« リア プリロード 『セッティング講座 』 始めました! | トップページ | レバー セッティング講座、開催します »

2019年3月17日 (日)

レバーの大切さ、再認識した夜

      
昨晩は レバーの位置の大切さを再確認させられた。
   
先週末に一度組み上げたフロントフォークのチェックへ行くと、初期のレスポンスの遅れ、そして ブレーキでターンに入る時には ターンの鈍さを感じていた。
      
先週末・夜、気温は 8~10℃ 程度か。
冬に慣れてしまったのか、身体は冷気を感じていなかったし、感覚的にはオートバイの状態は正確に感じやすい状況だった。
    
初期レスポンスの遅さは フロントの車高を 2mm程度のアップで、ターンイン時のレスポンスの鈍さは フォークオイルを 5cc 程 抜く事で対処でもしよう。
    Web1000_20190314_35
   
それにしても、今回の 高レートのスプリング( WP ZZ-R 1100用 )は 2017年に一度組んだ時よりも 随分とマイルドで扱いやすい感じだ。
   
ハードな事には変わりはないけど、角が丸くなっているから、普通に市街地を真っ直ぐ走っていても、ハーダーサスを付けた車の様、小気味の良い感じだ。
きっと、角が取れたのは、前回は入れて無かった スラストベアリングの効果だろう。
   
 
車高を2㎜ 上げて、オイルを 5cc 抜いて走りだす。
ガレージを離れた瞬間から フロントのレスポンスが随分と明るくクリアになっている。2㎜ アップだけの差ではない。
きっと、ストロークが増えた事、特に 1G' からの リバウンド側の ストロークが 増えている事が大きく影響しているのだろう。
バランスの妙だ。
   
市街地を走っても、少しターンをしても 随分と良い。
先週とは違う車両・少し アウトローダークな子から少し生意気な良い子に変わった。若干、フロント車高は 1~2㎜ 低いが 好みの範疇。
ターンインでのフロントの入り込みも 先週よりも 素直に入ってくる。
先週感じた、アクセルを開けてバンクを切り返した瞬間、フロントの反応の遅れも 解消している様に思える。
   
かし、何かおかしい。
 
 
市街地を走った時から感じていた。
チェンジタイミングとクラッチワークが きちんとリンクしない。早目はやめでのチェンジも いつもより マッチしない。
信号スタート時には エンストもしてしまった。
何か おかしい。
   
そんな不安な思いで ガレージに戻る最中、原因が分かった(気がした)
レバーの角度が いつもと 2度程度 違うのだ。
フロントフォークの調整をすると、必要に応じてハンドルバーを取り外す。
すると ハンドルバーの角度が微妙に変わる場合がある。
今回は、ミラーが 少し後方上側を写しているので、レバーが 前下がりになっている。
      
ガレージに戻り、再度 調整し直して、合いマークを 改めて打ちながら、大切な事を思い出した。「 レバー や ペダル の角度って、気持ち良く走るのに 大切だよな 」
   
そこで、改めて初心に還って考え直した。
「 そうだ、講座を開くなら、クリニックイベントを開くなら、 “ レバー セッティング ” を伝えなくては 」

フロントの車高などは  多くの人にとって直接感じる機会は少ない。
でも、レバーやペダルの角度って、買った時から 同じで走る人は多い筈と。
それって、自動車のシートの位置やリクライニングを 買った時のまま 走る人と同じだ。きっと、乗りづらい事も分からず、決して安全ではないのに、それで良いと思って乗っている。
   
だったら、レバーセッティング の話、きちんと伝えていかなくてはいけないね。
 
 
 
    
    

    

« リア プリロード 『セッティング講座 』 始めました! | トップページ | レバー セッティング講座、開催します »

妖怪ガレージ・整備日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レバーの大切さ、再認識した夜:

« リア プリロード 『セッティング講座 』 始めました! | トップページ | レバー セッティング講座、開催します »

GRA代表:小林の紹介

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ