« 昔乗っていた車両 (FZ750編) | トップページ | »

2014年6月20日 (金)

セッティング講座・リアサスペンション編 <その3>

  
6. リアサスペンションは、ライダー乗車時に 1/3 作動(調整)が基本


まず初めに、図 7 を見てください。
これが、「プリロード調整」を正しく行なった後のイメージです。

 

  

ライダーが乗車した時の位置(1G’ 時)が、リアサスペンションが一番伸びた位置( 0 G時)から、最も縮めた(沈めた)位置(フルボトム時)までの間の 1/3 の位置になる様にするのがプリロード調整の基本です。

どうですか? イメージはできますか。
仮に、十分にイメージ出来なくても心配はありません。
初めての事ばかりですから、事項で調整の手順を一つひとつ順番に説明をしますので、一つひとつ進んできてください。


7. プリロード調整の手順

プリロード調整を行なって、1/3 作動の位置に合わせるには、次の 6つの手順の作業を行ないます。

なお、この作業に慣れていない場合には、二人以上複数人で行なう事を勧めます。
特に、リアホイールの最大トラベル量(後で説明します)を、車両メーカーの資料で調べる事が出来なかった場合には、体力のある大柄な男性が3名ほど(♪)いると良いでしょう。

◆ 手順 1. 機材の準備とマーキングをします

・・ 必要な機材は、ガムテープ(布製がベター)、ボールペン(筆記用具)、
メジャー(金属製巻尺がベター)

・・ リアホイールの中心部から真上の位置にあるシートカウルまたはシートの側面にガムテープを貼り、最も外側に膨らんだ場所にボールペンで横線と縦線で印をつけます。( 図 8 を参照 )

◆ 手順 2. リアサスペンションが伸びきった位置(0 G 時)を測定します

・・ センタースタンドを架けて、リアタイヤが地面から離れた状態にして、リアホイール中心部から(手順 1)で描いた印までの距離をメジャーで測ります。(図 8を参照)

 

 

・・ センタースタンドの無い車両は、サイドスタンドを立ててオートバイを左側に傾けてリアタイヤを地面から浮かした状態で測定します。
  

   

   

・・ レーシングスタンドではリアサスペンションを伸びきった状態に出来ませんので、この測定( 0 G時 )の時には使えません。

  ( 次回は、手順 3. から始まり、プリロード調整の最後までを書く予定です )
 
 
☆ イベント 紹介 ☆

7月13日、『“わがまま”イベント 』を開催します。

イベントの内容は、参加者の“わがまま”(要望)に合わせて、イベントのカリキュラムやスケジュールを決める、参加者オーダーメイド方式です。

ですから、「 上手に走れるようになりたい! 」という人や 「 セッティングをして欲しい 」という人まで、オートバイに関係する事の“わがまま”であれば、誰でも参加を歓迎です。

詳しくは、以下の案内ページか、GRA公式Webサイトページで確認してください。

“ わがまま ”イベント・内容案内ページ

GRA公式Webサイト・イベント案内ページ


    *    *    *    *    *   *

R_preload_img2_web1000
http://gra-npo.org/lecture/bike/rear_preload/img_rear_preload.html

 
『 GRAのセッティング講座 』
http://gra-npo.org/schedule/setting/setting_top.html

   



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.



 http://gra-npo.org




 

« 昔乗っていた車両 (FZ750編) | トップページ | »

【妖怪講座】整備&セッティングの基本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セッティング講座・リアサスペンション編 <その3>:

« 昔乗っていた車両 (FZ750編) | トップページ | »

GRA代表:小林の紹介

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ