« 雑踏の中の “暴走族?” | トップページ | ドーム、 東京ローカル用語の氾濫だ! »

ガレージ の 象

今住んでいるマンションとは別に、私はガレージを利用しています。

ガレージといっても、元々は 7坪(14畳) で貸し出されていた事務所スペースで、そEyes07771 こにオートバイや工具、部品の他、旋盤などの工作機、GRA活動で利用する機材などを置いているので、整備室 兼 倉庫 です。

きっかけは、1995年1月の 阪神淡路大震災 の影響で、それまで 住んでいた 2階建て住居が全壊になった事です。
   

Ab002_l それ以来、週末の二日間は言うに及ばず、平日の夜にもガレージへ通い続け、様々な整備や準備・練習に明け暮れてきました。

 
 
 
しかし、実は 昨年の11月以降、オートバイに乗るのを中断して『 第3期・脱皮計画 』 の準備を進めていく毎日だったので、今日まで オートバイには1日しか乗っておらず、トライアンフ 君 は 12月10日に車検切れになったままとなりました。

  *     *     *

変われば 変わるもので ・ ・

仕事以外の生活は一変し、週末には パソコンやノートを前に GRAの事務や企画の業務を進める事が多くなり、ガレージには滅多に行かなくなってしまいました。

そして先日、2カ月ぶりにガレージへ書類を探しに行って、大きな変化を感じたのです。

  *     *     *

今までは、ガレージが夢を達成するための大切な場所であって、自分のための “城” のような存在で、欠かす事が出来ない存在でしたが  ・ ・ ・

久しぶりに見たガレージは、とても小さく見えたのです。

それは、ガレージを通じて実現させる目標ばかりに執着してきた自分自身を思い知らされたような想いです。

B1 まるで、象が小象の時につけられた “足枷” の影響で、大きくなっても “足枷” によって行動を制限されてしまう事を、改めて目の前に突きつけられたような気分でした。
( イラスト提供 :
    M/Y/D/S 動物のイラスト集

  *     *     *

GRA活動によって、20年の間、様々な事を勉強し、させられてきました。

『 第3期・脱皮計画 』 を進めている今もなお、また新しい境地へと歩み進んでいる事を実感しています。

どうぞ、今後の展開にもご期待下さい。
そして、これからも ご指導やご指摘を よろしくお願いします。

 

|

« 雑踏の中の “暴走族?” | トップページ | ドーム、 東京ローカル用語の氾濫だ! »

“夢” に向かって」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216797/50293671

この記事へのトラックバック一覧です: ガレージ の 象:

« 雑踏の中の “暴走族?” | トップページ | ドーム、 東京ローカル用語の氾濫だ! »