« “心の被災” を重篤化させ、利益を得るマスコミ人と ・ ・ ・ | トップページ | 今、大きな山(臨界) に差し掛かっていますね »

2011年3月17日 (木)

「がんばって!」 は、 時として 惨い言葉に ・ ・

   
「がんばって!」は、 よく聞く言葉。

平時、ありふれた日常生活の中では 特に害の無い言葉でも、
時として惨い(むごい) 言葉になる事があります。

言葉を掛ける側の人と、掛けられる側の人、

お互いに 同じ様な環境、立場、境遇の場合なら問題無く、
立場や環境に大きな差がある時には注意が必要になります。

特に、一方だけが様々な理由や条件によって、精神的に
打ちのめされている場合には 最大の注意が必要です。

「がんばれ!」って 声を掛けられる以前から、
掛けられる言葉の回数の 何百、何千倍以上の回数で
自分自身に対して励まして、なぐさめ、激励し尽くし、
それでも変わらぬ状態に陥ってしまった人は 多くいるのです。

そんな時、身近に寄り添い、見守りもせず 、
遠くから 「がんばれ!」と声を掛けられても ・ ・ ・


* * *

人は さまざまな“衝動”によって 突き動かされ行動するものです。

哀しい体験をした人を見ると ・ ・ ・

□ 「 何かしてあげたい! 」 という “衝動” と
□ 「 何かをして、責任から逃れたい 」 という “衝動”

これら 二つの“衝動”が 同時に心の中に生まれるものです。

前者は 人としての善良な心から生まれ、後者は 偽善的な心から
生まれる ・・ と、よく言われてはいますが ・ ・ ・、

哀しい体験をした人の側にとってみれば、
どちらも大きな違いが無い行為になる事が少なくありません。

そう! どちらとも、「 偽善的な行為 」・・ と見えるのです。


* * *

その理由は、とても簡単です。

哀しい体験をした人も“人”ですから、 他の人に 「 がんばれ! 」と
声を掛けた時に、自分自身の中に“ 偽善性 ”を感じた経験があるから
です。

ですから、一方の立場が大きく異なる場合、特に 相手の立場が
追い込まれている状況では、単に 「 がんばって! 」と声を掛けるだけ
では、誤った “サイン”を与えてしまいます。

却って 相手を更に追い込む危険性がある事を 理解しなくてはなりません。


* * *

ボランティア の話に移りましょう。

例えば、震災の現場へ行って、避難所へ行って ボランティア をしたい!
と 考えた場合には、 慎重に考えを巡らす必要が あります。

遠くから、「 がんばって! 」と 言うだけの行為よりも、ずっと尊い
行為になる可能性 は 確かにあります。

しかし、避難所へ行って、その場の人にでも出来る事をしているだけ
では、被災してしまった人を 単に “被災者”扱いしているだけで、
被災という現実から 自分自信の力で 立ち直ろうとして自分自身で
叱咤激励している人 の 心を挫く事になってしまう危険性を 充分に
理解しなくてはなりません。

所詮、ボランティアとして行く あなたには “戻る場所”や “戻れる
生活環境”があるのです。
そんな人から、安易に 「 がんばって! 」と 施しを受けつつ聞かさ
れる身は、とても辛い響きにもなるのです。


そんな危険性を避けてボランティをするには、その場に居る人達には、
自助努力では成し得ない行為・技術 を発揮するのが最善です。

例えば、「 医療従事者による医療・医療補助行為 」とか
「 弁護士や司法書士による法律相談・手続き 」は、適切な手続き
を踏んでの行為であれば 歓迎されるでしょう。

他には、「 運転免許取得者による車両持込み運搬作業 」、
または 地方自治体や役場などの 要請に応じての 行為 であれば
有効です。


* * * *

ボランティアをしたい! という心 や、「 がんばれ!」と 声を
掛けようとする “衝動”は 自然だし、人らしい行為です。

しかし、それを 受ける側の人の “パーソナリティ” を無視して、
施しを与えるという意識が混入したままの行為であれば、
決して 良い結果を招かない場合があるという 危険性 を しっかりと
認識をすべきです。

「 美談 」 と 「 悲劇 」は、時として 裏・表 の関係にあるのです。


« “心の被災” を重篤化させ、利益を得るマスコミ人と ・ ・ ・ | トップページ | 今、大きな山(臨界) に差し掛かっていますね »

人として生きたい!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「がんばって!」 は、 時として 惨い言葉に ・ ・:

« “心の被災” を重篤化させ、利益を得るマスコミ人と ・ ・ ・ | トップページ | 今、大きな山(臨界) に差し掛かっていますね »

GRA代表:小林の紹介

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ