« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月の投稿

2019年3月30日 (土)

【 3/30・試験版・スポット中継 開始時刻見込みは 】

   
本日(3/30)開催予定の 試験版・スポット中継『 整備・セッティング講座 』の開始見込み時間をお知らせします。
   
11時現在の見込みは、早くても 14時以降の送信の予定です。
なお、お届けする予定の内容は、前回の案内から更に検討を進めて、添付画像の通りとなっていますので、併せて確認をお願いします。

  20190330_2

【 当講座は、GRA 公式Facebookページ で公開送信します 】
https://www.facebook.com/NPO法人-GRA-495074740524960/





今日の買い物

    
今日は NPO法人の事業報告の為に県庁へ行き、その足で大阪の梅田へ出て歯科医で治療を受け、イベント会場の手配をして、買い物に幾つかの店で買い物した。

そのなかの一つがこれ。無線・Bluetooth のキーボードだ。
IPad の入力用に買った。

Img_1094
 
エルゴノミクスのキーボードは 39年前から興味があったじから、迷わず買ったし、今もそれで入力している。
もう少し慣れたら使いこなせそうだ。
あすのスポット中継や、ツーリングでの中継でも使えそうだ。
 
 





2019年3月27日 (水)

『 話す オートバイ講座 』開催の案内です

   < 事務局リポート からの転載です >
  
オートバイに、いつまでも楽しく、
安全に乗り続けたい人たちが集まり、
色んな話題や情報、知識を伝え合って、
一緒に未来へと繋げていきたいと考えています。

オートバイに関心のある人なら、年齢、性別、乗車経験、
オートバイの有無に関係なく、参加歓迎です。
参加費、予約は一切不要で、ネットを通じての参加も大歓迎です。


Web1000_talk_lecture_3

詳しくは、下記の案内サイトで。
『 話す オートバイ講座 』案内ページ
http://gra-npo.org/schedule/learning_place/top.html





2019年3月26日 (火)

眠れぬ夜と「整備・セッティング講座」


眠れずに困って、こうしてキーボードを叩いてる。
もっと眠りたくて、ベッドの中で暫く羊の数を数えていたけど眠れない。
2時間余りの睡眠時間は少な過ぎるけど、同じ羊が何度も出てきたので、あきらめた。

眠れない原因ははっきりしている。
スポット中継での『整備・セッティング講座』のせいだ。
あまり深く考えず、この 2~3日の思い付きで立てた企画のせい。

ラフな企画内容を発表して、昨晩(今朝)ベッドに入った。
でも、考えれば考えるほど、無謀・無茶な企画に見えてくる。
大切な伝えたい事、編集動画ならまだしも、中継動画で伝えきれるものでない。

そもそも、この企画、VTR君のフロントを触りたくなったのがきっかけ。
トラ君で良い効果を残した「スラストベアリング」を入れたいだけだ。
4月7日、“桜見”ツーリングに間に合う様に、VTR君の前脚を気持ち良くしたいだけだ。

ところが、企画・計画を立てるのが好きな僕がいる。
思い立ったら、火の着いた“ねずみ花火” の様に一気に回り始めてしまう。
回り過ぎて、半日のスポット中継では伝え切れない程の内容になってしまっている。
 
Web1000_spot_setting
 
オートバイの整備・セッティングは一番大切な会話の機会。
物言わぬオートバイと、五感と思考力を総動員して行なうスキンシップだ。
ペットへの餌やりと同じ、ただ、やれば良いというものではない! が伝えられるだろうか?

友は、事前にメモ書きをすると良い、と言う。
確かにその通りだ。でも、それが止まらない。羊の群れになってしまう。
伝えるべき大切な事を分かりやすく正しくとメモすると、3~4日の中継でも終わる筈がない。

まあ、良い。
“ねずみ花火” で広がった話だけど、本番は “線香花火” で行くしかない。
広がった企画で始まっているけど、出来る範囲の事を正しく伝える事で覚悟を決めた。

では、ベッドに戻って、羊の数を数える事にしよう。
次に目覚めた時には、違う道も見えてくるだろう。
おやすみなさい。



企画 ・ スポット中継『整備・セッティング講座』
http://gra.hatenablog.jp/entry/2019/03/26/015731
 
 
 

スポット中継『整備・セッティング講座』開催の案内です

試験中継ですが、スポット中継にて『整備・セッティング講座』を開設します。
開催日は 3月30日 午後(時刻未定)で、講座内容は「 フロントフォーク 」編を予定しています。
 
Web1000_spot_setting
  
主な内容は、フロントフォークの分解と整備・セッティングですが、ベテランの方でも初めて聞く事柄が幾つもあると確信しています。
 
1. フロントブレーキの取り外し
2. フロントフォークの取り外しと分解
3. フロントフォークの組立とスラストベアリングの装着
4. フォークオイルの注入量の考え方
5. フロントフォークの装着と整備
6. フロントブレーキの整備と装着
 
以上の項目に分けて スポット中継を行ない、その中で 整備やセッティングに関する基本的な考え方を音声で、場合によっては ボードを使って説明を加えます。
 
******
 
〇 スポット中継は、GRA Facebookページ にて行ないます。
〇 Facebookページの閲覧は、Facebook のアカウントを持たない人も出来ますので、気軽にご覧ください。
〇 スポット中継とは、LIVEで連続放映するのではなく、何回かに分けて動画放映する方式です。
〇 3月30日 午後、最初のスポット中継時刻は未定です。

GRA Facebook ページへは 
https://www.facebook.com/NPO法人-GRA-495074740524960/
 
Facebook_web450








 




2019年3月25日 (月)

NPO法人紹介コーナーを開設します


  < 事務局リポートより転載 >

“ NPO法人紹介コーナー ” を新しく始める件の紹介です。

既に 1件 紹介済みですから ご存知の方も居るとは思いますが、私共・GRAの活動をより円滑に発展させていくために必要と考えておりますので、その意図を簡単に説明をしておきます。

とかく、NPO法人の名称は、ニュースなどで報道される機会も増えてきているので、知っている方も多いと思いますが、その特徴や実際の内容を正しく理解されている方はまだまだ少ないと思います。
実際に、私共・GRAも NPO法人 として活動を続けており、NPO法人として求められている責務を果たす方向へ進めているのですが、理解がされていないと実感する事も多くあります。

他の法人格と “利益” や “公益” との関係を簡単にまとめておきます。

例えば 「株式会社」とか「有限会社」は “ 利益 ” を第一として事業を行なえる法人で、「一般社団法人」、「一般財団法人」においても 公益性は求められず “ 利益 ” を求める法人であり、「一般公益法人」のみが “ 公益 ” の事業 割合が規定されてその分が免税になりますが “ 利益 ” 追求する法人です。

ただ NPO法人のみが “利益” を追求するのではなく、“公益” ・社会貢献を強く規定された法人です。その目的遂行のために、税制面などでの優遇処置や、休眠預金活用法により休眠預金がNPO法人への助成に利用される事になったのですが、逆に「貸借対照表」の一般公開を求められるなど、運営実態のチェックは厳しくされています。

そんな NPO法人ですから、運営資金は元々厳しい状況であり、基本的には 各方面からの “ 寄付 ” に頼るのが一般的です。行政側としても “ 寄付 ” を集める事を奨励しており、寄付金を継続的に十分に集めて運用している NPO法人を、通常の NPO法人より上位の法人格として「認定 NPO法人」という名称で認定するに至っています。

当然、全ての NPO法人が “ 認定 ” NPO法人 として認定される事は無く、また “ 認定 ” と認定された NPO法人への寄付に対する 減税措置が同時に施行されているため、企業側としても “ 認定 ” NPO法人 への寄付が今まで以上に行ないやすくなっています。

******

以上、専門的な言葉もあり、多少理解は難しい面もあると思います。

ただ、NPO法人は “ 公益 ” 社会貢献を強く求めらる法人で、“ 利益 ” 追求型の法人であってはならず、“ 寄付 ” が 主な財源の法人が多く、国・行政も “ 寄付 ” などを財源として 推し進めている事。
そういう運営形態の法人の為、十分に “ 寄付 ” が集まっている “ 認定 ”NPO法人を除く、普通の「NPO法人」は 基本的には 厳しい財政状況の中で 社会貢献活動をしていると理解してください。

******

NPO法人への理解が進み、私共・GRAも含めて活動が進めやすくする為に、今回紹介している 「 NPO法人の紹介」を行なっていきます。
きっと、みなさんの中にも 社会貢献や社会活動について、新しい認識が増えるものと期待しています。


【 NPO法人の紹介 】・ ・ NPO法人 BOND プロジェクトの紹介


>






2019年3月24日 (日)

NPO法人の紹介 ・・ NPO法人 BOND プロジェクト

   
・・世の中には、利益の為ではなく、社会の為に惜しみなく尽力されている方々や団体があります。

・・そんな活動を行なっているNPO法人を、機会がある度に紹介していきますし、みなさんにとって何等かの参考になる事を願っています。

*********

以下、NPO法人 BOND プロジェクト の紹介です。

  
ドメスティックバイオレンス等により、自宅が精神的なよりどころにならず、
自宅など帰る場所を失った10代20代の女性(以下:青少年と記す)に対して様々な支援活動を行なっているNPO法人です。

それら 青少年に対して、社会や家族、友人等に関する人間関係不信に対するメンタルケアやカウンセリングを行ない、就業や生きがい、社会参画が出来る機会を提供する事を通じて、健全な育成に寄与するために活動しています。
 
その活動目標を達成するために、雑誌やネットを通じて それら青少年の存在や声を周知させたり、講演会での啓発活動を行ない、実際に 青少年を保護して精神的ケアを行なう活動などを行なっています。
  
また青少年に対しては、電話やLINEを通じて相談を受けています。

Web1000_girlinorange1

【 NPO法人 BOND プロジェクト 】

案内Topページ ・・ http://bondproject.jp/index.html

Facebookページ ・・ https://www.facebook.com/NPObondproject/

寄付・サポーター募集 ・・ http://bondproject.jp/support.html#support_top

相談窓口案内 ・・ http://bondproject.jp/link.html

>






2019年3月23日 (土)

『整備・セッティング記録会』ZX-6RR編 Part 1

 
1台のオートバイを分解して整備して、バランスを取るセッティング作業をする事は大変な事ですが、もっと気軽に楽しめる様に、スライドショーにまとめてみました。
  
動画の長さは 2分40秒余り、車両は カワサキ ZX-6RR ですから、ぜひ ご覧ください。
  

   
【 整備・セッティング記録会、ZX-6RR編・Part 1 】
http://gra-npo.org/lecture/bike/ZX-6RR/img_ZX-6RR_regret_setting.html      
    
    
    

    

『整備・セッティング記録会』ZX-6RR編 Part 1

 
1台のオートバイを分解して整備して、バランスを取るセッティング作業をする事は大変な事ですが、もっと気軽に楽しめる様に、スライドショーにまとめてみました。
  
動画の長さは 2分40秒余り、車両は カワサキ ZX-6RR ですから、ぜひ ご覧ください。
  

   
【 整備・セッティング記録会、ZX-6RR編・Part 1 】
http://gra-npo.org/lecture/bike/ZX-6RR/img_ZX-6RR_regret_setting.html      
    
    
    

    

フロントフォーク 整備、妖怪ガレージ撮影、サポーター募集中です

フロントフォーク の 分解・整備・セッティング 作業を公開して、
オートバイについての正しい知識や情報を、より多くの人へ届ける為に、
画像や映像 の撮影&公開 する企画を立ち上げています。

関心のある人は、以下の [ 企画内容 ]をチェックしてください。


【 GRA 企画ノート 】

http://gra-kikaku.hatenablog.com/entry/2019/03/23/003108

Web700_20151130_02








2019年3月22日 (金)

一枚のSDメモリー


今日は晴れ
久し振りのイベント開催で疲れた身体起こし、
洗濯を 2回した。

気づけば、洗濯槽に何か残っている。
黒いプラスチック片、
手に取ると SDメモリーだった。

まだ濡れているからと言って、
中身を見る勇気が出るのを待っている。
何だったか、思い出せない。

これも、MCI なのかと、
一人膝を抱えている ・・・・
訳ではないが。
   

  Web1000_img_1237
 

>






トラ君の前脚、過去最高の道を歩む !?

『 クリニック イベント 』の空き時間を利用して、9m 四本パイロンを走行して、サスペンションの仕上がり具合のチェック。
    
この四本パイロンのセクションは、9m 四方の正方形にパイロンを置き、走るパターンは ノーブレーキ、アクセルの オン・オフ で 外周を回るだけ。
    
でも、余分な操作を一切しない分、オートバイのバランスや出来不出来がよく分かるし、ライディングの乱れも簡単に自己判断が出来るから、長年使っている。
   
で、トラ君の仕上りはと言えば、トラ、過去最高の道を歩んでいる感触大。
バランスがまともになってきている事もあるだろうけど、やっぱり スラストベアリングを入れた事で、無駄なフリクションが減らせ、純粋なサスペンションの動きが実現しつつある感じだ。

例えて言えば、汚れたゴーグル、グラスを、隅から隅までまで汚れと傷を取った上に軽量化して、見える視界の違い程。又は、適当なスープの味と、骨から時間かけて作ったスープ、きちんと昆布や煮干しからとった澄ましとの違いがある。

単に味わいが違うだけではなくって、操縦性も違う。

小さくても変な引っ掛かりや雑味がないから、ターン中の挙動が澄み切っていて、素直に走るので、以前だったら ターンのラインが 10cm ずれるとライディングで補正していた場面が今日は無し。

お任せで走ってもらって、安心感大で、ラインに無駄な乱れがないので、補正動作の出番も無い。

傍目から見れば違いは無いだろうだろうけど、夫婦仲と一緒だろう、実際には大きな違いが出た。</

さあ、空き時間あれば、フロントのプリロード、0、5 から 1、5 kgf 程度の範囲 アップして試してみようか。

Web1000_20190321_03 
≪ 結果報告 ≫

フロントサスペンションのプリロード(イニシャル荷重の事)の追加テスト結果。
   
試しに、フロントフォークのトップキャップにあるアジャスター、1/2回転締め込む。 すると、突然、トラ君の人相が変化して “ 別人みたい ” になった、 そこで1/4 回転締め込みへと戻すと “ 横顔 ” で返事はする。

最後は、1/8 回転締め込みまで戻すと、調整前よりもはっきりとした “ 口調 ” で話すようになった。

結局、少し “ 大人しいな ”、“ おっとりしているな ” から 1/8 回転締め込みで 納得した。約 8.2 Kgf だったプリロードを 約 8.3 Kgf へ変更しただけで手を打った訳だ。
セッティングは、ちょうど 天秤はかりと同じ様に、バランスしたところから 少し変化させただけで 大きく変化するもの、を体現した様な結果に。
   
でも、でも、まだまだ続くだろう。

プリロードとは別の 要素を変化させれば、また プリロードのバランス点は変化するし、上手く調整すれば スィートポイントが広がる筈だから。今のバランスポイントは少し狭い面があるので、きっと 別のバランスがある筈だ。


     
    

    

2019年3月19日 (火)

『 ねじのおもしろ講座 』 受講してみたい !

      
“ ネジ ” について分かりやすくてきれいなWebサイトを通じて啓発されている会社、池田金属工業(株) さんが、「 ねじのおもしろ講座 」を無料で開催!
   
【 池田金属工業(株) 開催、ねじのおもしろ講座 】
http://www.ikekin.co.jp/contents/seminar/index.html


   
DMを通じて知ったので、直ぐに告知ページへ行ったけど、“ 製造業 ” 法人対象だとの事。
   
“ ネジ ” は オートバイの基本。
その上、オートバイは、他の産業機械よりも、“ ネジ ” の締め付けトルクに敏感な乗り物だし、人の歓びと命に直結する部品だから、行ってみたいものだ。
   
法人資格は大丈夫だがら、正直に申し込んで、許可が出たら行って “ 生 ” で勉強したい。

      
    

    

2019年3月18日 (月)

【 スポット中継 】 の案内です

    < 事務局リポートより 転載 >    
 
GRAでは、私達の活動に関心と興味を持って下さっている全国の方々へ向けて、【 スポット中継 】を行なう事になりました。
 
【 スポット中継 】とは、イベント中の様子を この GRA公式 Facebookページ を使い、画像とテキストでイベント中に何度か報告するもので、4月7日開催『桜見 ツーリング』で行なう他、 3月21日および31日開催『クリニックイベント』、4月6日『話すオートバイ講座』でも一部試験的に報告をしますので、是非 ご覧ください。

※ なお、Facebookページは、アカウントを登録していない方でも自由に閲覧が可能です。
    
< GRA公式 Facebookページ >

157_menu_button

   
< 運用スケジュール >

http://gra-npo.org/schedule/schedule/kinjitu/kinjitu.html

    
    
   

    

レバー セッティング講座、開催します

 
オートバイの、ブレーキレバーとクラッチレバーのセッティング講座、開設のお知らせです。
    
ご存知の通り、ブレーキレバーはフロントブレーキの操作に使い、クラッチレバーはクラッチ操作に使いますが、多くのライダーは不自然な方法で使っていますので、安全な操作を助けるセッティング講座を開催します。

   Web1000_20070630_15       
実際、それらのレバーの操作方法は教習所で習いますが、ライダーに合わせたセッティング方法は教えてくれません。
レバーの微妙な操作によってオートバイの繊細なコントロールが可能な事を考えれば、ライダーに合わせたレバーセッティングを行なわない事は、自動車のシートをドライバー合わせないで運転する事と同じで、不自然な上体で運転する事は危険です。
しかし、ライダーの多くは、購入した状態のままで、場合によっては不自然で安全ではない操作を行なっていると言っても過言ではないでしょう。

    
レバーの垂れ角(水平からの)とレバーの開き角度(グリップとの距離)を、ライダーが自然に操作ができる位置に調整するセッティングは、ほとんどのオートバイで簡単に行なえて、スムーズで安全な運転に欠かせません。
同じ様に、ブレーキペダル や シフトペダル の高さ(角度)も、ほとんどのオートバイでライダーに合わせたセッティングが可能な仕組みが作ってあり、自然で疲れない、正確な操作が可能になります。
   
Web1000_20070630_08
      
GRAが開催する『クリニック イベント』では、希望される人には全員に、そのセッティング方法を詳しく適切に解説しますし、必要な方にはセッティング作業をサポートします。

【 クリニック イベント 】
http://gra-npo.org/schedule/clinic/clinic_top.htm
   
また、Webサイト上でも詳しい解説ページを展開して情報発信を行なっていきますので、どうぞ、ご利用ください。




    

2019年3月17日 (日)

レバーの大切さ、再認識した夜

      
昨晩は レバーの位置の大切さを再確認させられた。
   
先週末に一度組み上げたフロントフォークのチェックへ行くと、初期のレスポンスの遅れ、そして ブレーキでターンに入る時には ターンの鈍さを感じていた。
      
先週末・夜、気温は 8~10℃ 程度か。
冬に慣れてしまったのか、身体は冷気を感じていなかったし、感覚的にはオートバイの状態は正確に感じやすい状況だった。
    
初期レスポンスの遅さは フロントの車高を 2mm程度のアップで、ターンイン時のレスポンスの鈍さは フォークオイルを 5cc 程 抜く事で対処でもしよう。
    Web1000_20190314_35
   
それにしても、今回の 高レートのスプリング( WP ZZ-R 1100用 )は 2017年に一度組んだ時よりも 随分とマイルドで扱いやすい感じだ。
   
ハードな事には変わりはないけど、角が丸くなっているから、普通に市街地を真っ直ぐ走っていても、ハーダーサスを付けた車の様、小気味の良い感じだ。
きっと、角が取れたのは、前回は入れて無かった スラストベアリングの効果だろう。
   
 
車高を2㎜ 上げて、オイルを 5cc 抜いて走りだす。
ガレージを離れた瞬間から フロントのレスポンスが随分と明るくクリアになっている。2㎜ アップだけの差ではない。
きっと、ストロークが増えた事、特に 1G' からの リバウンド側の ストロークが 増えている事が大きく影響しているのだろう。
バランスの妙だ。
   
市街地を走っても、少しターンをしても 随分と良い。
先週とは違う車両・少し アウトローダークな子から少し生意気な良い子に変わった。若干、フロント車高は 1~2㎜ 低いが 好みの範疇。
ターンインでのフロントの入り込みも 先週よりも 素直に入ってくる。
先週感じた、アクセルを開けてバンクを切り返した瞬間、フロントの反応の遅れも 解消している様に思える。
   
かし、何かおかしい。
 
 
市街地を走った時から感じていた。
チェンジタイミングとクラッチワークが きちんとリンクしない。早目はやめでのチェンジも いつもより マッチしない。
信号スタート時には エンストもしてしまった。
何か おかしい。
   
そんな不安な思いで ガレージに戻る最中、原因が分かった(気がした)
レバーの角度が いつもと 2度程度 違うのだ。
フロントフォークの調整をすると、必要に応じてハンドルバーを取り外す。
すると ハンドルバーの角度が微妙に変わる場合がある。
今回は、ミラーが 少し後方上側を写しているので、レバーが 前下がりになっている。
      
ガレージに戻り、再度 調整し直して、合いマークを 改めて打ちながら、大切な事を思い出した。「 レバー や ペダル の角度って、気持ち良く走るのに 大切だよな 」
   
そこで、改めて初心に還って考え直した。
「 そうだ、講座を開くなら、クリニックイベントを開くなら、 “ レバー セッティング ” を伝えなくては 」

フロントの車高などは  多くの人にとって直接感じる機会は少ない。
でも、レバーやペダルの角度って、買った時から 同じで走る人は多い筈と。
それって、自動車のシートの位置やリクライニングを 買った時のまま 走る人と同じだ。きっと、乗りづらい事も分からず、決して安全ではないのに、それで良いと思って乗っている。
   
だったら、レバーセッティング の話、きちんと伝えていかなくてはいけないね。
 
 
 
    
    

    

2019年3月16日 (土)

リア プリロード 『セッティング講座 』 始めました!

      
今まで、誰も語らず、誰も知らなかった、リアサスペンションの働きと、その プリロード セッティングの意味を、鮮やかに分かりやすく解説します。
   
初回は、オートバイのリアサスペンション と 人の “ ひざ ” と較べて、なぜ、その プリロード(初期荷重)セッティングが必要なのかを、全く新しい観点で解説しています。
   
R_preload_img2_web1000

 【 リア プリロード 調整 】その1   
http://gra-npo.org/lecture/bike/rear_preload/img_rear_preload.html

   
次回以降は、実際の プリロード調整 や その工具、調整の様子など、可能な限り多くのイラスト と 画像を交えて解説をしていきますので、どうぞ、期待してください。
   
きっと、誰もが 「 こんなに分かりやすく、詳しい説明は聞いた事がない 」と 思うのは間違いありません、  ( 乞う、ご期待 )
   
   
   
    
    

    

2019年3月10日 (日)

3月2日の『話すオートバイ講座』が生んだ “クリニック”

      
先日(3/2)開催した『 話すオートバイ講座 』は大変に興味深い内容になりました。
なぜなら、今まで思いもつかなかった事だったからです。
 
「 多くのライダーは何を求めているか? 」
「 多くのライダーが恐れている事は? 」 という内容でした。
 
< 当日の ホワイトボードをご覧ください >
Web1000_cimg3025

   
「 求めている事 」
は青字で書いている事で、「 楽しさ 」、「 移動手段 」、「 自由 」、「 ステータス 」そして「 スリル 」など。
そして、それぞれの根拠を考えると、「 楽しさ 」は 所有欲を満たす、 相棒感、ペット感、ツーリング用途などを個々に書き出しました。
   
次に、「 恐れている事 」を赤字で書き出せば、「 事故 」、「 窃盗 」、「 故障 」、「 出費 」、「 違反 」、「 信用の失墜 」そして 旧型になったり 流行遅れからの 「 ステータス感の喪失 」などが挙がりました。

   
ここから、ライダーが自発的に行ないたいと考えている事を検討し、それから GRAが提供できる事、提供したい事、提供すべき事 のそれぞれを考える方向へ進みました。
が、当日(3/2)は ここで時間切れ、後はGRAにとっての宿題となりました。
   
しかし、当日 分かった事もありました。
それは、[ ライディング技術論 ]や[ 整備論 ]、[ 安全運転論 ]や[ マナーやモラル論 ]を決して求めている訳ではない事は分かりました。
いや、必要とされている事は間違いないけど、少なくとも “ 教えてあげる ” “ 学ぶべきです ” のスタイル・様式では受け入れられ難い事がはっきりと理解できました。
   
       *     *     *     *     *     *
   
GRAは、過去に数多くのイベント開催して、様々な内容のイベント企画を成立させてきましたが、今までの方式では現在の活動方針ではあまり役立たないのです。
   
開催会場を確保して、参加者データを活用してDMを届け、興味を持ってもらえそうな企画を考え、そうやって数多くの人々を集めるイベントを行なってきましたが、あまり役立たないのです。
「 いつまでも、楽しく、安全な オートバイライフ環境の創造 」の活動目標で、全国の人々へ Web配信を行なう場合には、過去の手法そのままでは届き難い事は以前から理解していました。
 
そして、GRAがどんな事をするべきか? という命題に悩み続けていましたが、3/2 の宿題のお蔭で生まれたイベントが 『 クリニック イベント 』です。
きっと、GRAが貢献できる道を切り開いてくれる可能性が大きいと信じています。
      
      *     *     *     *     *
    
3/2、宿題を持ち帰ってから毎日考え続けました。
そして、三日後の 3月5日、突然に閃いたアイデア(企画)が “ クリニック ” です。
   
生まれては消えていくアイデアも少なくない中、“ クリニック ” は 企画の細部を詰めていけばいく程に 夢が広がり、可能性が大きい企画になると確信ができました。
『 クリニック イベント 』で 実際の 診断や相談を受けられる人は、エリア的物理的な制限で限られるけど、その場で伝え事を Web上で発信する事はできます。
いや、“ クリニック ” に関して発信できる事は、今まで開催した イベントで伝えた内容よりも ずっと多くて深く、そして簡単な内容なので、正に Web発信に適しているのです。
   
しかも、『 クリニック イベント 』での経験は Web発信に役立てられるし、仮に クリニックを受けた人からの「 感想文 」が得られれば 更に多くの人々への有効な情報となるのは間違いないでしょう。
   
GRAは、これからも 「 いつまでも、楽しく、安全なオートバイライフ 」を望む方々のために 役立つ情報や知識、体験や考えを届けていきますので、ご期待や意見、提案をお寄せください。
   
ありがとうございます。
 

【 クリニック イベント 】概要
http://gra-npo.org/schedule/clinic/clinic_top.htm



    
    

    

2019年3月 9日 (土)

3/10 『自由練習会』 開催中止の案内です

      
明日(3/10)開催予定の 『 自由練習会 』は、終日雨天のため、中止とします。

参加や見学を予定されていた方は、申し訳ありませんが、次の機会にお越しください。

http://gra-npo.org/schedule/schedule/kinjitu/kinjitu.html

     *   *    *    *   *

週間天気予報では、15時頃のみの降雨予報だったのですが、予報が徐々に変化して、9時過ぎから終日降雨がほぼ確実の見通しとなりました。

過去には、台風直撃でない限り開催していた事もありましたが、今回は中止とした事をご了承ください。

なお、3/21 と 3/31 には、日本初イベントとなる 『 クリニック イベント 』 を開催しますので、ご期待ください。

走行イベント開催を活動の主体とせず、情報発信を通じての啓発活動を主体へと変更した今、『 クリニック イベント 』で伝えたい事などを含めて、もっと多くの方々へ有益な情報や考え方を届けられるようにしていきますので、今後共にご期待ください。

 
      
    

    

2019年3月 8日 (金)

『 クリニック イベント 』 開催します !


  < 事務局リポート より転載です>
      
「いつまでも、楽しく、安全なオートバイライフ」を求めるライダーへ届ける、日本で初めての “クリニック
診断 & 相談 )” イベントです。
   
「乗っていて、時々、不安を感じる」
「オートバイの調整方法がわからない」
「長距離を走った時、身体が疲れやすい」
   
そんな不安や疑問と悩みを、適切な診断と相談でサポートします。
    Clinic_img2_web1000    
楽しく充実したオートバイライフを過ごすには、優れたライディング 技術や、高性能なオートバイは決して必要ではありません。
あなたがあなた自身を知り、オートバイを知る事が一番大切です。
   
どんな操作が苦手なのかを知らず、オートバイの状態がどうなっているかを知らず、公道を走る事は誰にとっても良い事でありません。
   
当クリニックでは、講習レッスンやセッティング講習で経験豊富なスタッフと、十分に広く安全な走行エリアを用意して、あなたの人生の楽しみを大きくするお手伝いをします。
    
見学や相談だけでの来場の方も、おおいに歓迎です。
  Kitagawa_web1000    
【 クリニック イベント 】
http://gra-npo.org/schedule/clinic/clinic_top.htm
    
 
    

    

2019年3月 7日 (木)

“ 桜見 ” ツーリング概要、決まりました !

   < 事務局リポート より転載 >    
   
先日発表した “ 桜見 ” ツーリング 企画 について、早速に参加問い合わせがあるなど、ご注目 ありがとうございます。

ツーリング企画の概要が決まりましたので、ここに発表します。
どうぞ、気軽な参加をお待ちしております。
春の日差しの中、ランチを一緒に食べましょう。

【 開催日 】 2019年 4月 7日(日)  ・  雨天中止
【 集合地 】 12:10   食事処「おふくろ」 
                        三重県尾鷲市小川東町31-15    
     < 地図 :https://goo.gl/maps/saiL215spmP2  > 

※ “現地集合&現地解散” 方式が基本となります
※ 時刻設定は、道路状況などにより、当日変動する事をご了承ください
※ 予約&参加費不要ですが、『 寄付金 』( ひと口:100円より )を頂戴しております
   
Touring_img2_web1000

 ※ リーダーと一緒の走行を希望の方は、以下の予定でリーダーは移動しますので、それぞれの時刻に合わせて合流してください

【 出発地 】 08:00     道の駅 「 針テラス 」
                                       奈良市針町 3-4-5
     < 地図 : https://goo.gl/maps/GZq4cUbd6RC2>   
【 中継地 】 09:30     道の駅  「 美杉 」   
                                         三重県津市美杉町上多気 267
     < 地図 :https://goo.gl/maps/X6MwhHXGhFm  >
   
Touringimg3_web1000

   
※ リーダーのルートは 国道 369号線 から 国道 368号線、そして国道 42号線 です。
※ 特に、国道369号線沿いには 山桜の名所が多いので、期待はできます。
   
【 花見スポット 】 (参考資料)
〇 屏風岩   ( 奈良県宇陀郡曽爾村長野 )
                    https://ekitan.com/mamo/sp/spot.do?sid=hanami&id=98682
〇 佛隆寺の千年桜    ( 奈良県宇陀市榛原赤埴 )
                    http://www.city.uda.nara.jp/sin-kankou/guide/flower/f03.html

※ リーダーは、上記の花見スポットに立ち寄る予定は無さそうです。ご注意!

    

    

『 クリニック イベント 』 開催します


< 事務局リポートからの転載です >
      
相談&診断イベント開催の案内です。
名称は、『 クリニック イベント 』( 仮称 )です。
    
『 クリニック イベント 』( 仮称 )では、私達ライダーが本当に知りたい知識や情報を共有し、私達の大切な友人であるオートバイの状態のチェックをして、今よりもっと楽しくて安全なオートバイライフを過ごすためのサポートをします。
   
どうぞ、あなたのオートバイと一緒に、気軽にお越しください。
また、質問や見学のみでの参加も歓迎しますが、入場受付時刻にお越しください。
なお、四輪車でお越しの場合のみ 駐車料金が別途必要になります。
    
【 企画内容 】
〇 開催日は、2019年 3月21日(祝) と 3月31日(日)
〇 開催場所は、りんくう公園内 特設会場 ( 大阪府泉佐野市 往来北 )
〇 メイン講師は、NPO法人 GRA代表   小林 裕之
〇 予約 と 参加費は不要、下記の入場時間に合わせて会場へお越し下さい。
〇 入場受付時間は、午前:8:55 ~ 9:05    午後 12:50~13:00
※ 入場は 会場管理会社との約束で制限がありますが、退場は任意で構いません
   
 
【 参加条件 】
〇 GRAの活動主旨に関心や興味を持つ方がお越し下さい。
〇【 寄付金 】( ひと口 ・100円 より )をありがたく頂戴します。
   
【 GRA 公式Webサイト 】
http://gra-npo.org
   
【 開催イベント情報 】( 会場情報・地図のリンク情報もあります )
http://gra-npo.org/schedule/schedule/kinjitu/kinjitu.html
    Clinic_web1000_2
GRAは、オートバイに楽しく安全に乗るためには、必要な情報や最適なサポートは必要不可欠だと考えていますが、現状では不十分な状態だと考えています。
   
確かに、オートバイ本体や部品、アクセサリーを購入させるための情報や、ツーリングなどの旅行をさせるための情報等、消費させるための情報はあふれて、私達の好奇心を強く掻き立てています。
   
しかし、ライダー自身のライディング技術の自己チェックの方法と それを自身で修正する方法をアドバイスするシステムはありません。
また、オートバイの健康度の確認方法や ライダー自身に合わせるフィット方法などについてサポートするシステムもありません。
   
オートバイ1台の車両価格が 50万円以上が普通で、中には 100万円以上の車両も数多く販売され、加速性能や最高速度などの性能も多くのライダーの技量を超えている現状ですが、『 いつまでも、楽しく、安全なオートバイライフ 』を過ごすに必要な情報やサポートは十分とは言えません。
   
GRAでは、1991年設立以来の経験や知識を活かし、『 いつまでも、楽しく、安全なオートバイライフ 』を過ごしたいと考えている人々へ、少しでも役立つ情報や知識、そしてサポートをしていきたいと考えています。
   
3月は 『 クリニック イベント 』(仮称)として 2回開催しますが、これからも賛同してくださるライダーの方々のために活動を続けていきますので、引き続きご関心とご意見や提案をお寄せください。
   
【 GRA 公式Webサイト 】
http://gra-npo.org
   
【 開催イベント情報 】( 会場情報・地図のリンク情報もあります )
http://gra-npo.org/schedule/schedule/kinjitu/kinjitu.html
   
 
    

    

2019年3月 2日 (土)

母の言葉

      
今日、3月1日は僕の誕生日。
 
今日、母に会う予感がしていた。
予感というより、確信が二日前からあった。
   
しかし、困った。
いつ、どこで会うのか分からない。
確認しようにも、確認の取り方がない。
 
母はとっくに亡くなっているからだ。
 
   
誕生日の朝、眼を覚ましたら、横に立っている。
かも知れないと、そっと目を開けてみたけど居なかった。
 
事故に遭って、あの世で会うのかも?
と思って、バイクの運転はいつも以上に気をつけた。
   
頭の中に声が聞こえるかも知れないと、
時々、耳を澄ませてもみたけど、現れてこなかった。

    
      
夕方、すっかり忘れて、ガレージへ。
久し振りのオートバイいじり、
思った通りの加工ができず、時間が掛かったけど、
不思議と落ち着いていられた。
   
作業を終え、帰る準備をしていると彼女が来た。
夜道を一人、杖をつきながら歩いてきた。
「 夜になって冷えますね 」と声を掛けると、
「そうですね」と、嬉しそうに返してくれた。
   
とても快活な女性で、終戦直後から働いたらしい。
乞われて、銀行員として 50年、神戸で働き、
1995年 大震災の時には辞めていたらしい。
   
「私は負けず嫌いなのよ」
「爺さんは大酒飲みで、父さんも大酒飲みなの」
身長 は 145cmか、白髪の元気な人だ。
   
そんな彼女が僕に言う。
「身体、元気にしていてよ 」
   
    
バイクでの帰り路、彼女の歳を計算してみた。
亡くなった母と同い年だった。
   
   
そうか、彼女の言葉、母のだったのか ・・ 。
ありがとう。

 
    
    

    

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

GRA代表:小林の紹介

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ