« はち蜜と柚子、ゲットして鈴鹿へ ! | トップページ | 人の為に、自分を生きる »

2018年11月17日 (土)

リアスプリング フローティング化 (その4)

     
『 さあ、いよいよこれから 』
   
果たして、きちんと組み上がるのか?
寸法や加工に間違いは無いか。
スプリングは 4mm 長くて入るか?
     
これから判ってしまう。
ドキドキ と ドキドキ
   
何も報告が無かったら、泣いていると思ってください。

    

Cimg2848_900 Cimg2853_1000


    
『 想像していた通り 』
   
想像していた通り、実際にユニットを取り外し、分解した後で仮組みをしてみれば、設計者と加工者本人の腕が分かった。自作した部品の修正が必要なのだ。

     Cimg2856_1000

   
削り出した部品を数カ所修正して、どうにか作業を前進させる。
スプリングリテーナーに続き、スラストワッシャーを置き、グリスアップしたスラストベアリング、そしてワッシャーを置いてスプリングの順に組み付けていく。
  

    Cimg2857_1000

                  
 
スプリングコンプレッサーでスプリングを縮めて、下部のスプリングリテーナーを挿入して、肝心な抜け留め用の サークリップをセットしてから、恐る恐るスプリングを緩めて狙い通りの位置に納めてやる。
              Cimg2866_1000

                 
実は、この抜け留め サークリップ の部分、新作リテーナーの寸法が心持ち甘い。
最悪、走っている時に リア だけが 急シャコタン になってしまわないか ・・・・ちょっと心配。
   
まあ、いいでしょう。
ユニットの組み立てが終わり、今日はココまで。
明日は、鈴鹿見学だ。


Web600_note_youkai_20200801131901

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org



 
 
 
 

 
 

« はち蜜と柚子、ゲットして鈴鹿へ ! | トップページ | 人の為に、自分を生きる »

妖怪ガレージ・整備日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リアスプリング フローティング化 (その4):

« はち蜜と柚子、ゲットして鈴鹿へ ! | トップページ | 人の為に、自分を生きる »

GRA代表:小林の紹介

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ