« トラ再走計画 ・ リアブレーキ編 | トップページ | 熱気があふれ、ウェットからドライへ ! »

フロントスプリングデータ 見本 と 概論

   
オートバイのセッティングをする上で、エンジンを除けば、一番やっかいなのはサスペンションのセッティングです。
そして、サスペンションのセッティングで一番難しいのは “ スプリング ” の選定です。
 
 
【 サスペンションの本質 】
 
有名ブランドのサスペンションへ換装する人達の多くが誤解している事ですが、サスペンションの本質は “ スプリング ”(バネ)なのに、「 ダンパー 」(減衰装置)の切替段数の多さは本質とすべきでありませんし、まして 「ブランド名」や「金属光沢や塗装」は本質ではありません。
 
スプリング ごそが “ 衝撃緩衝 ” の主役ですから、本来ならば 自身の体重や体格、走行条件などに合わせて 適切な スプリングレート (バネ定数)の スプリング を選択する事が 最も重要な事です。


【 スプリングの選択方法 】
 
その選択方法は、フロント および リア サスペンションと共に、実際に装着して乗って確かめるしか確実な方法はありません。
 
その際、リアサスペンション の スプリング 選択は比較的簡単です。
適当と思われる 数種類の レート のスプリングを手配しておき、順次 比較試乗すれば 必ず ベストに近い レートのスプリングは 見つけられます。
 
ただし、フロントサスペンション の スプリング は 難易度が一気に高くなります。
何故なら、フロントサスペンション は リア 以上に 様々な要素が求められている上に、ライダー自身が 直接手でサスペンション からの様々な意思(多くは微振動で)を感じ取っていて、その大小や特性によって ライダーの 感情や身体に影響して、ライディング自体が左右されてしまうからです。
     Spring_spec_a20161013
機会を改めて解説する予定ですが、この表は 私自身が所有する フロントサスペンション用スプリングの内、一部のスプリングのデータです。
 
スプリングレートは、本来ならば スプリングテスターで計測するのが最善ですが、所有していない為、すべて 計算で求めた “ 概算値 ” です。
また、初期の レートから 二次レートへと変わる “ 変換点 ” も、私なりの計算方法による値であり、実際に装着して試乗する際の参考値になるものです。
 
では、いつか サスペンション と スプリングの話、特に フロントサスペンションについて解説したいものです。
 
ただ、その前に、「 安定限界トレール(量)」の理解が必要になりますので、それが最初になりますね。

では!
 
 

|

« トラ再走計画 ・ リアブレーキ編 | トップページ | 熱気があふれ、ウェットからドライへ ! »

【妖怪講座】整備&セッティングの基本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216797/64344159

この記事へのトラックバック一覧です: フロントスプリングデータ 見本 と 概論:

« トラ再走計画 ・ リアブレーキ編 | トップページ | 熱気があふれ、ウェットからドライへ ! »