2019年12月13日 (金)

妖怪日記 「 他人の人生 」

  
TVでマリア・カラスさんを特集した番組を観た。
大変に有名なオペラ歌手で、波乱万丈な人生でも知られた人だ。
  
こういう番組を観ると、とても引き込まれてしまう。
「 あぁ 素敵な人 」とか「 すごい人生 」とか。
 

Web1000_quotetheraven

  
でも、気付いた。
これって、冠婚葬祭での人物紹介と同じ!
料理番組を観た時の「美味しそう~」と同じだ!と。
 
 
だから、自分の人生が一番凄くて楽しい !



 

妖怪・小林「ヤマハ YESS ジムカーナ 神戸大会」( 1988年 6月19日開催 )

  
以前、オートバイメーカー・ヤマハ社が、運転技術向上と安全運転促進、販売促進を兼ねて、一部地域で開催していたジムカーナイベントです。
  

 

 
1980年代当時は、オートバイの販売台数が最も多かった時期で、各メーカー共に、様々な販促活動を精力的に行なっていた頃ですが、“三ない運動” など オートバイに対する社会からの風当たりも厳しい事もあって、“ 安全運転 ” を銘打って行われる 走行系のイベントが多彩だった時期です。
 
そんな中、カワサキ社が全国的にジムカーナイベントを主催してジムカーナが浸透していたのに合わせて、ヤマハ社も小規模ながら開催をしていました。
そういう意味で、数少なかったヤマハ主催のジムカーナイベントだという事と、神戸市でのローカル色あふれた運営や会場の雰囲気が見所と言えます。
 
神戸市でのイベントは、主に 須磨区にある自動車学校で開催されていましたが、カワサキ社と同様に、バブル崩壊の関係か、1990年までに開催は行なわなくなりました。

Web600_b_major_ridingvideo
http://gra-npo.org/office/director/video/List_video.html


 

 

 

 

2019年12月12日 (木)

妖怪日記 「 時は金なり ?? 」

  
「時は金なり」、よく使われる言葉。
だけど、誤解していたのかも知れない。
  
「時」は「金」と同じ様に大切なモノ
だから、無駄にせずに大切に使うように !!
という意味だと思っていた。
 
しかし、本当は違う意味だと気がついた。
 
Web800_clock1425684
 
どちらも、社会生活を円滑に過ごす為のルール。
どちらも、その使い方で人格まで判定される。
どちらも、それが少ないと不安で落ち着いていられない。
どちらとも、それに人生が支配されてしまう危険があるモノ。
 
 
お金に、執着し過ぎない生き方があるように、
時間に、捉われ過ぎない生き方もあるようだ。
  
人生は、考え方ひとつ、という意味だろう。

Web1000_dog1316056

  


 

妖怪日記 「 生存権 と 著作権 」

  
「生存権」と「著作権」は、とても良く似ていると思う。
きっと、根っこは全く同じだろう。
 
「生存権」とは、人は誰も、他者の心身に対して損害を与えたり、自由や命を奪ってはいけないという、当たり前の事。「著作権」とは、人は誰も、他者の創作物、著作物の権利を無視し、それを奪ってはいけないという事を示している。
  
どちらも、他者の “尊厳” や “尊敬” を無視した、インモラルな行為だ。
どちらも、人は話題にするだけで、実際の行動では無視、無法状態に近い。
 
例えば、他者の健康を損なう喫煙、飲酒の強要、悪口やいじめ、誹謗中傷。
そして、文章や画像、動画など著作物の盗用、無断の転用だ。
    
実際、それらは、身の周りに溢れ過ぎている。
が、それを理由に他者の尊厳を踏みにじり、奪ってよい根拠にする人を、僕は全く尊敬できない。

Web1000_right_foot

【 他・コラム一覧 】
http://gra-npo.org/policy/yokai_column/list_youkai_column.html

 

 

Right of Life and Copyright

 

I think "right of life" and "copyright" are very similar.
I'm sure the roots are exactly the same.

The right to life is the natural thing that no one should damage the mind and body of others, or take freedom or life.
"Copyright" means that no one should ignore the rights of other people's creations and works and deprive them of them.

Both are immoral acts that ignore the “dignity” and “respect” of others.
In both cases, people just talk about them, ignore them in actual behavior, and are close to lawlessness.
  
For example, smoking that impairs the health of others, extortion of drinking, abuse, bullying, slander.
And the theft of copyrighted works, such as text, images, and videos, without permission.
  
In fact, they are too full of people around them.
But I can't respect anyone who tramples on the dignity of others because of it, and uses it as a basis for taking it away.

 
 
 

2019年12月11日 (水)

妖怪日記 「 粘菌になりたい 」

   
粘菌、英語で書けば Slime Mold、いわゆる スライム。
単細胞生物で、脳組織は無いものの、単純なルールに従って、複雑な変形を繰り返し、効率の良い結果を導き出す生物。

20191211_nennkinn

そして、環境が変化すると、子実体という組織を作り出し、胞子によって別な繁殖地を目指す。
  
僕は人間。
粘菌にはなれないけど、そんな生き方に憧れる。

 

 

2019年12月10日 (火)

GRA『撮影 & 練習イベント』の動画リポートです


2019年12月1日(日)に開催した、『撮影 & 練習イベント』での撮影風景を紹介する “ディレクターズカット版” 動画リポートです。

きっと、その撮影風景の楽しさと一緒に、一般的に行なわれている ライディング講習会とは違い、より多くの人と地域を対象に活動して事も伝わると思います。

ただ、当初は、紹介用動画として、もっと短いダイジェスト版を目指していたのですが、当日の楽しさと撮影内容をしっかりと伝えたくて、少し長くなりました。
また、「動画」と一緒に、「参加者感想文」や「開催リポート」を 以下の 公式Webサイトで掲載していますので、一緒に楽しんでください。


【 GRA公式Webサイト ・ イベント資料 】
http://gra-npo.org/document/record/2019/20191201.html#1











2019年12月 9日 (月)

「 妖怪ガレージ日誌 」に、20歳の温かいサポートが !


“ 妖怪ガレージ ” と称して、一般的な整備や知識レベルを超えて、より少し深いレベルでの オートバイとの対話・整備 を紹介しているのですが、先日、20歳の方から 温かいサポートがありましたので、ここに報告します。

彼(きっと)が見てくれた記事(動画)は、「妖怪ガレージ日誌、フロント車高の調整と失敗と」ですが、その中で 私(小林)が トルクレンチの操作性について愚痴を言った箇所について、

「 それは、右側ボタン:C を押せばクリアされると思います 」と、

とても丁寧に教えて下さったのです。
自称・20歳の見習いライダー の彼には、直ぐに 「 ありがとうございます。 いかに 使用説明書を読まずに使っていたか反省しています。 これからも、色々と教えてください。 」の旨のお礼を返信しました。

記事の中には、誤字・脱字の他に、理解不足なども多くあると思いますが、皆さんの指摘を受けながら、より多くの人へ深く伝わる記事を目指していますので、サポートよろしくお願いします。
ありがとうございます。

Yokai_cover_20191104page

妖怪ガレージ日誌・「フロント車高の調整と失敗と」
http://gra-npo.org/policy/yokai_column/garage/garage_20191104/garage_20191104.html





2019年12月 7日 (土)

今日の買い物、 12月 7日

   
白菜、近所の八百屋さんの店頭に行けば、
既に、1/4 カットの棚は売り切れ状態。

 

諦めきれず、店内をウロチョロしていると、
「 いらっしゃい ! 」
奥から出てきた、ご主人に声かけられた。

 

「 一玉、ありませんか?」と尋ねれば、
「 あるよ!」の返事が返ってきた。

 

値段訊かず、ラップも袋も断って、
そのまま、持ち帰った。


Web1000_dsc_0174

さあ、季節は冬、
楽しく過ごせますように。





 

妖怪ガレージ日誌 『 リアサスペンション ユニットの取り外し 』

   
長く悩まされ続けていた トラ君( トライアンフ )のフロントサスペンションだったけど、そのセット方向に光明が見える様になったら、急に リアサスペンション の気弱さが気になるようになってきた。
  
そこで、リアサスペンション の スプリング の交換を決意して、ユニットを取り外した。

http://gra-npo.org/policy/yokai_column/garage/20191115_1/R_unt_removal.html


Web800_yg_20191115_18_20191207031501  

   
『 サスペンションの “肝” は スプリング 』

サスペンションについての誤解や都市伝説は雨あられ、星の数より多いけど、一番大切なのはスプリングだ。 決して、ダンパー調整のクリック数ではない!(何クリックあっても最適なのは一つだけ)。まして、スプリングの色でも、油圧式のリモート・プリロードアジャスターの有無でもない。(以前、アジャスターからオイルが漏れて酷い目にも遭った)
   
スプリングこそが、サスペンションにとって一番大切な “衝撃緩衝装置” (英訳は Shock Absorber)で、古くから馬車で採用されていた。
それと較べると、ダンパーなどはつい最近になってからの新米者で、スプリングの働きを補う役割でしかない。
   
Web1000_yg_20191115_14                                     
                                            
サスペンションを人間に例えるならば、スプリング は「性格」で、ダンパーは「化粧」や「ヘアメイク」程度だ。化粧やヘアメイクは見た目を決めるけど、性格(スプリング)は変えられない。 まして、オートバイの場合、ライダーの体重の違いによって操縦性や安定性への影響が大きいので、楽しく安全なライディングを求めるなら、ライダーの体重や目的に合わせてスプリングを変更するべきなのである。
   

 

 
 
『 トラ君のスプリング 』
   
話をトラ君に戻そう。
トラ君のリアサスペンユニット を社外製品へ交換を検討した時、一つ解決すべき事があった。 それは、スプリングレートが異様に高くて、市街地で安心して使えないほどの製品しか無かったからだ。
というのも、メーカーが「装着可能」として販売している ユニットは、トラ君の兄弟車種・デイトナ675 というレーサーレプリカ車用で、装着されている スプリングのレートは 675 LBS/inch (ポンド/インチ)だ。
   
実際、デイトナ675 も所有しているから、その 鬼の様に高いレートで市街地を走る恐怖は体験済み。 何故なら、ほぼ同じフレームとエンジンを持つ トラ君の そのレートは 約 510 LBS/inch (ポンド/インチ)で安心して市街地を走れるもので、デイトナ675のそれは、恐らくサーキット走行を楽しむユーザーに特化した仕様だ。
その為、社外製ユニットへ交換する際には、最初に スプリングレートを指定して、そのレートに合わせて ダンパー内部の仕様変更も一緒に依頼する必要があった。( 発注時なら、仕様変更は無償で、スプリングは要交渉 )
   
で、最近までは、525 LBS/inch のレートのスプリングを使用していたけど、先に書いた様に、リアサスペンション に “覇気” を与えたくて、レートが 575 LBS/inch のスプリングへと交換を決めたのだ。
なにしろ、オートバイの動きを最初に決めるのは リア だから、リアサスペンション にも きりっとして欲しいのだ
                                  
Web800_yg_20191115_05

【 妖怪ガレージ 日誌】より
http://gra-npo.org/policy/yokai_column/list_youkai_column.html#garage

 

 
 
 

 

 

2019年12月 4日 (水)

妖怪・トラ君 日誌 (12月 2日)


『 イベントの翌日に 』
   
昨日(12月1日)のイベントで、基本練習パターン、走ってみたところ、11月3日の時より、操縦性が良くなったし、タイヤの磨耗痕も良い兆候へ変わってきたので、その感触を覚えている間に、昨日のストレス取ってやると同時に、次の修正変更中。
   
11月の時に見えて来た方向性で、昨日のイベント迄の間に色々と調整を重ね、フロントは フォーク突き出しを 1mm 減らし、フォークオイル は 5 cc を 2度抜き、プリロードは 0、2 kgf 増やして、リアは スプリングレート を 525 から 575 LBS/inch へ変更した。
    
そして、今回は、昨日の感触から、フォークオイル を 5cc 抜いて、フォーク突き出しを 1mm 減らして、プリロードは バランス取るために微調整の予定。
   
   Web1000_dsc_0122_20191204220601    

さあ、試乗も、ちょっとしなくっちゃ。

 

 

 

『 試乗・その1、結果は 』

試乗の結果、ウン! まるで上手になった気にさせてくれるほど、ステップでのハンドリングコントロールが簡単になる。 きっと、F が 1mm アップで、トレール支配が強く出て来たのだろう。
   
やっと見えてきたけど、いつもバランス領域に入ると、僅かな調整で世界が変わる。 それと、ガレージでて、一般道走り始めた時、フロントの剛性感、コツコツ感出ていたので、下ヨークのボルト、トルク再管理する必要がありそうだ。
この際、 20 Nm を 19:5 Nm に変更して、さあ、 また試乗だ。

 

   

『 試乗・その2、結果は 』

  
試乗終了! ハイ、こちらの方向性で、この辺りの設定でバランス点にはいりそう。
余分なコツコツ、剛性感は角を丸めてくれて、必要なインフォメーションが分かりやすくなりました。
  
残すは、昼間の試乗確認。 きっと、あと、3 ~ 5 cc フォークオイル抜く道がありそうですね。
 
 
  
『 11月 3日 から 12月 2日、主な調整記録 』
20191204  
 
 
 
 

«妖怪・トラ君 日誌 (12月 1日)

GRA代表:小林の紹介

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ