« 地震報道、興味本位で見ないでください | トップページ | “友達”にサポート金を届けよう! [六次の隔たり] »

2011年3月14日 (月)

日本に破滅を招く、官僚的体質

 
本日、2011年3月14日(月)“炉”は まだ形を保っているようだ。

しかし、政府との癒着体質で育ってきた電力会社の管理体制の脆さで
“炉”だけでなく“風土”の形させ崩してしまいそうな雲行きである。

原子力発電という発電方式を非難するつもりは無い。
しかし、その管理体制や命令指揮系統のずさんさは目を覆わんばかりだ。

地震で被災した方々の救助や支援は当然大切だ。
しかし、この広くない国土の中で決して狭くない範囲を汚染してしまう
危険性を、電力会社だけでなく政府も一緒になって隠蔽しているとしか
思えない行動が問題なのだ。


WC-135 を知っているだろうか?
沖縄に待機していた機体は、現在 その現場の上空で任務に就いている。

CNN を知っているだろうか?
地震や津波での被害の報道よりも、その現場の危険性に注目した
報道をしっかりと行なっている。
CNN映像
米国やロシアなどを始めとして、注目されているのは その現場だ。

しかし、“見て見ぬフリをする事に慣れた” マスコミ人だちは、
決してそういう事を一切報道しようとしないのには あきれるばかりだ。

電力会社や政府が間違っている! と言わなくたって良い。
そういう事実の一つ一つを 自ら 報道していくのが 本来の責任だ。
その上で、それら事実が示す事柄を導き出すのが真のジャーナリズムだ。

* * *

いやいや、多くを望む事は今更 難しいだろう。

では、せめて報道して欲しい事がある。

この“日本の命運”を握っている現場で 働いている人達の名誉のために
その人達の無事な帰宅を 心から願っている家族の方々のために、

その現場で働いている人の人数だけでも! 発表すべきだ! 報道せよ!
そうすれば、もっと “その人達”を イメージして、心の底からの願い
と共に 祈る事が出来るのだから。

現場で働く彼らこそ、日本を救う英雄なのだから。
今でも、英雄だ。
無事に帰って来てほしい !!!

« 地震報道、興味本位で見ないでください | トップページ | “友達”にサポート金を届けよう! [六次の隔たり] »

人として生きたい!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本に破滅を招く、官僚的体質:

« 地震報道、興味本位で見ないでください | トップページ | “友達”にサポート金を届けよう! [六次の隔たり] »

GRA代表:小林の紹介

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ