« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月の投稿

自転車で帰省 ♪

    
今年も、自転車と一緒に帰省してきました。

一番の目的は墓参りと実家への立ち寄り(?)ですが、新しく組んだ自転車と小さな旅を一緒にする事でしたが、それ以外に印象に残る想い出が残った日になりました。


【 新しい自転車 】

実は、新しく組んだ自転車では、週末毎に続いた悪天候の為、8月のお盆も含めて帰省する機会を伺っていたのですが、今回が初めての帰省の旅になりました。

それまでに試験走行のために梅田まで走っていたのですが、今まで以上に低くセットしたハンドルに慣れず、肩や手頸の痛みを覚えていたので、今回は少し心配していましたが杞憂に終わりました。

深い前傾姿勢のまま、背筋と腹筋で上体を支えるように意識すると、手首や肩に痛みを覚える事なく走りきる事ができました。

それどころか、新しいフレームの素性の良さを感じられました。
それは、ペダルをこぐのが以前よりも楽に感じられ、以前であれば痛くなっていたお尻が殆ど痛く感じられないのです。

その上、墓所までの 約 10%の登り阪、以前の自転車では前のギアを1段落としていたところが、前のギアを落とす事なく軽々と登っていけた程だったのです。

これは、恐らく シート(サドル)とペダル、そして ハンドル との位置関連が、以前のマウンテンバイクよりも適切になっているからだと思います。
ロード用の自転車としては、300gほどのセンタースタンドを装着しているとは云え、決して軽量とは言えない 7.9Kg 台の車重ですが、適切なフレームデザインの恩恵を感じる事ができ、年々弱っていくエンジン(脚)には朗報となりました。

【 人は老いていく現実? 】

自転車以上に想い出(衝撃?)になったのは、人の老いの実感です。

いやいや、自分自身の老い(変化)はある程度自覚しているのですが、1年ぶりに会った兄や姉の姿を見て、その“1年間の老い”の変化の度合いを実感すると、改めて 2~3年後には“あの様な姿”になるのかと ・ ・ ・ 少し ぞっとしたのです。

いやぁ~ 歳は取りたくないものですし、老けた歳の取り方はしたくないものです。

それ以上にショックを受けたのは、実家に住んでいる 甥の娘たち(小学生)の言葉です。

「 顔も言い方も、お爺ちゃん(僕の実兄)と同じ ~~~ ! 」

と、兄の姿を見て、自分の将来の姿を想像して落ち込んでいる時、そんな言葉を聞かせないでね ♪


【 90歳との出会い 】

いつも、自転車で旅をすると、よく見知らぬ人からも声を掛けられますが、今回も(男性ばかりでしたが・・) 数名の人から声を掛けられました。

その中でも一番印象に残っている人は 90歳の男性でした。
いよいよ、輪行で帰路に就き、JRのホームへ上った時に出会った人でした。

「 それは、何ですか? 」

自転車と答えると、次から次へと質問の連続。

「 何処かで大会か何かあったの? 」
「 競輪でもやっているの? 」
・・ ( 太ももを見たら分かるでしょ! )

しっかりとした仕立てのジャケットにセンスの良い身だしなみ。
おしゃれな帽子の被り方の感じの良い方でしたが、聞けば 同じ方向へ各駅停車で帰路の途中との事で、シートを共にして 約 2時間、色々な話をしながらの旅になりました。

聞けば、宮本武蔵生誕の地として有名な岡山の地で生まれ、二十歳までは 大阪で「零式水上偵察機」のプロペラの設計などをして、それから海軍の所属のままイントネシア方面での輸送船に乗務していたとの事。

今でも覚えている 「マレー語」を交えつつ、アメリカ軍の潜水艦に 合計 3度沈められた経験あり、その時の体験から 「水練(水泳)の得意な奴は沈められた時は無理して泳ぐから死んでいた」との事で、何もしないで浮遊物を見つけて海上を漂っているのが一番との事。

昭和 20年の終戦以降も外地からの引き揚げの仕事に従事して、軍(国)の任務から戻ってきたのは昭和 21年。

それからは 大工として身を立て、40歳頃から始めた川柳を大きな楽しみとして続けていて、今回の遠出も 川柳の会(お題に対して参加者が句を詠み、それの優劣を競う会)に参加するためで、翌週は岡山市、翌々週は 津山市と予定が入っているとの事。

NHKの川柳の放送担当者からも“選者”としての依頼を受けるほどに名(雅号)を知られた人との事でした。

ちょうど、亡くなった母が生きていれば ほぼ同じ歳という親近感や、戦争の事は殆ど話さずに 77歳で亡くなった父の匂いを感じつつ、短くて長い出会いになりました。

やっぱり、人との出会いは心を動かしますね。
また、自転車と一緒に出掛けなくては !

そして、あの人みたいに、印象的な老人を目指そう !!
   
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の梨は ・・ 、 甘ぁ ♪

9月、今年も郷里から “季節の便り(荷物?)” が届きました。
「 二十世紀梨 」 です。

食べてびっくり!!
今年の梨は、甘くて美味しいですねぇ ~ ♪

後学で知りましたが、暑い日が続くと果物全般が美味しくなるのですね。
余分な水分が入らず、糖分が濃くなるとの解説でした。

とは云え、今年も早速に近所の方へ“おすそ分け”に励み、
あっという間に殆どが無くなりました。


Cimg0032_b
物心ついた時から食べ親しんでいたので、食べ方は一つ。
水洗いして、皮そのままに丸かじりです。
やっぱり! 今年の梨は、甘くて美味しいですよ ♪

( まるで宣伝ですね ♪ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眼には ・・ トマトジュース を ♪

    
若い頃には、視力には全く不安を感じていなかったのに、ここ 15年程は徐々に視力の低下に悩むようになっているのです。

最初は、動態視力の衰えを感じる程度で実生活に支障は無かったのが、やがて水晶体の透明度が下がったのか視野全体が若干暗く感じる事が多くなり、今ではパソコンの通常表示の大きさの文字が見え辛い時があるようになったのです。

でも、「 歳だから仕方ない 」と、簡単に諦められないのです。
      

【 サプリメントの効果は ・・ 】

体調面の管理の為に、20年以上前から サプリメントは常用している “サプリ男” で、当然 眼に良いとされる 「 ブルーベリー 」 や 「 ビルベリー 」 そして 「 カシスエキス 」 などを常用してきたのですが ・ ・ ・

焦点が合い難いのは仕方無いとしても、焦点を合わせている時に 眼が “ゴロゴロ” する違和感を 感じるようになってから決心しました。

Tomato
                  
【 トマトジュース登場! 】

Webサイトを検索して、眼科医の方が書いた記事によれば、トマトやほうれん草の効能が載っていたのです。

試しに 毎日 900 cc のトマトジュースを飲んでみれば ・・・・、
一週間も経たない内に改善感を実感するようになりました ♪

ドラッグストアであれば、150 円程で購入できるモノもあるので、不安を感じている方には お勧めです ♪
   
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京オリンピック報道に、疑問を持とう

 
2020年、“ 東京オリンピック ”の開催が IOC委員会での投票で決定しました。

しかし、“東京”特有の偏った報道熱の中で、オリンピック開催に多額の税金や人的なリソースを費やす事への検証がなされず、ただただ“フィーバー感”のみが演出されている事に疑問を禁じえません。



【 オリンピック開催の意義 】

東京では 2回目のオリンピック開催になりますが、前回の開催による効果は大変に大きかった事は間違いありません。

といのも、第1回東京オリンピックが開催されたのは 1964年の事で、あの太平洋戦争(第二次世界大戦)終結から僅か 19年後に、日本の状況を広く世界に認知させるのに大いに役立ったのです。


日本と同じく敗戦国であったドイツ(当時は西ドイツ)も目覚ましい経済復興を進めていた最中でしたが、欧米から見れば遠く離れた日本が着実に復興を進め、身近なドイツより 8年も早くオリンピック開催を実現した事によって日本に対する認知度が高まり、その後の日本経済が世界的に伸びていく土台となった事は間違いありません。

また、国内的には、関東4県での競技施設の建設以外に、交通インフラが一気に国定的な水準へと高める大きな動機となりました。
例えば、東海道新幹線の建設、名神高速道路、首都高速道路の東京国際空港(羽田)と東京を結ぶ東京モノレールの建設、等もこのオリンピック開催に合わせての事業であったことは有名です。

更には、それらの建設の恩恵に浴さない、全国各地の国民にとっての効果も忘れてはいけません。
それは、戦後20年足らず、懸命に日々の生活のために働いてきた人々が、初めて国際的な大会で世界の参加選手を目にし、世界に様々な名前と国旗の国がある事を知り、日本選手の活躍に同国民である誇りを強く覚え、国際的な意識の高揚にも繋がったものです。

そして、オリンピック開催に合わせて始められたカラーTV放送やカラー刷り新聞紙面は、それらの効果を一層高めたものです。
この様に、オリンピック開催は国際的なアピールやインフラ刷新、そして国民意識の高揚に大きく効果をあげたものです。

しかし、2020年開催のオリンピックについては、各報道機関がプラス面の報道だけに留め、“マイナス(負)”の部分を正しく伝えていない事が問題なのです。

   
【 報道姿勢の偏り 】

1964年開催の第一回東京オリンピック以降、日本国内でオリンピック開催の申請を行なった例を挙げると、1988年の開催を目指した名古屋市、そして 2008年の開催を目指した大阪市、がありました。

そして、それらのオリンピック開催の申請に対しての報道と今回の“東京”オリンピック開催申請への報道を較べれば、今回の東京オリンピック報道に対しては圧倒的に多くの放送時間枠を使い、特別番組作成など比較にならない程に多額の予算と人的な投入を行なっており、その事に対して大変に大きな違和感があるのです。

というのも、オリンピック開催は国が主体になって行なう国の行事ではなく、地方自治体がその開催を企画・検討して、それを国が支援して実現するものなのです。

それなのに、“東京”が “日本” であるかの様に表現し、地方自治体が開催する「限られた人だけしか出場できないスポーツ大会」を国の行事であるかの様に報道する事は誤った姿勢なのです。

その上、過去に名古屋市や大阪市など地方自治体が国際組織・IOCに対して費やした努力があったからこそ、今回の“東京”オリンピックの開催実現へと繋がっている側面は間違いなくあるのですが、それを全く無視して“東京”という自治体が開催イベントだけを大きく報道する姿勢は、全国ネットでの報道機関にはあってはならない事なのです。

しかしながら、“東京”に関する報道の偏りは、オリンピック報道だけに限った事ではない事も忘れてはいけません。

それは、一般的なニュース報道や報道番組、そして教育番組の中でさえも、“東京”というローカル地域のみで通用する「常識」であるにも関わらず、それを全国放送の場で引用している場面はかなり以前から日常茶飯事となっています。
(例えば、「東京ドーム何個分」、「山手線の大きさ」、「東京都の面積に相当」、「東京スカイツリー開業」など・・)

そのような、“東京”の常識や尺度を“日本”の基本であるかの様に扱う姿勢こそが、全国各地での違和感を生み、根深い不信感を生んでいる要因になっている事を自覚して、各報道機関は“公平性”というモラル意識を徹底すべきなのです。

また、それらの報道を受ける立場の私達は、“東京”報道による“偏り”を認識して、その“偏り”を自ら修正して、より正しい判断や意見を得る心掛けが必要なのです。

では、同じ招致活動を行なった他の都市や国での出来事を紹介します。

Da091_l_2

【 マドリードでのデモ行進 】

同じ2020年の開催に立候補していた“ライバル”都市の状況を報道する番組の中で、スペインの都市・マドリードでのオリンピック開催反対活動が挙げられていました。

欧州経済危機の中で、その影響を強く受けている国の一つがスペインですから、「市民生活の立て直しに予算を使うべきだ」という趣旨で、街頭に多くの人々がプラカードを掲げて強くアピールしているのです。

また、オリンピックではありませんが、2014年にサッカーのワールドカップ開催が決まっているブラジルで 20万人もの人々が開催反対のデモ行進を行なったとの報道があったのは最近の事です。

大変に多額の税金を生活には直接に関係しない方面に費やすのですから、そういう反対意見があるのは当然ですし、反対運動があるのは社会的に健全なのです。

1964年当時の日本と似た立場にある国でさえ、国際的な認知度を高めて社会的なインフラを整備し、経済的波及効果が高いと思われる大会開催に対して、“負”の側面を正しく認識して意見を主張する国民意識があり、正に“大人”の行動だと言えます。

しかしながら、私達日本国民は、開催による “負”の側面について充分に認識し、多額の税金や行政能力が費やされる事について十分に議論しているとは言えないのです。



【 国民・個人にとっての価値 】

1964年のオリンピックと比較すれば、2020年開催のオリンピック開催による波及効果は小さく限定的である事は明らかです。
以前と大きく異なのは、放映権料など報道で動く金額が膨大になり、広告業界やスポーツグッズ関連業界会が投資と回収を企てる金額も天文学的な数値にまでなっている点です。

それらの金額と対称的なのは設備に投資される金額でしょう。
今や、国家的大事業とは云え、既存の施設を効率良く利用し、開催施設範囲を狭くまとめ、よりエコな開催である事をアピールするのが国際的な潮流であり、1964年に建設された首都高速の旧態依然とした設備さえ更新されず、国際的にみれば小さ過ぎる東海道新幹線のシートさえ更新される事はないでしょう。

こうして見れば、2020年の東京オリンピック開催による波及効果は大きくない事は明白です。

しかも、以前とは比較にならない程に充実した世界的な報道環境の充実により、今やオリンピックがどの都市で開催されていても、その映像や音響は日本国内で開催される大会と同等の品質であり、そのライブ放送は臨場感溢れ充分い楽しめる様になっています。

その上、以前より遥かに豊富になった報道チャンネルの他に、TV以上に身近な情報源となったネット・モバイル環境が充実している現在において、観る側にとっては“東京”である必要はありません。
直接に会場へ赴いて楽しむ事ができる人を除き、大多数の国民にとって、オリンピック開催地が何処であっても充分に観て熱中できる環境が整っているのです。

その上、昼間にライブ映像を観れない不便な面もあります。
平日の日中勤務の殆どの人にとって、遠隔地開催のオリンピックは帰宅後にライブ放送を楽しめますが、東京オリンピックはライブ映像を観る機会が限られるのです。

この様に、国際的なアピール面や社会インフラ投資の面、そして報道による自国民への影響などを考慮しても、1964年当時のオリンピック開催とは比較にならない程にその効果は少なく、却って“負”の側面が大きい事を認識すべきです。

オリンピック開催による経済効果だけに焦点を絞った報道に惑わされず、国が東京開催の為に割いている支援体制や支援額の大きさを認識し、それらが日本全国民に与える“負”の側面を見つめ直し、より必要度の高い課題に対して税金等を費やすべきと考える必要があるのです。

偏った報道によって経済効果アピールが過剰に過ぎれば、消費税増税実施の「言い訳」の一つと、東北地方太平洋沖地震による被災復興事業の遅れを隠し、外交姿勢の不備や憲法改正問題の重大さから目をそらす事へと繋がってはいけないのです。

あくまでも、“東京”オリンピックは 特定の地方自治体が最大の経済的なメリットを享受し、大半の地方自治体や国民はそれを受けず、“負”の側面だけは国民全員が同様に負わなくてはならないのです。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

   
常日頃から、「 セッティング講座 」 などで話してきた事を 修正する必要に直面しました。

今まで、講習の度に、「オートバイには、大きく分けて 4つの成分があります。 それは、<金属>、<ゴム>、<油脂> そして<樹脂>ですが、それらの中で 一番早く劣化するのは <ゴム>です。 ですから、オートバイ整備の場合には <ゴム> 製品を定期的に交換する意識が大切です ・・・ 」 と 説明してきました。

が、他に 欠かせない <モノ> を、今回は 思い知らされました。
それは、バッテリー です。


【 見えにくい 劣化速度 】

VTR250 は、購入して 約 10年ほどですが、今までにも バッテリーは 2度程 交換してきました。

そして、今回は 3年以上の期間に亘り、殆ど乗らなかったので、その期間は バッテリー端子を外すなどの対策をしていたのですが ・ ・ ・
分からないものですね、バッテリーの劣化速度は。

定期的に使用している場合には、例え 3か月程度走らせなかったとしても、バッテリー端子を接続したままでも、端子電圧が 10 V以下になる事は滅多にないものです。

その端子電圧の低下程度を頭の中でグラフ化して、端子を外しての 1年後、2年後の 劣化度を予想していたのですが、予想を裏切る程に一気に劣化が進む様ですね。

いやぁ~、<金属> や <油脂>、<ゴム> は ある程度予測できるものですが、<バッテリー> は “生モノ” です。
いくら 充電を繰り返して、表面上では 12 V 近くに回復させた後でも、実際には 押しがけでないと 始動しないし、 走行中にも エンジンは とても不機嫌な音を立て、ウィンカーを出しても ハイスピードフラッシャー と化してしまうなど、ホント 良い事はありません。

そして、一念発起 ! 新バッテリー購入しました。

   
Cmg0030a

【 リチウム イオン バッテリー の 時代か? 】

VTR 250 の指定バッテリー形式は [ YTX7L-BS ] です。
用品店で購入すると 安くても 14000 円以上、 ネットで 台湾製 を探すと 3000 円程度になります。

・・が、 その過程で見つけたのが [ リチウム イオン バッテリー ]
既に、家庭用の 乾電池(主に充電用)で 一般的な形式になっているうえに、ハイブリッド車などでも広く採用されている形式だ。

しかし、何故か? 市販ガソリン車で 最初から採用されている 例は少ない。
もしかすると ・・・・、 コストの問題か? と、価格をチェックしてみると ・・

8500 円 ! ではないですか !
従来からの、鉛極板 と 希硫酸 を踏襲しつつ、更に 高効率化した モータースポーツ用バッテリー の価格の 1/4 程度なのです。

しかも、純正の[ YTX7L-BS ] の 重さが 約 2.4 Kg で、同等品の [ リチウム イオン バッテリー ] は、 0.65 Kg ( 650g ) と 約 1/4 !

これは 買うしかない! と、購入したのを 画像で紹介しています。

緑色の方が [ リチウム イオン バッテリー ] ですが、高効率な形式のため、黒色の YTX7L-BS よりも小さく作れるので、バッテリー本体の下に 2本の “ゲタ” をつけて バッテリー収納場所に収まるようになっているのです。

もちろん! きちんと始動もできましたし、普通に走り、ウィンカー君も認知症を解消しました。

きっと、これからは [ リチウム イオン バッテリー ] を 購入していく事、間違いないでしょう。
( だって、1.8 Kg もの軽量化が 簡単に出来るのですから ♪ )
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »