2024年2月25日 (日)

2月24日、草たちの春花壇 / Flower Bed of Spring Glasses

 

2月24日(土)晴れ、僕の花壇では花たちの競演が始まっています。
先週、鮮やかに登場した黄色の「タチカタバミ」はステージ横へ退き、ステージ上にはプリンシパルを狙う花たちが一斉に現れました。

It's sunny on Saturday, February 24th, and the flowers are starting to show off in my flower bed. Last week, the bright yellow "Tachioxalis" that appeared last week retreated to the side of the stage, and all the flowers that were aiming to become the principals appeared on the stage all at once.

スイセンです。が、花びらの形から、恐らく「ヤエスイセン」だと思います

小さく地味な衣装ですが、ステージ中央へと踊り出た「ヒメオドリコソウ」

ステージのフットライトから顔を出すのは「ドクダミ」で、

 

虎視眈々とセンターを狙っているのは「タンポポ」

昨年8月、引っ越して来た後、ステージ一杯に広がって迎えてくれた紫色の「カタバミ」の姿はなく、それから季節が移る度に、様々な花たちが顔を出し、僕に挨拶をしてくれる花壇。隣の人に「それは草だよ」と言われた程、渾然とした様子は雑草の花壇ですが、僕はこんな花壇で精一杯生きている植物たちがとても好きです。

3月、きっと新しい主役が顔を出し、「春 来たよ~」と言ってくれるでしょう。

After I moved in last August, the purple oxalis that greeted me by spreading across the stage has disappeared, and as the seasons change, various flowers appear and greet me. It's a flower bed. My neighbor says it's full of weeds, but I really like flowerbeds full of plants.






f:id:youkaidaimaou:20200509003314j:plain 










 

 

 

 

2024年2月22日 (木)

GRAミーティング開催報告 (その2)/ GRA Meeting Report < part 2 >

 
GRAミーティングで最初に議題に挙げたのは、やっぱり、一番大切な『 活動基本方針<案>』です。なにしろ、憲法と同じで、基本方針があるからこそ色々な活動の形が生まれるのです。この『 活動基本方針<案> 』は「活動目標」「行動原則」そして「GRAと支援」の 3本からなり、ミーティングでは順番に意見交換と決議をしました。
The three items that make up the basic policy were listed in order and reviewed again.



『 活動目標 / Activity Target 』


1991年の設立時から活動主旨は変わっていません。そして、現在の文面に落ち着いたのは 15年以上前の事で、すっかり馴染んでいる事もあって、全員一致で 2024年度も継続する事でまとまりました。
The purpose of the activities has not changed since its establishment in 1991, and it was more than 15 years ago that we settled on this text, and it was unanimously agreed to continue.



『 行動原則 』


この方針の主旨は’行動を行なう人が主役である’という事です。これは、GRAを設立した個人の考え方であり、その後、イベント用会場の確保など、活動に必要な様々な業務は、数多くの人々が無償で自発的に支援している事を広く伝える言葉であり、GRAの活動への参加を呼び掛けるのが目的です。

ただ、一部の参加者の方から意見が挙がりました。「イベント参加者も主役ではないですか?」という主旨でしたので、参加者全員で意見交換を行ない、’活動を支えているのはイベントではない’ という事と、’活動を支えている人達が主役と考えるのが自然’、という考え方でまとまりました。つまり、この『行動原則』は、GRA設立以来長年続いている事で、その事を改めて認識して、支援して下さった方々の恩に報いる為にも継続している事に全員が一致したのです。

The main idea of this policy is that "those who take action are the main actors. This is the idea of the individual who founded the GRA, and it is also a way of communicating to the public that many people have voluntarily and without compensation supported the various tasks necessary for the activities, such as securing venues for events, and to encourage participation in the activities of the GRA.

However, some participants expressed their opinions. The main idea was "Aren't the event participants also the main actors?", so all the participants exchanged opinions and came to a conclusion that 'it is not the event that supports the activities' and 'it is natural to think that the people who support the activities are the main actors'. In other words, this "Principle of Action" has been in place for many years since the establishment of the GRA, and all agreed that it is being continued in order to recognize this again and to repay those who have supported us.




『 GRAと支援 』


これは、GRA が “無償で世界中の人々へ支援を行なっている” という事を示す内容であり、GRAの活動を支援して下さった方々を讃える言葉であり、新たな賛同者へ呼びかけるメッセージです。そして、この事は参加者全員一致で承認されました。

This is a message that shows that GRA is "providing support to people around the world free of charge", praises those who have supported GRA's activities, and calls for new supporters. This was approved unanimously by the participants.




以上、次回は、「2023年の総括」と「会計報告」などについて、どの様な検討があったかを報告します。
In the next article, I will report on the "Summary of 2023" and the "Accounting Report" and other considerations.



NPO法人 GRA 代表 小林 裕之  
Hiroyuki KOBAYASHI   GRA representative 




f:id:youkaidaimaou:20220126210928g:plain

https://gra-npo.org

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.

















 

2024年2月21日 (水)

妖怪ガレージへ、ようこそ / Well Come to YOKAI Garage

 

春の気配が増し、またガレージでの生活がまた始まります。以前のガレージ(事務所用スペース)にはエアコンがあったのですが、引越しした新しいガレージは無いので、春を待っていたのです。

As the spring season approaches and temperatures are rising, it looks like we'll be able to start sending out information from the garage again.


広さは約26 ㎡ で、天井高は 3mを超え、その中に 作業台の他、卓上型旋盤やボール盤、双頭グラインダーやエアコンプレッサーなど、簡単な加工が出来る設備を整えています。

The space is approximately 26 square meters, with a ceiling height of over 3 meters, and in addition to a workbench, it is equipped with equipment for simple processing, such as a tabletop lathe, drill press, double-head grinder, and air compressor.

 

このガレージを拠点にして、以前のガレージでも行なった企画、自身のオートバイの整備やセッティングをしたい人をサポートする『 妖怪ガレージ・持込み講座 』や、色々な情報を発信できると胸がワクワクしています。

I'm excited to be able to use this garage as a base to disseminate a variety of information in addition to the ``Yokai Garage Practical Course,'' a project that supports people who want to maintain and set up their own motorcycles.

 

海外の方との交信を始めていますが、国によって文化が違い、使用環境も違う上に、日本語での会話ではないので、中々 スリリングで、少し心臓に良くないリズムとテンポになっています。でも、とても刺激的で、発信には良い体験になっています。どうぞ、これからの発信にもご期待ください。
I've started communicating with people from overseas, and since each country has a different culture, usage environment, and language, it's quite thrilling, but it's also very stimulating, and it's a good experience for communicating. Please look forward to future information.







f:id:youkaidaimaou:20200509003314j:plain 














 

 

2024年2月20日 (火)

GRAミーティング開催報告 (その1)/ GRA Meeting Report < part 1 >

 
GRAは、世界最小の NPO法人ながら、“世界中の人々へ無償の支援” を行ない、Webサイトで独自の記事や動画などのコンテンツを発信しています。しかし、GRAの「思想」や「哲学」は伝わっていないと私は常に感じていました。

そこで、2月18日(日)開催の『 GRAミーティング 』に向けて、効果的なアプローチの仕方について、私は集中して考え続けました。(まるで、サイボーグ009が加速スイッチを入れた様に、時間の流れが遅くなり、色々な事を考える時間が増えました) そして、ミーティングで予想以上に良い決議を残せたので、本来ならば、直ぐに第一回目の報告を行ないたかったのですが、夕方には “電池切れ” の状態になり、早く横になり、翌日の月曜日も終日休んで “充電” に努めたので、第一報が遅くなりました。後日、2~3回に分けて報告します。

Although GRA is the world's smallest NPO, it provides "free support to people around the world" and publishes original articles, videos, and other content on its website. However, I always felt that GRA's ``thoughts'' and ``philosophy'' were not being communicated.
Therefore, I continued to concentrate on thinking about an effective approach for the meeting to be held on February 18th. Since we were able to come up with a better resolution than expected, we had originally planned to make the first report right away. However, by the evening, the battery seemed to be dead, so I went to bed early and took the whole day off the following Monday to try to "recharge", so the first report was delayed. I will report on this in two or three parts at a later date.

 

Empty_battery_02


参加人数は 合計 8名(委任状による参加含む)、参加予定者全員の到着を待ち 10時過ぎに始まり、終了予定時刻を1時間以上過ぎて、13時10分に終了しました。
検討項目は、3項目の「活動基本方針案」、「2023年の活動報告」、「会計報告」、「事務局移転の承認」そして「届いた便りや意見の検討」でした。
また、参加者の方々から、GRA活動への「支援金」として 5,000円を受領しました。
    

以上、次回は、一番大切な「活動基本方針<案>」について、どの様な検討があったかを報告します。
Next time, I will report on what kind of considerations were made regarding the most important "basic activity policy."



NPO法人 GRA 代表 小林 裕之  
Hiroyuki KOBAYASHI   GRA representative 







f:id:youkaidaimaou:20220126210928g:plain

https://gra-npo.org

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.


























2024年2月17日 (土)

春の三姉妹 / Three Sisters of Spring

 


「 こんな所にも、春の使者が 」と、嬉しくなってしまいました。
The three sisters announcing spring made me happy.


僕のお気に入り、自然溢れる狭い買い物ロードの入り口に、人里離れた場所なのに、春を告げる梅たちが咲き誇っていました。紅梅と紅梅に白梅の三姉妹。
植えてくれた先人に感謝します。

At the entrance of my favorite, narrow shopping road full of nature, the three sisters' plum trees were in full bloom, heralding the arrival of spring, even though it was a secluded place. Thank you to the person who planted it.

<


f:id:youkaidaimaou:20200509003314j:plain 










/p>

2024年2月14日 (水)

春の足音は、何色? / What color are the "footsteps of spring"?


先日、2月の生き物たちの息吹を報告をしましたが、今度は「春の足音」の報告です。あれから 3日も経たない内に「春の足音」です。やはり、自然は人には見えない歩みを毎日続けているのでしょう。
The other day, I reported on the breath of life in February, and within three days since then, we have heard the "sound of spring. Nature, after all, continues to make steps every day that we cannot see.


隣の家の舗装されていない駐車場の片隅に、とても目立つ “ 黄色 ” の、オオキバナカタバミ が咲いていました。昨年秋、僕の家の庭に咲いていた、紫色の カタバミ と近縁種ですが、色が違えば咲く時期も違えて、生き残ってきたのですね。
Next to my neighbor's house, there was a very conspicuous "yellow" giant katavami in bloom. It is a close relative of the purple katabami that bloomed in my yard last fall, but it has survived because of its different color and blooming time.


先日は満開とお伝えした紅梅ですが、既にその盛りは過ぎ、隣の白梅がリレイするかの様に花を咲かせ始めています。
The other day I reported that the red plum trees were in full bloom, but they are already past their prime and the white plum trees next door are beginning to bloom as if they are re-laying their flowers.


隣の家の “黄色” ばかりに目を奪われていましたが、気付くと、僕の庭にも黄色い花が咲きそうになっています。咲いてみないと名前は判りませんが、タチカタバミだったら嬉しいですね。それにしても、日頃は雑草として扱われる事の多い カタバミ君たち、こんな素敵な黄色を見せてくれると、どういう訳か黄色のオートバイを選んで乗り継いできた僕としては、 負けてはいられません。オートバイ乗りの春はもう間近です。
I also noticed that yellow flowers are about to bloom in my garden. I have been riding yellow motorcycles for a long time, but I can't lose when I see such beautiful yellow flowers. Spring for motorcyclists is almost here.





f:id:youkaidaimaou:20200509003314j:plain 


















2024年2月13日 (火)

オートバイ、ステアリング制御への懸念 / Motorcycles, concerns about steering control


CYCLE WORLD MAGAZINE 伝、
https://www.cycleworld.com/motorcycle-news/honda-crosswind-assist-and-lane-warning-systems/?fbclid=IwAR3PwQRj293kcGHiDV8mS1SwQl_ZuZnc-rFZdZ_J-p7SlkUWGi9GDGkW4OQ


ホンダが出願した特許、走行ライン維持制御システムですが、これには大きな懸念を感じます。
I have a major concern about a patent filed by Honda, a driving line maintenance control system.

        *******

 .
この記事で解説されている事は、オートバイの走行ラインを道路に沿った形に制御するシステムの特許についてです。つまり、図で示されている様に、走行している 一つの車線を複数の「仮想車線」に分割して、その「仮想車線」から逸脱する ”動き” を検知した場合、それをステアリングに取り付けられた装置・アクチュエーターによってステアリングを制御して「仮想車線」に留めるシステムです。


既に、自動車では同様なシステムは一般的になりつつあり、有効性に疑問を持たない人も多いと思いますが、それは、自動車とオートバイのステアリングの役割の違いの理解が不足していると思います。自動車の走路修正ではステアリングの主体的な操作で行ないますが、オートバイの場合はステアリングは従属的であって、ライダーによる左右の加重コントロールが主体的な操作です。つまり、オートバイのステアリング(前輪の向き)は、路面に対するキャンバー角の僅かな変化に即応して、路面とタイヤとの最適な関係を保つ様にステアリング角度を常に従属的に修正を行なっています。この関係を無視してステアリング角度を修正すると、タイヤと路面との最適な関係を阻害し、グリップ力を減少させる結果を生み、路面状況によっては転倒など危険な事態に繋がり易いのです。
  
ライダーの安全を高める為に様々な装置が考案される事は歓迎です。また、今回の特許申請が、車線を無視して、自動車の間を縫う様に走る無謀なライディングの防止用として機能するのであれば更に歓迎します。しかし、ライディングの楽しさをスポイルさせたり、その制御システムで想定されていない状況で危険性が増す可能性があるシステムには全く歓迎できません。
  
オートバイメーカー各社の自動運転制御の多くで、ステアリングを主体的に制御するシステムが考案されていますが、それは便法的な処置であり安易に過ぎます。ライダーが行なっている本来の進路制御方法に沿い、それを補助的にアシストする制御を開発するべきです。

I am open to various devices being devised to enhance rider safety. I also welcome the patent application if it will prevent reckless riders from ignoring lanes and weaving in and out of cars. However, we do not welcome any system that would spoil the fun of riding or increase the danger in situations where the control system is not designed for.
 
Many of the automated controls from motorcycle manufacturers are designed to control the steering in a proactive manner, but this is a convenient and overly simplistic approach. Controls should be developed that follow the rider's original method of control and assist it in a supplementary manner.





f:id:youkaidaimaou:20220126210928g:plain

https://gra-npo.org

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.













 

ボランティアとは、行政ではなく、市民のもの / Volunteers belong to citizens, not the government

NHK 伝
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240127/k10014336481000.html?fbclid=IwAR0w3Pis3G-3DHVE8xsUAtJoVrCUTzLLiVVFmsKwsPCg3egDaTdVmbMiiwI


ボランティアとは、本来、市民による市民に対しての支援です。今回の震災では、行政が主導した事で大きく遅れ、被災直後の絶望感や孤立感など、本当に必要な「心」の支援が大きく損なわれています。
Volunteering is essentially support provided by citizens to citizens. Due to the government's leadership in this earthquake, the truly necessary emotional support has been greatly impaired.

 



1995年、阪神大震災で被災した体験から言えば、震災翌日には、‘道なき道’ を自走して、現地に入って来る人があり、一週間も絶たない内に、「救援物資」のプラカードを下げたオートバイ乗り達を数多く見かけたものです。
彼らは、自身の家族や友人、或いは避難所を目指して、移動に伴うリスクを覚悟で来ていた筈です。そして、食糧や水、暖房などの支援ばかりに注目を集めていますが、実際には 虚無感 や 絶望感、孤立感 など “心” へのケアが大切で、被災後、時間を置かずに、時間をかけてやって来た彼らによって、多くの人々の “心” は救われた筈です。しかし、現在では、内閣府(政府)が主導して、ボランティアの移動や入境を制限している状況では、本当に必要な、家族や友人・知人による、直接の支援を妨げる結果になり、避難している多くの人々の “心” を救う事に繋がりません。

そもそも、現在では 内閣府が認定して、社会貢献の為に活動している 数多くの NPO法人があり、日頃から フードバンク や 孤立者支援など、行政主導ではなく、数多くの人々への支援実績を持った NPO法人があります。 彼らなら、最も早く、被災して支援が必要な人々に、適切で適確な支援を行なうノウハウも体制も整っている筈です。 何故、内閣府は、自らが認定して その活動状況の管理も行なっていながら、いざとなったら、全てを行政主導で行おうとするか理解できません。

2022年、ロシアがウクライナへ侵攻して、ウクライナから国外へと避難する人々が数多くあふれ、世界各国が避難者の受け入れを進めた時がありました。多くの国が、多くの人々を 国主導で受け入れた際、日本は最終的な受け入れ先に 市民団体・NPO法人を指定して、遅れてさほど多くない人々を受け入れを実現させた経緯があった筈です。どうにもならない時だけ NPO法人を利用するのではなく、行政では対応が難しい事を日頃から行なっている NPO法人の能力に頼る体制へと改める必要があるでしょう。

以上、今回の震災は、ボランティアとは、本来、[ 市民による、市民のための、親身で素早い支援 ]である事を再認識させられた機会でした。




f:id:youkaidaimaou:20200509003314j:plain 
















2024年2月11日 (日)

『支援』は『小さな愛の共有』から / "Support" starts with "Sharing tiny Love"

 
『 支援』という言葉を聞くと、多くの人は「支援金」や「ボランティア活動」など、特別な時に行なう事だと思うでしょう。しかし、それは、毎日の生活の中で常にある事だと私は考えています。例えば、どんな人とも、お互いに目を見て、笑顔で接して、挨拶を交わし合う事であり、道路傍に落ちているゴミを拾う事など、他者や社会を支え合う小さな愛の共有こそが「支援」の基本だと考えています。そして、その「支援」を行なう延長線上に、戦争や災害、病気などで困窮している人々への支援が繋がってくると考えています。

同じ様に、GRAの活動でも、大切な情報や知識の発信や啓発活動を日頃から行なった上で、その延長線上に、ライディングやオートバイについて解決したい事や悩みがある人への ”クリニック” や ”セミナー”など、イベントの開催へと繋がってくるものだと考えています。GRAでは、今後共に、そんな「支援」の共有を、地域や国を超えて、より多くの人々と深めていきたいと強く願っています。


I believe that "support" is not something we do on special occasions, but something that we always have opportunities to do in our daily lives. For example, I believe that the basis of "support" is to look people in the eye, smile, and greet each other, and to share small acts of love to support others and society, such as picking up trash along the road. I believe that the extension of such "support" will lead to assistance for those in need due to war, disasters, disease, etc. In the same way, GRA's activities will also be an extension of the "support" of the people in need.

In the same way, in the activities of the GRA, after conducting daily activities to disseminate important information and knowledge and to raise awareness, we can extend these activities to holding events such as "clinics" and "seminars" for people who have problems or concerns about riding or motorcycling that they would like to solve.
GRA strongly hopes to share such "support" with more and more people beyond regions and countries in the future.





f:id:youkaidaimaou:20220126210928g:plain

https://gra-npo.org

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.















 

 

 

2月、生き物たちの息吹 / February. A Breath of Life

 
冬はライダーにとって、外出や遠出を控えて、冬眠したい季節です。そして、此処の冬は、以前住んでいた神戸よりも寒く、朝の気温が0℃以下になる事も珍しくありません。だから、植物や虫だちも同じだと思っていました。

しかし、此処では、神戸で感じていた冬とは少し違っていました。
先日、群れ飛ぶフユユスリカを見て、今、庭ではサザンカやカンザキアヤメが鮮やかに咲き誇っているのです。そして、裏山に登れば、春や夏とは違う、活き活きとした植物たちの姿に出逢えるからです。


隣の家の庭では、満開の梅の花が「春は遠くないよ」と知らせています。そう、2月は生きているもの達の息吹がはっきりと感じられる季節です。 此処に来て、生きている実感を間近に感じられる様になりました。
 


When I lived in Kobe City, winter is the season for motorcycle riders to refrain from going out and going away, and to hibernate. However, after moving here, I learned that February is the season when you can clearly feel the breath of living things, even though it is colder than in Kobe, where the morning temperatures drop below 0°C (32°F).
Now I am enjoying February in winter, when I can feel the reality of being alive very close at hand.



f:id:youkaidaimaou:20200509003314j:plain 















«GRAの【 行動の原則 】の紹介です / Introducing the "GRA's Principles of Action”

GRA代表:小林の紹介

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ