事ではあるが、国からは無職と認定された身の上、
それを一年ほど続けたからこそ、到達した心境だと思う。

   

それまでの、毎日出勤して、終電近くに帰宅する日々を、
今も続けていたら、明日も見えない、きっと考える事も無かった。

   

この一年、自分自身だけと向き合いながら、時には悶々と過ごし、
自分自身の大きさと小ささを思い知らされたからでしょう。

   

8月13日、フォトスタジオ へ、期待と不安も胸に、行ってきます。
きっと、僕の未来は、明るくて大きい。
  
 
  

Web1000_photostudio_20190805235401

 

 


<script> tag element

 

« 扇風機のある幸せ | トップページ | 朝焼けに »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 扇風機のある幸せ | トップページ | 朝焼けに »

GRA代表:小林の紹介

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ