« 今、大きな山(臨界) に差し掛かっていますね | トップページ | 水パニック の ようですが ・ ・ ・ »

2011年3月18日 (金)

福島原発、 プールの水 と 言うけれど

   
例え 情報収集や情報公開の手法が未熟であっても、
例え 責任者のリーダーシップが未成熟だったとしても、

福島第一原子力発電所の状況がこれ以上に悪化するのは、
今後の日本の経済を始めとする様々な生活や人生のために、
食い止めなくてはならない。

今は、震災後も現場に残り続け、“臨界”の最前線で格闘を続けている
方々の 無事に帰宅を願う。


【 プールへ注目が集まる理由は 】

炉内の水の量や炉心溶融の対策から、現在は 使用済み核燃料棒が
入ったプールへと報道の主眼が移ったのには理由がある。
例え使用済みの燃料棒だとしてもメルトダウンの可能性があるからだ。

それの メルトダウンを抑制できなければ放射能物質の放出が一気に
高まり、現場環境での作業が極めて困難となり、最終的には献身的な
努力をしている人々も退避する事になるからだ。

すると、考えたくもないが、制御不能となった6基の原子力発電所が
次々と・・


だから、現場の人々は挑み続けているのだ。
彼らこそ、未来の日本を救っている“英雄”だ。


【 プールに必要な水の量は 】

既に報道されている様に、本来は使用済み核燃料棒のプールの水の
量は多い。
1100 ~ 1200 トン 程という。

3号機への放水作業によって立ちあがる“水蒸気”を見れば、既にプール
の水が少なくなって、使用済み燃料棒が露出して加熱されている事が
想像できる。

では、実際にプールにどの程度残っていて、燃料棒はどういう状態か?
これは、誰にも確認が出来ないから、全て推測するしかないが ・ ・

しかし、
米国の原子力規制委員会の委員長は悲観的な観測を発表している。
3/17付 npr_website より ) ( 同訳引用ブログ

プールに水が残っているとしても、本日(3/18)昼間に行なった 50トン
の放水( 3/18 昼間 ) では不十分だからこそ、自衛隊を始めとして夜間
の作業継続を検討の最中だ。

この大きな問題は無事にクリアされる! と願っているし、信じている。
“臨界”の分かれ道に差し掛かっているからこそ、全ての人は最大限の
注目と祈りを注ぐべきだ。


【 努力に報いるリダーシップと注目を 】

最後になるが ・ ・ ・、

日本の意識ある人々は “臨界” の現場で働く人々の事を心から応援
している。
そして、同じように世界からも同じ注目が集まっている事を伝えたい。
3/17付 産経ニュースより

そして、1~2号機 への外部からの電力供給工事が無事に完了して、
1~2号機 および 作業を行なっている方々の部屋へ電気が供給され
る事と、1~2号機の冷却系統が電気によって作動する事を切に願う。

そうすれば、一つの山を越えられるだろう。

ただ、山はまだまだ残っている。
3号機のプール以上に 4号機のプールは一層大変な状況だ。
3/18付 YOMIURI ONLINE より

政府の適切な情報収集とリーダーシップ、そして適切な広報対応が、
一層向上する事を望む。
それが、日本の未来を救う事に繋がり、何よりも“臨界”現場に留まり
奮闘する人達の願いであり、私達の願いだ。
 
      

« 今、大きな山(臨界) に差し掛かっていますね | トップページ | 水パニック の ようですが ・ ・ ・ »

人として生きたい!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発、 プールの水 と 言うけれど:

« 今、大きな山(臨界) に差し掛かっていますね | トップページ | 水パニック の ようですが ・ ・ ・ »

GRA代表:小林の紹介

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ