« 大阪市中央公会堂からの帰り道のアンモラル | トップページ | ダンパー問題 »

2018年10月16日 (火)

浮揚感、少し

      
「 アレをしなくては! 」
「 コレも遅れずに済ませなくては! 」
   
決して全てをやり遂げられない日々から離れ、
本当に大切なコト、生きるべき方向を求め、
日々の束縛を離れてから 2か月。
   
一見、心地良い浮遊感の中、
緩やかに堕ちていく感覚も覚えていた。
下手にもがくコト無く、何も見えない世界で漂っていた。
   
が、先日、ようやく変化を感じた。
ほんの少しだが、“ 浮揚感 ” を感じた。
もしかすると、堕ちが止まったのかも知れないがそれで十分。
これで、ようやく次への道が拓けてくる、そんな予感だけで十分だ。
やはり、人は人の中で人になる真実こそが基本だ。
   

Img2_800
 

« 大阪市中央公会堂からの帰り道のアンモラル | トップページ | ダンパー問題 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浮揚感、少し:

« 大阪市中央公会堂からの帰り道のアンモラル | トップページ | ダンパー問題 »

GRA代表:小林の紹介

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ