« “友達”にサポート金を届けよう! [六次の隔たり] | トップページ | “心の被災” を重篤化させ、利益を得るマスコミ人と ・ ・ ・ »

2011年3月16日 (水)

30km の “結界” の内側で、 (日本を 臨界 から救う!)

      
福島第一原子力発電所を中心として、半径20kmの圏内の住民に避難
指示が、同じく30km以内の住民には 屋内退避を呼び掛けている。

政府に従順な国民性故に、どちらも 「命令」 ではなく 「指示」 お願い
となっているが、実情は そんなに優しい処置でない事は容易に理解
できる。


3/16 付けの NHKニュースでは、30km圏外からの立ち入りを厳しく
制限している様子が伺える。

その上、20km圏内の避難指示を出した日から、新たな航空規制を出し
て同圏内への航空機による立ち入りが制限され、現在は30km規制
へと変更されているようだ。

こうして、地面だけでなく空を含めた 半径30kmの結界(シールド)が
張られており、それだけに厳しい状況に備えている事が理解できる。

日本の経済や物流、観光や外交などあらゆる面で大きな影響を残し
かねない“臨界”の現場に立つ日本だが、結界が張られた事によって
“一大事”への対処が更に見え難く不透明になるようでは、決して
納得できるものでない。

* * * * *

ようやく、現場での状況がより詳細に分かるようになった。

【 防衛省、自衛隊は当初 200名ほどが現場に 】

政府からの派遣命令を受けて、自衛隊の特殊部隊など200名ほどが
現場に入り、3号機への注水活動などに携わる。
しかし、3号機建屋の爆発事故に巻き込まれ、4名の方が負傷して、
内1名の方が被ばくされて病院へと搬送され、命には別条無いと判断
された様子。

しかし、防衛省はこの事故の結果によって、「作業を行なうかどうかを
慎重に判断」との見解を示す。
3/15付 NHKニュース より
3/15付 産経ニュース より

国にとっての“自衛隊”の意義や意味を踏まえた判断を迫りたい。
雪像作りへの貢献は期待しないが、こういう日本の危機の場面に
際した判断が大切である。
こういう“現場”こそ本来の“実戦”現場だと、防衛省のトップだけで
なく国の最高機関は判断すべき時の一つである。


【 厚生労働省の基準緩和によって 181名の方が 】

3/16 厚生労働省の決定により、作業する方の労働基準が緩和され
て、東京電力や関連会社の方々が作業現場により深く関わる事に
なりました。

しかし、現場での放射能量は爆発事故発生時などに致死量相当の
量を計測している事もあって、作業を担当する方々への負担が一層
大きくなる。

臨界の現場に立たず、結界の中にも入らず、指揮をしている人には、
今まで以上に重大な責任が掛かる。
指揮系統の最高責任者は同じ過ちを繰り返す事は今まで以上にし
てはならないし、最終的には 事の顛末を事細かく説明する責任を
果たすべきだし、国民はそれを求めなくてはならない。
3/16付 産経ニュース より


【 防衛省、自衛隊でのヘリ作業を断念する 】

福島第一原子力発電所の3号機、使用済み核燃料棒用のプールへ
の水投下作業へと臨むが、安全基準を超える環境のために作業を
断念する。

防衛省が定めた 自衛隊員の安全基準 ・ ・ 、

日本の臨界の現場での、自衛隊員の安全の意味は、
世界でも トップクラスの防衛費を費やし、国の安全を守るためとして
憲法9条さえはみだし、公海上での交戦の可能性さえ選んだ組織が、
自国の国土の上では ・ ・ ・ ・
3/16付 NHKニュースより 防衛省は作業を断念


【 警察庁、機動隊を出動させる 】

福島第一原子力発電所の4号機の、使用済み核燃料棒用のプール
への放水作業に 警察庁の機動隊が出動することに。

ただし、防護服は 自衛隊 から借り受けて行なう事に。
3/16付 NHKニュース より 機動隊出動


* * * * *

派遣を要請された米国、原子力関連の専門家を含む部隊を派遣
してくれるなど協力的だが、その実 この “現場” への警戒感は
かなり強い。
実際に、現場から 90km離れた 仙台港への入港を拒否して 新潟港
への入港を選択するほどで、米国だけでなく 世界各国は客観的な
立場に立っての警戒感を隠そうとしていない。

現状のまま解決した場合でも、海外からの日本への出国規制の
緩和はなかなか進まないだろうし、日本からの渡航は場合によって
は拒否されるのは間違いない。

それだけでなく、農産物の輸出はもとより、各種の工業生産物の
輸出さえ “放射能汚染の疑い” によって大きな規制がかかり、
現状でも電力規制などで生産現場の体力が弱っているのに、さら
に局面は悪化する事が容易に想像される。

この様に、震災の画像や被災した人数に気を奪われてしまって
いる内に、日本にとっての “臨界” が 目の前で 大きな口を開い
ている事をしっかりと自覚して、 真の現場で 日本の危機を食い止
めようとしている 人々 に対して、今こそ 私達全員が応援する時
なのです。

一緒に見守りつつ、心からの声援を出しましょう!

    

« “友達”にサポート金を届けよう! [六次の隔たり] | トップページ | “心の被災” を重篤化させ、利益を得るマスコミ人と ・ ・ ・ »

人として生きたい!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 30km の “結界” の内側で、 (日本を 臨界 から救う!):

« “友達”にサポート金を届けよう! [六次の隔たり] | トップページ | “心の被災” を重篤化させ、利益を得るマスコミ人と ・ ・ ・ »

GRA代表:小林の紹介

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ