« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月の投稿

【トラ君・闘病記】 (妖怪のつぶやき より) 掲載しました !

   
公式Webサイト [ オートバイの基本講座 ]で、妖怪大魔王(GRA代表:小林)の愛車 トラ君の闘病記を掲載しました。
http://gra-npo.org/…/bike/triumph_il…/triumph_illness_1.html
 
 
< 以下、一部転載文です >
 
お盆の中日、8月14日、それは急にやってきた。
   
前日に行なわれたイベントに、片道 76㎞ 自走して参加して、イベントでも 30㎞ ほど走り回り、帰路も全く元気だったというのに、翌日、急に動けなくなってしまったのだ。
   
もちろん、人間の事ではなく、ずっと年式は若いトラ君(トライアンフ)の事だ。
キーを回してセルボタンを押しても、ウンともスンとも言わない。
みれば、昨日まで元気だったバッテリーがあがって(放電)してしまっている。
   
新車で購入して以来、病気(故障)らしい事は一度も無いほどに健康体だったのに。
   
「 一体、どうしたんだ!」
  Pict1007web640    
どうぞ、以下のサイトでお楽しみください。

http://gra-npo.org/lecture/bike/triumph_illness/triumph_illness_1.html
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【動画】 “サークル理論” から導かれる「コインの法則」とは

   
公式Webサイト【オートバイ基本講座】から、抜粋動画と記事です )
http://gra-npo.org/lecture/ride/circle/circle_3.html
 
*    *    *  以下、抜粋記事  *    *    *
   
仮に、「コインの法則」で一つの最適なコーナリングラインが決まる事を理解した人であれば、オートバイにとって最も安定した(安全な)動きをさせて、事前に想定したターン中の最低速度とその地点、そしてその時のバンク角を実現させるためには、コーナーへ進入を開始する時の速度とコーナリングを開始する地点はたった一つだけしかない事も理解できるでしょう。
 
   
   
しかし実際には、インストラクター級の技術を持っている人でも、コーナーへの進入開始地点を走行の度に少なくても 30㎝ 以上ずれている人が大半ですが、コーナリングの最中にブレーキやバンク角などへの補正的操作を駆使して、最も目立つ最低速度通過地点と姿勢を一定に保っているのです。
 
が、これらの補正的な操作は“ごまかし”であり、決して見本とすべき最適なライディングとは言えません。

 
   *     *     *     *    *    *    *

解説記事・サークル理論「コインの法則」は 下記サイトよりご覧ください
http://gra-npo.org/lecture/ride/circle/circle_3.html

 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『 GRAの セッティング講習 』 開催します !

 
『 オートバイのセッティング講習 』を開催します。
貴重な機会になると思いますので、この機会の利用を検討してください。
 
     *    *    *    *    *    *
   
タイヤのエア圧の最適値への調整&実走確認に始まり、サスペンションの各調整機構から、ドライブチェーンの最適調整、フロントフォークの整列など、整備とセッティングを基本から講習して実際に走行して確認ができるイベントです。
   
整備の基本の勉強や、公道では不可能なセッティング変更による変化確認など、安全な専用確認用コースを利用した実践的な講習イベントです。
 
R0010074web800  
基本の講習カリキュラム以外に、参加した人の希望に応じて、ボルトの締め付けトルクによる運動特性の違いや、前後車高バランスによる運動特性の変化など、可能な範囲で講習と指導も行ないます。
   
 
※ 無料で 見学と聴講が可能な 「 見学参加 」も歓迎です。
   
※ 【 GRAのセッティング講習 】の開催日や開催会場など、
 詳しい案内は下記 GRA公式サイトページをご覧ください。

http://gra-npo.org/schedule/setting/setting_top.html


 
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イベント開催は ・・

    
以前と較べて、イベントの開催で疲れ切ってしまうようになった。
日曜日開催の後、2~3日は 「気持ちはあるけど、身体が ・・」な具合。
   
特に、講習イベントの場合には、一回毎に新しい目標を決めて、企画やコース、カリキュラムを一から組み上げていくためか、開催準備やシミュレーション(心配?)で中々眠りに就けず、いつも極度の睡眠不足での開催になっているからだ。
   
    *    *    *    *    *    * 
 
でも、本当の活動はイベント開催後に待っているから、開催後の数日は精神的に辛くなる。
 
それは、イベント開催自体が活動の一番の目的ではなくなっているから。
一番の目的は、全国のライダーや彼らの周囲の人々へ、『いつまでも、楽しく、安全な オートバイフライフ』を過ごす為に、必要と思われる 知識や情報を 届ける活動が主体となっているからだ。
   Dsc_0230web800        
イベント開催があるから、継続的に発信情報が生み出せる。
イベント活動があるから、気持ちの張りも生まれる。
でも、自分自身、ライダーとしての時間が少なくなる。
時々、何の為に活動をしているか見えなくなってくる。
 
 
    *     *     *     *     *     *
 
◎ 公式Webサイト【 サークル理論 】のページ、4ページ以降、9ページまでは作り上げたい。
 
◎ 動画【 サークル練習のススメ 】を あと 2本は作製したい。
 
◎【 安定限界トレール量 知っていますか? 】を 公式Webサイトへ掲載したい。
   
◎ 同じく、【 リアサスペンション のセットアプ 】も サイトページに掲載したい。
 
◎ そして、【 ルールやマナーより、モラルを! 】を “ 心 ” を説くページとして 公式Webサイトに 掲載したい。
 
 
    *   *   *   *   *   *
 
さあ、少し元気が戻ってきたから、9/10・ライディング講習の開催報告から作製を進めようか。
 
あ~~~   トラ君、充電機能を修理しないと、走れもしない !!
それに、週末は雨模様の様子
 
葛藤 葛藤  あぁ 葛藤
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »