« 机上の “空温” は、33度 | トップページ | ジムカーナ の 源流 »

2019年8月21日 (水)

8月21日、今日の買い物 (1)

  
今日(8月21日)は、峠を過ぎた様な気温に誘われ、金具の買い物をした。
   

Web1000_dsc_0122

  
以前、ヤマハ の FZ750 を持っていた頃、純正のメインテナンススタンド も購入して使用していたが、車両をジャッキアップするアタッチメントの強度と使い勝手が悪くて、FZ750 が 愛知県にドナドナした後も、ガレージ内の オブジェ として飾っていた。
  
その メインテナンス を、先日、引き取ってくれるという人が 現れたので、強度不足で破損してしまったアタッチメントは抜きで、VTR250 で仮使用してみたところ ・・
                                
Cimg3131
Cimg3135

   
使えない事はない、と分かったけど、アタッチメントが無いと使い難いという事も判ったので、アタッチメント 作製用の素材を ホームセンター で買い物してきたのだ。
   
アタッチメントの加工構想は簡単だ。
金具のループ部 (トンネル穴部)を残し、首下部で 90度曲げるだけ。 それを スイングアームに タイラップなどで仮固定すれば よい筈だ ♪
                           Web1000_20190821                                        
もし、リアアクスルシャフト の シャフト中央部に穴が貫通しているタイプだったら、アタッチメント無しで 簡単に使えるのだけど、引き取り候補車は そうじゃあないみたいだから仕方ない。
    
今回、以前購入の メインテナンス スタンド を引っ張り出してみて、やはり、オートバイの メインテナンスには 欠かせないツールだと認識させられた。
車体を直立させなければ、適切に行なえないメインテナンス や セッティング 作業が数多くあり、しかも 1G 荷重状態(リアタイヤに 車両自重が掛かっている状態)でなければ難しい 作業もあるので、センタースタンドが付いている車両でも あった方が良い。
  
その上で、メインテナンス スタンド と アタッチメントに十分な強度があって、ライダーが乗車した状態・1G’ 状態 が実現できるのが 最善だ。


 

<script> tag element

 

« 机上の “空温” は、33度 | トップページ | ジムカーナ の 源流 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 机上の “空温” は、33度 | トップページ | ジムカーナ の 源流 »

GRA代表:小林の紹介

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ